旅客機のフライト中に死亡する確率は、実際のところ、わずか9百万分の1にすぎません。しかしそうはいっても、10000m上空では多くの不測の事態が起こります。不運にもフライト中に異常事態が発生した場合は、冷静な判断こそが生死を分けることになります。墜落事故の約95%には生存者がいます。たとえ最悪の事態になったとしても、みなさんが生き延びる確率は一般に考えられているほど絶望的ではありません。以下の方法に従って安全対策を万全にして、墜落の際は冷静に事態に対処し、墜落後に適切な行動を取りましょう。

パート 1 の 3:
安全のための準備

  1. 1
    温かい着こなしをしましょう。墜落を生き抜いた後は、体を温かくする必要があります。たとえそこまで想定しなくても、厚めの服を着ておけば、墜落の際の怪我や火傷を軽減することができるでしょう。長ズボンと長袖のシャツを着たうえで、丈夫で動きやすい靴を履き、靴紐はしっかり結んでおきましょう。
    • 緩い服装や飾りのついた服装は、機内の狭い場所で障害物に挟まれる危険があります。寒い地域の上空を飛行する場合は、適切な服を着て、ジャケットを膝の上に置きましょう。
    • 比較的燃えにくい綿やウールの服を着ましょう。特に海面上を飛行する場合は、不時着した場合に備えてウールの服を着込んでおきましょう。水に濡れた際に、ウールは綿よりも保温性があります。
  2. 2
    機能性の高い靴を履きましょう。フライトの最中は快適な格好やきちんとした身なりでいたいと思う方も多いでしょう。しかし緊急の場合、サンダルやハイヒールを履いていると迅速な行動ができなくなります。ちなみに、ハイヒールを履いて脱出用滑り台に乗ることはできません。また、露出の多いサンダルなどを履いていると、ガラスの破片で爪先を傷つけたり、可燃性の液体が直接肌に付着する危険があります。
  3. 3
    機体の後部に座りましょう。統計によれば、墜落事故の際、機体の後方の座席に座る乗客は、機体の前方の座席に座る乗客に比べて、生存率が40%高くなります。[1] 事故の際は、迅速に緊急用脱出口から外に出る必要があります。万一の事態に備えて、機体中央部の脱出口の近くか、または、機体後部の脱出口の近くの座席を確保するのが賢明でしょう。
    • そう、つまり、統計的にはファーストクラスよりもエコノミークラスの方が安全といえます。[2] 出費を抑え、より安全な空の旅を心がけましょう。
  4. 4
    セーフティマニュアルを読み、離陸前の安全説明をよく聴きましょう。フライト経験のあるみなさんは、すでに聞き飽きているでしょう。しかし、安全説明の最中にヘッドフォンを着けたままにしたり、あるいはセーフティマニュアルを無視していると、墜落の際に重要となる情報を知らずにいることになります。
    • 決してすべてを理解していると思い込んではいけません。旅客機によってそれぞれ安全規則は異なります。[3]
    • 出入り口(または緊急脱出口)のある列の席に座る際は、ドアを調べ、緊急の際の開け方を覚えておきましょう。通常はフライトアテンダントのみなさんがドアを開けることになりますが、彼ら彼女たちが重傷を負ったり死亡した場合は、みなさん自身の手で開けることになります。
  5. 5
    みなさんが座る列と脱出口のある列の間の座席の数を覚えておきましょう。自身の席に最も近い脱出口を確認して、そこに行くまでの座席の数を数えてください。墜落の後は、機内が煙で充満し、騒音と混乱が続くため、手探りで脱出口を目指すことになるかもしれません。その際、前もって脱出口の場所と座席からの距離を把握しておけば、迷わず迅速に到着することができるでしょう。
    • 脱出口までの座席の数を自身の手のひらにペンで書きとめておいても良いでしょう。必要とあればすぐに確認することができます。
  6. 6
    シートベルトは常に装着しておきましょう。墜落の際にシートベルト1cm当たりにかかる重力は通常の3倍になります。フライトの最中はシートベルトをしっかり締めておきましょう。
    • シートベルトは、できる限り腰骨辺りまで下げて締めましょう。腰骨の上部がシートベルトの上部に当たる位置に来るようにしてください。そのほうが緊急の際に、柔らかい胃袋の上で締めるよりも、さらにしっかりと上体を支えることができます。
    • 睡眠中もシートベルトは装着したままにしましょう。不測の事態が起こって突然目が覚めた時も、シートベルトがしっかりと締まっていれば安心できるでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
衝撃に備える

