顔の赤みを取る際、赤みの原因次第で適した対処方法も変わってきます。多くの場合、化粧品やスキンケア用品等で対処していくことができます。それ以外の原因によって赤みが生じている場合は、別途処置を付け加える必要があります。この記事で紹介する手順を参考に自分の症状に最も適した方法で赤みを和らげていきましょう。

方法 1 の 4:
日々のお手入れを工夫する

  1. 1
    赤みの原因を突き止める 日々の肌のお手入れに用いている製品が原因で肌がアレルギー反応を起こしたり、吹き出ものや、その他の炎症が生じている可能性もあります。使っている化粧品、スキンケア用品、ヘアケア用品を見直してみましょう。一旦全ての使用を止め、次に1つずつ使用を再開していきましょう。こうすることで、どの製品が肌荒れの原因となっていたのかが分かります。
    • 赤みと一緒に腫れが顔に生じていて、特に唇や舌に症状が見られる場合や呼吸が困難に感じられる場合は、直ちに医療処置を受ける必要があります。救急車を呼びましょう。
    • 最も最近お手入れに付け加えた商品が赤みの原因として疑われるので、まずそれから始めてみましょう。
    • アレルギー専門医や皮膚科医に予約を入れましょう。どちらでもアレルギーのパッチテストを受けることができます。パッチテストとは、少量の薬品を肌につけ、肌の反応を観察する方法です。
    • 敏感肌ということも考えられます。敏感肌専用のスキンケア用品をそろえるようにしましょう。例えばアビーノ(Aveeno)からは肌を落ち着かせる効果の製品、ユーセリン(Eucerin)からは赤みを抑えることに特化した製品が販売されています。
    • 赤みを引き起こしている成分が分かったら、その成分が含まれている製品全ての使用を中止しましょう。[1]
  2. 2
    1日1~2回洗顔をする ぬるま湯を使用しましょう。水温が高すぎても低すぎても、肌が乾燥する原因となります。また、誤った方法で洗顔を行うと炎症が悪化し赤みが増してしまいます。敏感肌の人でも使用できるような無香料で乾燥を促す成分(アルコールなど)が含まれていない洗顔料が良いでしょう。セタフィル(Cetahil)といった製品を試してみましょう。
    • 洗い終わったら、柔らかいタオルを使って、ポンポンと優しくたたくようにして肌の水気を拭き取りましょう。顔を強くこすると肌の症状が悪化してしまう可能性があるので気をつけましょう。[2]
    • 硫酸塩を含んだ洗顔料を使ってみましょう。このような成分には炎症を抑える効果があります。[3]
    • ニキビが原因で肌に赤みが生じている際は、敏感肌用のスキンケア用品でなく、過酸化ベンゾイルが含まれている製品を使ってみましょう(クレアラシル等)。
  3. 3
    保湿剤を使う 洗顔後は、すぐに保湿クリーム(あるいはローション)を肌につけて水分を閉じ込めましょう。
    • ローションは冷蔵庫に保管し、冷やした状態で肌につけても良いでしょう。冷えた状態で使用することで顔の血管が収縮し赤みが和らぎます。
    • アルコール、ハシバミ、マンサク、ペパーミント、香料、ユーカリ、丁子油が含まれた製品は買わないようにしましょう。こうした成分は刺激性物質でもあるので肌の炎症が悪化する原因となります。[4][5]
  4. 4
    市販のクリームを使う 局所使用専用のコルチゾンが最も頻繁に使用されています。こうしたクリームにはステロイドが含まれていて、赤みを和らげ、肌を滑らかにし、腫れを軽減させる働きをします。ヒドロコルチゾンが0.5~1%配合されているクリームを探してみましょう。毎日1~2回、間隔を空けて塗りましょう。何も問題のない箇所には塗らないようにしましょう。
    • 長期間にわたる使用は避けましょう。使用し過ぎてしまうと逆に肌の炎症の原因となります。
    • リコリス、ナツシロギク、お茶、ウコン、マグネシウム、キュウリ、生姜といった、より自然な成分を用いたクリームを使うことも可能です。[6]
  5. 5
    アロエ(アロエベラ)の葉を使う アロエは炎症や痛みを和らげる効果があります。家庭でアロエを栽培している人は葉からジェル状の中身を取り出して使うことができます。市販のものを購入しても良いでしょう。1日2回葉肉を顔に塗り赤みを徐々に取っていきましょう。
    • 葉肉を取り出す場合は、まずアロエの木の根本に近い場所から大き目の葉を1枚切り取りましょう。次に葉の中央に縦方向の切れ目を入れ、中身を取り出します。取り出したジェル状の葉肉を1日2回顔に塗りましょう。[7][8]
    • スーパーマーケットやドラッグストア等でアロエの葉肉を購入することもできます。
  6. 6
    ココナッツオイルを塗る ココナッツオイルは自然の皮膚軟化剤で、皮膚に水分を閉じ込める働きをします。ただし油分を肌に塗ることになるのでニキビ肌の人は注意が必要です。油分によってニキビが悪化する恐れもあります。ココナッツオイルは、赤みの原因となる水分の枯渇を防ぎ、肌の潤いを保ちます。また、含まれているラウリン酸には抗ウィルス、抗真菌、抗菌効果があり、肌の再生を促します。毎晩、顔にココナッツオイルを塗りましょう。特に、荒れていたり赤みが酷い箇所を忘れずに含めましょう。[9]
    • オリーブオイル、アーモンドオイル、ローズヒップシードオイルなどを使用しても良いでしょう。こうしたオイルにもココナッツオイルと似た栄養素が含まれているので、同様に肌に水分を閉じ込める効果があります。[10]
    • 肌の乾燥が原因で赤みが発生している時、ココナッツオイルが良く効きます。
  7. 7
    オートミールマスクを作る オートミールは、日焼け、皮膚炎、肌荒れなど様々な要因で生じた赤みに効果があります。何も混ざっていないオート麦に水を加えましょう。オートミールが水分を吸ったら、パックの様に顔に塗りましょう。1日1回までの頻度であれば毎日安全に使用することができます。塗った後は少なくとも30分そのまま待ち、最後に洗い流しましょう。[11]
    • 水の代わりに牛乳を使うと、さらに効果が高まります。ただし、ある程度の乳脂肪分が含まれているものを選びましょう。少なくとも乳脂肪分2パーセント、あるいは成分無調整の牛乳が適しています。高脂肪のたんぱく質が肌を若返らせます。[12]
    広告

