風邪を早く治す方法

この記事には:鼻づまりの緩和休息をとる自然療法で治癒する

風邪は恐ろしいウイルスというわけでは決してありません。ですが、風邪をひいてしまうと体調が悪くなり、何もやる気が起きなくなってしまうので非常に厄介です。風邪は時間をかけて治すことが一番の薬です。残念ながら即完治できる完璧な治療法はありませんが、嫌な症状を緩和したり、より短期間で治す方法は存在します。それではまずステップ1 から、幅広く知られている効果的で即効性のある風邪の治療法について総括的にお話ししていきます。

パート 1
鼻づまりの緩和

  1. 1
    蒸気を使って鼻づまりを緩和することができます。蒸気は頭をスッキリさせるのに非常に役に立ちます。蒸気の熱は詰まった鼻水を緩め、水分が乾燥した鼻道に潤いを与えてくれます。[1] それでは蒸気をうまく使った風邪の治療法を紹介しましょう。
    • 熱いシャワーを浴びましょう。風邪だからと言ってシャワーを控えるべきではありません。シャワーは風邪を緩和にとても効果的です。なるべく熱いお湯を出して、沢山の蒸気に触れて下さい。もしめまいや立ちくらみが心配な場合はプラスチック製の椅子を浴室に用意しましょう。
    • 熱いお風呂に入りましょう。湯気がたっぷりの熱いお風呂は風邪に良く効きます。鼻づまりが楽になるだけではなく、体が温まってリラックスできます。シャワーと同様、なるべく熱いお湯に浸るようにしましょう。髪の毛を洗ったら、お風呂から出たときしっかり髪を乾かして下さい。濡れたままにしておくと体が冷えて症状が悪化してしまう恐れがあります。
    • シャワーやお風呂以外にも、簡単に蒸気でスッキリできる方法があります。まず、なべにお湯を沸かし、顔の下に鍋を置きます。タオルを頭にかぶって、蒸気を顔にかけて下さい。ティーツリーやペパーミントなど、鼻水を緩和する精油をお湯に数滴プラスするとより効果的です。
  2. 2
    去痰薬は風邪に良く効く市販の薬です。粘液を薄めて痰を緩めることにより鼻道をスッキリさせることができます。呼吸しやすくなり、体が楽になるはずです。気道の粘液も取り除かれるので咳も緩和されます。
    • 去痰薬は薬局で購入可能です。液状のものが一般的に使用されていますが、錠剤や粉末状のものも販売されています。どれを選べばいいか、薬剤師に相談してみましょう。
    • 他の薬と同様、去痰薬にも様々な副作用があります。吐き気、嘔吐、眠気などが良くある症状です。 このような副作用が見られる場合はすぐに服用を止めて下さい。[2]
  3. 3
    必要に応じて鼻をかんでください。鼻が詰まった時は、ついつい何度もかみたくなってしまいますが、かみ過ぎには注意しましょう。鼻をかむと余分な粘液を取り除くことができるので、鼻道がスッキリしますが、強くかみ過ぎたり、必要以上に頻繁にかむとかえって逆効果です。
    • 一部の専門家たちは、鼻をかむと、たまった粘液による圧力が蓄積するのでより感染がすすんでしまうと指摘しています。[3] これを防ぐために、本当に必要な時だけ正しく鼻をかむようにしましょう。
