顔の角質を除去することで、すべすべで柔らかな肌を手に入れることができ、スキンケアの効果も高まります。[1] ただし、こうした効果を感じられるようにするためには自分の肌のタイプに適した角質除去を行い、肌に負担をかけないようにすることが大切です。顔の角質除去を行う際は、方法について皮膚科医に相談するのが最善でしょう。一般的に、多くの製品や医療措置が存在しているだけでなく、自宅で行うことのできる選択肢もいくつかあります。

方法 1 の 4:
自宅で正しく角質を除去する

  1. 1
    髪の毛を後ろでまとめる 髪が長い人は、顔にかからないようにまとめて、ヘアゴムでとめておきましょう。前髪がある人もまた、ヘッドバンドで持ち上げて顔にかからにようにした方が良いでしょう。
  2. 2
    お湯でウォッシュタオルを濡らす、あるいは浸す お湯は肌が火傷しない程度の温かい温度が良いでしょう。ウォッシュタオルで顔を覆い、1~2分そのままにして毛穴が開くのを待ちましょう。この手順の代わりに温かいシャワーを浴びて、数分間、湯気を浴びても良いでしょう。
  3. 3
    いつも通りの洗顔剤を使う 毛穴が開いたところで、いつもと同じ洗顔剤で顔を優しく洗いましょう。強くこする必要はありません。角質を除去する前に、肌を清潔にする必要があるだけです。
  4. 4
    パッチテストを行う 新しい製品を使用する際は、事前にパッチテストを行い、アレルギー反応がないことを確認しましょう。顔の側面あるいは顎まわりに2.5センチ四方の範囲を選びましょう。その範囲の肌を濡らし、スクラブ剤をつけましょう。5~10分そのまま待機します。塗った箇所がヒリヒリとする場合は素早く、完全にスクラブ剤を洗い流しましょう。今後、その製品を使わないようにしましょう。こうした反応が起きなければ、顔のその他の範囲にも同じ製品を使うことができます。
  5. 5
    スクラブ剤をつける どのようなスクラブ剤も、準備をしましょう。自分でスクラブ剤を作った人も、既製品を店頭で購入した人もいるでしょう。いずれにしても、濡れた清潔な肌の上にペーストを塗っていきます。2本の指あるいはぬるま湯で湿らせた清潔なウォッシュタオルを使いましょう。ゆっくりと円を描くようにペーストを顔全体に優しく塗りこみ、死んでしまった肌細胞を除去していきましょう。
    • 角質除去専用のブラシやスポンジを使用する場合、短いストロークで30秒ほどこすっていきましょう。[2]
    • 切り傷、怪我、日焼け、ヘルペスといった症状が出ている場合、スクラブは行わないようにしましょう。
  6. 6
    ぬるま湯でスクラブ剤を顔から洗い流す 熱いお湯ではなく、ぬるま湯でスクラブ剤を洗い流しましょう。次に冷水を顔につけ毛穴を閉じます。この時、必ずスクラブ剤が完全に落ちているようにしましょう。残っていると顔がベタついたり、ざらついてしまいます。
  7. 7
    ポンポンと軽くたたくようにして水気を乾かす 未使用で柔らかく、清潔なタオルを使い、優しく肌の水気を拭き取りましょう。強くこすらないように気をつけましょう。スクラブを行った後の肌は、いつもよりも敏感になっていることがあります。ゴシゴシとこすり肌に新たな負担をかけてしまわないよう気をつけましょう。
  8. 8
    日焼け止め配合の保湿液をつける スクラブが完了したところで、ノンコメドジェニック(毛穴を詰まらせない)タイプの保湿液を使い、肌のすべすべな状態を維持し、吹き出物を防ぎましょう。日焼け止め成分配合の製品を選ぶようにし、有害な紫外線から肌を守りましょう。[3] スクラブ後の肌は太陽に弱いので、屋外で過ごす予定がある場合は必ず日焼け止めを塗りましょう。
    • SPF15以上の保湿液を使用しましょう。
  9. 9
    頻度を調整する オイリー肌で普段から肌荒れもない人は毎日スクラブを行っても問題はないでしょう。その反面、敏感肌や乾燥肌の人はスクラブの回数を週1~2回に抑えておきましょう。[4] 肌が赤くなったり炎症を起こした場合、スクラブを中止し、医師に相談しましょう。
    広告

