顔を洗う方法

3 方法:毎日の洗顔ニキビ肌の洗顔乾燥肌の洗顔

透明感のある、健康でみずみずしい肌を保つテクニックを知りたくありませんか? 毎日の洗顔で簡単に肌の状態を改善できますが、正しい方法で行って肌の乾燥や炎症を防ぐことが大切です。ニキビができやすい肌、乾燥しがちな敏感肌、またはその中間の肌質、そうした各自の特徴に合わせた洗顔方法を紹介します。

1
毎日の洗顔

  1. 1
    ぬるま湯で顔を濡らす 髪の毛を後ろにまとめて、たっぷりのぬるま湯で顔を濡らします。熱いお湯や冷たい水は肌への刺激が強くなりますが、ぬるま湯は肌に優しく、炎症を招きません。
    • 手でぬるま湯を顔にかけるか、ぬるま湯に浸したタオルを使って顔を濡らします。
    • 洗顔料を使う前に顔を濡らすと洗顔料がよく伸び、使い過ぎを防げます。
  2. 2
    洗顔料で洗う 自分の肌に合う洗顔料を1円硬貨大ほど手に取ります。円を描く要領で、顔全体に少量の洗顔料を塗り広げます。30秒から1分間、円を描くようにマッサージを続けます。[1]
    • ボディソープやハンドソープを洗顔料の代わりに使うのは止めましょう。顔の肌は体の他の部分よりも敏感なため、洗浄力の強すぎるソープ類を使うと、肌が乾燥して炎症を起こす可能性があります。[2]
    • 化粧をしていたら、化粧落としを使いましょう。特に目の周りを丹念に落とします。ココナッツオイルは、肌に良い自然の化粧落としになります。
  3. 3
    優しく角質除去をする 角質除去をするには、優しく肌をこすって、ほこりなどの汚れや古くなった角質を取り除きます。数日おきに角質除去を行うと、毛穴の詰まりを防ぎ、透明感のあるみずみずしい肌になります。フェイシャルスクラブや洗顔クロスを使って、乾燥しがちな個所や、脂っぽい個所を中心に、円を描くようにマッサージします。[3]
    • 角質除去を頻繁にし過ぎたり、力を入れ過ぎたりすると、皮膚が炎症を起こすことがあります。週に数回にとどめ、ごしごし擦らないように気を付けましょう。角質除去を行わない日は、洗顔だけを行います。
    • 家にある材料を使って、自分でフェイシャルスクラブを作れます。蜂蜜、グラニュー糖、水か牛乳を小さじ1杯ずつ混ぜます。
  4. 4
    洗い流して拭く ぬるま湯で洗顔料を洗い流します。スクラブや洗顔料が残らないように、しっかりと洗い流しましょう。タオルで軽く押さえて水気を取ります。顔を拭くときに擦ると、シワができやすくなり、また炎症の原因にもなるので気を付けましょう。[4]
  5. 5
    トナーで肌を滑らかにする トナーの使用は任意ですが、トナーを使うと毛穴を目立たなくして、肌を滑らかに見せます。綿球を使って、毛穴が特に目立つところを中心になじませます。.    
    • 市販のトナーの多くはアルコールを含み、これが乾燥の原因となります。乾燥肌の人は、アルコールの入っていないトナーを選びましょう。[5]
    • 自然材料の手作りトナーも、市販の製品と同様に効果があります。レモン果汁と水を半々に混ぜると、手作りの素晴らしいトナーになります。アロエ、ウィッチヘーゼル、ローズウォーターもトナーとして使えます。
  6. 6
    最後に保湿をする 1円硬貨大の顔専用の保湿クリームを顔全体に塗ります。保湿クリームは外部の刺激から肌を守り、肌を若々しく、明るく保ちます。  
    • 寝る前に洗顔をしたら、就寝中に肌の生まれ変わりを促す保湿クリームをたっぷりと塗りましょう。
    • 外出時はSPF15以上の日焼け止めを含む保湿クリームを使って、日光から肌を守りましょう。