  1. 1
    状況を把握しましょう。機体が不時着する場所を想定して、しかるべき準備をしましょう。例えば、水面に不時着する場合は、救命胴衣を装着する必要があります。ただし、機体の外に出るまでは救命胴衣に空気を入れてはいけません。また、寒冷地に不時着した場合は、首尾よく脱出した後に、毛布やジャケットで体を温める必要があるでしょう。
    • 事前に飛行ルートを把握しておけば、おおよその墜落場所が分かるでしょう。アイオワからカリフォルニアのルートであれば、海上に不時着することはまずないはずです。
    • 墜落するまでの時間を使って脱出口を探しましょう。墜落する際は、ほとんどの場合、衝突の瞬間まで貴重な数分の間があります。その時間を利用して脱出口の場所を再確認しましょう。
  2. 2
    できる限り広いスペースを確保しましょう。墜落するという確信のある時は、シートベルトを適切な位置に調節し直し、できれば、衝突の際に自身を傷つける可能性のある小物はすべて仕舞い込みましょう。さらに、ジャケットのチャックを閉め、靴紐がしっかりと締まっているか確かめてください。その後、衝撃に備えて防御体勢を取り、気持ちを落ち着かせましょう。不時着時の防御体勢には標準的なものがいくつかあります。
    • いずれの防御体勢を取る場合でも、大切なことは両足をしっかりと床に着け、足の位置を膝よりも後ろにすることです。そうすることで、衝撃の瞬間に下半身へのダメージを軽減することができます。自力で脱出口へ向かうためにも、下半身へのダメージは最小限にしたいところです。また、脛を骨折する危険もありますから、前席の下部分からできる限り脚を離しましょう。
  3. 3
    前席で上体を支えましょう。前席までの距離が短い場合は、片方の手のひらを前席の上に置き、その上からもう片方の手のひらを重ねます。そして、手の上に頭を置きましょう。指同士を絡めないように注意してください。
    • また旅客機によっては、頭を直接前席に置いて、指を頭の後ろで組み、上腕部で側頭部を抱きかかえる体勢を指示されることもあります。[4]
    • 上体を前に倒す方法もあります。前方に座席がない場合は、上体を前に倒し、胸を太ももにつけます。そして頭を両足の間に置きましょう。その体勢のまま、ふくらはぎの前で手首を交差させて足首を掴みます。
  4. 4
    落ち着きましょう。衝突の直前直後の大混乱で前後の見境がなくなることはよくありますが、できる限り気持ちを落ち着かせましょう。冷静な判断ができるかどうかが生死の分かれ目です。過去の例を見れば、たとえ最悪の墜落事故であっても、生き延びるチャンスはゼロではないことが分かります。理路整然とした合理的な思考により、助かる可能性を最大限にすることができます。
  5. 5
    水上に不時着した場合は、救命胴衣を装着することになります。しかし、まだ空気を入れてはいけません。機内にいるうちに空気を入れると、浸水した際に救命胴衣によって体が天井へ向かって浮き上がり、脱出口を目指して潜ることが極めて難しくなります。機内が浸水した場合は、息を止めて脱出口まで泳ぎ、外に出てから胴衣に空気を入れましょう。
  6. 6
    他の人を助ける前に、まずは自身の酸素マスクを装着しましょう。旅客機に搭乗したことのあるみなさんは、すでに何度も耳にされたかもしれませんが、これは非常に大切なことです。客室の防護壁が損傷を受けた場合、酸素マスクを装着して呼吸を再開するまでのタイムリミットはわずか15秒です。それ以上経過すると意識を失うことになります。
    • お子さんや隣に座っているお年寄りをまず助けたいという気持ちは本能的なものですが、みなさん自身が意識を正常に保つことができなければ意味がありません。[5] また、ご自身が速やかに酸素を確保できれば、改めて、意識を失いつつある他の人にマスクを装着するのを手伝うこともできます。それによって幾人かの命を救うこともできるでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
墜落から生き延びる

