頬の贅肉を取る方法

共同執筆者 Michele Dolan

贅肉がついてふっくらした頬は厄介なものです。体の一部分だけ減量するというわけにはいきませんが、様々な方法で頬を小さくすることができます。食生活と生活習慣を変え、頬のエクササイズを行いましょう。それでも目に見える効果がなければ医師の診察を受け、体重増加の背後に基礎疾患や病気があるか確認しましょう。

方法 1 の 3:
食生活と生活習慣を変える

  1. 1
    塩分と砂糖は控えましょう。食事に含まれる塩と精製糖が多すぎると、体はもっと水分を蓄えようとします。水分の摂取不足と同じように、溜め込んだ水分で顔や頬が膨らんで見えます。塩分と砂糖の摂取量をゼロにすることはできないので、塩分や糖分の多い食べ物を控えて減塩や糖分の少ない食べ物を取るようにしましょう。[1]

    ハムやボローニャソーセージなど塩分の多い肉ではなく、皮なしの鶏胸肉や七面鳥のひき肉など脂肪分が少ない肉を食べましょう

  2. 2
    健康的な食事でカロリーの摂取量を減らして、体重を落とします。頬の贅肉を落とす一番の方法は、食生活を変えて全身の体重を減らすことです。目標体重を決め、果物、野菜、全粒穀物、脂肪の少ないたんぱく質など低カロリーの食品を食べて、摂取カロリーを減らしましょう。[2]
    • カロリー計算アプリをダウンロードして、毎日食べた量を記録してみましょう。体重を減らすために、食べたり飲んだりしたものをすべてアプリに記録し、一日の摂取カロリーを超えないように管理します。
  3. 3
    体重を落として頬を小さくするために、水分をたくさん取りましょう。ダイエット中に飲むには、カロリーのない水が一番です。水をたくさん飲むと、食事と食事の間にも満腹感を得られるでしょう。水分が不足すると体が水分を溜め込むことになり、頬が膨らんで見えます。のどが乾くたびに水を飲んで、水分を補給しましょう。[3]
    • 常に水筒を持ち歩き、一日を通して水筒に水を足しましょう。
    • エクササイズや暑い日の外出などでひどく汗をかいた時は、普段より多めに水を飲みましょう。
  4. 4
    アルコールを控えめにするか一切取らないようにします。アルコールを取ると頬が膨らんで見えます。できるだけアルコールを控え、飲む場合は適量に抑えましょう。この場合の適量とは、女性は1日1杯まで男性は1日2杯までで、1杯はビール350ml、ワイン150ml、蒸留酒45mlに相当します。[4]
    • 晩酌がわりに、炭酸水と果汁で作ったノンアルコールカクテルやカモミールティーを試しましょう。
  5. 5
    週に150分運動して体重を落とします。健康な人は、適度な有酸素運動を週に150分間行うのが適切とされています。毎週この量の運動を行うと、多くのカロリーを消費することができるので体重が減ります。1日30分の運動を週5日行うなど、1週間の間で150分を分割して行いましょう。[5]
    • 有酸素運動の代わりに、ランニングや高強度インターバルトレーニングなど、激しい運動を75分行うこともできます。
    • 長続きするように自分の好きな運動を選びましょう。ダンスが好きならダンス教室に参加したり、インターネットのエアロビクス動画に合わせて踊ったりしましょう。

    ポイント筋力トレーニングを週2回行うとさらに効果的です。脚、腕、胸、背中、お腹、ヒップなど、主要な筋肉群すべてを鍛える筋力トレーニングを週2回行いましょう。

  6. 6
    睡眠をたっぷり取って減量を促進します。毎晩ぐっすり眠ると減量に効果的なので、睡眠を優先しましょう。毎晩少なくとも7時間は眠れるように、早めに布団に入りましょう。快適な睡眠のために次の方法を試しましょう。[6]
    • 寝室が落ち着いた雰囲気になるように、寝心地の良い敷布を用意して、寝室を暗く静かに保ち、室温を低く設定しましょう。
    • 寝る30分前には携帯電話、コンピューター、テレビなどの画面を見るのをやめましょう。
    • 午後や夕方にカフェインを摂らないようにします。
    広告