2
ニキビ肌の洗顔

  1. 1
    1日2回洗顔をする ニキビができやすい人は、朝と夜に洗顔をするといいでしょう。朝の洗顔は、寝ている間に成長した菌を洗い流して、肌を清潔にします。また、夜の洗顔は、汗やほこり、化粧を肌から取り除くため重要です。1日に3回以上顔を洗うと、肌が乾燥して炎症を起こす可能性があります。
    • ニキビがある人は、顔を何度も洗うと肌がきれいになると考えがちですが、それは間違いです。顔の肌は繊細なため、洗いすぎると肌が傷ついて弱くなります。[6]
    • 洗顔と洗顔の間に肌をすっきりさせたくなったら、石鹸や化学薬品を使わず、ぬるま湯を顔にかけるといいでしょう。
  2. 2
    ニキビ肌専用の洗顔料を使う 市販されている普通の洗顔料には、ニキビを悪化させる要素がよく含まれています。化学成分、アルコール、油分は肌の炎症や、毛穴の詰まりを起こしますが、それこそ、ニキビケアの大敵です。ニキビ肌専用の洗顔料を選びましょう。[7]
    • ニキビ肌は必ずしも脂性とは限りません。乾燥肌の人でもニキビがあります。自分の肌のタイプに合った洗顔料を選んで、乾燥させ過ぎに注意しましょう。
    • ニキビがひどければ、殺菌効果のある医療用洗顔料を使って、毛穴を詰まらせてニキビの原因となる菌を除去しましょう。医師に相談して処方してもらうか、薬局でサリチル酸、サルファ剤、過酸化ベンゾイルを含む洗顔料を求めましょう。[8]
  3. 3
    顔を擦らない ニキビ肌の人がよくやってしまう間違いが、毛穴の詰まりを落とそうとして、肌をごしごし擦ることです。肌を強く擦ると肌に細かい傷がついて、そこが炎症を起こし、ニキビを悪化させます。ニキビができたら、肌を優しく扱いましょう。角質除去もそっとマッサージをする程度にして、決して肌を強く擦ってはいけません。[9]
    • フェイシャルスクラブの代わりに、柔らかい洗顔クロスを使って、円を描くように顔を洗います。
    • ニキビ肌には、決して洗顔ブラシを使ってはいけません。
  4. 4
    熱いお湯を使わない 熱いお湯を使うと肌が赤くなり炎症を起こします。必ずぬるめの湯を使って洗顔をしましょう。ニキビができている時には、熱がニキビを悪化させるため、フェイシャルスチームも止めましょう。  
  5. 5
    優しく拭く 固いタオルで顔を拭いて、ニキビの肌を擦らないようにしましょう。顔専用の柔らかいタオルを購入して、洗顔後はタオルをそっと顔に押し当てるようにして拭きます。顔を拭くつもりで細菌を顔につけないよう、タオルは頻繁に洗濯しましょう。
  6. 6
    オイルフリーの保湿クリームを使う ニキビができやすい人は、おそらく毛穴が詰まりやすい肌質です。油脂を含まない保湿クリームがニキビ肌に有効なのはよく知られています。油脂系の保湿クリームをどうしても使いたい場合は、肌の一部分に少量だけ塗って2,3日おいて様子を見てから、顔全体に使いましょう。.
    • アロエは肌の炎症を鎮め、使い心地が軽くて効果の高い、オイルフリーの保湿クリームとして使えます。
    • 肌が部分的に油っぽい場合には、保湿クリームを使わなくても構いませんし、乾燥が気になるところにだけ使ってもいいでしょう。

