食中毒を早く治す方法

共同執筆者 Jennifer Boidy, RN

この記事には:食生活を調整する家での療養法身体を休める26 出典

食中毒にかかると生活に支障が出てしまいます。症状の重さの違いはありますが、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、熱や痙攣などの症状が、汚染された食べ物を摂取した1時間~数週間後までに発生します。たいていの場合、加工、保存、取り扱いが不適切な場合に、食材が毒素や細菌で汚染されます。食中毒は自然と身体の器官で処理され、数日後には回復することがほとんどですが、幼児、妊娠中の女性、老人にとっては致命的となる可能性もあるため、十分に注意し、もし食中毒にかかったらすぐに医師に診察してもらう必要があります。早く食中毒から回復する方法を知ることで、症状を最小限に抑え、早く普通の生活を送れるようになります。

1
食生活を調整する

  1. 1
    水分をしっかり摂る 嘔吐や下痢が酷い場合、身体が水分を急速に失ってしまい、脱水症状を引き起こす可能性があります。失った水分を補うため、なるべく水分補給をしましょう。大量に飲むことができないのであれば、少しずつちびちびと何度も繰り返し飲みましょう。[1]
    • あまりにも嘔吐が酷く、水分が出続けている場合、すぐに医師の診察を受けましょう。入院や点滴の必要があるかもしれません。
    • 水、ノンカフェインのお茶、ジュースを飲みましょう。スープやだし汁をすする、氷やアイスキャンディを舐めるなどして栄養素や水分を補給することもできます。
  2. 2
    経口補水液を飲む 経口補水液とは水に溶かして飲む粉です。これを摂取することで、嘔吐や下痢によって身体が失ったミネラルや栄養素を補うことができます。経口補水液は薬局で購入できます。
    • 小さじ1/2の塩、小さじ1/2の重曹、大さじ4の砂糖を1リットルの水に溶かすことで自家製の経口補水液を作ることができます。きちんと溶けるまで、混ぜ続けましょう。[2]
    • 水を加えるだけで経口補水液ができる粉末も市販されています。また、大人や大きな子供には、ゲータレードやパワーエイドと水を半分ずつ混ぜたものを飲ませてもよいでしょう。[3]
  3. 3
    口当たりの良いものから徐々に食べ始める お腹が減り始め、吐き気が収まってくれば、バナナ、米、アップルソースやトーストのように、口当たりの良いものを少しずつ食べましょう。[4]こういった食品は胃にやさしく、吐き気や嘔吐を引き起こさない食べ物です。
    • クラッカー、マッシュポテト、柔らかく調理した野菜なども胃に負担のかからない食べ物です。[5] 無理矢理食べる必要はありませんし、いきなりたくさん食べようとする必要もありません。
  4. 4
    数日間は乳製品を摂らない 身体が食中毒と闘っている間、消化器官の乳糖を消化する能力は一時的に弱まります。そのため、バターや牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取すると、身体にダメージを与えてしまいます。確実に体調が回復したと言えるまで、乳製品は我慢しましょう。[6]
  5. 5
    吐き気や嘔吐を誘う食べ物は摂らない 食中毒の時にあまり食べたいものではありませんが、辛い食べ物や脂分の多い食べ物は消化が悪いため避けましょう。[7]
    • 柑橘類、豆類、全粒穀物類、ナッツ類や皮のついた食品など、繊維質の多い食べ物も胃にあまり良くないので、控えましょう。[8]
  6. 6
    カフェインやアルコールを控える 食中毒の際にカフェインやアルコールを摂取すると、余計に体調が悪化する可能性があります。[9] またカフェインには排尿促進の効果があるため、摂取するとトイレが近くなります。頻繁な排尿は脱水症状を引き起こす可能性があり、頻繁な嘔吐や下痢と重なると、重大な症状を引き起こしかねません。

2
家での療養法

  1. 1
    麦や米の重湯を飲む 重湯は胃を休め、消化を助ける働きがあります。[10] また、必要な水分を供給する働きもあります。
  2. 2
    プロバイオティクスのサプリメントを摂取する こういったサプリメントは腸に善玉菌を取り戻し、回復のスピードを上げる働きをします。ただし免疫力の低い人にとってはあまり良い方法ではない可能性があります。摂取する前に医師に相談しましょう。[11]
  3. 3
    リンゴ酢を飲む リンゴ酢には抗菌性があります。[12] 1カップ分のお湯に大さじ2杯のリンゴ酢を混ぜ、固形食を食べる前に飲みます。お好みであれば、原液で飲むことも可能です。
  4. 4
    ハーブを使用する ハーブには抗菌性のあるものや、食中毒の症状を和らげるものがあります。[13] バジルジュースを飲んだり、もしくは水にバジルオイルを数滴たらして飲むと良いでしょう。クミンシードはそのまま食べたり、煎って温かい飲み物にして飲んだりできます。
    • タイム、ローズマリー、コリアンダー、セージ、スペアミントやフェンネル等も更なる研究が必要ではあるものの、抗菌性が期待できます。[14]
  5. 5
    ハチミツと生姜で胃を休める お湯にハチミツと生姜を溶かしたもので、胃痛や消化不良を和らげることができます。ハチミツジンジャーティーを作ってみましょう。[15]
    • 生姜の皮を剥き、数かけらをお湯に入れ、大さじ1杯(お好みの量で)のハチミツを加えて混ぜ、少しずつ飲みましょう。
    • 1歳未満の幼児には絶対にハチミツを与えてはいけません。ハチミツには乳児ボツリヌス症を引き起こす細菌が含まれている可能性があるため、注意が必要です。[16]