方法 2 の 3:
頬のエクササイズ

  1. 1
    “X”と“O”を続けて発音します。この発音を繰り返すと頬の筋肉を鍛えることができるので、顔がほっそりします。“X”と“O”をそれぞれ20回ずつ発音し、1日2セット行いましょう。[7]

    ポイント:このエクササイズは、入浴中や自動車での移動中または朝出かける準備をしながらでも行うことができます。

  2. 2
    魚の口のように頬をすぼめます。頬を吸って口の内側に引き込み、そのまま3秒間キープして元に戻します。[8]
    • 毎日このエクササイズを20回行いましょう。
  3. 3
    口を大きく開いた状態をキープしてから元に戻します。大きなものを食べる時のように、口をできるだけ大きく開き、そのまま5秒間キープします。その後、力を抜いて口を閉じましょう。[9]
    • このエクササイズを1日20回行いましょう。
  4. 4
    空気でブクブクうがいをします。ブクブクうがいをするように、口の中で空気を移動しましょう。1日合計5分間このエクササイズを行います。1度に5分間行っても、1分、2分、3分など分けて行ってもかまいません。[10]
    • 口に水を含み、実際にブクブクうがいをして頬の筋肉を鍛えることもできます。
  5. 5
    毎食後にガムを噛みましょう。噛む口の動きを繰り返すとあごが鍛えられ、頬がほっそり見えるでしょう。毎食後5~10分間ガムを噛みましょう。
    • ガムを噛んであごが痛む場合はやめましょう。
  6. 6
    もっと笑顔を作りましょう。笑顔を作ると顔の筋肉が鍛えられるばかりでなく、他人の視線を頬から逸らす効果もあるかもしれません。笑顔を作って10秒間キープします。1日10回行いましょう。[11]
    • 笑顔でいることの利点は他にもあります。笑顔でいると全体的に自信が付き、一日をより前向きに過ごすことができるでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
医師の診察を受ける

  1. 1
    医師に潜在的な病気を確認してもらいましょう。病気が原因で頬が膨らむことがあり、その場合は治療が必要です。体重が健康的で何をしても頬の膨らみが小さくならない場合は、医師の診察を受けましょう。[12]
    • 医師は、頬が腫れる「おたふくかぜ」の検査をするかもしれません。[13]
  2. 2
    服用している薬の影響を確認しましょう。定期的に薬を服用している場合は、薬の影響で頬が腫れることもあります。その場合は、医師に相談して代替薬があるか聞いてみましょう。[14]
    • たとえばオキシコドンを服用すると、顔や四肢が腫れる可能性があります。稀なことですが、この薬を服用している場合は確認しておきましょう。[15]
  3. 3
    どんな方法も効果がなかったら、美容外科手術を検討します。極端な方法ですが、どんな方法でも効果を得られず、頬の贅肉に悩んでいる場合は検討してみましょう。経験豊富な美容外科医を自分で探すか、かかりつけ医に紹介してもらいましょう。[16]

    注意事項:美容外科手術で頬の贅肉を取り除くには高額な費用がかかり、健康保険は適用されません。また、他の外科手術と同様にリスクも伴います。

    広告

ポイント

  • 思春期から20代前半にかけて頬がふっくらしている場合は、成長とともに贅肉がなくなるかもしれません。気になる場合は、メイクで頬の輪郭を整えましょう。

広告

注意事項

  • 頬の脂肪は年齢を重ねるとプラスに作用します。少しふっくらしていると、シワやたるみといった加齢の兆候が目立ちにくくなります。
広告

このwikiHow記事について

MD
認定パーソナルトレーナー
この記事はMichele Dolanが共著しています。 ミッシェル・ドーランはブリティッシュコロンビア州在住のパーソナルトレーナーです。BCRPA(身体活動と健康改善を推奨するブリティッシュコロンビアの非営利組織)認定トレーナーの資格を保有しています。2002年よりパーソナルトレーナー、そしてフィットネスインストラクターとして働いています。
カテゴリ: 健康
このページは 20,363 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告