顔痩せ方法

3 パート:食生活の改善顔痩せに効く運動や習慣美容による小顔効果

持って生まれたありのままの姿を受け入れ、自分を好きになるのはすばらしいことです。自信を持つことはなによりもあなたの魅力を引き出します。とは言え、大きい顔や、ぽちゃっとしたほっぺをどうにかしたいと悩んでいるなら、改善する方法はいろいろあります。

パート 1
食生活の改善

  1. 1
    全身の脂肪量を減らしましょう。顔が痩せるには、全身痩せる必要があります。食事の管理だけで部分痩せは望めません。一日の摂取カロリーを減らし、溜まった脂肪をエネルギーとして燃焼しましょう。自然と顔の脂肪も減っていきます。
    • 顔痩せには都合の良いことに、首、顎、顔についた脂肪は他のパーツより優先的に燃焼されやすいのです。健康的にカロリー制限を実施すれば、効果はすぐに見えてくるでしょう。
    • 消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。1kg痩せるためにはおよそ7700kcalも消費しなくてはいけません。何もせずとも生命維持や呼吸だけで、毎日カロリーは消費されています。摂取するより多くのエネルギーが燃やされると、体は痩せます。体重はゆっくり少しずつ減少するものです。
    • カロリー制限のためには、今まで摂取していた分を一部摂らないようにすることです。500kcal抑えるとしたら、その分摂取を控えるか、運動で消費しなければなりません。食事を丸々抜くのではなく、よりヘルシーなメニューを選んだり、例えば毎朝のドーナッツを控えるなど、部分的にカットできるところを考えてみましょう。まったく食事を摂らないのは医学的に安全とはいえません。そればかりか、何も食べないことで体が飢餓状態になり、基礎代謝が減って痩せにくくなることも考えられます。[1]
  2. 2
    水をたっぷり飲んで常に体を潤しましょう。一日を通して水をたくさん飲むべき理由はいくつもあります。そのうちの一つが、顔のむくみを軽減する作用です。
    • 水を摂ることで毒素が排出されやすくなり、これが顔の余分な肉を減らしていくために有効です。また、全身の健康向上のためにも水は重要で、水を充分飲むことで肌や髪も健康的に美しくなります。[2]
    • 冷たい水を飲むだけでカロリーをいくらか消費します。1日2リットルほど飲むようにすると良いでしょう。常に体が潤っていると体の調子も良く、顔もすっきりしてくるのを実感できるでしょう。
  3. 3
    健康的な食生活のため正しい食材を選びましょう。加工食品や、白いパンやパスタなど精製小麦粉でできた食品の摂取は少なくします。生鮮野菜や果物、食物繊維の豊富な食品、魚やその他タンパク質の豊富な食品を積極的に摂りましょう。
    • 塩分の多い食事はなるべく控えましょう。ジャンクフードもきわめて高塩分です。避けましょう。砂糖は体に水分をため込みやすくし、むくみを引き起こします。糖質の摂りすぎは脂肪による顔太りにもつながります。加工された炭水化物食品は糖質が高く、顔痩せのためには避けるべきでしょう。 [3]
    • アルコールを摂ると体は脱水しやすくなり、よって顔がむくみます。[4] アーモンド、ブロッコリー、ほうれん草、鮭などはむくみ軽減に良い食品です。[5] 無論、未成年者はお酒を飲んではいけません。
  4. 4
    特定の食べ物に不耐性があるか知っておきましょう。食物アレルギーや不耐性は顔を腫れぼったくすることがあります。疑いがあれば医師に相談しましょう。
    • 例として、グルテンに過敏な体質であれば、グルテンフリーの食品が有効です。最近では多くのスーパーやレストランでグルテンフリーのメニューが選べるようになっています。[6]
    • 過敏性腸症候群が影響して顔がむくむという人もいるようです。消化器官の不調を抱える人はたいへん多く、成人の約15といわれます。
    • 女性のPMSや、更年期障害といったホルモンの影響で顔がむくんでいることも考えられます。