    • 片側の鼻道を指で押さえて、反対側の鼻道から優しく鼻水を出しましょう。反対側の鼻道も同様に行って下さい。鼻をかんだ後は、抗菌効果のある石鹸でよく手を洗い、風邪の菌を広めないように注意しましょう。[4]
    • 柔らかい綿製のハンカチで鼻をかんだり、ワセリンで鼻孔に潤いを与えたりすれば、鼻のかみ過ぎによって起きる炎症を防ぐことができます。
  4. 4
    ネティポットを使用しましょう。ネティポットは最近人気が出てきた鼻の洗浄器です。食塩水を使って鼻道の粘液を薄めて、鼻水を除去することができます。
    • ネティポットは陶器製で楕円のティーポットのような形をしています。オンラインストアや健康食品店で購入可能ですが、細い注ぎ口のついた瓶や容器があれば、それで代用することができます
    • ネティポットで使用する食塩水は健康食品店や薬局で販売されています。小袋、粉状などがあり、水を加えるだけですぐに使用できるようになっています。ご自宅で作る場合は、小匙1/2杯の塩を1カップの水に入れて、混ぜて下さい。
    • まずネティポットに食塩水を入れます。頭を一方に傾けて(洗面台の方に)ポットの注ぎ口を片方の鼻の穴に入れます。食塩水を片側の鼻道に入れて、他方から流しだします。水が全部出たら、優しく鼻をかんでください。同様に反対側の鼻道も洗浄しましょう。[5]
  5. 5
    温かい飲み物を飲みましょう。風邪で体調の悪い時に温かい飲み物を飲むと体が癒されます。温かい飲み物は鼻づまりを緩和し喉の痛みを和らげてくれる素晴らしい治療薬です。
    • カモミールやペパーミントなどのハーブティーも風邪に良く効きます。風邪の症状を和らげながら水分補給することができます。一般的なお茶やコーヒーは、体がだるい時に元気を与えてくれますが、水分補給の効果はあまりありません。
    • ハチミツとレモン入りの温かいドリンクは風邪に良く効くことで知られています。鼻づまりを緩和するお湯、免疫機能をアップするレモン、そして喉の痛みを和らげるハチミツが体を癒してくれることでしょう。コップにお湯を入れ、スライスしたレモンを浮かべてハチミツで甘味をプラスすればもう出来上がりです。
    • 多くの人が風邪をひいたときにチキンスープを飲んでいます。チキンスープは食べやすくて美味しいだけではありません。チキンスープには風邪の症状を悪化する白血球の生成を制限する成分が含まれていると科学的に証明されています。お好きなだけお召し上がりください! [6]
  6. 6
    鼻腔用スプレーを使用しましょう。鼻腔用スプレーを1,2回スプレーするだけで、効果的に鼻づまりを緩和することができます。このスプレーには主に2つの効果があります。1つ目は鼻の粘液を薄めて、緩めることができるので、鼻水の通りが良くなります。2つ目は鼻道の血管を縮め、気道を広げて呼吸しやすくなります。
    • 鼻腔用スプレーは薬局で購入可能です。もし鼻に液体をスプレーすることに抵抗があるようでしたら、鼻づまり薬の錠剤をお薦めします。
    • きちんと指示に従って鼻腔用スプレーを使用して下さい。使用しすぎは逆効果です。粘液を増やしてしまったり、感染を助長してしまう恐れがあります。鼻腔スプレーは購入前に処方箋が必要な場合もあります。[7]

