頬の贅肉を取る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 11 出典

この記事には:食事を変える顔のエクササイズその他の方法

ぽっちゃりした頬に悩まされていますか?一番簡単な方法は、全身の体重を落とすことですが、顔のエクササイズと食事を変えるだけでも効果はあります。次に紹介する方法を試してみてください。

1
食事を変える

  1. 1
    水分をたくさん取りましょう。あなたのぽっちゃりした頬は水分の摂取不足が原因かもしれません。体が水分不足だと認識すると、脳が余分な水分を頬や目に溜め込むように指令を出してしまいます。一日に少なくともコップ一杯(240ml)の水を9杯飲むことで、脱水状態から抜け出して頬に水分が溜まらなくなります。 [1]
  2. 2
    塩分と糖分は控えましょう。塩分と糖分を取りすぎると体はもっと水分を蓄えようとします。 水分の摂取不足と同じように頬に水分を溜め込むことになります。全くゼロにすることはできないので、塩分や糖分の多い食べ物を控えて減塩や糖分の少ない食べ物を取るようにしましょう。[2]
    • 濃く味付けされた肉の代わりに赤身の肉を選びましょう。
    • どうしても甘いものが食べたいときには、クッキーやカップケーキのような砂糖の多く入っているお菓子は避けて、よく熟れたフルーツなど自然の甘みを楽しむようにしましょう。
  3. 3
    お酒は飲まないようにしましょう。飲酒を控えると、頬の贅肉をおとすのを助けるだけでなく、体のエネルギーレベルをあげたり頭痛を減らしたりといった健康面でのメリットがいくつもあります。お酒を飲むと体が脱水症状になり、頬に余分な水分を溜め込んでしまいます。また、体重も増加し、頬の贅肉も増やしてしまうことになります。[3]
    • アルコールを飲むと多くのエンプティカロリー(身体に蓄えられないカロリー)や糖分からのカロリーを摂取することになります。アルコールの代わりにフルーツスムージーやハーブティーにしましょう。
  4. 4
    野菜や果物を積極的に取りましょう。野菜や果物の摂取は健康面でのメリットだけではなく、頬の贅肉を落とすのにも効果があります。野菜や果物には水分がたくさん含まれているので、脱水状態を防いで頬に水分が溜まらないようにすることができます。また繊維も豊富なので腹持ちがよく、体に良くないスナック菓子等を食べたくなる頻度を減らすことができます。[4]
  5. 5
    カルシウムの多く含まれた食べ物を取りましょう。チーズやヨーグルトなど乳製品からカルシウムを多く取るようにすると体重を減らしやすくなります。またカルシウムを多く摂取することで、顔に溜め込まれた水分も減らすことができます。バターたっぷりのパスタやピザなど高炭水化物の食べ物の代わりに低脂肪の食べ物を取りましょう。[5]