3
乾燥肌の洗顔

  1. 1
    1日1回洗顔をする 肌が乾燥している場合、1日に2度以上洗顔をすると、乾燥をよけいにひどくします。夜の洗顔で寝る前に、化粧、ほこり、汗をしっかりと落とすことが肝心です。朝は洗顔料を使わずに、ぬるま湯か、濡らした洗顔クロスで顔を洗いましょう。最後に忘れずに保湿クリームを塗って、肌がかさつくのを防ぎます。[10]
  2. 2
    刺激の少ない洗顔料、またはオイルを使う 乾燥肌は洗うとなおさら乾燥するので、洗顔料を注意深く選ばなくてはなりません。乾燥肌専用の刺激の少ない洗顔料を選ぶか、オイルで汚れを落としましょう。
    • オイルを使う場合は、顔を濡らしてから好みのオイル(アーモンドオイル、オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなど)を使います。洗顔クロスを使って、円を描くようにマッサージをしてから、ぬるま湯で洗い流します。 
    • 市販の洗顔料を使う場合、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムを含まない物を選びます。これらは、洗浄力が強すぎるので、肌をさらに乾燥させます。
  3. 3
    角質除去を頻繁に行う 肌の乾燥がひどくて粉をふいたようになるなら、角質除去を週に3回以上行う必要があるかもしれません。1日おきに、柔らかい洗顔クロスを使って、乾燥している部分を中心に円を描くようにマッサージをして角質を落とします。肌の乾燥や炎症を悪化させないように気を付けて、角質除去を行う必要があります。
    • 超乾燥肌の場合は、オイルを使って角質を落とします。柔らかいタオルの端、もしくはコットンをココナッツオイル(または、他のお好みのオイル)に浸し、円を描くようにして肌をマッサージします。こうすると、角質を落としながら、同時に肌に栄養を与えられます。
    • ヘチマスポンジや洗顔ブラシのような、肌に刺激の強いものの使用は避けましょう。乾燥肌は脂性肌に比べて、傷がつきやすくてシワもできやすいため、優しく扱いましょう。
  4. 4
    冷たい水かぬるま湯で洗い流す 熱いお湯を使うとよけいに乾燥するので、冷たい水かぬるま湯で洗います。水を使いすぎても乾燥につながるので、軽く水を掛ける程度にします。水を掛ける代わりに、濡らしたタオルで顔をぬぐうと、使う水の量を加減できます。.
  5. 5
    柔らかいタオルで拭く 柔らかくて肌触りの良いタオルを使って、顔を擦らないように、タオルをそっと押し当てながら水気を拭き取ります。タオルでごしごし擦ると、肌が赤らんだり粉を拭いたりします。
  6. 6
    最後にたっぷり保湿をする 乾燥肌用の保湿クリームを選んで、みずみずしくフレッシュな肌にしましょう。自然派の保湿クリームや、手作りの保湿クリームは、炎症や乾燥の原因となる化学薬品を含まないため乾燥肌に最適です。[11]  
    • シアバター、カカオバターなど、潤いと柔軟性を保つ効果の高い原料が入った保湿クリームを選んで、肌を乾燥から守りましょう。
    • 洗顔後数時間すると顔が粉をふいてくるなら、ココナッツオイルかアロエを少し顔になじませて、肌を整えましょう。

注意事項

  • 化粧をしたまま寝てはいけません。
  • 顔を拭くタオルを、洗わずに繰り返して使ってはいけません。
  • 顔の洗いすぎに注意しましょう。洗いすぎると自然の脂分を奪うため、失った脂質を補おうとして肌が余計に脂分を分泌します。
  • 敏感肌の人は、スキンケア製品を使う前に、必ず少量を使って試しましょう。例えば、手に少しだけ塗って10分おき、赤みや炎症が起きないか確かめます。
  • 洗顔や角質除去をする際に、下から上に向かって円を描くように指を動かしましょう。こうすると、顔のマッサージになり、血行が良くなります。決して肌を下向きにマッサージしてはいけません。

必要な物

  • 洗顔料、または洗顔石鹸
  • 柔らかいタオル
  • 角質除去スクラブ、またはクロス
  • トナー
  • 保湿クリーム

記事の情報

カテゴリ: 個人衛生 | ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Wash Your Face, Français: bien se laver le visage, Italiano: Lavarsi il Viso, Español: lavarse la cara, Deutsch: Das Gesicht waschen, Português: Lavar o Rosto, Nederlands: Je gezicht wassen, Русский: умывать лицо, 中文: 洗脸, Bahasa Indonesia: Mencuci Wajah, Čeština: Jak si umýt obličej, हिन्दी: अपने चेहरे को सही तरीके से धोएँ, العربية: غسل وجهك, Tiếng Việt: Rửa mặt, ไทย: ล้างหน้า, 한국어: 세안하는 방법

このページは 958 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?