パート 2
休息をとる

  1. 1
    体をしっかり休めましょう。休みを取らずに無理して動き回っていると、風邪は確実に長引きます。休養は一番の治療法です。何日か休みを取って、体を暖かくして十分な休息をとりましょう。
    • 仕事を休むのはちょっと気が引けるかもしれません。ですが、もし職場で同僚が風邪をひいていたとしたらどう思いますか?風邪をうつされたくない、と思うはずです。家で寝ていた方が周りの人のためでもあるのです。
    • さらに風邪のウイルスによって免疫機能は低下してしまうので、他の病気になったり、風邪が悪化する可能性もあります。風邪が良くなるまでは、家で安静にしているのが一番です。
  2. 2
    たっぷり休んでください。風邪のウイルスに勝つためには体力が必要です。無理をして家事をこなしたり、運動や旅行などをして体力を消耗してしまうと、風邪は悪化します。少なくとも夜に8時間、日中にも昼寝をして睡眠時間をたっぷりとりましょう。[8]
    • 仮に眠れなかったとしても、熱い飲み物を飲みながら、毛布にくるまってソファーでのんびり過ごすだけでも効果はあります。たまにはお気に入りの連続ドラマの再放送を見たり、映画の長編シリーズを見たりするのも悪くありません。
    • 枕を重ねて寝てみましょう。慣れるまではちょっと違和感があるかもしれませんが、頭が少し高くなることで鼻の通りが良くなります。寝心地が悪い時は枕をシーツの下や布団の下に入れて、角度を少しなだらかにしてみて下さい。
  3. 3
    風邪の時こそ体を温めましょう。もちろん風邪はウイルスに起因するものです。冬の天候などの寒さが原因となるわけではありませんが、体を温めることによっていち早く風邪を治すことができます。暖房の設定温度を上げて、暖炉に火をつけ、お布団にくるまりましょう。これですぐに元気になれること間違いありません。
    • 部屋を暖めることは効果的ですが、鼻道や喉が乾燥して炎症をおこしてしまう恐れがあります。加湿器を使って空気の乾燥を防いでください。より一層呼吸が楽になることでしょう。
    • 加湿器は清潔に保ちましょう。古くて汚れたままにしておくと、湿気だけでなく病原体やカビも拡散してしまいます。[9]
  4. 4
    水分補給をして下さい。何度も鼻をかんだり、布団の中に潜って汗をかいたりしていると、水分不足になってしまいます。水分が足りないと風邪の症状が悪化し、頭痛やのどの痛みも引き起こします。
    • 風邪の時はいつもより多く水分を取って下さい。水だけではなく、熱いお茶、スープ、水分の多い果物や野菜(スイカ、トマト、キュウリ、パイナップル)などからも水分補給は可能です。
    • 水分が足りているかどうか、尿を見れば簡単にチェックできます。尿が薄い黄色、あるいはほぼ無色透明の場合は十分に水分がとれています。色が濃い場合は体内の排せつ物が薄められておらず、濃縮されている証拠です。その場合はもっとしっかり水分補給をして下さい。
  5. 5
    喉の痛みを和らげましょう。風邪の嫌な症状は鼻づまりだけではありません。乾燥してイガイガした喉の痛みは鬱陶しくてたまりません。塩水のうがいで簡単に喉の痛みを軽減できます。喉を潤わし、殺菌の効果もある自然な治療法です。[10]
    • コップ1杯のぬるま湯に小さじ1杯の塩を加えて溶かして下さい。もし塩辛すぎるようでしたら、重曹を少々足しましょう。この塩水で1日4回うがいして下さい。
    • 咳止め薬を飲みましょう。鎮咳薬はとくに乾いた咳(空咳)に効果的です。液体、錠剤、粉薬などの形状で薬局で購入可能です。4才未満のお子様は摂取しない方が良いでしょう。
  6. 6
    市販薬を使ってその他の風邪の症状を緩和しましょう。市販薬は風邪やインフルエンザからくる頭痛、筋肉痛、涙目などに効果があります。中には市販薬よりも自然療法を好む人も多くいるかもしれません。ですが市販薬は早く良くなりたい人にとっては大変有効的です。
    • アセトアミノフェン、アスピリン、イブプロフェン等の鎮痛薬は熱を下げたり、痛みを和らげる働きがあります。抗ヒスタミン剤は多くの風邪薬に含まれており、鼻水や涙目の緩和に効果的です。
    • 市販薬は推奨摂取量以上は絶対に服用しないで下さい。お子様にお薬を飲ませる時は特に注意して下さい。小さなお子様や10代のお子様にはアスピリンを与えないで下さい。ライ症候群の原因になる恐れがあります[11]

