電子レンジで使用すると危険な食器や素材を電子レンジにかけるべきではない理由は色々あります。電子レンジ非対応の材質は電子レンジ内で溶けたり、ひび割れ・破損する恐れがあると同時に、火災の原因にもなり、電子レンジ本体にダメージを与える可能性があります。さらには、電子レンジ非対応の材質から危険な化学物質が食べ物に溶け出す恐れもあります。電子レンジ対応の食器全てに表示があるわけではありませんが、食器が電子レンジで安全に使えるかどうかを簡単に確認する方法があります。

パート 1 の 3:
食器をテストする

  1. 1
    カップに水を入れる 食器が電子レンジ対応かどうかを確認するには、水を入れたカップと一緒に電子レンジに入れる方法があります。電子レンジ対応のグラスかカップを用意し、水を4分の3まで入れます。[1]
    • 確実に電子レンジで安全に使えるカップを使用することが重要です。電子レンジ対応でない場合は、この確認方法はうまくいかない可能性があります。
    • 電子レンジ対応かどうかを確実に知るには、カップの底に電子レンジ対応のマークがあるか確認しましょう。
  2. 2
    食器を水の入ったグラスかカップと一緒に電子レンジにかける 水の入ったグラスかカップと、確認したい食器を隣同士に並べて電子レンジに入れます。電子レンジの設定を強にして1分間、2つのアイテムを加熱します。
    • 食器が大きすぎてカップと隣同士に置けない場合は、食器の上(または中)にカップを置きます。
    • 電子レンジの設定を強にするには、電源、メニュー、設定などのボタンを確認しましょう。[2]
  3. 3
    触れて確認する 電子レンジにかけて1分経ってから、鍋つかみで水入りのカップを取り出します。そして、確認したい食器に手を置いて温かさを確認します。[3]
    • 食器が温かく水が冷たい場合、その食器は電子レンジ対応ではありません。食器が温かいのは、熱を吸収している証拠です。
    • 食器が冷たく水が温かい場合、その食器は電子レンジ対応です。食器が冷たいのは、熱を吸収していない証拠です。
    • 食器の中か上に水入りのカップを置いていた場合は、食器の中央が温かく感じる場合があることを覚えておきましょう。
  4. 4
    食器に表示する 電子レンジ対応の食器と、非対応の食器を把握しておくために、食器の底面に油性ペンで確認テストの結果を記入しましょう。[4]
    • 自分用の食器であれば、様々な表示方法が可能です。例えば、電子レンジ対応の食器にスマイルマーク、「M」(電子レンジ=マイクロウェイブの頭文字)、または2本の波線を書き入れましょう。
    • 電子レンジ非対応の食器も忘れずに表示しましょう。悲しい顔のマークや「M」に横線をいれたもの、その他の表示方法などを用いて書き入れましょう。
    広告

パート 2 の 3:
電子レンジ対応の素材を把握する

  1. 1
    電子レンジ対応の表示を探す 食器や調理器具が電子レンジ対応かどうかを最も簡単に知るには、底面の表示を確認します。食器が安心して使えるかどうかを示す表示は一般的に3つあります。[5]
    • 「電子レンジ対応」の表示
    • 「電子レンジ可、電子レンジ使用OK」の表示
    • 水平の波線(メーカーなどにより異なります)
  2. 2
    セラミック、ガラス、陶器の大半は電子レンジに入れてもよいことを把握しておく セラミック、ガラス、陶器、磁器の食器類の大半は電子レンジに入れても安全ですが、下記のような例外がいくつかあります。[6]
    • 製造元により食器が電子レンジ不可と表記されている場合
    • 食器に金や銀の縁飾りなどの金属塗料や装飾が施されている場合
    •  鉛釉が使用されている場合
  3. 3
    電子レンジに対応しているブランド名を把握する 耐熱かつ電子レンジでも安全に使用できる調理容器を製造しているメーカーが数社あります。このような製品を製造しているメーカーの一部は下記のとおりです。
    • Anchor Hocking(アンカーホッキング)   
    • Duralex(デュラレックス) 
    • Pyrex(パイレックス)
    • Corningware(コーニングウェア)
    • Visions(ヴィジョン)
  4. 4
    紙製品の一部も電子レンジで使用可能なことを把握しておく パーチメントペーパー、ワックスペーパー(ろう紙)、白い紙皿、紙ナプキン、キッチンペーパーなどの一部の紙製品は電子レンジでも安全に使用できます。[7]
    • インクや染料が食べ物に溶け出すのを防ぐため、印刷物やロゴ、文字が入っている紙製品は使ってはいけません。
  5. 5
    プラスチックに関しては、いつどのように電子レンジにかけるかを把握しておく プラスチック製の調理容器やラップの一部は、電子レンジで安心して使えるように作られており、このような製品には食品に溶け出す可能性のある可塑剤(プラスチックに柔軟性を与える添加剤)が含まれていません。
    • プラスチック製の調理容器を電子レンジで使用する際は、電子レンジ対応の表示があることを確認しましょう。記載がない場合は電子レンジに入れてはいけません。
    • 電子レンジ対応のラップを電子レンジに入れる際は、食べ物に直接触れないように注意しましょう。[8]
    広告