パート 2
顔痩せに効く運動や習慣

  1. 1
    顔痩せ運動で顔を引き締めましょう。小顔効果のある運動で表情筋を伸ばし、たるんだ肌を引き締めます。
    • 頬を膨らませる運動をします。深く息を吸い込み、空気を頬に溜めて膨らませます。片方の頬に空気を溜めて膨らませ、また反対に空気を移動して同様にしましょう。1日数回好きな時に行います。
    • 笑顔をつくる運動で頬や口周りを引き締めましょう。歯を合わせてにっこり笑顔をつくり、数秒キープしたら口をすぼめて突き出し、また繰り返します。目は細めないようにします。左右交互に行ってみましょう。
    • 口を突き出す運動をします。口をすぼめて突き出したまま5秒キープしましょう。右に突き出したり、左に突き出したりします。表情豊かに顔の筋肉をよく動かすことで顔はほっそりするため、普段からよく笑うというだけでも効果があるでしょう。
  2. 2
    全身運動で代謝を上げましょう。全身の運動によって顔にも効果が現れます。見た目を変えるだけでなく、運動は健康向上につながります。I
    • ほぼ毎日30分歩くだけでも良い運動です。サーキットトレーニングに週3~5日通うのも良いでしょう。運動ならなんでも、代謝を上げて脂肪を燃焼し、その結果小顔になる効果が期待できます。
    • 運動しているからといってジャンクフードを食べていいことにはなりません。ダイエットの大部分は食事の管理にかかっています。それに加えて、運動で体力の強化や健康向上を目指しましょう。
  3. 3
    顔痩せのために睡眠時間をたっぷり取りましょう。健康には睡眠が重要です。様々な研究で睡眠不足と体重増加の関係が指摘されています。
    • 疲労の溜まっていると体はむくみやすく、顔の筋肉もたるみ、顔が大きくなってしまいます。
    • 規則正しい睡眠習慣を身につけましょう。一般的に大体7、8時間眠れるとよいでしょう。
  4. 4
    顔痩せのためにできることは様々です。風船を膨らませたり蒸しタオルを当てたりと、小顔効果があるとされる方法はいろいろあります。
    • 風船を膨らませるには頬の筋肉を使うため、顔が引き締まります。風船を膨らませ、空気を抜き、10回繰り返しましょう。5日も続ければ効果が現れてきます。[7]
    • 顔に蒸しタオルを当てると顔が痩せるとも言われています。タオルを当てて汗をかくことで、顔の脂肪が排出されるとか、毒素が排出されて顔がほっそりするという人もいます。[8]
    • シュガーフリーのガムを1日2回、1回最低20分噛みましょう。顔の筋肉の運動になるため、カロリーを消費し顔を引き締めます。顔の血行促進のため、ジンセンや小麦胚芽のオイルを使ったマッサージも良いでしょう。顎から始めて、上に向かって掌でくるくる円を描くようにマッサージします。