方法 2 の 4:
皮膚科用製品を購入する

  1. 1
    自分の肌のタイプを把握する オイリー肌、ノーマル肌、あるいは乾燥肌なのか角質除去の製品を購入する前に把握するようにしましょう。乾燥肌の人の肌はカサつきや痒みを伴うことが多い一方で、オイリー肌の人はベタつきやテカりが特徴的です。また顔の部位によってタイプが異なる2つ以上の混合肌の人も少なくありません。この場合はノーマル肌用の製品、または最も範囲の広い肌タイプに特化した製品を使用するようにしましょう。
  2. 2
    自分の肌タイプに合った製品を選ぶ オイリーあるいはノーマル肌の人は、過酸化ベンゾイルまたはサリチル酸が配合された製品を選びましょう。こうした成分が吹き出物を予防する働きをします。また、αヒドロキシ酸配合の洗顔料を使うと、死んだ肌細胞を除去する効果が高まります。さらに、レチノイン酸配合の製品を使用することで肌のトーンを調整しシワを減らしましょう。
    • 乾燥肌の人は、上記の製品や、グリコール酸が含まれた強い角質除去製品の使用は控えましょう。一般的に、化学薬品が含まれた製品は避け、物理的な製品のように侵襲性の低い方法を選ぶと良いでしょう。
    • グリコール酸の配合率が10パーセントを超えている製品、あるいはサリチル酸の配合率2パーセントを超えている製品は使用しないようにしましょう。[5]
    • アスピリンにアレルギー反応を起こす人は、サリチル酸が含まれている製品の使用を控えましょう。
  3. 3
    敏感肌、乾燥肌に適したビーズを選ぶ 敏感肌の人は、敏感肌用と表記されている製品を選ぶようにしましょう。また、滑らかな合成タイプの角質除去ビーズが配合された製品を使用すると良いでしょう。こうした製品は乾燥肌や炎症を起こしやすい肌にも適しています。オイリー肌の人は、粒の粗いビーズが配合された製品で、より強く角質除去を行うと良いでしょう。
  4. 4
    電動角質除去ブラシを試してみる Clarisonicといったブランドから、顔の表面の死んだり乾燥してしまった肌細胞を除去するための美容品が発売されています。こうしたブラシは超音波を活用して、肌に負担をかけることなく汚れや角質を顔から取り除きます。専門のマイクロダーマブレーションといったフェイシャルほどの効果は見込めないものの、こうした美容品を用いることで、かなり費用が抑えられます。[6]
    広告