  1. 1
    煙から身を守りましょう。墜落事故における死亡の多くは、炎や煙によるものです。機体から出る炎は、濃度・毒性ともに極めて高い煙を発生させます。衣類で鼻と口を押さえ、煙を直接吸い込まないようにしましょう。できれば、衣類を湿らせておけばさらに効果的です。
    • 脱出の際は身を低くしましょう。できるだけ身を低くして濃度の高い煙を避けましょう。大した効果はないと思われるかもしれませんが、生死を分けるこの瞬間は、煙によって意識を失うことが最も危険です。
  2. 2
    できる限り迅速に機体から脱出しましょう。連邦運輸安全委員会(NTSB)の統計によると、墜落事故における死亡者の68%は、衝突時の怪我ではなく、墜落後の炎が原因で死亡しています。[6] この瞬間は、遅延なく機体の外へ逃れることが最重要です。機内に炎または煙が発生した場合、生存者は2分以内に外へ出る必要があります。
    • 脱出口の安全を確認しましょう。窓の外を見て、炎やその他の危険がないか確かめましょう。脱出が不可能な場合は、通路の反対側の脱出口やその他の脱出口へ急ぎましょう。
  3. 3
    墜落後はフライトアテンダントの指示をよく聞きましょう。フライトアテンダントは、墜落時に取るべき行動について、入念な訓練を受けています。フライトアテンダントが指示を出したり、みなさんの手助けができる状態であれば、必ずその指示に従って協力しましょう。乗客全員の命がかかっています。
  4. 4
    手荷物は放っておきましょう。荷物を持ち出そうとしてはいけません。常識的に考えれば当然のことですが、中には理解できていない人々もいるようです。すべてを捨てて逃げましょう。荷物を運ぼうとすると、それだけ脱出が遅れます。
    • どうしても持ち出さなければいけない大切なものがあったとしても、それは助かってから考えましょう。今この瞬間は、事故機からいち早く離れ安全な場所へ移動することだけを考えてください。とにかく逃げましょう。
  5. 5
    事故機から風上へ向かって少なくとも150mは離れましょう。通常人気のない場所に墜落した場合は、機体の近くに留まって救助を待つのが賢明です。ただ、機体に近づきすぎてもいけません。火災や爆発はいつ起こるか予測がつかないため、ある程度の距離を取る必要があります。水上に不時着した場合は、事故機からできるだけ遠くまで泳ぎましょう。
  6. 6
    一か所に留まりましょう。ただし、警戒は怠らないようにしましょう。墜落の後はおとなしくしている必要がありますが、不測の事態が起これば速やかに行動することも大切です。苦しんでいる人がいれば手を貸し、怪我人がいれば応急処置をしましょう。
    • 可能であれば、自身の傷の手当てをしましょう。切り傷や擦り傷があれば、傷口を押さえて、出血を止める必要もあるでしょう。動き回ると体内の傷を悪化させるため、できるだけ体を動かさずじっとしてください。
    • ネガティブパニックに注意しましょう。ネガティブパニックとは、緊急事態に際して思考や感情が麻痺し、体が動かなくなる症状のことです。乗客によっては、脱出口へ向かうべき時に、座席に座った状態で動けなくなることがあります。他の乗客や連れ合いがそのような症状を起こしていないか注意しましょう。
  7. 7
    救助を待ちましょう。一か所に留まることで、助かる可能性はより高くなります。あちこち動き回ったり、助けを求めに行ったり、何か近くのものを探すためにその場を離れてはいけません。墜落を目撃した人々や連絡を受けたレスキュー隊がすぐさま事故現場へ向かうはずです。救助の人々が到着した時に、その場に居るのが賢明でしょう。一か所でおとなしくしましょう。
    広告

