餃子(ぎょうざ)は焼き餃子としてよく食べられていますが、焼いている間にフライパンにくっ付いてしまうことがあります(そのため、英語ではポット・スティッカー[鍋に付く]と呼ばれています)。餃子は前菜としても、おかずとしても、おやつとしても、どんな時でも美味しく食べられます。以下の手順に従って、餃子を焼いてみましょう。

材料

  • 生餃子
  • 食用油(サラダ油、大豆油、ゴマ油、ピーナツ油、オリーブオイルなど)大さじ2杯

パート 1 の 2:
餃子とフライパンの下準備

  1. 1
    餃子を作ります。パーティーを開いて、みんなで餃子を包みながら食べるのも楽しい方法です。手作りの餃子ではなくても、冷凍餃子でも十分に美味しくいただけます。[1]
  2. 2
    餃子のタレを作ります。タレを作るには、米酢と醤油を1:2の割合で混ぜ、これに生姜(おろし、刻み)とゴマ油を加えます。刻んだネギを入れるのもいいでしょう。辛めがお好みなら、唐辛子などを加えましょう。
  3. 3
    中華鍋かフライパン(テフロン加工のものを含む)を中火から強火で予熱します。水滴を落としてジュッと蒸発するくらいまで熱したら、予熱完了です。
  4. 4
    予熱済みの中華鍋かフライパンに食用油大さじ2を注ぎます。お好みの油を使ってください。健康志向の方にはオリーブ油が最適です(オリーブ油は不飽和脂肪の割合が他の油より高い)。油を約1分ほど熱します(泡が立ち始めるまで)。[2]
  5. 5
    フライパンに餃子を入れます。十分な間隔を空けて置き、餃子同士が重ならないようにします。餃子を重ねたまま調理すると、餃子同士がくっ付いてしまい、破かずに離すことができなくなります。
    広告

パート 2 の 2:
餃子を焼く

  1. 1
    餃子を油で焼きます。餃子を2分から5分程度、または餃子の底がキツネ色に変わるまで焼きます。
  2. 2
    大さじ3杯程度の水をフライパンに加えます。水を加えたらすぐにしっかりと蓋をします。蒸気が餃子の中までしっかりと火を通します。この時、きちんと閉まる蓋を用いて、蒸気を逃がさないようにすることが重要です。蒸気が逃げると、餃子に火が通らなくなったり、火が通り過ぎてフニャフニャになってしまうかもしれません。[3]
  3. 3
    水分が蒸発するまで蒸し焼きにします。パチパチという音が聞こえて、餃子が再びキツネ色に変わるでしょう。昔ながらの方法では、餃子は裏返さずに、片面だけを焼くのがよいとされています。[4]
    • 両面をしっかりと焼きたい場合には、フライ返しで裏返して両面を焼きます。
    • 皮をパリッと焼きたい場合は、蓋を取ってからさらに中強火で焼きます。
  4. 4
    餃子をフライパンからお皿に移します。お皿に盛ったら、すぐに食卓に出しましょう(アツアツのうちにいただきましょう)。
  5. 5
    完成
    広告

ポイント

  • お好みに合わせて、両面を焼いても構いません。
  • 一度にたくさん焼き過ぎないように気をつけましょう。一部を盛りつけているうちに、残りが余熱で焦げてしまうことがあります。
  • 餃子はフライパンにくっ付きやすいことを覚えておいてください。テフロン加工のフライパンやよく油を馴染ませた鉄鍋を使うと餃子を焼く作業が簡単になります。
  • 長時間焼き過ぎて、焦がしてしまわないように気をつけましょう。

広告

必要なもの

  • 中華鍋またはフライパン
  • フライ返し

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

オートミールを作る

How to

ご飯を温め直す

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ケーキのアイシングを作る

How to

圧力鍋を使う

How to

スペアリブを温め直す

How to

自家製ワインを造る

How to

ロブスターテールを茹でる

How to

ソーセージを調理する

How to

フロスティングを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,530回アクセスされました。
カテゴリ: 調理法
このページは 1,530 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告