方法 3 の 4:
自然由来のフェイシャルスクラブを作る

  1. 1
    重曹と水を混ぜ合わせて顔に塗る 重曹は優しく角質を除去する働きをします。[7] 塗ったあとは10分間そのまま待機し、ぬるま湯とウォッシュタオルを使って洗い流しましょう。
    • ハチミツと重曹の組み合わせを試してみても良いでしょう。[8]
    • 敏感肌には重曹とアロエを混ぜ合わせて使いましょう。[9]
  2. 2
    アボカド、ハチミツ、砂糖のマスクを作る アボカドをつぶし、大さじ2杯のハチミツ、さらに大さじ1杯の砂糖と混ぜ合わせましょう。砂糖が優しく角質を除去し、ハチミツとアボカドが肌に栄養を与えます。[10]
    • オイリー肌の人は、大さじ2杯の新鮮なレモン果汁を加えることで肌の引き締め効果を高め、毛穴を乾かしましょう。
    • マスクを塗った後は15~20分そのまま待機し、最後にしっかりと洗い流しましょう。
  3. 3
    健康なオイルと砂糖を混ぜ合わせる 角質を除去するためのスクラブに混ぜるオイルには複数の選択肢があります。ナッツで作られたオイルはオメガ3脂肪酸を豊富に含み、肌を引き締め若返らせる効果があります。大さじ2杯程度のオイルと大さじ1杯のブラウンシュガーあるいは上白糖を混ぜ合わせ、ウォッシュタオルを使って顔に塗り、小さな円を描くようにしてスクラブしていきましょう。[11] ぬるま湯であらいながしましょう。例えば、下記のオイルが一般的に推奨されています。[12]
    • ココナッツオイル
    • アーモンドオイル
    • オリーブオイル
    • グレープシードオイル
    • カモミールオイル
    • アボカドオイル[13]
    • サフラワーオイル
  4. 4
    コーンミールやナッツミールを基にしたスクラブを試す 大さじ2~3杯のコーンミールあるいはアーモンドやクルミといったナッツ系ミールを少量の水と混ぜ合わせましょう。濃いペーストのような質感を目安にしましょう。たっぷりの量のペーストを顔に塗り、15分ほどそのまま待機してから、ぬるま湯で洗い流しましょう。[14]
    • ナッツアレルギーのある人はこのペーストの使用は控えましょう。
  5. 5
    コーヒースクラブで顔を若返らせる[15]  コーヒーの粗い質感とコーヒー酸が合わさることで、良質なスクラブ剤となります。コーヒー酸には抗炎症効果のある成分が含まれ、コラーゲンの生成を促す効果もあり、滑らかで健康的な肌になります。[16]
    • 大さじ1杯の挽いたコーヒー豆と同量の水あるいはオリーブオイルを混ぜ合わせ、顔に塗ります。部分的にオイリー肌の人は、オリーブオイルの代わりに水を使用しましょう。15分ほど塗ったまま待機し、マスクを肌に馴染ませ、最後にぬるま湯で洗い流しましょう。
    • インスタントコーヒーでなく、挽きたての新鮮なコーヒーを使いましょう。インスタントコーヒーは水と合わさるとすぐに溶けてしまいます。
    • 20分ほど顔に蒸気をあて、毛穴を開いても良いでしょう。次に、大さじ1杯のコーヒーに牛乳あるいはハチミツを混ぜ合わせ濃いペーストを作りましょう。出来上がったペーストを円を描くようにして顔に塗っていきます。20分そのまま待機してから冷水で洗い流し、毛穴を引き締めましょう。
  6. 6
    オートミールスクラブで肌をなだめ、栄養を与える 特に乾燥肌の人にオートミールスクラブの効能が高く、角質を除去しながら肌に栄養を与えることができます。[17]
    • 大さじ2杯のインスタントタイプでないオートミールと、小さじ1杯の塩または砂糖、さらに大さじ2杯の水またはオリーブオイルを混ぜ合わせます。オイリー肌の人は塩と水という組み合わせにしましょう。乾燥肌の人は砂糖とオイルの組み合わせにすることで肌に水分を与えましょう。
    • 混ぜ合わせたものを顔に塗り、そのまま15分ほど待機し、ぬるま湯で洗い流しましょう。[18]
    広告

