食品着色料で髪を染める方法

共同執筆者 Ashley Adams

この記事には:髪を染める準備をする髪を染める仕上げ作業をする21 出典

食品着色料を使用すると、安くそして簡単に髪の毛を染めることができるうえ、市販のヘアカラーよりも髪の毛を傷めません。一時的にヘアカラーをしたいなら、白色のコンディショナーを使用します。永久的に染めたいなら顕色剤が必要になりますが、市販のヘアカラーと比べて色落ちが早いという特徴があります。とはいうものの、気軽に特定のヘアカラーを楽しむには良い方法でしょう。

パート 1
髪を染める準備をする

  1. 1
    必要に応じて髪を明るくするかブリーチする 食品着色料は半透明であるため、すでにある色に色を足すことしかできません。暗い色の髪には色が全く現れなかったり、またライトブラウンやブラウンの髪に使用すると髪のトーンが暗くなります。髪をより暗く染めたいときは関係ないため、この工程は行わなくても良いでしょう。
    • 青の染料を使用すると、ブロンドの髪は緑がかった色に、オレンジの髪は茶色っぽい仕上がりになります。このような色にしたくない場合は、髪の色調を自然な色に変えましょう。
  2. 2
    作業場所を保護する キッチンやバスルーム等、そうじしやすい場所を見つけましょう。カーペットが敷いてある所やそうじしにくい所で髪を染めるときは、床に新聞紙やビニールシートを敷くと良いでしょう。必要な道具を全て並べて準備しましょう。
  3. 3
    着古した服とビニールの手袋を着用する 汚してもいい服がない場合は暗い色のシャツを着ましょう。毛染め用の上っ張りや古いタオルを肩に掛けるのも良いでしょう。
    • 美容室で使用されているようなナイロンのケープを美容用品店で購入しても良いでしょう。服の保護に役立ちます。
  4. 4
    プラスチック製のボウルや容器に白いコンディショナーを入れる 髪をカバーするのに十分な、大さじ2杯以上のコンディショナーが必要です。染料の色に影響する可能性があるため、色の付いたコンディショナーは避けましょう。白い色のヘアクリームやジェルで代用しても良いでしょう。
    • 永久的に髪を染めたい場合は、コンディショナーの代わりに大さじ2杯の顕色剤を使用しましょう。[1]
  5. 5
    食品着色料を加える どのくらい髪を暗くしたいかで、染料の量を調節します。染料を使えば使うほど、色が深くなります。ボウルに入れた着色料の色よりも明るい色に仕上がります。野菜ベースの着色料を使用すると髪に付着しないため、標準の液状やジェル状の食品着色料を使用しましょう。[2]
    • 永久的に髪を染めたい場合は、顕色剤に大さじ1杯の食品着色料を加えましょう。[3]
  6. 6
    必要に応じて着色料を調整して黄色やオレンジ色を中和する 事前に髪の色を明るくすると、黄色やオレンジ色に仕上がっているでしょう。この状態は毛染めの結果に影響することがあります。髪の色が黄色やオレンジ色の場合、染料に紫や青を足して意に反した色が出るのを防ぎましょう。[4]
    • 淡い青色(オレンジ色の髪)や淡い紫(黄色の髪)を別に作って最初に髪を染めてから、洗い流してドライ後に好きな色で染める方法もあります。

パート 2
髪を染める

  1. 1
    髪の毛を区切って分ける 4つのセクション以上に分けると、染める作業が楽になります。複数の色に染めたいときは、染めたい色と場所で髪を分けましょう。[5]
  2. 2
    根元から染料を髪に塗る 手で直接塗るか、毛染め用のブラシを使用して塗りましょう。[6]染料が髪に浸透するようにしましょう。染料を泡立てると希釈されて効果が薄れるため、止めましょう。
    • ハイライトを入れたい場合は、髪の毛の一部に染料を塗りビニールのラップかアルミホイルで巻いて他の部分と分けます。髪全体を染めるのではありません。
    • ハイライトを入れる別の方法としては、穴を開けたシャワーキャップをかぶり、穴から髪の毛を一部引っ張り出す方法があります。美容用品店等で、毛染め専用にすでに穴の開いたシャワーキャップを購入することができます。
  3. 3
    髪をシャワーキャップの中に押し込む 必要に応じて髪の毛をひねってお団子にしてヘアクリップで固定しましょう。そして最長2時間放置します。[7]
    • シャワーキャップが手元にないときは、ラップやビニール袋を使用し、プラスチックのヘアクリップで固定しましょう。
  4. 4
    30分~3時間染料を浸透させる 染料を髪に塗ってから時間を置けば置くほど色が深くなります。また、明るい髪ほど早く色が付きます。[8]
    • 永久的な毛染め用に顕色剤を使用する場合は、40分ほど放置しましょう。[9] 染料を髪に塗ってから時間を置けば置くほど色が深くなります。軽めの色に仕上げたいときは、放置時間を短くしましょう。