パート 3 の 3:
電子レンジで使用できない素材を避ける

  1. 1
    金属は電子レンジで使用しない 非常に安全な手順を踏まない限りは、金属を電子レンジにかける行為は危険です。金属を電子レンジに入れると、火花が出たり火事や機械の誤作動につながる可能性があります。下記のものに注意しましょう。[9]
    • 金属塗料が使われている食器やカップ
    • 金属の縁飾り付きの食器やカップ
    • 針金のビニタイ(樹脂製の帯の中心に針金を通した結束材)
    • 金属加工や金属の持ち手がついた持ち帰り容器
    • アルミホイル
    • 金属製の調理器具
  2. 2
    鉛釉が施された食器を識別する 以前は食器に鉛釉が一般的に使用されていましたが、現在でも数多くの国で使用されています。鉛釉が施された食器に食べ物を入れたり盛り付けたりすると鉛が食べ物に入る可能性があるため、使用すべきではありません。鉛は非常に毒性が強く、鉛が体内に入ると健康に有害です。鉛釉が施された食器を電子レンジで使用すると、より多くの鉛が食べ物に溶け出す恐れがあります。鉛釉が施されている可能性の高い食器は下記のとおりです。[10]
    • 光沢がある、または透明な釉薬の施された陶器の食器
    • 職人による手作り食器
    •  内側の表面が明るく鮮やかな色の食器  
    • アンティーク食器  
    •  装飾が豪華で光沢のある食器   
  3. 3
    冷蔵食品保存容器は電子レンジで使用しない 冷蔵食品用のプラスチック製食品容器は加熱すべきではなく、当然電子レンジで使用するために作られているわけではありません。下記のような食品の容器が含まれます。[11]
    • ヨーグルト
    • バターまたはマーガリン
    • カッテージチーズ
  4. 4
    茶色い紙製品は避ける USDA(米国農務省食品安全検査局)は、電子レンジでの白い紙製品の使用は安全である一方で、茶色い紙製品を電子レンジで使用すべきではない旨を提示しています(日本国内では、各メーカーの注意事項に従いましょう)。[12]
    • 茶色い紙製のランチバッグや茶色いキッチンタオルなども含まれます。
    • 同サイトでは、新聞も電子レンジにかけないことを推奨しています。
    広告

関連記事

How to

キロワット時(kWh)の計算

How to

食器洗い機の水を抜く

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

電子レンジでお湯を沸騰させる

How to

ワッフルメーカーを手入れする

How to

冷凍庫の霜取り

How to

アイロンを掃除する

How to

キューリグ(コーヒーメーカー)の手入れをする

How to

スキレットをシーズニングする

How to

アイロン接着アップリケ・ワッペンをつける

How to

ネスプレッソ・コーヒーメーカーのお手入れ

How to

サムスン製テレビをリセットする

How to

エアコンを自作する

How to

テレビを処分する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 家電製品
このページは 320 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告