首元の肌のトーンの暗さは、日焼け、皮膚炎、慢性的な疾病、衛生状態の悪さといったことが要因として挙げられます。ただ、首元の肌の黒さを改善するために家庭で行えることもあります。まず角質を定期的に除去し、局所的な処置を施して黒ずんだ色素が明るくなるよう促しましょう。レモン果汁、重曹、ヨーグルト、クルミ等を用いると効果的です。

方法 1 の 3:
市販製品や医療処置を取り入れる

  1. 1
    ココアバターで保湿する ココアバターは敏感肌の人でも毎日使うことのできる優れた保湿剤です。首元の黒ずんだ箇所に1日2回塗り、効果が現れるまで続けましょう。[1]
    • 再び黒ずまないように継続して定期的にココアバターを塗りましょう。
    • 髪や肌が乾燥している人に有効ですが、オイリー肌や髪のべたつきが気になる人がココアバターを使うと吹き出ものの原因となるかもしれません。
  2. 2
    美白製品を用いる 肌のトーンを半永久的に明るくすることに特化した製品が幅広く存在します。美容・コスメ用品の専門店やオンラインストアで購入したり、医師から勧められた製品を試してみても良いでしょう。[2]
    • 「Melarase AM」 や「Melarase PM」といった商品を検討してみましょう。
    • 使用方法を守りましょう。
  3. 3
    皮膚炎を治療する 首元が部分的に黒ずんでしまうのは皮膚炎の症状である場合も考えられます。皮膚炎を抱えている人は医師の指示に従って対処しましょう。例えば局所クリームを定期的に、あるいは吹き出ものが出たらその都度塗るように指示を受けるかもしれません。
    • 皮膚炎の症状が悪化した場合、今後の治療方法について医師と相談ししましょう。
  4. 4
    糖尿病と肥満を治療する 首元の黒ずみは糖尿病や肥満の副次的影響であることも考えられます。新たな黒ずみを防ぎ、既存の黒ずみが今後広がらないようにするために、体重や食事をきちんと管理し、運動をしましょう。より健康的に生活することが糖尿病の治療になります。[3]
    • 糖尿病を抱えている人は、医師に相談し、直ちに適切な治療を受けましょう。糖尿病を和らげることが首元の変色を最小限に抑えることにもつながります。
    広告

方法 2 の 3:
家庭療法を試す

  1. 1
    髪の毛が変色しないよう保護する ここで紹介する家庭療法は、髪の毛に触れてしまうと一緒に変色してしまう可能性があるので注意しましょう。また、髪の毛が乾燥してしまうことも考えられます。まず、首元に髪がかかっていないよう徹底しましょう。
  2. 2
    ハチミツとレモンを合わせる 大さじ3杯のハチミツと大さじ2杯のレモン果汁を合わせましょう。ハチミツとレモンどちらも肌のトーンを明るくする成分を含んでいます。混ぜ合わせたものを首元の黒ずんでいる箇所に塗り、15分ほど待ってから洗い流しましょう。[4]
    • トマトの種とハチミツを混ぜ合わせ、黒ずんだ箇所に局所的に塗っても良いでしょう。
  3. 3
    重曹でペーストを作る 大さじ数杯分の重曹と少量の水を混ぜ合わせ、ペースト状にしましょう。このペーストを首元の変色が気になっている箇所に塗り、15分程度待ちましょう。最後に水で洗い流します。[5]
    • 肌が敏感に反応してしまうことがなければ、1週間に複数回この処置を繰り返すことができます。
    • 重曹ペーストは洗い流す際に角質も除去します。
  4. 4
    ビタミンEオイルとアーモンドオイルを用いる 小さじ数杯分のアーモンドオイルを電子レンジで温めます。加熱は低温設定にして30秒以内に留めましょう。同量のビタミンEオイルを混ぜ合わせ、指で首元にすりこみましょう。塗った状態で10~15分待ちます。最後にぬるま湯で洗い流しましょう。[6]
    • これは安全で肌に優しい方法です。毎日繰り返し行っても大丈夫です。
  5. 5
    オレンジピールと牛乳でペーストを作る オレンジの皮を数時間日光にあてて乾燥させます。比較的乾いたところですり鉢で潰して粉末にし、少量の牛乳(成分無調整のもの)と混ぜ合わせ、ペースト状にしましょう。首元の黒ずみが気になる箇所に塗りましょう。10~15分待ってから洗い流します。 [7]
    • オレンジの皮にはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは肌を明るくする効果があります。
    • 可能であれば食品用脱水機を使ってオレンジの皮を乾燥させましょう。太陽光だと皮が潰しにくくなることもあるので、脱水機があると作業がより簡単になるかもしれません。
  6. 6
    キュウリで首をこする 薄切りにしたキュウリも天然の角質除去成分です。キュウリを薄く切り、片面を使って黒ずみが気になる箇所を優しくこすりましょう。[8]
    • キュウリの液あるいはすりつぶしたものを首に塗り少し放置しても良いでしょう。
    • さらに美白効果を高めたい人は、キュウリに数滴のレモン果汁を加えてから首元をこすると良いでしょう。一通りこすり終えたら10~15分間そのまま放置してから洗い流します。
  7. 7
    砂糖とレモンを合わせる 大さじ数杯分の砂糖をレモン果汁と合わせ、ペースト状にしましょう。このペーストを黒ずみが気になる場所に優しく塗りこみましょう。15分そのまま放置してから洗い流します。[9]
    • 肌が荒れたり敏感に反応することがなければ1週間に複数回この処置を施しても大丈夫です。
  8. 8
    レモンと塩を混ぜる 塩をつまみ、薄切りされたレモンの上からふりかけます。このレモンで優しく首元をこすりましょう。数分間続けてすりこみ、そのまま15分間放置します。[10]
    • 洗い流します。この手順を毎週複数回繰り返すとより効果的でしょう。
    • レモン果汁と塩を合わせてスクラブ剤として活用することもできます。
  9. 9
    ヨーグルトとクルミを用いる 大さじ1のクルミをすりつぶし、粉末と小さな欠片だけの状態にしましょう。これを大さじ数杯分のプレーンヨーグルトと混ぜ合わせます。混ぜ合わせたものを黒ずみが気になっている箇所にやさしく塗りこみましょう。そのまま15分放置してから洗い流します。[11]
    • ヨーグルトは肌を洗浄する効果があり、含まれている酸が美白成分として作用します。クルミには肌を洗浄し保湿する成分とミネラルが豊富に含まれています。
    広告