方法 4 の 4:
専門の処置を受ける

  1. 1
    スパでフェイシャルを受ける スパでリラックスする一日の予定に、角質の除去を組み込みましょう。スパでは角質除去からディープクレンジングまで肌に関する様々なメニューを用意しています。時々このような一日を設けて自分を甘やかせましょう。スパではマッサージもぜひ受けておきましょう!
  2. 2
    専門のマイクロダーマブレーションを受ける これはメカニカルピーリングやマイクロリサーフェシングとも呼ばれ、先端に角質除去機能を備えた機械式の吸引チューブを用いて、死んでしまったり乾燥してしまった肌の層を取り除く方式を意味しています。[19] 毛穴の汚れを取り、肌を若返らせる効果がありますが、効果を維持するためには2~3週間ごとに処置を繰り返し受ける必要があります。
    • 比較的高価な処置である一方で、マイクロダーマブレーションは非侵襲性の措置であるとともに、皮膚科医の診療所受けることができます。
    • 処置は最低でも計6~10回、それぞれ2~3週間おきに受けると効果が持続するとされています。
    • 傷跡が残りやすい人や過去6か月の間にイソトレチノインを服用した人はマイクロダーマブレーションを受けないようにしましょう。[20]
    • 何らかのニキビ治療薬を服用している人は、マイクロダーマブレーションを受ける前に皮膚科医に確認しましょう。
  3. 3
    ケミカルピーリングを試す 乾燥肌や敏感肌でない人は、4~6週間おきにケミカルピーリングを受けることができるかもしれません。ケミカルピーリングは高濃度のサリチル酸とレチノイン酸を使用し、肌細胞の再生速度を高めます。ピーリングを受けた直後の数日は肌が剥けますが、その後自力で回復していき、新たに滑らかな肌が生成されます。
    • 通常こうした処置はライトピーリングで1万6千円程度から、ディープピーリングであれば65万円前後の費用がかかります。
    • ケミカルピーリングは求める効果次第で、ライト、ミディアム、ディープという異なる深さで行われます。浅い処置と比べると、深いピーリングは回復するまでより多くの時間を必要とします。[21]
    • ケミカルピーリングを受けた後は赤みが生じます。その他にも傷跡、肌のトーンの変化、感染といったリスクも決してゼロではありません。ディープピーリングは、使用する医薬品の影響で心臓や肝臓が損傷を受ける恐れもあります。[22]
    • 医師にこれまでの病歴を伝え、ケミカルピーリングを受けることができるのか確認しましょう。ケミカルピーリングは誰にでも適した処置ではありません。[23]
    広告

注意事項

  • 過酸化ベンゾイルやレチノールを含んだ製品など、スキンケア製品の中には肌を敏感にさせ剥けやすくするものもあります。[24] こうした製品を既に使っている時に行う角質除去には注意が必要です。
  • 肌のトーンがかなり暗い人や傷跡が残りやすい人は、角質除去を行う前に皮膚科医に必ず相談しましょう。適さない処置を受けることによって肌のトーンが変わる恐れがあります。
  • 肌にほくろや変色した箇所があり、範囲が広がったり変わったりしている場合は、皮膚がんの疑いがあるので直ちに医師の診断を受けましょう。[25]
広告

関連記事

How to

2週間で10キロ痩せる

How to

10日間で5kg痩せる

How to

手術なしで二重を手に入れる

How to

1日のスケジュールに従って行動する

How to

アニメ中毒を克服する

How to

白い肌を手に入れる

How to

自傷跡を隠す

How to

自傷行為による傷跡を消す

How to

ミントの葉からオイルを抽出する

How to

胸を小さくする

How to

1ヶ月で痩せる

How to

銀のネックレスをきれいにする

How to

体毛を減らす

How to

唇の腫れを治す
広告

このwikiHow記事について

Mohiba Tareen, MD
共著者 :
Mohiba Tareen, MD
米国皮膚科学会認定皮膚科医
この記事の共著者 Mohiba Tareen, MD. モヒバ・タリーン医師はミネソタ州のローズビル、メイプルウッド、そしてファリバルトの各市にて皮膚科専門クリニック「Tareen Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ミシガン大学アナーバー校の医学部を卒業。在学時には名誉協会「Alpha Omega Alpha」に在籍しました。皮膚科の研修医としてニューヨーク市のコロンビア大学に勤務中、同市の皮膚科学協会よりコンラッド・ストリッツラー賞を受賞。その業績は医学専門誌「The New England Journal of Medicine」にも掲載されました。皮膚形成外科、レーザー治療学、そして美容皮膚科学に焦点をおいた実務課程を修了。 この記事は4,152回アクセスされました。
カテゴリ: 生活習慣
このページは 4,152 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告