首のシワやたるみを改善する方法

共同執筆者 Chris M. Matsko, MD

この記事には:生活習慣で首周辺の皮膚を引き締める医療機関でハリのある肌を手に入れる34 出典

加齢における大きな悩みのひとつが肌のハリが失われていくことです。年齢を重ねていくと若いころにあった弾力性が失われ、それがシワやたるみの原因になります。特に顔や首周辺でこの現象が目立ちます。時計の針を戻すことはできませんが、ふっくらとした肌を取り戻すために、家で、さらには医療機関を利用してできる様々な方法を試してみましょう。

1
生活習慣で首周辺の皮膚を引き締める

  1. 1
    顔と首の筋肉のエクササイズをしましょう。首と顔の下部分をストレッチして鍛えることができる数種類のエクササイズがあります。一日に1、2回繰り返すことで効果が現れます。[1]
    • 額に片手を置きます。頭でこの手を押し、それに負けないように手をキープします。首の筋肉に効いていることを意識しましょう。この状態を約10秒間保ちます。次に両手を頭の後ろで組み、今度は頭を後方に押して約10秒間保ちます。
    • 背筋をのばして座ります。顎が天井に向くように口を閉じたまま頭をそらせます。次にそしゃく運動をします。首と顔の筋肉に効いているのを意識しましょう。約20回繰り返します。[2]
    • もう一度姿勢良く座り口を閉じて顎を天井に向けるように頭を傾けます。今度はキスをするように唇をとがらせます。このエクササイズを2回繰り返します。はじめの動作と似ている様に感じるかもしれませんが、実際には首と顔の違う部分に効いています。[3]
    • 次の動作は首を傷める可能性があるので気をつけて行います。ベッドの上に仰向けに寝転がり頭だけ淵から落とした状態になります。ゆっくりと気をつけながら、首を使って頭を腹部を見るように持ち上げます。ゆっくりと気をつけながら戻します。約5回繰り返します。痛みを感じたら即座に中止しましょう。[4]
  2. 2
    同じ動作や表情ばかりをしないようにしましょう。ある種の同じ動きや表情(納得できない時に首をかしげる等)ばかりをしていると、周辺の筋肉を弱らせてしまいます。同じような表情や動きを繰り返していないか確認して、肌の老化を防ぎましょう。
    • 顔や首の筋肉を動かすたびに肌の下に溝が構築されていく原因になります。年齢と共に肌の弾力性が失われてくると、この溝をカバーできなくなりシワやたるみとして現れるのです。
  3. 3
    健康的な食事をしましょう。栄養バランスのとれた食事は肌にとって良いというデータがあります。不健康なジャンクフードを避けることでシワやたるみを食い止められるのです。
    • 脂っこい食事はターンオーバー(肌細胞生が新しくまれ変わるサイクル)を遅らせます。 揚げ物や甘い物を食べ過ぎないように心掛け、特に(お菓子などに含まれる)単糖の摂取量を制限し、代わりに(イモ類などのでんぷん質である)複合糖質を食べるようにしましょう。
    • ラズベリーやニンジンなどのビタミンAやベータカロチンを多く含む果物や野菜は、健康な肌に不可欠なターオーバーを促進します。
    • 黄色やオレンジ色の果物や野菜にはビタミンAやベータカロチンが多く含まれています。これらをたくさんの水と一緒に摂取することでターンオーバーの周期を整え、トラブルのない健康な肌に導きます。
    • クルミやオリーブオイルなどの必須脂肪酸(α-リノレン酸とリノール酸)が豊富な食品は、肌の細胞に潤いを与える効果があります。
    • 不健康な食品ではなく、肌の健康に必要なビタミンや抗酸化物質を豊富に含む食品を摂取するように心掛けましょう。
  4. 4
    水分を十分に取りましょう。潤いのある肌はたるみやシワが少なくふっくらとハリがあります。毎日たくさん水分補給を心掛ければ首周辺の肌を引き締めるのに役立ちます。[5]
    • 女性であれば一日最低9~11カップ、男性ならば13~15カップの水を飲むようにします。運動選手や妊娠中の女性であれば18~19カップは必要です。[6]
    • 水が一番ですがノンカフェインのお茶や水で薄めたジュースでも構いません。
    • コーヒーやカフェインの入っているお茶、甘いジュース類なども多少飲んでも問題ありませんが、これらの飲料はかえって水分が奪われることも覚えておきましょう。
  5. 5
    毎日保湿剤をつけましょう。肌タイプ別になっているものでコラーゲンとエラスチンを補給できる製品を毎日使用します。正しい保湿のお手入れをすることで首周辺の肌にもハリがでます。
    • 例え脂質肌だとしても保湿は必要です。オイルフリーあるいは毛穴を詰まらせにくい(ノンコメドジェニック)製品を選ぶようにします。
    • 皮膚科やスキンケアの専門家に自分の肌タイプを聞いてみましょう。肌に合った製品を薬局やデパートなどの販売店で購入することができます。
    • コラーゲンやエラスチンだけでなくシリコンやヒアルロン酸のような首周辺の肌にハリを与える成分を含んだ製品も数多く販売されています。
    • 日焼け止めが入った保湿剤を使用すると効果がより高まるでしょう。
  6. 6
    直射日光にあたる時間を制限しましょう。太陽光線に含まれる紫外線は肌のハリを保つコラーゲンとエラスチン繊維を破壊して老化を早めます。太陽にあたる時間を減らすか、なるべく避けるようにすることで弾力性を保てます。
    • 屋外での用事や活動をする時は、SPFの高い(最低でもSPF30以上の)日焼け止めを広範囲に塗るようにします。
    • つばの広い帽子をかぶる事でさらに紫外線を防ぐことができます。
    • ビーチやプールに行くのであればパラソル(日傘)の下にいるようにしましょう。ウォータープルーフの日焼け止めを使用しましょう。
  7. 7
    喫煙を止めましょう。日光に当たるのと同様に喫煙も肌への血液の供給を変えるので、その結果、老化を早めます。禁煙をするか量を減らすことで老化の過程を止め、肌のハリを改善できます。
    • なかな禁煙ができない時は医師に相談します。効果的な治療方法を提示してもらえるでしょう。
  8. 8
    急な体重の増減を避けましょう。体重が増加すると肌を引き伸ばすことになり、減量した時にたるんでしまいます。急な減量は肌が変化についていけず、元のように引き締まりません。首元がシワにならないように今の体重を維持するか徐々に減量をしましょう。