方法 2 の 4:
生活習慣を改善する

  1. 1
    赤み補正コンシーラーを使う 通常のコンシーラーでは顔の赤みを隠すことはできませんが、赤み補正に特化した製品は補色の原理を利用しているので、変色している箇所と、それ以外の箇所とのバランスを整える効果があります。顔の赤みに対しては、緑色系統のコンシーラーを使いましょう。赤みの気になる箇所に少量のコンシーラーをのせます。指先やメイク用スポンジを使って優しく馴染ませましょう。
    • 赤みが長引き、コンシーラーでも隠せない場合は、「酒さ」という皮膚の病気にかかっている可能性もあります。気になる場合は皮膚科医に相談しましょう。[13]
    • コンシーラーは厚く塗りすぎないようにしましょう。コンシーラーを使っても赤みの全ては隠せないこともあります。塗る量を増やせば解決するというわけではないので、厚く塗る必要性がありません。大量のコンシーラーを肌に馴染ませようとすると、逆に色味が透けてしまうこともあります。
  2. 2
    日焼け止めを塗る 日焼けが原因で肌に赤みが生じている場合もあります。外出する際は、たとえ曇り空でも日焼け止めを塗りましょう。ドラッグストアで顔用、敏感肌用の日焼け止めが販売されています。
    • SPF30以上の製品を選びましょう。[14]
    • 「ノンコメド(ノンコメドジェニック)」の日焼け止めであれば、毛穴もふさがれません。
    • 日焼け止め成分が配合されているメイク用品や保湿剤を使っても良いでしょう。
  3. 3
    肌を寒さから守る 低温の寒い環境では顔は「風焼け」をします。空気中の粒子によって皮膚の健康な層をはぎ取られてしまうため、肌へのダメージも大きくなります。[15]こうした外気から肌が守られていれば、屋内に戻った時に頬や鼻もそこまで赤くなりません。
    • 冷たい空気にさらされていると、顔の血管が収縮し、肌が青白くなります。暖かい場所に戻ると、それまで収縮していた血管が一気に戻るので肌が赤くなります。
    • スカーフ、帽子、スキー用マスクなどを着用しましょう。着心地、着け心地の良い素材のものを選びましょう。
  4. 4
    水を飲み、水分の豊富な食品を摂取する 食事を改善して体内から顔の赤みを和らげていくという方法もあります。水分を補給し、冷却効果のある食品を摂取しましょう。例えば、人参、サツマイモ、リンゴ、セロリ、ココナッツ、キュウリ、メロン、桃、パパイヤ、ほうれん草、ブロッコリーなどは抗酸化成分も含み、体の内側から肌に水分を補給する働きをします。
    • 尿の色を確認しましょう。透明に近い薄い黄色であれば、充分に水分補給ができています。逆に濃い黄色であったり、オレンジ色のような黄色の場合は水分が不足しています。
    • 上記の食品を積極的に摂取することが真冬の寒く乾燥した空気から肌を守ることにもつながります。
    • 辛い料理、熱い飲み物、カフェインを含む飲み物、アルコール飲料は避けるようにしましょう。肌のトラブルが悪化してしまいます。[16]
  5. 5
    キュウリを肌に乗せる キュウリには水分だけでなくビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、肌を潤したい時に最適です。まず、キュウリを薄切りにしましょう。仰向けになり、薄く切ったキュウリを赤みが気になる箇所にのせていきます。15~20分そのままの姿勢で待ちましょう。
    • 15~20分で、キュウリに含まれるビタミンCが作用し、目立っていた赤みが和らいでいるでしょう。[17]
    • キュウリを肌にこすりつける必要はありません。こすってしまうと摩擦によって炎症が悪化してしまうかもしれません。
  6. 6
    緑茶をつける 緑茶には抗炎症成分が含まれていて血管を収縮する働きがあるので、肌の赤みや炎症を和らげます。鍋で水を沸騰させ、ティーバッグ5~6個あるいは大さじ2~3杯の茶葉を加えて火を止めましょう。そのまま10分放置し、緑茶の成分を染みわたらせましょう。充分に色が出たらボウルに注ぎ込み、お茶を冷ましながらフェイスタオルをその中に浸します。室温程度の熱さになったところで、フェイスタオルで顔をなでましょう。[18]
    • 緑茶の代わりにカモミールティーやペパーミントティーを使っても良いでしょう。ただし敏感肌の人はペパーミントティーの使用は控えましょう。
    • フェイスタオルは染みが残っても大丈夫なものを使用しましょう。緑茶には色があり、使った布に残る可能性があります。
    • フェイスタオルで強く顔をこすらないようにしましょう。こすると炎症が悪化する恐れがあります。
  7. 7
    ワセリンで肌を保護する ニキビ肌の人は、ワセリンを塗ることによってニキビが悪化する恐れがあるので注意が必要です。ワセリンを薄く塗ることで保護層が出来上がります。血管の急速な収縮や拡張を防ぐので、たいていの赤みは軽減されるか、予防できるようになります。[19]
    • 自分に合っているか分からない場合は、まず頬の赤みが酷くない箇所を選び少し塗ってみましょう。数時間後に赤みや炎症が悪化していなければ、顔のその他の部位にも塗りましょう。
  8. 8
    r冷湿布をする 冷やすことで血管が収縮し赤みが和らぎます。この方法は、ほてりや腫れを伴う赤みに特に効果的です。柔らかく清潔なフェイスタオルを冷水で濡らし患部に優しくあてましょう。[20]
    • 保冷剤をタオルで厳重に包んで使っても良いでしょう。
    • 濡らしたタオルを冷蔵庫で数分間冷やしてから顔にあてるという方法もあります。
    • ごわついた生地のタオルは使わないようにしましょう。
    広告

