髭を伸ばすということは、単に何か月も剃らずにいることを意味するのではありません。実際は、整った状態を維持するためのケアが必要になります。多くの男性が想像している以上の手間がかかりますが、正しい手順を学び、根気よく手入れをすることができれば、上手に顎髭を整えスタイリングすることができるようになります。

パート 1 の 3:
髭を伸ばす

  1. 1
    健康的な食事を心がける 健康的な食事を心がけることで、肌や髪の状態が改善します。髭も含まれます。[1]
  2. 2
    むずむずとした痒さに負けない 無精ひげから、本格的な髭へと変わっていくまで、途中の数週間は痒みが感じられるかもしれません。[2] 痒さは不快かもしれませんが、一時的なものです。我慢しましょう。
    • 伸ばし途中の髭が痒い時は、髭の痒みにも適したコンディショニングローションの購入を検討しましょう。[3]
  3. 3
    伸ばす 立派な顎髭を生やすための最善策は、とにかく伸ばすということです。数週間は粗野な見た目になるかもしれませんが、充分に伸ばさずに長さや形を整えようとすると、薄い、あるいはまばらな髭になり、求めていた顎髭になるまで、さらに1か月あるいはそれ以上かかってしまうかもしれません。[4]
    • 顎髭は同じ速度で伸びないので、充分に伸びるまでの具体的な期間を予測することは難しいのですが、2.5~4センチほど伸ばしてから、長さや形を整えるようにしましょう。[5]
    広告

パート 2 の 3:
顎髭のケアをする

  1. 1
    シャンプーで洗う 頭髪を洗う際に洗顔料や手洗い石鹸などを使うことはないでしょう。顎髭も同じです。1日おきにシャンプーで顎髭を洗いましょう。シャンプーは、オイリー肌や乾燥肌といった肌質に合わせた製品を選ぶことができます。[6]
    • 保湿シャンプーを使うと、毛髪の健康状態が保たれ、もろくなりにくくなります。[7]
  2. 2
    コンディショナーをつける 頭髪にコンディショナーをつけない人でも、顎髭にはつけましょう。顎髭の毛は、頭髪以上に細く、もろくなりやすいので、コンディショナーで柔らかさと健康を維持しましょう。[8]
    • 洗い流さないトリートメントを使っても良いかもしれません。[9]
  3. 3
    顎髭用オイルを用いる 顎髭用オイルは、顎髭の健康に特化して配合されたオイルです。入浴後、硬貨1枚ほどの量を手に取り、顎髭全体になじませましょう。[10]
    • 猪毛ブラシを使って顎髭全体にオイルをなじませる人もいます。[11]
  4. 4
    ノンコメドジェニック製品を使う ノンコメドジェニックとは、使用しても毛穴が詰まらない製品を指します。髭用ワックスといった髭専用スタイリング剤を使用する際は、製品のラベルにこの文言が含まれているものを探してみましょう。ノンコメドジェニック製品を使うことによって顎髭の下の肌荒れや埋もれ毛を防ぎましょう。[12]
    広告

パート 3 の 3:
長さや形を整える

  1. 1
    からまりをほどく ヘアサロンでヘアスタイリストが髪をブラッシングをしてから切り始めるように、髭もまず、からまりをほどきましょう。[13] 目の粗い櫛、あるいは猪毛ブラシを使うと良いでしょう。
  2. 2
    両脇はヒゲトリマーを使う 長く伸ばし、先端に向かって細くなるような形状に整えたいのであれば特に、顎周りの部分の髭はハサミを使った方が良いですが、両脇や頬周辺はヒゲトリマーを使うことができます。[14]
    • まずは、長めに設定して使ってみましょう。ヒゲトリマーは、ほとんどの製品に長さが調整できるガード機能がついているはずです。短く切り過ぎてしまうと伸びるまで待つことになりますが、長すぎる場合はさらに切ればよいので、まずは長めに設定して、お好みの長さが見つかるまで少しずつ短くしていきましょう。[15]
    • ハサミもヒゲトリマーも必ず髭が乾いている状態で使用しましょう。
  3. 3
    ハサミでゆっくりと丁寧にカットする ハサミで切る時は、下から開始し、一度に切り過ぎてしまうことがないよう少しずつゆっくりと切り進めましょう。[16] [17]
    • ハサミと一緒に櫛も駆使して、同じ長さで切り進めましょう。
    • 下から切り始めますが、まずは片側だけ完成させて、その後、それを真似するように反対側を仕上げたほうが全体を一度に整えるよりも簡単かもしれません。[18]
  4. 4
    「エッジ」を整える きちんと整った顎髭と、そう見えない顎髭の分かれ道はエッジ(顎髭と肌の境界)が整っているかどうかで決まることもあります。頬のまばらに生えた髭を剃り、首のラインに沿ってそろえ、(あれば)口髭も長さや形を整える、といったポイントはどれも非常に大切です。
    • 「首元ののライン」が具体的にどの位置なのか分からないという場合は、まず3面鏡に自分の姿を横から映しましょう。耳たぶの裏側から喉仏のすぐ上までをつなぐ見えない直線があると想像してみましょう。[19] この線よりも下にある髭は全て剃っておくと、上品で自然な首元のラインになります。
    広告

ポイント

  • 毎日髭を洗うと乾燥します。1週間3回からまず始めてみて、肌質や髪質に合わせて調整しましょう。
  • 2.5~4センチほど伸ばしてから形を整えましょう。
  • ハサミはゆっくりとした安定的な動きで用いましょう。切り過ぎてしまうと、また伸びるまで何週間、あるいは何か月もかかるかもしれません。
  • 長く伸ばしたい時でも、2か月に1度はトリミングをして整えると良いでしょう。

広告

必要なもの

  • 長さを調整できるヒゲトリマー
  • ハサミ
  • 櫛あるいは猪毛ブラシ
  • 顎髭用オイル
  • シャンプー
  • コンディショナー

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

そばかすを消す

How to

速くヒゲを生やす

How to

お酒の臭いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む21人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 161 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告