2
医療機関でハリのある肌を手に入れる

  1. 1
    レチノイド外用薬を塗布しましょう。レチノイドは小ジワ、シミ、肌荒れなどの改善に役立つビタミンA誘導体です。医師に処方されたものを塗布することで首周辺の肌の弾力性を取り戻し、状態を改善します。[7]レチノイド外用薬は日本では未認可ですが、一部の医療機関では処方が可能です。
    • 米国で多く処方されているレチノイド外用薬は、トレチノインとタザロテンの2種類です。[8]
    • 医師の処方箋が必要なので、必ず医療機関で自分に適しているかを相談をしましょう。[9]
    • 小ジワを改善するために顔に使用する場合は、一日1回夜寝る前に豆粒大の量を塗布します。
    • この薬を使用中は紫外線 A波に敏感になるので気をつけましょう。サンランプ( 太陽灯)や太陽光に当たるのをなるべく控えましょう。
    • 美容目的のレチノイドは保険適用にならない可能性があります。
    • 含有量が少なめであれば薬局で入手可能なクリームもあります。これらは医師から処方されるものよりも効き目が弱く効果が表れにくいことを覚えておきましょう。[10]
    • レチノイドは皮膚の赤み、乾燥、ヒリヒリするなどの副作用を伴う場合があります。[11]
  2. 2
    光(医療用LED、コラーゲンライトなど)、高周波、レーザーによる治療を受けましょう。この方法は肌のコラーゲンを新しく増やしていく手助けをします。[12]首周辺の引き締めのために受けてみましょう。
    • レーザーや光による治療は、皮膚の外側の層を取り除き深層部に熱をあててコラーゲンの生成を促進します。治療の後になめらかなハリのある新しい肌へと再生していきます。[13]
    • レーザーによって古い皮膚を取り除いた後に新しい皮膚が作られるまで数ヶ月かかる場合があり、傷、黒ずみ、白斑のリスクがあることも覚えておきましょう。[14]
    • たるみの改善のために非剥離性レーザー治療を検討してみましょう。[15]
    • 高周波による治療も含まれます。レーザーや光治療ほどの効果は感じないかもしれませんがそれなりに肌の違いがわかるはずです。[16]
    • 美容目的の施術はほぼ保険適用になりません。
  3. 3
    古い皮膚の層を剥がしましょう(ピーリング)。医療メスなどを使用せず古い皮膚を取り除く方法があります。ケミカルピーリング、ピーリング、マイクロダーマブレージョン(ダイヤモンドピーリング)は外側の皮膚を取り除き弾力を与えるだけでなく肌をきれいにする効果も期待できます。[17]
    • ケミカルピーリングは医師が酸を皮膚の表面に塗ります。これによってシワやソバカスのできた肌を取り除きます。[18]治療の後肌が回復するのに数週間かかる可能性があり、結果が出るまで数回の治療が必要な場合があります。[19]
    • ピーリングは皮膚の表面を回転ブラシでこすって古い角質を取り除きます。[20]新しい肌の生成を助け、首周辺の肌にハリをもたせます。[21]結果を実感したり肌が完全に回復するのに数ヶ月かかる可能性があります。[22]
    • マイクロダーマブレージョンはピーリングと似ていますがもっと薄い層を取り除きます。数回の施術が必要かもしれませんが回復は他の方法より早いでしょう。[23]目に見える変化は少ないかもしれません。[24]
    • 美容目的の施術はほぼ保険適用になりません。
  4. 4
    ボトックス注射を受けてみましょう。ボツリヌス毒素A型から抽出した成分ボトックスは、筋肉の収縮を防いで肌をなめらかにし、シワを減らします。[25]首周辺の多少のたるみであればボトックス注射で改善できます。[26]
    • ボトックスは3、4ヶ月ほど効果が続き、継続させるためには再び注射を受ける必要があります。[27]
    • 副作用として顔や首の筋肉が動かしづらくなくなります。感情を表情に出すのが難しくなることを覚えておきましょう。
    • 美容目的の施術はほぼ保険適用になりません。
  5. 5
    軟組織へのフィラー(充填剤)注射を受けてみましょう。いくつか種類があり、脂肪、コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。首周辺の肌をふっくらと引き締めるのに試してみましょう。[28]
    • 腫れ、赤み、アザなどができる可能性があります。[29]
    • 効果は数ヶ月しか持続しないので、ボトックスやマイクロダーマブレージョンと同じく繰り返し注射を受ける必要があります。[30]
    • 美容目的の施術はほぼ保険適用になりません。。
  6. 6
    シワ取りの美容整形を検討してみましょう。首周辺のたるみが酷い場合は手術も選択肢のひとつです。これは治療の中でも究極のものなので、他の方法はないのか、本当に必要なのかを事前によく考えましょう。
    • すべての美容整形にはリスクが伴うことを理解した上で、信頼のおける外科医や医療機関、施設に相談します。
    • シワ取りはたるんだ余分な皮膚と脂肪を取り除き、その下にある筋肉と結合組織を引き締めピンと張るようにします。
    • 術後はアザのような変色や腫れが何週間も続き、回復にかなり長い時間を要する場合があります。[31]
    • 効果は5~10年持続します。[32]
    • 術後は頭部を通しやすい着脱の楽な服を着るようにします。枕はちょうど良い位置で頭と首を支えてくれるものを選んで使用します。術後24時間は誰かに付き添ってもらいましょう。[33]
    • 手術までに完全に禁煙し、抗凝血剤の使用を(医師と相談して)止めます。禁煙は順調な回復のためは不可欠で、抗凝血剤は手術中の多量出血のリスクを高めてしまいます。[34]
    • 美容目的の施術はほぼ保険適用になりません。

