食器用洗剤で洗濯する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:洗濯の準備をする食器用洗剤で衣類を洗う8 出典

衣類用洗剤は値段が高いため、特に大家族で頻繁に洗濯をする必要がある場合は家計の負担となるかもしれません。洗濯の費用を軽減するために、衣類用洗剤の代わりに液体の食器用洗剤を使用している人もいます。食器用洗剤は衣類用洗剤に比べて値段がずっと安いですが、衣類の汚れをしっかりと落とすことができます。ただし、食器用洗剤を使う場合は、衣類用洗剤よりも使用量をかなり少なくすることが肝心です。食器用洗剤を投入しすぎると、洗濯機から泡が溢れ出してきます。この点にさえ注意すれば、食器用洗剤で洗濯しても、衣類用洗剤で洗濯する場合と違いはありません。

パート 1
洗濯の準備をする

  1. 1
    食器用洗剤を購入する 食器用洗剤で洗濯する前に、食器用洗剤自体を購入する必要があります。ほとんどの食器用洗剤は衣類の汚れをしっかりと落とすことができます。したがって、食器用洗剤を購入する際には、メーカーや種類については気にする必要はありません。お店に行って好きな香りの洗剤を購入して、洗濯に使いましょう。[1]
    • 必ず漂白剤が含まれていない食器用洗剤を購入しましょう。
    • どれでも好きな香りの食器用洗剤を購入して構いません。
    • ラベンダーオイルなど、自分の好きな香りを追加してみてもよいでしょう。
  2. 2
    汚れた洗濯物を洗濯機に投入する いつも洗濯するのと同じように、洗う必要のある汚れた洗濯物をまとめましょう。どの衣類でもよいので、洗濯したい衣類を集めて洗濯機に投入します。衣類を守るために、以下の一般的な洗濯のコツを覚えておきましょう。[2]
    • 明るい色と暗い色の衣類を混ぜて洗わないようにしましょう。
    • ジーンズやタオルなどの重量の重い洗濯物は、重量の軽い洗濯物と別にして洗いましょう。
    • 鮮やかな色の洗濯物と白い色の洗濯物を一緒にして洗わないようにしましょう。
  3. 3
    適切な温度を洗濯する 食器用洗剤が洗濯の温度設定に影響を及ぼすことはないものの、適切な温度を選択する必要はあります。高温の方が低温よりも衣類の汚れを効果的に落とせるかもしれませんが、温度を高くするほど衣類を傷めてしまいやすくなります。洗濯で衣類を傷めないようにするのに役立つ基本的なポイントは以下の通りです。[3]
    • デリケートな衣類と形状記憶加工された衣類の洗濯とすすぎは、冷水で行いましょう。
    • 丈夫な色物衣類は温水で洗濯できます。すすぎには、冷水または温水を使用できます。
    • 丈夫な白物衣類は熱水で洗濯し、すすぎは冷水で行うとよいでしょう。
  4. 4
    適切なコースを選択する 洗濯物に合ったコースを選択することで、汚れを落としつつ、洗濯による衣類の摩耗や破損を防ぐことができます。長時間のコースは、汚れのひどい洗濯物に効果的ですが、デリケートな衣類を傷めてしまう可能性があります。短時間のコースは、軽い汚れの洗濯物やデリケートな衣類に適しています。以下は、適切なコースを選択するのに役立つポイントです。[4]
    • クイックコースは、それほど汚れていない物や、またすぐに着たい物を洗うのに適しています。
    • つけおきコースは、洗濯物をつけおきして汚れを分解しやすくします。
    • パーマネントプレスコース(※洗濯機にある場合)は、形状記憶加工された衣類の形状を保つのに役立ちます。
    • パワフルコースなどの名称コースは、時間をかけて頑固な汚れをしっかりと落とすコースです。このコースはデリケートな衣類には推奨されません。
    • デリケートコースや手洗いコースなどの名称のコースは、洗濯で傷みやすい衣類を洗うのに適しています。
    • 洗濯後のすすぎの回数を追加することで、すすぎ残しをなくすことができます。

パート 2
食器用洗剤で衣類を洗う

  1. 1
    食器用洗剤を計量する 衣類用洗剤と同じ量の食器用洗剤を投入しないようにしましょう。洗濯機に食器用洗剤を入れすぎると、泡が立って洗濯機の外に溢れてきます。この問題が発生しないようにするには、必ず適量の食器用洗剤を使用することです。[5][6]
    • 少量の洗濯物には、小さじ1杯を投入しましょう。
    • 中程度の量の洗濯物には、小さじ2杯を投入しましょう。
    • 大量の洗濯物には、小さじ3杯を投入しましょう。
  2. 2
    食器用洗剤を投入して洗濯を開始する 適量の食器用洗剤を計量したら、洗濯機に投入します。投入方法は、衣類用洗剤を洗濯機に投入するのと同じです。食器用洗剤を入れたら、洗濯機の運転を開始しましょう。[7]
  3. 3
    衣類を乾かす 洗濯機のコースが終了したら、衣類を乾かします。衣類の乾かし方は、普段洗濯用洗剤で洗った後に乾かす方法と同じです。清潔な服を着てさわやかな気分になり、食器用洗剤で代用することで浮いたお金を何か楽しいことに使いましょう。[8]

注意事項

  • 食器用洗剤を投入しすぎないようにしましょう。さもなければ、洗濯機から泡が溢れ出てきます。

必要なもの

  • 食器用洗剤
  • 汚れた洗濯物

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 衣服

他言語版:

Español: lavar ropa con detergente líquido para trastes, Italiano: Lavare i Vestiti con il Detersivo per i Piatti, Русский: постирать одежду жидкостью для мытья посуды, Português: Lavar Suas Roupas com Detergente, Bahasa Indonesia: Mencuci Pakaian Menggunakan Sabun Cuci Piring, Français: laver des vêtements avec du liquide vaisselle, Deutsch: Deine Kleidung mit Geschirrspülmittel waschen, Nederlands: Je kleding wassen met afwasmiddel, العربية: غسل الملابس بسائل تنظيف الأطباق, ไทย: ซักผ้าด้วยน้ำยาล้างจาน, 中文: 用洗碗精洗衣服, Tiếng Việt: Giặt quần áo bằng nước rửa chén, Türkçe: Sıvı Bulaşık Deterjanıyla Çamaşır Nasıl Yıkanır, 한국어: 주방세제로 세탁하는 방법

このページは 18 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?