パート 3
仕上げ作業をする

  1. 1
    髪の毛の染料を一部洗い流して色を見る 特定の色合いに染めるときや初めて食品着色料で毛染めをするときにのみこの試験を行います。目立たない場所の髪の毛を一部取って洗い流します。色がそれほど着色していないなら、もう少し放置し、ちょうどよい色なら月のステップに進みましょう。[10]
  2. 2
    冷水で染料を洗い流す こうすることで、髪の毛のキューティクルを守り、色を保ちます。洗面台やシャワーで流しましょう。ただし、シャンプーやコンディショナーを使用してはいけません。色が落ちてしまいます。複数の色で染めた場合、染めたときの分け目のまま別々に洗いましょう。
  3. 3
    低温のドライヤーで乾かす タオルドライ後に自然乾燥させても構いません。タオルで擦ると色が移ることがあるため、古いタオルを使用すると良いでしょう。
  4. 4
    乾いた髪のケアをする コンディショナーを使用した毛染め後は、3~5日洗髪するのは避けましょう。こうすることで、色がしっかりと付きます。[11]また、シミになる可能性があるため、枕カバーは色の付いたもの(暗い色が好ましい)を使用すると良いでしょう。
    • 一時的なヘアカラーは洗うたびに色が落ちます。色や髪質しより2週間ほど色持ちします。[12] 2、3回洗っただけで色が落ちる場合もあります。[13]
    • 永久的な毛染めでも、3週間ほどしたら色が抜け始めるでしょう。[14]

ポイント

  • 着色料の色は時間が経過すると変化することがあります。例えば、ブロンドの髪を青く染めて時間が経つと緑色っぽくなります。
  • 初めて毛染めする場合、好みの色になっているか放置時間中に一部髪を洗って色をチェックしましょう。
  • 毛染め後数日は塩素の入ったプールで泳いではいけません。色が落ちてしまいます。
  • 髪の色が暗い場合、数回染料を塗りなおさなければならない場合があります。
  • 生え際やうなじにワセリンを塗ると、染料が付きにくくなります。
  • 髪の毛を乾かしている最中は髪の毛に触ってはいけません。手が染まってしまいます。
  • 染料がシミになってしまったら、シェービングクリームやレモン汁で拭き取りましょう。[15]化粧水や消毒用アルコールを使用しても良いでしょう。
  • 髪の毛が長いまたは量が多い場合、染料は適量と思われる以上の量を用意しましょう。何回にも分けて色を作ってマッチさせるのは至難の業です。[16]
  • コンディショナーを使用した方法の毛染めの色が気に入らない場合、汚れをしっかり落とすタイプのシャンプーで洗髪しましょう。[17] コンディショナーではなく顕色剤を使用した場合、この方法は効果がありません。[18]
  • 毛染め用に使用するような、絞るタイプのボトルで染料を作ると良いでしょう。[19]
  • 髪を染めた後は1週間待ってからパーマをしましょう。また、パーマ後も1週間待ってから髪を染めましょう。[20]
  • 家庭用やその他の種類のブリーチを使用すると皮膚を傷めます。ブリーチを使用したところは保湿してケアし、皮膚が剥がれ落ちるのを防ぎましょう。
  • 髪をすでにブリーチしている場合、食品着色料1~2に対して水1の割合で混ぜ、「清潔な」髪につけてドライヤーで乾かしましょう。その後数日洗髪を避けると、色が落ち着くでしょう。3回髪を洗えば落ちる程度には色持ちし、一時的なヘアカラーの代用品としては安価で良いでしょう。

注意事項

  • 食品着色料は皮膚に染みつきますが、一時的なものです。
  • オーガニック、天然のもの、野菜ベースの着色料は使用しないようにしましょう。髪に付着しません。[21]

必要なもの

  • ビニールの手袋
  • 古い服とタオル
  • プラスチックのボウルまたは容器
  • 混ぜるときに使用するスプーン
  • 白色のコンディショナー(一時的なヘアカラー)または顕色剤(永久的なヘアカラー)
  • 食品着色料(野菜ベースでないもの)
  • 毛染めブラシ(任意)
  • シャワーキャップ

出典

  1. https://thecraftymamablog.wordpress.com/2012/09/10/dye-your-hair-with-food-coloring/
  2. http://ecocult.com/2015/how-to-dye-your-hair-with-food-coloring/
  3. https://thecraftymamablog.wordpress.com/2012/09/10/dye-your-hair-with-food-coloring/
  4. http://www.twofoodieseating.com/blog/pink-hair-with-food-coloring
  5. http://www.twofoodieseating.com/blog/pink-hair-with-food-coloring
  6. http://ecocult.com/2015/how-to-dye-your-hair-with-food-coloring/
  7. http://ecocult.com/2015/how-to-dye-your-hair-with-food-coloring/
  8. http://www.sophisticatededge.com/how-to-dye-hair-with-food-coloring.html
  9. https://thecraftymamablog.wordpress.com/2012/09/10/dye-your-hair-with-food-coloring/
続きを 表示する… (12)

記事の情報

この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。

カテゴリ: 絵画・描画

他言語版:

English: Color Hair With Food Coloring, Italiano: Tingersi i Capelli con i Coloranti Alimentari, Español: pintar el pelo con colorante alimenticio, Português: Tingir o Cabelo com Corante Alimentício, Русский: покрасить волосы пищевым красителем, Deutsch: Haare mit Lebensmittelfarbe färben, Français: colorer ses cheveux avec des colorants alimentaires, Bahasa Indonesia: Mewarnai Rambut dengan Pewarna Makanan, ไทย: ย้อมผมด้วยสีผสมอาหาร, العربية: صبغ الشعر بألوان الطعام, Tiếng Việt: Nhuộm tóc bằng màu thực phẩm, Nederlands: Je haar verven met voedingskleurstof, 中文: 用食用色素染发

このページは 111 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?