ポイント

  • 墜落の際に、枕やその他の柔らかいものが手元にあれば、それらを使って頭部を保護しましょう。
  • 墜落に対する準備ができず、上記のいくつかのポイントを忘れた場合は、速やかに前席後部のポケットにあるセーフティマニュアルを参照しましょう。多くの重要な情報が記載されているはずです。
  • 携帯電話が手元にある場合は、救急情報センターに連絡を取って助けを求めましょう。
  • 墜落の前に、ペンや鉛筆などの鋭いものはポケットから出しておきましょう。理想を言えば、そのようなものは搭乗の際に身に着けないようにするのが賢明です。墜落の際にあらゆる小物は、衝撃によって、危険な飛び道具になります。
  • まずは自身の安全を確保しましょう!
  • 指示をよく聞いて身勝手な行動は慎みましょう。フライトアテンダントの指示に従って行動し、指示があるまで顔を上げないようにしてください。
  • 持ち出す必要があるのはジャケットまたは毛布だけです。その際も、持ち出すことができなければ置いて逃げましょう。分厚い衣類は脱出後に命を救うことになるかもしれませんが、まずは安全に機体の外に出ることが肝心です。
  • 手荷物は前席の下に置きましょう。そうすることで脚を挟む危険を少なくすることができます。
  • 落ち着きましょう。
  • 水上に不時着した場合は、水に入る前かあるいはその直後に、靴と上着を脱ぎましょう。靴や上着を身に着けていると泳ぐことが非常に困難になります。
  • 墜落の後に、シートベルトの外し方が分からなくなる場合があります。旅客機のシートベルトはバックルを開けて外すわけですが、往々にして混乱の最中は、本能的に日常生活で車のシートベルトを外す時と同じ要領で、ボタンを押して外そうとしてしまいます。当然その方法では外れないため、多くの乗客がパニックを起こします。衝突の前に、頭の中でシートベルトの外し方をおさらいしておきましょう。
  • 防御体勢は機体が完全に停止するまで解かないようにしましょう。通常、最初の衝撃の直後に機体が跳ね上がり、再び衝撃が起こるはずです。
  • 衣類を湿らせて煙の吸引から身を守るための液体が手元にない場合は、ご自身の尿を使いましょう。背に腹は代えられません。

広告

注意事項

  • 他の乗客を押してはいけません。整然とした脱出こそが乗客全員の命を救うことにつながります。パニックを起こして他の乗客を押したりすれば、必ず押し返されて混乱に拍車をかけます。
  • 搭乗前やフライト中の過度のアルコール摂取は控えましょう。アルコールは迅速な反応や秩序ある行動の妨げになります。
  • 機内の床にうつ伏せになってはいけません。客室に煙が発生した場合は、身を低くして動く必要がありますが、床を這ってはいけません。煙が発生した機内は視界が極端に悪いため、おそらく他の乗客に踏みつけられて怪我をするでしょう。
  • 空の旅をする際は化繊の服装は避けましょう。炎が発生した場合、化繊があっという間に溶けて大火傷をすることになります。
  • 決して赤ちゃんや幼児を膝の上に乗せてはいけません。もう一つ座席を予約するよりも安上がりに済むかもしれませんが、墜落の際に抱きかかえていると、子供はまず助かりません。子供にも座席を用意して、許可されたチャイルドシートを持ち込みましょう。



広告

関連記事

How to

家族宛ての手紙の宛名を英語で書く

How to

日本国籍を取得する

How to

車の中で快適に眠る

How to

グリーンカードを取得する

How to

カナダ宛の郵便物に宛名を書く

How to

スーツケースやカバンにうまく荷物を詰める

How to

戦争を生き延びる

How to

スーツケースのロックの暗証番号を設定する

How to

手荷物のサイズを測る

How to

アメリカで仕事を見つける

How to

機内持ち込み用手荷物を詰める

How to

カナダへ移住する

How to

航空券の予約を確認する

How to

カプセルホテルの利用
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む115人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は24,141回アクセスされました。
カテゴリ: 旅行
このページは 24,141 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告