苦味は重要な味覚の1つであり、苦みのある食品の多くは特に健康的です。しかし、苦みを不快に感じたり、誤って料理に苦みのある食材を入れすぎたりすることもあるでしょう。幸いにも、食品の苦みをごまかしたり中和したりする方法がたくさんあるので、心配はいりません。この記事を参考にして、目の前の料理をおいしく食べましょう。

1
脂肪を加えて苦みを相殺する

  1. 脂肪を加えると苦みを感じにくくなるので、口当たりが良くなるでしょう。コーヒーに牛乳やクリームを入れると味がまろやかになるのはそのためです。クリームソース、牛乳、脂肪分の多いチーズ、オリーブオイルなどの脂肪が豊富な食品を加えて苦みを抑えましょう。[1]
    • これは、子供にブロッコリーや芽キャベツ、キャベツなどの苦い野菜を食べさせるために最適な方法です。野菜にチーズやチーズソースをかければ、苦みに気づかなくなるでしょう。[2]
    広告

2
甘みを加えて苦みを減らす

  1. 食べ物の甘さが嫌いな人はあまりいないでしょう。再びコーヒーを例として考えてみましょう。甘みを加えると苦みを感じにくくなるので、コーヒーを少し甘くすると飲みやすくなります。苦い飲食物に砂糖やはちみつを少量加えて、風味を調えましょう。[3]
    • 苦い食材と砂糖やチョコレートを組み合わせると、独特な味のデザートになります。
    • ただし、砂糖を加えすぎないように注意しましょう。アメリカ心臓協会は、健康のために1日あたりの砂糖の摂取量を25~36gまでに抑えるように勧めています。砂糖の摂取量に注意し、推奨量を超えないようにしましょう。[4]

3
塩を振りかける

  1. 塩1つまみを振りかけると、苦い食べ物だけでなくすべての食べ物がおいしくなります。塩辛さは苦みを自然に中和するので、食べ物が苦すぎる場合は少量の塩を振りかけましょう。[5]
    • これは、特にブロッコリーや芽キャベツのオーブン焼きのように苦い野菜を調理する場合に適した方法です。調理する前にオリーブオイルと塩を振りかけ、苦みを抑えましょう。[6]
    • 健康を維持するには、砂糖と同じように塩の摂取量にも注意する必要があります。1日あたりの塩の推奨摂取量は2.3g、つまり小さじ½杯ほどです。
    広告

4
1つまみの重曹を振りかける

  1. 信じられないかもしれませんが効果的な方法です。重曹は強アルカリ性なので、苦すぎる料理の味を調えるのに適しています。料理に1つまみの重曹を振りかけて混ぜ、苦みが減るか試しましょう。[7]
    • これは、料理に苦い食材を加えすぎてしまったときに適した方法です。料理を仕上げる前に1つまみの重曹を振りかけて、苦みを抑えましょう。
    • 加える重曹の量が1、2つまみを超えないように注意しましょう。加えすぎると料理がおいしくなくなります。

5
酢やレモン果汁を振りかける

  1. 酸味は、苦みを自然に打ち消します。苦い料理に搾りたてのレモン果汁少々、またはスプーン1杯分の酢を振りかけて、苦みを少し減らしましょう。[8]
    • ケール、ラディッシュ、ルッコラなどのサラダの野菜の苦みを抑えるには、酸性、または酸味のあるドレッシングをかけても良いでしょう。
    • 誤って酢やレモン果汁を加えすぎた場合は、少量の重曹を加えると酸味を抑えて味を調えることができます。[9]
    広告

6
スパイスを加える

  1. スパイス好きな人に最適な方法です。スパイスを加えると苦みを感じにくくなるので、スパイスで苦みを抑えましょう。辛い唐辛子や粉末スパイスを調理の際に加えたり、できあがった料理に振りかけたりして、少し辛めに味を調えます。[10]
    • 特に、黒コショウには苦みを中和する成分が含まれています。
    • この方法に適したスパイスは、カイエンペッパー、赤唐辛子、パプリカ、チリパウダーなどです。

7
苦みを抑えるために、ハーブを加えて調理する

  1. ハーブが別の味覚受容体を刺激するので、苦みを感じにくくなるでしょう。バジル、パクチー、セージ、ローズマリーなどを加えて調理し、苦みのない料理を作りましょう。[11]
    • 炒め物やオーブン料理に生のハーブを使うと、料理にまったく新しい風味が加わります。
    • できあがった料理にバジルやショウガ、オレガノなどの乾燥ハーブを振りかけても良いでしょう。乾燥ハーブは、生のハーブよりはるかに長持ちします。
    広告

8
食品を冷やして苦みを抑える

  1. 冷たい食品を食べるのが嫌でなければ、この方法を試しましょう。実際に、飲食物を冷やすと苦みが減ります。アイスティーやアイスコーヒーが飲みやすいのはこのためです。苦い食品を冷蔵庫に入れて冷やし、苦みが減るか確認しましょう。[12]
    • これは苦い野菜に適した方法です。食べる前に数時間ほど冷蔵庫で冷やしましょう。
    • 塩や脂肪を加えるなどの別の方法とこの方法を組み合わせても良いでしょう。

9
他の食材で苦みを隠す

  1. 迷ったら苦みを隠しましょう。様々な食材を使う料理を作り、苦い食材を少しだけ加えます。こうすると、苦みを抑えながらも苦い食品の健康的な栄養を摂ることができます。[13]
    • 苦みのない食品は、豆、ニンジン、トウモロコシ、ナス、レタス、ジャガイモなどです。これらの食材に苦い食材を加えて料理を作り、苦みを隠しましょう。[14]
    • この方法は、サラダに適しています。ルッコラのような苦い野菜と味が薄いロメインレタスなどを混ぜましょう。このサラダにレモン果汁と酢のドレッシングをかけると、苦みをさらに抑えることができます。
    広告

10
苦い食品を積極的に食べて舌を慣らす

  1. 苦い食品が好きになるように舌を慣らすことができます。苦い食品を食べ続けるといずれは慣れて、苦みに鈍感になるでしょう。初めはおいしくないかもしれませんが、長い目で見ればかなり効果的な方法です。[15]
    • 苦みを抑えるために砂糖や脂肪を加えるのはあまり健康的でないため、これはその他の方法よりも良い方法です。この方法なら、別の食品を加えずに苦い食品を食べることができます。

ポイント

  • いろいろな味付けを試しましょう。苦みを抑えるのに最適な組み合わせを見つけるために、様々なハーブやスパイスを試す必要があるかもしれません。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
ビールをショットガン飲みする
パンをおいしく温め直す
チーズを溶かすチーズを溶かす
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビンのラベルをはがす
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
料理で重曹を代用する料理で重曹を代用する
ソーセージを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 622 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告