誰かが素敵な曲を歌ったり演奏したりしてくれて、心から畏敬の念に打たれたあなた。でも、どうやってその気持ちを伝えればよいのでしょう?あなたの気持ちを完璧に表現するためには何と言えばよいのでしょうか?心のこもった賞賛から笑えるお世辞まで、楽曲や演奏を褒める表現を集めました。これからも歌や演奏、作曲を続けてもらいたい相手に、どんな褒め言葉をかければよいのか学んでいきましょう。

1
「メロディがとても好きです」

  1. その曲のどんな点が素晴らしいのかを具体的に伝えます。アーティストはおそらくあなたの意見を信頼して曲を披露してくれたのでしょう。ですから、あなたが気に入ったポイントを教えてあげましょう![1]
    • 「トーンが変わるところが素敵だった!」
    • 「いやー、あのリフはすごかったよ!」
    広告

2
「この曲を披露してくれるなんて、とても光栄です」

  1. 自身の曲を披露してくれたアーティストへの感謝を伝えましょう。楽曲の制作はとても大変なことであり、その苦労が無駄だったと思わせてはいけません。この言葉をかけることで、曲そのものについての会話を始めることができるでしょう。
    • 「ここまでしてくれなくてもよかったのに、この曲を聴かせてくれてありがとう」
    • 「とても素晴らしかったです。あの曲を聴けたことに感謝しています」

3
「君が歌うと部屋が明るくなるよ」

  1. 楽曲と彼らへの賞賛の気持ちを表しましょう。アーティストを褒める際には、その歌声や歌詞、音楽の才能に感動したと伝えるのが効果的です。創造的なひねりを加えて、その気持ちを表現しましょう。[2]
    • 「暗い部屋でも明るくなるようなメロディーですね」
    • 「私の結婚式でかけたいわ。太陽の光が差し込むようなあの曲がかかっていれば、雨なんて絶対に降らないもの!」
    広告

4
「私の気持ちを代弁してくれてありがとう」

  1. その歌にどれだけ共感したかを伝えましょう。アーティストのほとんどが、聴き手に対して「あなたは1人ではない」と伝えるために楽曲を演奏し、シェアしています。その曲がどれだけあなたの心に響いたかを伝えましょう。
    • 「本当に共感して、その通りだと思いました」
    • 「この曲の内容は、多くの人に通じるものだと思います」

5
「感情の伝え方が素晴らしいわ」

  1. 楽曲に込められた深い意味について言及しましょう。小さなポイントに気づいてあげることで、素敵な褒め言葉になります。歌詞や音程など、曲の中で心に響いた部分をアーティストに伝えてみましょう。[3]
    • 「柔らかくゆっくりとしたピッチとその繰り返しから、あなたの悲しみが伝わってきました」
    • 「あなたの声は、まさに私がイメージする幸せの音そのものです」
    広告

6
「とても感動しました」

  1. アーティストの作曲能力への敬意を表しましょう。作曲するのは簡単なことではありません。その想いを遠慮なく伝えましょう!相手が「もうやめてくれ」と言ってくるくらい、彼らの素晴らしさを大いに褒めましょう。
    • 「君にはいつも驚かされるよ」
    • 「できないことってないの?」

7
「とてもこの世のものとは思えないビートだ」

  1. 曲の特定の部分について褒めましょう。本物の褒め言葉には、心からの気持ちと独自性が欠かせません。最も印象に残ったポイントについて、気に入った、好きだという気持ちを表現しましょう。
    • 「終盤のメロディーが強く心に響きました」
    • 「あのBメロには何か特別なものを感じたわ!」
    広告

8
「速いテンポで最高に気分が上がったよ!」

  1. 曲の雰囲気について触れてみましょう。アーティストが曲を創り出すとき、彼らなりの表現も生み出されます。その点を褒めることほど彼らの作品への賞賛となるものはないでしょう。ハーモニー、ピッチ、リズムに言及し、その曲を聴いてどんな気持ちになったかを伝えます。[4]
    • 「この曲の落ち着いたリズムのおかげで、とても穏やかな気持ちになりました」
    • 「あの激しいビートで、マラソンを完走できるんじゃないかって気分になったよ」

9
「あなたの語りかけ方が大好きです」

  1. その曲の最も好きな点を伝えましょう。なぜその曲が好きなのか、その理由を考え、そこから褒め言葉を考えていきます。そうすることで、彼らに向けた独自の褒め言葉になり、相手もうれしくなるでしょう。
    • 「最後のサビに変化をつけていたのがよかったわ」
    • 「違う視点にもしっかり光を当てていたよね」
    広告

10
「1日中聴いていても飽きないよ」

  1. 彼らの楽曲を何度も繰り返して聴くだろうと伝えましょう。曲を自分のプレイリストに加えたいという言葉は、素晴らしい賛辞となります。「また何度も聴きたい」と言葉にすることで、そのミュージシャンの楽曲をどれほど気に入ったかを伝えましょう。
    • 「すごくキャッチーな曲だね!」
    • 「最初の1音で虜になりました!」

11
「これって!新たな神曲の誕生じゃない?」

  1. 驚きの声を上げてアーティストを盛り上げます。その歌手をよく知っているなら、ちょっとコミカルに褒めてみてもよいでしょう。彼らが音楽業界を背負って立つ存在で、そのことにうれしい驚きを感じているかのように、自分の胸に手を当てたりしてみましょう。
    • 「おいおい!いよいよ某オーディション番組に連絡するか?」
    • 「なるほど、次のヒット作はここに隠れてたってわけね!」
    広告

12
「もう1度演奏してくれますか?」

  1. アーティストにもう1度同じ曲の演奏を頼みましょう。最大の賛辞というのは、「この曲が大好き」というシンプルな言葉であり、もう1度演奏してほしいと頼むことほど、その気持ちを伝えられる方法はありません。
    • 「もう1度歌ってほしいです!」
    • 「毎朝の日課をこなしながら、この曲をリピートすることにします」

13
「魂のこもった歌声だ」

  1. アーティストの声を褒めちぎりましょう。伝える側の損得抜きで、相手を良い気分にさせるのが良い褒め言葉というものです。曲を聴いて特別に感じた点を褒めて自尊心をくすぐり、彼らを笑顔にしましょう。[5]
    • 「あなたの血には音楽が流れているのね」
    • 「君には独特のエネルギーがあるよ」
    広告

このwikiHow記事について

Maureen Taylor
共著者 ::
コミュニケーションコーチ
この記事の共著者 : Maureen Taylor. モウリーン・タイラーはサンフランシスコ・ベイエリアに本拠地をおくコーポレートコミュニケーション会社「SNP Communications」の設立者、そして最高経営責任者です。25年以上にわたり、あらゆる分野のリーダー、設立者、そしてイノベーター(革新者)達を対象に、コミュニケーションスキルの磨き方の指導を行っています。
カテゴリ: | 作詞作曲 | 社交
このページは 968 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告