方法 3 の 3:
清潔な状態を保ち日焼けを予防する

  1. 1
    定期的に入浴し殺菌効果のあるせっけんで洗う 黒ずんだ肌は衛生状態の悪さが原因となっていることも多いので、特に黒ずみが現れ始めている人は頻繁に入浴することが大切です。首を含む全身すべての部位を殺菌効果のあるせっけんで洗い、しっかりと洗い流しましょう。[12]
    • せっけんで優しく体をこすりましょう。力を入れすぎてしまうと症状が悪化することもあります。
    • 入浴ができない場合は、首元やその他の部位を赤ちゃん用のウェットティッシュなどで拭くとある程度の清潔さを保つことができるでしょう。
    • 2~3日に1度は入浴しましょう。
  2. 2
    屋外に出る際は日焼け止めを塗る 首元の黒ずみは日光が原因であることも考えられます。ある程度の時間を屋外で過ごす際は日焼け止めを塗りましょう。SPF35の製品を使用し、肌が露出している箇所、特に首元に、まんべんなく塗りこみましょう。
    • 毎時間塗り直しましょう。(泳いだりして濡れた場合はさらに頻度を高めましょう。)
  3. 3
    首元を日光から守る できる限り首元に直射日光が当たらないよう衣服も工夫して選ぶようにしましょう。屋外で長時間過ごす際は、襟がついているシャツ、スカーフ、つばの広い帽子などを着用しましょう。
    • 首元にバンダナを巻いたり、日傘やパラソルを持参して日光を防ぐのも良いでしょう。
    広告

関連記事

How to

口周りの黒ずみを取る

How to

女性が立ち小便をする

How to

埋没毛を処理する

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

手に付着したシリコンコーキング剤を落とす

How to

歯磨き粉でニキビを治す

How to

肌に付いた塗料を落とす

How to

ひび割れて痛む唇を治す

How to

ペニスを洗う

How to

タンポンを使用する

How to

カミソリ負けを早く治す

How to

重曹でニキビを治す

How to

手指消毒剤を作る
広告

このwikiHow記事について

Aanand Geria, MD
共著者 ::
認定皮膚科医
この記事の共著者 : Aanand Geria, MD. アナンド・ジェリア医師はニュージャージー州にて「Geria Dermatology」を経営する認定皮膚科医です。ペンシルバニア州立大学にて学士号を、ラトガーズ・ニュージャージー州立大学医学科にて医学博士号を取得。リーハイ・バレー・ヘルスネットワークにてインターンシップを、ハワード大学医学大学院にて皮膚科学の臨床研修を修了。マウントサイナイ病院の臨床指導者でもあり、その業績はAllure、The Zoe Report、NewBeauty、Fashionistaに取り上げられており、Journal of Drugs in Dermatology、Cutis、Seminars in Cutaneous Medicine and Surgeryなどの皮膚科医療専門誌でも話題を集めています。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 582 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告