PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

顔がなかなか痩せないとイライラするかもしれません。顔だけ痩せるというわけにはいきませんが、全体的に減量すると顔も痩せる可能性があります。生活習慣を見直して、顔の丸みやむくみを減らしましょう。また、フェイスラインをすっきりさせるための顔のエクササイズやマッサージもあります。ただし、病気や薬の影響で顔がむくむこともあるので、場合によっては病院で診察を受けることも重要です。時間をかけて取り組めば、鏡に映る自分の顔が痩せてきたことに気づくでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
生活習慣を見直す

  1. 1
    減量する必要があれば、現実的な目標を設定しましょう。顔の脂肪を落とすには、体重を減らすのが一番です。減量には時間と努力が必要ですが、体重がわずかに減るだけでも健康面で長期的なメリットがあります。太りすぎや肥満の場合は減量目標を設定し、実現に向けてダイエットを始めましょう。まずは達成しやすい小さい目標を立てて自信をつけましょう。[1]
    • 週に0.5~1㎏の減量を目指しましょう。これくらいなら健康的で取り組みやすく、1日あたりの摂取カロリーを500~1,000kcal減らせば実現できます。[2]
    • たとえば、6週間で3㎏減量することを目標にしても良いでしょう。現実的な減量率なので、実現できる可能性が高くなります。
  2. 2
    顔のむくみを引き起こす可能性がある食品を食べたり飲んだりしていないか考えましょう。摂取するとお腹が張って苦しくなる食品もあり、顔もむくむかもしれません。食事日記をつけて、膨満感の原因となる食品を確認しましょう。自分に合わない食品が見つかったら、その食品を避けることができます。[3] 毎日の食事を振り返り、次のような食品を頻繁にとっているか確認しましょう。[4]
    • 炭酸飲料
    • 小麦グルテン
    • 乳製品
    • キャベツ
    • ブロッコリー
    • 芽キャベツ
    • カリフラワー
    • 玉ねぎ
    • ポテトチップス、冷凍ピザ、デリミート(ハム、ソーセージなど)のように塩分が多い食品
  3. 3
    定期的に運動して、減量と血行を促進しましょう。運動習慣をつけると、体重が減って顔がすっきりします。体重を落とす必要がなくても運動すれば血行が良くなるので、それだけで顔のむくみが解消するかもしれません。[5]
    • ウォーキング、ダンス、水泳、サイクリングなど、自分が楽しめる運動を選びましょう。
    • 平日のほとんどの日に、中強度の運動を1日30分以上行うことを目標にしましょう。
    専門家情報
    Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT

    Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT

    パーソナルトレーナー
    ジュリアン・アラナはフロリダ州マイアミ市にてパーソナルトレーニングとウェルネストレーニングを提供するスタジオ「B-Fit Training Studios」を経営しています。パーソナルトレーニングとコーチングに関して12年以上の経験を保有。National Council on Strength and Fitnessにて認定パーソナルトレーナー(CPT)の資格を、フロリダ国際大学にて運動生理学の学士号を、マイアミ大学にて運動生理学(ストレングス&コンディショニング専攻)の修士号を取得。
    Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT
    Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT
    パーソナルトレーナー

    専門家からのアドバイス:やる気を出すための秘訣は、楽しく運動する方法を見つけることです。楽しみながら体を動かすために、たとえば、スポーツ競技を楽しむ、景色が良い場所でサイクリングをする、フィットネスチャレンジに参加する、友人と競争するなどの方法を試してみましょう。

  4. 4
    体の内分泌系をきちんと機能させるために、睡眠を多くとりましょう。睡眠が不足すると、糖尿病などの内分泌疾患にかかりやすくなる可能性があります。体を休めてすっきり目覚めるために毎晩7~9時間の睡眠をとり、内分泌系を健康に保ちましょう。睡眠をしっかりとると、顔のむくみを引き起こす病気を予防できるかもしれません。[6]
    • ぐっすり眠れるように、部屋を涼しく、暗く、静かに、清潔に保つなどして、寝室をリラックスできる場所にしましょう。
    • カフェインの摂取を控えるか制限する、寝る30分以上前には電子機器の画面を見るのをやめる、布団に入ったら寝る以外のことをしないなどを心がけると、さらによく眠れるでしょう。
  5. 5
    体内の過剰な水分を減らして水分を補給するために、水を飲みましょう。水分が足りていると水分貯留が減るので、顔のむくみが解消するかもしれません。水を十分に飲まないと、顔を含めた体の様々な部分に水分が過剰に溜まる可能性があります。毎日約2リットルの水分補給が必要ですが、汗をかいたり喉が渇いたりしたらもっと多く飲みましょう。[7]
    • 朝出かける前に水筒に水を入れて持ち歩き、水がなくなったら職場や学校で補充していつでも飲めるようにしておきましょう。

    ポイント:普通の水が味気なく感じる場合は、レモン果汁、ベリー数個、キュウリの薄切り数枚などを加えて味つけしましょう。

  6. 6
    アルコールの摂取量を制限するか控えましょう。アルコールを摂取すると顔がむくむ可能性があります。できれば一切摂らないようにするのが一番ですが、そうでなければ少なくとも量を制限しましょう。女性は1日1杯、男性は1日2杯までに抑えます。ここでの1杯は、ビールなら350ml、ワインは150ml、蒸留酒は45mlです。[8]
    • お酒を飲みたくなったら、シンプルなノンアルコールカクテルを飲みましょう。炭酸水と少量のクランベリージュースを混ぜ合わせ、くし切りのライムを添えると低カロリーのおいしいノンアルコールカクテルが簡単にできあがります。
    • アルコールを断つのが難しければ、医師に相談しましょう。断酒には助けが必要になるかもしれません。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
顔のエクササイズを試す