パート 3
自然療法で治癒する

  1. 1
    エルダーベリーシロップを摂取しましょう。エルダーベリーは免疫力をアップしてくれる天然の風邪薬として人気があります。エルダーベリーには様々な摂取方法があります。
    • 毎朝スプーン1杯のエルダーベリーシロップを摂取しましょう。このシロップは健康食品店で購入可能です。
    • コップ1杯の水やジュースに、エルダーベリーエキスを数滴プラスしましょう。このエキスも健康食品店で購入できます。
    • エルダーフラワーとペパーミントの葉が入った、熱いエルダーベリーティーを飲みましょう。
  2. 2
    生のハチミツを食べましょう。生のハチミツは免疫力を高めてくれます。抗菌性もあり、喉の痛みを癒してくれます。生のハチミツは多くの天然の風邪薬に用いられている人気のある成分です。
    • 生のハチミツをスプーンに1杯とって、そのまま摂取して下さい。あるいはお湯やお茶に入れて混ぜて下さい。
    • なるべくお住まいの地域近辺でとれたハチミツを探して下さい。その地域にあるアレルギー源に対する耐性が体内で形成されます。[12]
  3. 3
    ビタミンC を多く摂取しましょう。ビタミンC は風邪の予防に効果的であることで有名です。風邪をいち早く治す効能もあることはご存知でしたか?
    • オレンジジュースやイチゴ、キウイ、緑の葉野菜を多く摂取することによってより多くのビタミンC を体に取り入れることができます。
    • サプリメントからビタミンCを摂取することもできます。薬局や健康食品店でビタミンC の錠剤が販売されています。国立衛生研究所は1日に男性は90 mg、 女性は75 mgの摂取を推奨しています。[13]
  4. 4
    天然の健康補助食品を摂取しましょう。風邪の症状に有効な天然の健康補助食品がいくつか存在します。これらは完全に風邪を治癒するわけではありませんが、いち早い回復をサポートしてくれます。ここではいくつか健康補助食品を紹介します。
    • エキナセアは抗ウイルス性が含まれたハーブ補助食品で、気道感染の治癒をサポートします。風邪の症状が出始めた時にエキナセアの錠剤を摂取すると、風邪をいち早く治すことができると言われています。[14]
    • 亜鉛も風邪に効く天然の成分として知られています。ウイルスの増殖を防ぎ、いち早く風邪を回復させる効果があることが科学的な実験によって証明されています。錠剤、トローチ、シロップなどで利用可能です。[15]
    • 朝鮮人参は昔から伝わる風邪薬です。免疫力を強化し、風邪をいち早く治す効果があることが科学的に証明されています。サプリメントで摂取することもできますし、朝鮮人参の根を茹でてお茶を作って飲むこともできます。[16]
  5. 5
    ニンニクを食べましょう。ニンニクには抗菌性、抗ウイルス性抗生物質の特性があり、健康にとても良いと言われています。生のニンニクは風邪の症状を緩和し、いち早く風邪を治癒に導いてくれることが証明されています。また、免疫力も高めてくれるので、今後の風邪の予防にもつながります。
    • ニンニクはサプリメントでも入手可能ですが、生で摂取するのが最も効果的です。ニンニクの鱗茎をつぶし、室温で15分おきます。それによって、ニンニクの効果をアリシンという化合物が生成されます。アリシンは強力な抗ウイルス性の成分を含んでいて、ニンニクに素晴らしい健康への効能をプラスしています
    • ニンニクはそのまま食べることもできますが(胃が丈夫な場合)、ハチミツやオリーブオイルと混ぜてクラッカーにつけて食べても良いでしょう。[17]

ポイント

  • 常にのど飴を持参しましょう。咳止めのシロップは飲み過ぎると眠くなる恐れがあります。
  • 外出時にはハンカチを数枚持って行きましょう。
  • つぶした、あるいはすりおろしたショウガ、レモン汁、ハチミツ1瓶、リンゴ酢を多めに1滴混ぜるだけで、喉の痛みと咳に効く自家製の薬の出来上がりです。数時間ごとに大さじ1杯摂取して下さい。咳やのどの痛みが気になる時は毎時間摂取しましょう。

注意事項

  • 体調が悪い時はゆっくり休みましょう。
  • 風邪薬の飲み過ぎは良くありません。
  • 動き過ぎないようにしましょう。

必要なもの

  • ハンカチ
  • シャワー
  • ベッドや布団
  • 温かい飲み物
  • 映画や本など、体を動かさなくても楽しめるもの

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む62人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Cure a Cold Fast, Français: soigner un rhume rapidement, Italiano: Curare Velocemente un Raffreddore, Español: curar un resfriado rápidamente, Deutsch: Eine Erkältung behandeln, Português: Curar um Resfriado Rapidamente, Nederlands: Snel van een verkoudheid afkomen, Русский: быстро вылечить простуду, 中文: 快速治愈感冒, Čeština: Jak se rychle zbavit rýmy, Bahasa Indonesia: Cepat Menyembuhkan Pilek, العربية: سرعة علاج نزلة البرد, हिन्दी: जुकाम का इलाज़ करें तीव्रता से, Tiếng Việt: Trị Cảm lạnh Cấp tốc, 한국어: 감기 빠르게 치료하는 법, ไทย: รักษาโรคหวัดอย่างรวดเร็ว

このページは 27,680 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?