方法 3 の 4:
「酒さ」を治療する

  1. 1
    酒さを引き起こす状況を避ける 酒さは慢性的な皮膚病で、症状が現れたり、消えたりを繰り返します。いつ現れるのか予測することが難しいので、酒さの症状として現れる赤みに対処するためには、原因として分かっているものや状況を避けることが大切です。
    • 紫外線、熱、お酒、辛い食べ物、固形チーズ、感情的になる、湿度の高まりや強風などの天気の変化が症状を引き起こします。
    • 感情的になるとは、ストレスや恐れ、不安感、恥ずかしさなど感じ動揺した状態を含みます。[21]
  2. 2
    経口薬の処方を医師に依頼する 処方薬を服用することで肌の炎症が軽減されます。これまでのステップで紹介した方法が何も効かないのであれば、恐らく処方してもらえるでしょう。妊娠中の人はその旨を医師に伝えましょう。何らかの疾病を抱えていたり、以前別の薬を服用していた事のある人もまた医師に申告しましょう。
    • ドキシサイクリンという経口用の抗生物質を処方される可能性が高いでしょう。炎症を軽減する効果があります。この場合、まず低用量の経口薬を多めに服用して体内の薬の効果を一気に高め、そこから徐々に服用量を調整していくという方法が。
    • ドキシサイクリンは酒さの症状として現れる赤みだけでなく赤みを伴った吹き出ものにも効果があります。
    • この他にも有効な成分があります。軽度よりもやや深刻な症状が見られる場合に処方されます。医師と相談し自分の症状に最も適している薬を処方してもらいましょう。[22]
  3. 3
    局所使用の薬の処方を依頼する 経口薬よりも局所使用の塗り薬を好む人もいます。スルファセタミド(硫黄)や、メトロニタゾール、アゼライン酸などが配合された医薬品クリームを処方される可能性が高いでしょう。こうした成分には経口薬と同じ効果があり、酒さが原因で現れた赤い吹き出ものや赤みに効きます。[23]
  4. 4
    レーザー治療について相談する より長期的に赤みを抑えたいと考えている人の多くが、レーザー治療を検討します。レーザー治療は顔、首元、胸元といった目につきやすい箇所の血管に効果があります。肌の状態が明らかに改善され、顔色も明るくなります。
    • レーザー治療は、ある程度の不快感を伴いますが、局所麻酔や保冷剤などを用いることで軽減することが可能です。
    • レーザー治療は1回の施術では完了するものではなく、3~6週間の間隔を空けて複数回繰り返す必要があります。満足のいく結果を得るには2~3回は必要です。また、多くの場合、保険適用外です。
    • 主に、他の対処法では効果が見られず、頻繁に赤み生じている人がレーザー治療を受けます。[24]
    広告

