PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

風俗を利用するというと、少し後ろめたいところもあるかもしれませんが、売春は人類最古の職業という説もあるほど、風俗と私たち人間の暮らしは切っても切り離せない関係にあります。文化ととらえられる面もあり、例えばオランダの首都アムステルダムには「売春博物館」があります。[1] ただ、そうはいっても、やはりオープンな産業とはいいにくく、他の娯楽にくらべると入手できる情報は限られているので、とくに初めて利用する場合にはわからない点も多いでしょう。そこで、ここでは風俗の利用方法を紹介します。

パート 1
パート 1 の 3:
風俗を理解する

  1. 1
    風俗の基本を理解する 風俗という言葉を辞書で調べると「ある時代やある社会における、生活上の習わしやしきたり」とあります。[2] ただし、一般的には、それとは違う意味である、いわゆる性的なサービスを行う風俗店のこと、あるいは、それに関係する事柄を指すのが多いのが現状です。日本では風俗店の営業については風適法(「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の略で風営法ともいう)で定められていて、18歳未満の利用は禁止されています。[3]
    • お金を払ってセックスをする売春は、国内では売春防止法で禁止されています。
  2. 2
    風俗の種類を理解する ひと口に風俗といっても、様々なスタイルのサービスがあります。自分の好みの風俗を利用するために、まずは、どのような風俗があるのかを理解しましょう。代表的なものには、素股などで射精へと導いてくれるファッションヘルス、口内射精が基本となるピンクサロンなどがあります。
    • 風俗は大きくは店舗型風俗店と派遣型風俗店にわけられます。店舗型風俗店は店舗を構える営業方式で、派遣型風俗店はホテルや自宅に女性を派遣する営業方式です。
    • 風俗の代表的なサービスの一つはファッションヘルスです。一般的にファッションヘルスはヘルスと略され、キス、口や手によるサービス、素股などがサービスに含まれています。[4]
    • ファッションヘルスには種類があり、店舗型風俗店の他に、自宅やラブホテルなど、自分が指定した場所に女性がきてくれる派遣型風俗店のサービスであるデリバリーヘルス(デリヘル)、店が指定したホテルを利用するホテルヘルス(ホテヘル)などがあります。
    • ピンクサロンは個室ではなく、基本的には区切りのないフロアでのサービスとなります。女性が1対1で下半身のサービスをしてくれます。
    • セックスができる施設として広く知られているソープランドは、原則としては女性と入浴をする施設で、その際に恋愛感情が生まれてセックスをするということになります。
    • 女性が男性の身体に触れることはありませんが、性的な興奮を得られる場所としては、女性の胸に触れることができるオッパイパブ、男性の自慰行為を鑑賞することなどでサポートしてくれるオナニークラブなどがあります。
    • SMプレイを楽しみたい人を対象としたSMクラブもあります。
  3. 3
    風俗の相場を理解する 風俗選びのポイントは個人の好みによって、いろいろものが考えられますが、とくに気になるのは料金でしょう。一般的には性的なサービスが濃厚になればなるほど、価格が高くなる傾向があります。
    • 風俗店の料金の幅は広く、同じサービス内容でも立地条件や店の方針などによって大きく異なります。例えばソープランドは、もっともリーズナブルな店舗で1万円台の後半のところがある一方、10万円を超えるような高級店もあります。
    • ファッションヘルスの相場は、東京や大阪などの大きな都市では60分で約16,000円、その他の都市では約13,000円くらいとされています。
    • ピンサロは短い時間のサービスがあるのも特徴で、相場については、東京や大阪などの大きな都市の30分あたりの料金は約5,000~7,000円、その他の都市ではもう少し安価とされています。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
風俗店を選ぶ

  1. 1
    方向性を決める 風俗がどのようなものかを知ったら、利用する店を選びましょう。予算や好みに応じて、まずはジャンルを決めると、スムーズに選ぶことができます。また、どこの店に行くのかという場所も意識したいポイントの一つです。
    • 風俗店を初めて利用する場合は、慣れるために比較的、安価なサービスからスタートする人も少なくありません。
    • 費用を節約するために、地方にある店を選ぶという選択肢もあります。
  2. 2
    風俗店を調べる 方向性を決めたら、具体的な店選びに取り掛かりましょう。利用後に後悔しないためには、事前にしっかりと調べることがポイントです。多くの場合、利用に必要な情報は店の公式サイトに掲載されています。
    • 公式サイトは店選びの大切な要素です。公式サイトがきちんと更新されているところがよいでしょう。[5]
    • 例えばソープランドは入浴料に加えて女性に支払うサービス料も支払うのが一般的です。料金体系はサービス内容や店によって違うので、精算時に困ることがないように事前に確認しましょう。
    • 利用者の口コミはとても参考になります。口コミが豊富で、評判もよいところは優良店である可能性が高いといえるでしょう。
    • わからない点、確認したい点がある場合は、直接電話して問い合わせましょう。優良店ならしっかりと対応してくれます。
  3. 3
    風俗店を予約する 店を調べ、利用したいところを決めたら予約をします(サービスによっては相手の女性を予約することもできます)。一般的に予約の方法には電話とインターネットという二つの方法があります。
    • 予約の方法は簡単で、基本的には利用日時やサービス内容など、先方の質問に答えるだけで問題ありません。
    • インターネットでの予約は受け付けていない風俗店もあります。
    • とくにオッパイパブなどの軽いサービス内容の風俗店は、予約が必要ないこともあります。
    • 客引きは法律や条令によって禁止されていますが、被害が後を絶たないのが現状です。被害にあわないように注意しましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
風俗店を利用する

  1. 1
    当日の準備をする 事前に予約をしていても、当日は利用時間の1時間前を目安に確認の連絡を入れましょう。この連絡により、予約時の手違いなどによるトラブルを防ぐことができます。また、法律に違反するわけではありませんが、女性と接することになるので、できるだけ身だしなみを整えてから足を運ぶのがマナーです。
    • 自分の性器への接触があるサービスを受ける場合は、できるだけ性器を清潔な状態にしておくのもマナーです。
  2. 2
    料金を払う ソープランドやファッションヘルス、ピンクサロンなどの風俗店では、一般的に料金は前払いです。店に着いたら料金を払い、スタッフや対応してくれる女性の案内を待ちます。
    • 最近はクレジットカードで支払える店も増えています。ただし、クレジットカードは使えても、一部のクレジットカード会社は利用できないこともあります。クレジットカードでの支払いを希望する場合は、自分が所有しているクレジットカードが利用できるか、事前に確認しましょう。
  3. 3
    サービスを受ける 料金を支払ったら、予約していたサービスを受けます。相手は専門家なので、必要以上に緊張しなくても大丈夫です。その店のルールを守って楽しみましょう。
    • 射精することが目的であっても、状況によっては、それに至らないこともあります。そのような場合、店側に落ち度がなければ料金の返金は請求できません。
    広告

ポイント

  • 風俗店のサービス内容や料金は店舗によって異なります。実際に利用する前に、公式サイトなどでしっかりと調べましょう。
広告

注意事項

  • 法外な料金の請求などの違法性のある場合を除き、風俗店では、その店のルールに従うのが基本です。
  • 禁止事項についてはジャンルや店によって異なります。事前にしっかりと確認しましょう。
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
ありのままの自分に満足するありのままの自分に満足する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,061回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン
このページは 2,061 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告