  1. 1
    「エックス」と「オー」を20回ずつ続けて言いましょう。「エックス(X)」と「オー(O)」を交互に言うと顔の筋肉を動かすことができます。「エックス、オー、エックス、オー」と声に出し、それぞれ20回ずつ繰り返しましょう。「エックス」と「オー」をそれぞれ強調しながら声に出すとさらに効果的です。[9]
    • 朝、着替えながらこのエクササイズを試してみましょう。
  2. 2
    1日20回、魚のように頬をすぼめます。少し変な顔になるかもしれませんが、頬の筋肉によく効くエクササイズです。頬を口の中に引っ張るようにしてへこませ、5秒保ってから元に戻しましょう。1日を通じて繰り返し、20回行います。[10]
    • 髪のスタイリングやメイクをしながらこのエクササイズを試しましょう。
  3. 3
    口を大きく開け、5秒保ってから力を抜きます。悲鳴をあげたり叫んだりするときのように、できるだけ大きく口を開けましょう。そのまま5秒保ち、元に戻します。1日30回行いましょう。[11]
    • 布団をたたみながら、または家事をしながらこのエクササイズを試しましょう。
  4. 4
    1日5分間、空気でブクブクうがいをします。息を深く吸って口を閉じましょう。口が空気で一杯になっているように膨らませます。空気でブクブクうがいをして、顔のすべての筋肉を鍛えましょう。このエクササイズを行うときは、鼻から普通に呼吸を続けましょう。[12]
    • 1日5分間を目標にします。たとえば、午前中2分間、午後3分間と分けて行っても、1度に5分間行ってもかまいません。

    ポイント:空気ではなく水でブクブクうがいをしても、オイルプリング(オイルで口をすすぐ健康法)を試しても同じ筋肉を鍛えることができます。

  5. 5
    顔のエクササイズの後は、フェイシャルマッサージをしましょう。額に指先をあて、押しながらこめかみや頬に向かって下に移動します。次に、鼻の両側に指先をあて、押しながら頬に向かって下に移動しましょう。最後に、顎のラインに沿って指で押し、あごの下に向かってマッサージします。エステサロンなどでフェイシャルマッサージの施術を受けたり翡翠ローラーで顔をマッサージしたりしても良いでしょう。[13]
    • マッサージには、顔のリンパ液の流れと排出を促進する効果があります。リンパ液はリンパ管の中を流れる液体ですが、1か所に過剰に溜まると体の様々な部分が腫れるかもしれません。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
病院で診察を受ける

  1. 1
    基礎疾患の有無を確認するために診察を受けましょう。病気で顔がむくむこともあるので、急にむくんだりむくみがひどくなったりしたら、診察を受けたほうが良いかもしれません。病院に行き、顔のむくみを引き起こす病気にかかっていないか確認しましょう。[14]
    • たとえば、クッシング症候群や甲状腺機能低下症は顔のむくみを引き起こすので、医師はこのような病気の疑いがないか確認するかもしれません。[15]

    ポイント:顔のむくみだけでなく、最近の健康状態の変化についても医師に伝えましょう。たとえば、最近疲れやすくなったり倦怠感を感じたりする場合は、そのことも伝えます。

  2. 2
    薬の影響で顔がむくんでいる可能性について医師に確認しましょう。新しい、または既存の薬の影響で顔がむくんだり膨らんだりする可能性もあります。最近服用を始めた薬の副作用を疑う場合は、医師に確認しましょう。[16]
  3. 3
    何を試しても顔が痩せない場合は、フェイスリフトについて調べましょう。美容外科手術はお金がかかる侵襲的な手段ですが、どんな方法を試しても望む結果を得られなかった場合は検討しても良いでしょう。かかりつけ医に紹介してもらうか、経験が豊富な美容外科を探しましょう。費用だけで決めるのではなく、顔の美容外科手術の経験が豊富な有資格の医師がいる病院を選びましょう。[18]
    • 美容外科で医師とのカウンセリングを受け、顔を小さくするためにフェイスリフトやその他の手術が最適な手段か相談しましょう。
    • フェイスリフトと脂肪吸引などの他の施術を同時に受けるように勧められるかもしれません。
    広告

ポイント

  • 特に年齢を重ねると、顔に少し脂肪がついているほうが良いでしょう。 顔の脂肪を減らしすぎると、顔が部分的にくぼんだり頬がこけたりして老けて見える可能性があります。
広告

注意事項

  • 軽い気持ちで顔の美容外科手術を受けるのではなく、その他の手術を受ける場合と同じように慎重に検討しましょう。顔には多くの血管があるので手術は簡単ではありません。また、手術が成功しても、顔面に傷痕が残ります。
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
革に付いた油染みを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
縮んだ服を伸ばす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
おへそのお手入れおへそのお手入れ
広告

このwikiHow記事について

Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT
共著者 ::
パーソナルトレーナー
この記事の共著者 : Julian Arana, M.S.eD., NCSF-CPT. ジュリアン・アラナはフロリダ州マイアミ市にてパーソナルトレーニングとウェルネストレーニングを提供するスタジオ「B-Fit Training Studios」を経営しています。パーソナルトレーニングとコーチングに関して12年以上の経験を保有。National Council on Strength and Fitnessにて認定パーソナルトレーナー(CPT)の資格を、フロリダ国際大学にて運動生理学の学士号を、マイアミ大学にて運動生理学(ストレングス&コンディショニング専攻)の修士号を取得。 この記事は14,717回アクセスされました。
このページは 14,717 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告