パート 3
美容による小顔効果

  1. 1
    メイクで小顔に見せましょう。実際より顔をほっそり見せるメイク方法はいくつかあります。
    • 頬骨の下のくぼみや鼻の側面にブロンザーやシェーディングパウダーを塗りましょう。頬の高いところに塗るチークも小顔効果があります。
    • 頬骨に沿って線を描くようにパウダーを乗せ、耳から口角の方に向かってぼかします。チークはそのすぐ上の部分に乗せましょう。 [9]
    • 自分の肌より2トーン暗い色のブロンザーを選びましょう。顔の形をくっきり浮きだたせ、ほっそり見せることができます。[10]
  2. 2
    目を強調しましょう。アイメイクで目を大きく主張するようにすると、相対的に小顔に見えます。
    • 唇がふっくらしていると顔が丸く見えることがあります。アイメイクにポイントを置いて丸顔の印象をやわらげましょう。マスカラ、アイライナー、アイシャドウで目を主張し、唇は何も塗らないか、無色のグロスだけで仕上げましょう。
    • 眉は顔をほっそり見せるために重要なパーツです。眉が高く、きれいに整っている方が顔全体がすっきりして見えます。自分で整えるのに不安があれば、眉のトリミングやワックスを行っている美容院で整えてもらうとよいでしょう。
  3. 3
    コントゥアリングをマスターしましょう。多くのハリウッドセレブが行っていることで広まったコントゥアリングは、上手く取り入れることで頬骨を強調したり鼻を細く見せることができます。
    • 鼻を細くするには、肌より暗い色のパウダーで鼻筋の両側面に細く線を描きます。ブラシを沿わせてぼかしましょう。眉の上と鼻筋の中央にハイライトを入れ、これもブラシでぼかします。
    • 顔のコントゥアには、肌より暗い色のコントゥアリングパウダーを使って、頬骨に沿ってくぼみを浮き上がらせるように、頬に斜めに塗ります。ぼかして自然になじませましょう。パウダーは肌より2トーン暗い色を選びます。上手くコントゥアリングできると、顔の造形が変わったように演出することができます。[11]
  4. 4
    顔にハイライトをつけましょう。顔に当たる光を演出することで立体的な小顔に見せる効果があります。[12]
    • 粒子の細かいハイライトパウダーを使います。ブラシに取って目の下や鼻筋の中央に塗りましょう。
    • ハイライトはブロンザーやコントゥアと併せて取り入れましょう。ハイライトとブロンザーの色のコントラストが顔を立体的に見せ、小顔効果があると言われています。
  5. 5
    顔がほっそり見えるように髪型を工夫しましょう。髪型の似合い方は人によります。顔の形によって、同じ髪型でも顔が丸く見えたりすっきり見えたりします。[13]
    • ロングヘアの場合、胸下より伸ばすことは避け、顔を縁取るようにふんわりと段を入れたカットがよいでしょう。[14]
    • 頬骨や目を縁取る顔周りの髪は直線ではなく、カーブを描くようにすると良いでしょう。前髪はぱっつんに揃っていると、むしろ顔を大きく見せます。
    • 切りっぱなしボブは避け、段を入れた長めのシャギーなスタイルが良いでしょう。髪を全て顔から上げてしまうと、こめかみが露わになり顔が大きく見えます。高い位置に縦長のお団子をつくると錯覚の効果で顔が細長く見えます。
  6. 6
    整形手術に頼りたい気持ちがあっても、まずは踏みとどまりましょう。失敗すること、不自然な結果になることも多くあります。しかし中年以上の年齢で顔の脂肪除去に臨む人が多くいることは明らかでしょう。
    • 脂肪吸引手術やフェイスリフトは余分な脂肪や皮膚を除くことができる方法です。顔の印象を変えるために頬にインプラントを施す場合もあります。
    • 手術を受けるかどうかは、ゆっくり慎重に検討しましょう。自分の自然な姿を受け入れて自信を持てることが一番です。整形手術を受けたことで一生後悔するケースも少なくありません。特に若い人は自力で小顔を目指すべきでしょう。メイクによる方法や、なにより健康的な食生活を実践しましょう。整形手術は危険を伴い、また、費用も高額です。

ポイント

  • 水をたっぷり飲みましょう!
  • ジャンクフードはなるべく控え、水を充分摂りましょう。
  • 果物や野菜を積極的に摂りましょう。
  • 寝る直前の食事は避けます。
  • 午後8時以降は、食事をするとしても量を少なくします。
  • たくさん笑いましょう。自然と顔の運動になります。
  • 顔の運動を取り入れ、シュガーフリーのガムを噛みましょう。
  • メイクはあくまでもさりげない程度にします。塗りすぎは不自然に見えます。
  • 自分の姿を受け入れて自信を持ちましょう。顔が痩せれば完全な自己肯定感が得られるということはないでしょう。
  • レーザー治療や整形手術も選択肢ではあります。

記事の情報

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Reduce Face Fat, Español: reducir la grasa de la cara, Nederlands: Gezichtsvet verminderen, Italiano: Snellire il Viso, Português: Reduzir a Gordura Facial, Русский: убрать жир с лица, Français: réduire la graisse du visage, Deutsch: Das Gesicht schlanker aussehen lassen, 中文: 减掉脸部脂肪, Čeština: Jak zhubnout v obličeji, Bahasa Indonesia: Mengurangi Lemak Wajah, العربية: تقليل دهون الوجه, ไทย: ทำให้ใบหน้าเล็กลง, हिन्दी: चेहरे की वसा को कम करें, Tiếng Việt: Giảm mỡ mặt, 한국어: 얼굴살을 빼는 방법

このページは 123 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?