2
顔のエクササイズ

  1. 1
    ガムをかみましょう。ガムをかむことは神経を落ち着かせたり息をリフレッシュするのに効果的なだけでなく、頬の贅肉を落とすのにも役立ちます。ガムを何度も何度もかむ動きであごが鍛えられていきます。エクササイズをしていると感じることなく行えるので続けやすい方法です。 食後数分間ガムをかむ習慣にしてもいいでしょう。
    • ガムをかみ過ぎてあごが痛くならないように気をつけましょう。
  2. 2
    “X‐O”エクササイズをします。はっきりと“X‐O”の発音を少なくとも15回行います。休憩をはさみながら3セット行います。この口の動きであごを2方向に簡単に動かすことができ、あごを強くして頬の脂肪を燃焼できます。このエクササイズはいつでもどこでも、デスクワーク中でも行えます。
  3. 3
    あごを大きく開きます。口を丸く広くあけ、この状態を数秒間キープします。少しリラックスした後、この動きをあと9回繰り返して、1セット10回行います。一日に3セット繰り返します。この動きを一度にたくさんやりすぎるとあごが痛くなることがあるので気をつけましょう。
  4. 4
    頬を引きあげます。頬を目のほうへ向かってできるだけ高く引きあげます。口角を高く持ち上げることに集中します。不自然な笑顔をつくっているような感じです。目をきつく閉じて行うとやりやすいかもしれません。
    • 頬を引きあげたら10秒間そのままにして、これを何回か繰り返します。
  5. 5
    “魚の口”をつくります。唇をすぼめて魚の口のように頬を口の内側に引き込みます。この状態を10秒間10回行います。[6]
  6. 6
    ムーンフェイスをつくります。口を閉じて頬に空気をいっぱいに入れます。そして空気を左右交互にできるだけゆっくり移動させます。少なくとも10回移動させ、これを一日に3セット行います。[7]
  7. 7
    口をすぼめてからムーンフェイスをつくります。まず口を閉じて頬を吸い込みます。これを数秒続けた後ムーンフェイスをつくります。10回を一日3セット行います。[8]
  8. 8
    笑顔を作ります。笑顔を作ることで顔の筋肉の運動になり、頬をすっきりさせることができます。笑顔を作って10秒間そのままにする動きを10回繰り返します。または日頃から笑顔をつくることを心がけるようにします。頬の贅肉を落とすのに効果的なだけでなく、一日をより前向きに過ごすことができるでしょう。[9]
  9. 9
    エクササイズ後にマッサージをします。一連の顔のエクササイズが終わったら、頬とあごを指で優しく円を描くようにマッサージします。緊張したあごの痛みを和らげることができます。

3
その他の方法

  1. 1
    体重を減らしましょう。頬の贅肉を落とす一番簡単な方法は体重を減らすことです。体重が落ちれば顔もスリムになります。たいていの人は数キロ体重を減らしただけで顔がすっきりしはじめます。体重を減らすには食事内容を改善し、運動をする必要があります。[10]
    • バランスの取れたヘルシーな食事を一日に3回取ります。炭水化物とたんぱく質と一緒にたっぷりの野菜と果物も食べましょう。
    • 運動習慣をつけましょう。一日30分運動するだけで精神的にも体力的にも大変違ってきます。
    • 真剣に結果を出したいのなら、一日の食事から250カロリーを減らし、250カロリーを余分に消費しましょう。
  2. 2
    筋力トレーニングを行う。ジムでウェイトトレーニングやダンベルトレーニングを行い、筋肉量を増やします。筋トレを行うと顔を含む体全体の筋肉量を維持できます。筋肉量が多ければ多いほど脂肪を燃焼することができます。
  3. 3
    薬を服用している場合は医師に相談してみましょう。薬の中には水分を体に溜め込む作用のあるものもあります。真剣に頬の贅肉を落としたい人は医師と相談して水分を溜め込まない薬に変えてもらいましょう。ただし見た目を良くしたいという理由で必要な薬の服用を犠牲にすることはやめましょう。[11]

ポイント

  • まれにガムを食べ過ぎると歯茎が痛くなることがあります。そんなときはすぐにかむのをやめてください。さらに痛みがひどくなって歯医者に行かなければならなくなることもあります。
  • チークをつけると、一時的に顔をすっきりと見せることができます。

必要なもの

  • チューイングガム

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: スポーツ・フィットネス

他言語版:

English: Lose Weight from Your Cheeks, Deutsch: Fett an den Wangen verlieren, Français: maigrir des joues, Português: Emagrecer as Bochechas, Nederlands: Dunnere wangen krijgen, 中文: 瘦脸, Русский: избавиться от круглых щек, Čeština: Jak zhubnout na tvářích, Español: adelgazar las mejillas, Italiano: Snellire le Guance con Alcuni Semplici Esercizi, Bahasa Indonesia: Mengurangi Lemak di Pipi Anda, العربية: إنقاص وزن خديك, हिन्दी: अपने गालों से चर्बी कम करें, Tiếng Việt: Làm Khuôn mặt Thon gọn hơn, ไทย: เปลี่ยนแก้มยุ้ยเป็นแก้มยุบ, 한국어: 볼살 빼는 법, Türkçe: Yanaklardan Nasıl Kilo Verilir

このページは 18,154 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?