顔を清潔に保つというたったそれだけの努力で、美しくニキビのない肌を手に入れることができます。下記のアドバイスを読んで、顔を清潔に保つ方法を試してみましょう。

パート 1 の 2:
毎日顔を清潔に保つ

  1. 1
    自分の肌のタイプを把握する あなたの肌のタイプは乾燥肌、オイリー肌、それとも標準肌ですか?適したケア製品を使用するためには、肌のタイプを把握する必要があります。様々なタイプがあるので混同しないようにしましょう。[1]
    • 標準肌は、水分、油分、耐性のバランスがとれている状態を意味します。肌を清潔に保つ目的は、標準肌を達成することにあります。
    • オイリー肌は、顔がテカっている、脂がでている、あるいは洗って数時間しか経過していないのに油分が目立ってしまう状態を指します。
    • 乾燥肌の人は、肌が頻繁にカサカサしています。
    • 敏感肌は、頻繁につっぱりや痒みが伴います。また、特定の化学物質に触れるとアレルギー反応を起こします。
    • 多くの人は混合肌に当てはまります。混合肌とは、顔の一部分はオイリー肌、別の部分は乾燥肌といった状態を指します。
  2. 2
    シンプルな洗顔を1日2回行う 朝に1回、夜に1回、洗顔を行いましょう。肌の特徴は十人十色で、必要なケアも異なります。自分に最適な製品を見つけるまで、いくつか異なる洗顔料を試す必要があるかもしれません。汚れ、細菌、過度な油分を洗い流しつつも、健康的な油分は奪わない製品を見つけましょう。[2]
    • 肌のタイプ、メイクをする頻度、運動をする頻度によって自分の洗顔料を選びましょう。例えば、オイリー肌であれば、油分を洗い流す効果がより高い弱酸性のものが適しています。敏感肌は化学物質が多く含まれた製品の使用は控えたほうが良いでしょう。
    • 通常のせっけんの使用は避けましょう。顔には強すぎ、肌の自然な油分も奪ってしまいます。
    • ぬるま湯あるいは冷水で洗い流しましょう。熱いお湯は肌の自然な油分も奪ってしまいます。
    • 運動した後は、毛穴の詰まりの原因になりやすい汗、汚れ、脂を洗い流しましょう。
  3. 3
    乾いた清潔なタオルで肌を軽くたたくようにして水分をふき取る こすらずに肌を優しく扱いましょう。顔の肌は敏感です。タオルは清潔なものを使用しましょう。清潔でないタオルを使うということは、洗ったばかりの顔にわざわざ細菌を運んでいる状態と何も変わりません。
  4. 4
    化粧水を使用する 必須ではないものの、オイリー肌、ニキビ肌の人、あるいは毛穴の詰まりがひどい人には、化粧水は大いに役立ちます。化粧水は洗い残された余計な油分、角質を除去します。また、レチノイドや抗酸化成分、角質除去成分を毎日のお手入れに取り込む方法としても有効です。[3]
    • 洗顔の後、清潔な化粧用コットンを使い、おでこ、鼻、あご(つまりTゾーン)に化粧水をつけましょう。目の周辺を避けながら、円を描くようにコットンを優しく動かしていきましょう。
    • 自分の肌に適した化粧水を見つけましょう。成分構成によってはニキビ肌の角質除去に優れているもの、敏感肌用に抗炎症成分が含まれているものなどがあります。
    • アルコール成分配合の化粧水はオイリー肌でさえも乾燥しすぎてしまうため、皮膚科医もあまり勧めません。
  5. 5
    目の周辺の肌は優しく扱う 目を強くこすったり、強いメイク落としを使わないようにしましょう。とても敏感な部位です。同様に、寝起きざまに冷水を顔に浴びせることも控えましょう。
  6. 6
    顔を触らない 顔に触れるとバクテリアが広がり、毛穴が炎症を起こすことがあります。[4] メイクをするため、あるいはクリームを塗るために顔に触れる必要がある場合、まず手を洗い、手に油分が残っていないよう徹底しましょう。
    • また、携帯電話などの皮脂や肌の残留物が集まりやすいものに顔をなるべくつけないようにしましょう。皮脂とは皮脂腺から分泌される軽い油分で、肌や髪の毛にうるおいを与える働きをします。
  7. 7
    自分の肌に適したメイク用品を使用する 可能であれば「ノンコメドジェニック」、「ノンアクネジェニック」と記載されているメイク用品を探してみましょう。こうした製品はにきびや吹き出ものを防ぎ、毛穴を詰まらせません。
    • 古くなったメイク用品は使わないようにしましょう。スキンケア製品も食べ物と同じで消費期限があります。期限を過ぎてから使用すると、むしろ効果よりも害があります。
    • 油分由来の用品は、肌を脂っぽく、くすんで見せるので、ミネラルや水由来のメイク用品を使ってみましょう。
  8. 8
    たっぷりの水を飲む 少なくともグラス8杯分の水を飲みましょう。水分をしっかりと補給し、体が水不足になっていないように気をつけることで、体が正常に機能し、健康で清潔な肌も維持できるようになります。
  9. 9
    健康な食を心がける 健康な食事とは野菜や果物を含み、砂糖やジャンクフードを除きます。[5]
    • 低脂肪の乳製品を取り入れる 低脂肪ヨーグルトには肌に不可欠なビタミンAが含まれています。また、生きた善玉菌といわれるアシドフィルス菌が腸の健康を支え、肌の調子を整えることにつながります。
    • ブラックベリー、ブルーベリー、ストロベリー、プラムといった抗酸化作用の高い食べ物を摂取しましょう。
    • 人間の体に不可欠な脂肪酸の豊富な食品を摂取しましょう。こうした必須脂肪酸には鮭、クルミ、亜麻の実などが含まれます。脂肪酸は健康な細胞被膜の形成を促し、これによって肌も健康になります。
    広告

