風船ガムを膨らませる方法

この記事には:ガムを噛むガムを膨らませる

子どもはもちろん、遊び心を忘れていない大人にとっても、風船ガムを膨らませるのは楽しい遊びです。ガムで風船を作れるようになれば、ガムを噛むことが楽しみへと変わります。それほど難しくはありません。正しい息の吹き込み方、そして口の中でガムをどのようにコントロールするかを習得することが、成功へのカギです。少しの練習でテクニックを身に付ければ、誰でも風船ガムを膨らませることができます。

パート 1
ガムを噛む

  1. 1
    風船ガムを買う ガムは大抵どこのお店でも売っています。チューインガムを膨らませることもできますが、たいして大きく膨らまず、ほとんどの場合すぐに割れてしまいます。まずはマルカワのフーセンガムシリーズなどのガムを選びます。[1] 膨らんだガムの絵が描いてあるパッケージか、または「フーセンガム」と書いてあるパッケージを探しましょう。
    • 粘り気が強く、膨らんで割れたときに顔にへばり付いて取れにくくなってしまうガムもあります。通常は少し長めに噛んでから膨らませると粘り気が軽減されます。
    • シュガーレスガムは硬めのガム基礎剤を使用しています。ガム基礎剤はガムに弾力性を出すための原料を含んでいます。適度な弾力のガム基礎剤を使用しているガムが、膨らませるのに最適です。[2]
    • 古くなったガムは避けます。古いガムは乾燥しており、硬くて噛みにくく、風船ガムとしては使い物になりません。新しいガムを使いましょう。
  2. 2
    風船ガムを一粒噛む 膨らませるためにたくさんのガムを噛む必要はありません。[3] この段階では、ガムの膨らませ方を理解することがポイントです。必要以上のガムを口の中に入れてはいけません。包みを剥がして一粒口に入れます。
  3. 3
    柔らかく滑らかになるまで噛む 口の中のあちこちで噛みます。 風味や甘味がほとんどなくなり、柔らかくしなやかになるまで噛みます。数分間、我慢強く噛み続けましょう。
    • 長時間噛み続けてはいけません。およそ30分も噛み続けると、風船ガムは劣化します。硬く、脆くなったガムでは上手くいきません。

パート 2
ガムを膨らませる

  1. 1
    ガムを舌で丸める 口の中の上側を使ってガムを固定し、ガムを丸めて球状にします。完全な球体にする必要はなく、まとまった小さな塊になれば結構です。
    • 球状にしたガムを前歯の裏側に移動します。舌でガムを押し広げて平らな円になるように伸ばします。ガムの塊を前歯の裏側に舌で押し付けるようにして伸ばします。
  2. 2
    平らに伸ばしたガムを舌で押し出す 上下の前歯の間を少し開け、ガムの中に舌を入れて口の外へ押し出し、薄く伸びたガムで舌を覆います。舌でガムに穴を開けないように、ゆっくりと押し出しましょう。穴が開いてしまったら、もう一度ガムを球状にします。このステップは難しいので何度も練習しましょう。
    • 舌で押し出すときにガムが適当な位置にあるかを確認できるように、鏡の前で練習しましょう。
  3. 3
    舌の周りからガムに息を吹き込む [4] ガムが空気で満たされ、口から風船のように膨らみ始めるまでゆっくりと息を吹き込みます。
    • お腹から息を吐きだそうとせずに、口だけを使って息を吹き込もうとして失敗する人がたくさんいます。口だけではガムを膨らませるのに十分な強さで息を吹き込むことができません。大きくため息をつくつもりで息を吐くと上手くいきます。横隔膜を使ってお腹から息を吐き出しましょう。
  4. 4
    舌をガムの中から引き抜く 吹く息でガムが膨らみ始めたら、舌を口の中に戻します。ガムは歯の先を使って固定します。そのまま息を吹き込み続けてガムを徐々に膨らませましょう。
    • 口は開けたままにします。舌をガムの中から引き抜いた後に唇を閉じたくなっても我慢しましょう。口を開いた状態で、空気の通り道をできるだけ広く開けておきます。
  5. 5
    さらに息を吹き込み続ける ガムが割れそうになるまで、ゆっくりと一定量の息を吹き込み続けます。こうしてガムを大きく膨らませます。[5]割れる直前まで息を吹き込み、どのくらい大きく膨らませられるか見てみましょう。
    • ガムを最大限に膨らませるために、風や気温の変化の影響を受けない室内で行いましょう。ガムは冷たい空気や風によって割れやすくなる一方、高温では柔らかくなりすぎてしまいます。
  6. 6
    風船を閉じる 上下の唇を軽く合わせて風船を閉じます。これにより、風船の大きさを保ち、空気が抜けてしぼむこともありません。
    • ガムが割れたときに顔にへばり付くのを避けたければ、風船を口の中に吸い込んで舌で割ります。
  7. 7
    繰り返し練習する 初めのうちは上手くいかないかもしれませんが、それも楽しみのうちです。何回か成功してコツをつかむまで練習を続けましょう。ガムを膨らませるための顎、口、横隔膜の動かし方に慣れる必要がありますが、練習を重ねて筋肉が鍛えられれば簡単にできるようになります。

ポイント

  • 唇を濡らしてからガムを膨らませると、ガムの風船が割れたときに唇にへばり付きにくくなります。
  • ガムは適度に柔らかく保ちましょう。長時間噛んだ後の硬いガムを膨らませるのは骨が折れます。

注意事項

  • ガムを飲み込んではいけません。ガム基礎剤は樹脂、ワックス、ゴム等を原料としているため、ガムを噛み終わったら必ず口から出して捨てましょう。

必要なもの

  • 風船ガム

記事の情報

カテゴリ: 趣味・DIY

他言語版:

English: Blow a Bubble with Bubblegum, Español: hacer una bomba de chicle, Português: Soprar uma Bola de Chiclete, Deutsch: Eine Kaugummiblase blasen, Italiano: Fare un Palloncino con la Gomma da Masticare, Русский: надуть пузырь из жвачки, 中文: 用泡泡糖吹泡泡, Français: faire des bulles avec un chewing‑gum, Bahasa Indonesia: Meniup Balon dengan Permen Karet Bubblegum, Nederlands: Een kauwgombel blazen, العربية: عمل بالون بالعلكة, ไทย: เป่าหมากฝรั่ง, 한국어: 풍선껌 부는 법

このページは 4,249 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?