3
身体を休める

  1. 1
    休む 飲食店で働いている人は特に、食中毒の際は出勤してはいけません。しっかりと時間をかけて身体を回復させ、仕事に復帰しましょう(通常、症状が治まってから48時間後)。[17]
    • 飲食店で働いていて、仕事中に食中毒が発生した場合、すぐさま上司にその旨を伝え、食品がある場所から離れましょう。食中毒の人は食品を触ってはいけません。
  2. 2
    しっかりと休息をとる 食中毒になると、身体が毒素を排除しようと闘うため、疲れやすくなります。なるべく身体を休めると、エネルギーを回復に使うことができます。頻繁に居眠りをすれば、身体を休めることができます。
    • 激しい運動は控えましょう。身体が疲れている時に激しい運動をすると、ケガに繋がりかねません。
  3. 3
    胃を休める 食事や固形食を摂りすぎるのは良くありません。[18]あまり食欲もないはずですが、 身体は毒や細菌からの回復のための休息を要しています。1日、2日はたっぷりと食事を摂るのは控えましょう。
    • その代わりに、飲み物、だし汁やスープなどを多く飲みましょう。吐き気や嘔吐の後、数時間は何も食べない方が良いでしょう。
  4. 4
    イブプロフェンやアセトアミノフェンを飲む [19][20] 熱(38度~40度)や頭痛がある場合は、使用量を守ってイブプロフェンやアセトアミノフェンを飲みましょう。[21][22] もちろん、こういった鎮静剤は他の痛みにも効果的です。
    • 下痢止めの薬を服用することは避けましょう。食中毒による下痢は辛いものですが、下痢はいち早く毒を外に出すための身体のメカニズムです。そのため、下痢止めの薬は飲まない方が良いでしょう。[23]
    • イブプロフェンを服用すると胃が荒れることがあります。アセトアミノフェンの方が良いでしょう。
  5. 5
    頻繁に手を洗う 嘔吐や吐き気がある場合、手を洗って細菌が広がるのを防ぐ必要があります。タオルを他の人と共有したり、他の人の食べ物を触るのはやめましょう。[24]
    • 使い捨ての除菌シートをトイレに置いておくと良いでしょう。トイレを使用した後は、自分が触れた部分をシートで拭きましょう。

注意事項

  • 食中毒が2、3日以上続く場合は、病院に行きましょう。高熱(38.3度以上、子供の場合は38度)、視覚障害、脱水症状、血便、膿を伴う便、海外旅行中の下痢、5日以上(子供なら2日以上)続く下痢、呼吸困難、嚥下困難などの症状が表れた場合は、すぐに医師の診察を受けましょう。[25]
  • キノコ類や魚介類を食べて食中毒になった場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。[26] ある種類のキノコ類や魚介類は致死性の毒を持っている可能性もあるので、専門家による治療が必要です。

出典

  1. http://www.med-health.net/What-To-Eat-After-Food-Poisoning.html
  2. http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/001652.htm
  3. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/dehydration/diagnosis-treatment/treatment/txc-20261155
  4. http://www.med-health.net/What-To-Eat-After-Food-Poisoning.html
  5. http://www.thekitchn.com/what-do-you-eat-to-recover-fro-141024
  6. http://healthyeating.sfgate.com/foods-should-avoided-recuperating-food-poisoning-1204.html
  7. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/food-poisoning/basics/lifestyle-home-remedies/con-20031705
  8. http://healthyeating.sfgate.com/foods-should-avoided-recuperating-food-poisoning-1204.html
  9. http://www.nhs.uk/Conditions/Food-poisoning/Pages/Treatment.aspx
続きを 表示する… (17)

記事の情報

この記事はJennifer Boidy, RNが共著しています。 ジェニファー・ボイディーはメリーランド州在住の正看護師です。2012年にキャロル・コミュニティー・カレッジにて看護学の準学士号を取得しています。

カテゴリ: 救急処置・緊急医療

他言語版:

English: Recover from Food Poisoning Fast, Español: recuperarte rápido de una intoxicación por alimentos, Português: Se Recuperar Rapidamente de Intoxicação Alimentar, Italiano: Riprendersi Velocemente da un'Intossicazione Alimentare, Русский: быстро вылечить пищевое отравление, Deutsch: Sich schnell von einer Lebensmittelvergiftung erholen, Français: se remettre rapidement d'une intoxication alimentaire, Bahasa Indonesia: Cepat Pulih dari Keracunan Makanan, Čeština: Jak se rychle zotavit z otravy jídlem, Nederlands: Snel herstellen van een voedselvergiftiging, العربية: الاستشفاء من التسمم الغذائي بسرعة, 한국어: 식중독에서 빨리 회복하는 법, Tiếng Việt: Phục hồi nhanh chóng sau khi bị ngộ độc thực phẩm, ไทย: ฟื้นตัวจากอาการอาหารเป็นพิษอย่างรวดเร็ว, 中文: 快速缓解食物中毒

このページは 3,803 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?