出典

  1. http://magazine.foxnews.com/food-wellness/how-get-rid-your-dreaded-turkey-neck
  2. http://magazine.foxnews.com/food-wellness/how-get-rid-your-dreaded-turkey-neck
  3. http://magazine.foxnews.com/food-wellness/how-get-rid-your-dreaded-turkey-neck
  4. http://magazine.foxnews.com/food-wellness/how-get-rid-your-dreaded-turkey-neck
  5. http://magazine.foxnews.com/food-wellness/how-get-rid-your-dreaded-turkey-neck
  6. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/nutrition-and-healthy-eating/in-depth/water/art-20044256?pg=2
  7. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/wrinkles/basics/treatment/con-20029887
  8. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/wrinkles/basics/treatment/con-20029887
  9. http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/wrinkles/basics/treatment/con-20029887
続きを 表示する… (25)

記事の情報

この記事はChris M. Matsko, MDが共著しています。 クリス・M・マツコ医師はペンシルバニア州在住の内科医です。マツコ医師は2007年にテンプル大学医学部から医学博士号を授与されています。

カテゴリ: 生活習慣 | メイク

他言語版:

English: Tighten Loose Neck Skin, Español: estirar la piel floja del cuello, Português: Enrijecer a Pele Flácida do Pescoço, Italiano: Tonificare la Pelle Flaccida del Collo, Deutsch: Den Hals im Alter straffen, Русский: подтянуть дряблую кожу шеи, Français: raffermir une peau du cou flasque, Bahasa Indonesia: Mengencangkan Kulit Leher yang Kendur, العربية: التخلص من ترهلات العنق, 中文: 让松弛的颈部皮肤变得紧致, Tiếng Việt: Làm căng da cổ chảy xệ, Nederlands: Slappe huid rond de nek strakker maken, 한국어: 늘어진 목의 피부를 탄력있게 만드는 방법, ไทย: กระชับผิวหนังบริเวณคอ, हिन्दी: गर्दन की स्किन को टाइट करें

このページは 194 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?