パート 2 の 2:
清潔な状態を長期的に保つ

  1. 1
    フェイシャルを受ける エステで施術を受ける、誰かにフェイシャルをお願いする、あるいは市販の家庭用フェイシャル製品を使うといった方法があります。自分の肌に適したフェイシャルを受けるようにしましょう。オイリー肌であれば、オイリー肌向けの施術が良いでしょう。
    • 牛乳とハチミツがあれば良質な家庭用フェイシャルマスクができます。材料を混ぜ合わせた後、ペーストを顔に塗り30分待ちましょう。最後にぬるま湯で洗い流します。
  2. 2
    肌の角質を除去する  洗顔スクラブで優しく角質を除去することで、肌の黒ずみやごわつきの原因となる死んでしまった細胞が取り除かれます。スクラブは週1回、あるいは月1回行いましょう。週1回以上、回数を増やさないようにしましょう。大切な必須油分まで奪われてしまいます。
    • 良質なスクラブ洗顔料は顔の血行を高め、健康的で血色の良い輝きを肌に与えます。
    • 自家製のスクラブ洗顔用に必要なものは、塩あるいは砂糖、ハチミツや水などの「つなぎ」となる成分、保湿成分として、ホホバオイルなどのビタミンEを含むオイルのみです。オリーブオイルでも良いでしょう。オイリー肌の人は、保湿成分として潰したバナナやアボカドを用いましょう。
  3. 3
    にきびをなくす にきびをいじったり爪で潰すと、ある種の満足感がありますが、にきびの対処としては間違った方法です。にきびに触れる前に、まずしっかりと手を洗い感染を防ぎましょう。[6]
    • にきびを触ったり潰す行為はやめましょう。炎症を起こしてしまうかもしれません。不注意に潰すと痕が残ることもあります。
    • 一日を通し、冷たい濡れタオルやティーバッグをニキビの上に被せ、3~5分待ちましょう。炎症を軽減します。
    • サリチル酸1~2パーセント配合のケア用品を使い、局所的に処置しましょう。サリチル酸配合の製品はベンゾイル配合ほど肌に刺激を与えません。
    • バイシンを綿棒の先につけニキビにあてると、赤みが軽減されることもあります。
    広告

ポイント

  • 顔を強くこすらないようにしましょう。そっとたたいたり、優しく拭き取る程度にしましょう。
  • パック状のコラーゲンマスクが手元にある場合、別の容器にパックのエキスを絞って集めましょう。同様に、パッケージの底に残っているエキスもとっておきましょう。パックが乾くまでの時間が短縮され、届きにくい場所にも処置を行えるだけでなく、あとで再利用もできるようになります。
  • にきびにハチミツをつけてみましょう。潰すよりもより効果的な家庭用治療法です。

広告

注意事項

  • 冬場は熱いシャワーを長時間浴びてしまう傾向があるので、洗いすぎに気をつけましょう。洗いすぎると肌がより早く乾燥してしまいます。
  • 敏感肌の人は、牛乳とハチミツの混合ペーストを使用する際、顔全体に塗る前に小さく1か所につけてパッチテストを行いましょう。
  • 上記の手順に使用されている材料にアレルギーがある場合、様々な反応を起こす可能性があります。もし自分が特定の製品にアレルギー反応を起こしてしまったら、すぐに使用を中止し、他の製品を探しましょう。
広告

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

埋没毛を処理する

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

女性が立ち小便をする

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

蒸し風呂に入る

How to

ひび割れて痛む唇を治す

How to

カミソリ負けを早く治す

How to

タンポンを使用する

How to

重曹でニキビを治す

How to

ペニスを洗う
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む50人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,776回アクセスされました。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 4,776 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告