方法 4 の 4:
大人ニキビを治す

  1. 1
    サリチル酸を使う サリチル酸は腫れや赤みを軽減する働きをします。また、毛穴の詰まりを改善するという効果まであります。ジェル、ウェットシート、クリーム、洗顔料、保湿剤、スプレーといった様々なタイプの製品があります。自分の日常に最も適したものを選ぶようにしましょう。肌が乾燥してしまわないように、まずは2パーセント配合のものから使用してみましょう。[25]
  2. 2
    アスピリンを局所使用する アスピリンに配合されているサリチル酸がよく効き、血管を収縮して顔の炎症を和らげます。アスピリンのカプセルを1錠取り、2つに割りましょう。中身の白い粉を2~3滴の水と合わせ、ペースト状になるまで混ぜ合わせます。このペーストを直接ニキビに塗ります。その上から絆創膏を貼り、30分程放置しましょう。
    • カプセルでなく錠剤の場合は砕いて水と混ぜ、ペーストを作りましょう。
    • 30分経過する頃には血管は収縮しているでしょう。ニキビとその周りの肌の赤みも、かなり収まっているはずです。[26]
  3. 3
    薬を処方してもらう 慢性的なニキビや深刻な大人ニキビに悩んでいる場合、市販のスキンケア用品では充分に効かないでしょう。こうした場合は皮膚科医の診断を受け、より強いクリームや軟膏を処方してもらい治療しましょう。それ以外にも、経口用の抗生物質、レーザーや光を照射する治療法、ケミカルピーリング、その他のピーリング(皮膚剥離)方法などを勧められる場合もあります。
    • 吹き出ものの原因となっているバクテリアを殺すために経口用抗生物質が処方されるかもしれません。元々は高血圧を治療するために用いられていたホルモンの働きを調整する薬(経口避妊薬やスピロノラクトンなど)が処方されることもあります。[27]
    • 一般的に、クリームや軟膏には、局所用抗生物質、レチノイド、硫黄、過酸化ベンゾイル、あるいはサリチル酸が含まれています。
    • こうした治療薬を組み合わせて処方されることも珍しくありません。
    広告

ポイント

  • 喫煙をする人は、禁煙について医師や皮膚科医に相談してみましょう。喫煙が肌の赤みの原因となることもあります。
  • 皮膚科医や麻酔医のようにスキンケアの専門家からどのような製品(市販および処方薬)が自分の肌に最も適しているのか相談してみましょう。
  • 米国に居住している人は、私費で全額負担になってしまうことがないように、保険が適用される治療方法や専門医をよく調べましょう。例えば、健康保険の多くは皮膚科の診察には適用されますが、麻酔医は適用外となります。
  • それぞれに個人差があり、肌の状態も異なります。顔が腫れて赤くなってしまった場合は熱を避けて冷やしましょう。また、緊張を和らげることで体も落ち着いてくるでしょう。

広告

注意事項

  • 赤みが顔の腫れを伴っていて、特に腫れが唇や舌に見られる場合、あるいは呼吸が困難になった場合は直ちに救急車を呼びましょう。
広告

関連記事

How to

目の形を判断する

How to

キスマークを偽造する

How to

眉毛にスリットを入れる

How to

肌のアンダートーンを見極める

How to

片方の眉を上げる

How to

眼鏡を調整する

How to

自然な赤みのある唇にする

How to

ビューラーを使わずにまつ毛をカールさせる

How to

血管を浮き上がらせる

How to

アイラインをきれいに落とす

How to

ローズウォーターを作る

How to

目の色を自然に変える

How to

フォアダイスを除去する

How to

鼻を細く見せる
広告

このwikiHow記事について

Laura Marusinec, MD
共著者
学会認定小児科医
この記事の共著者 Laura Marusinec, MD. マルシネック医師はウィスコンシン小児科病院の小児科医で、病院内の臨床実務評議会に参加しています。1995年にウィスコンシン医科大学医学部にて医学博士号を取得後、1998年に同大学病院小児科にて臨床研修を修了。全米医療ライター協会と小児緊急治療学会の会員です。 この記事は2,322回アクセスされました。
カテゴリ: メイク
このページは 2,322 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告