PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

旅行の際にお気に入りの香水やコロンを持っていきたい場合は、金属製やガラス製、プラスチック製の旅行用ボトルを利用しましょう。金属製のアトマイザーを使用する場合、元の香水ボトルのノズルの上にアトマイザーを設置し、押し込むことで香水を満タンにします。プラスチック製のアトマイザーを使用する場合は、ボトルに香水を吹き入れましょう。フラコンボトルからの移し替えには小さな漏斗を使うこともできます。どの方法でも簡単に、香水を旅行用ボトルに詰め替えることができますよ!

方法 1
方法 1 の 3:
香水アトマイザーから金属製の旅行用ボトルに詰め替える

  1. 1
    元の香水ボトルのキャップとスプレーキャップを外す キャップは通常プラスチックかガラス製で、スプレーキャップを保護しています。スプレーキャップは、香水を吹きかけるときに押す部分で香水ボトルの一番上の部分です。ボトルのキャップは持ち上げて取り外し、横に置いておきます。その後、指で優しくスプレーキャップを引っ張ると、垂直に伸びる短いノズルが現れます。[1]
    • こうすることで、香水を元のボトルから旅行用ボトルへと詰め替えることが可能です。
  2. 2
    旅行用香水ボトルの金属ケースを取り除く 金属製の旅行用香水ボトルには中の容器を保護するために外側のケースが付いているものも多くあります。親指と人差し指でケースの底をつまみ、スライドさせて取り外しましょう。旅行用ボトルは、外側のケースを外した方が香水を入れやすくなります。[2]
    • ケースを取り外したら、香水を入れる小さなプラスチック製の入れ物が現れます。
  3. 3
    旅行用ボトルの底をスプレーノズルの上に設置する プラスチック容器の底には小さな赤い点があります。その赤い点を元の香水ボトルのノズルに合わせましょう。[3]
    • 金属のケースを取り外していなくても大丈夫です。旅行用香水ボトルの底を元の香水ボトルのノズルと合わせましょう。アトマイザーはケースを付けたままでも詰め替えることが可能です。
  4. 4
    旅行用香水ボトルを上下して香水で満たす 赤い点もしくはボトルの底をノズルと合わせたら、優しく旅行用ボトルを押し込みましょう。これで香水が容器に注入され、アトマイザーを香水で満たすことができます。旅行用香水ボトルがいっぱいになるまで数回上下させましょう。[4]
    • 普段香水を付けるのと同じ要領で、旅行用ボトルを満タンにします。
    • 金属のケースを外しても外さなくても、ボトルの側面を見れば香水が溜まっていく様子を見ることができます。
    • 旅行用の香水ボトルを満タンにすると、スプレー50回分もしくは約4mL分の香水を保存できます。
  5. 5
    旅行用ボトルにはケースを、元のボトルにはスプレーキャップとキャップを付ける 旅行用のボトルが満タンになったら、元の香水ボトルから取り外し、金属のケースを装着します。その後、スプレーキャップとキャップを元の香水ボトルにつけ直します。[5]
    • スプレーキャップをつけ直す際、香水が少し噴射されます。目に入らないよう、シンクに向けて作業を行いましょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
金属製の香水アトマイザーからプラスチック製の旅行用ボトルに詰め替える

  1. 1
    旅行用香水ボトルからプラスチック製のキャップとスプレーキャップを取り外す プラスチック製の香水アトマイザーの場合は、プラスチックのキャップの外側をつまんで外しましょう。その後、プラスチックのスプレーキャップを回して外します。[6]
    • 詰め替えが終わるまで、キャップとスプレーキャップは横に置いておきます。
  2. 2
    元のボトルのスプレーキャップ部分を旅行用ボトルの上部に当てる 元の香水ボトルのキャップを外し、ボトルを持ち上げて旅行用ボトルの上部に触れるくらいの距離で保ちます。[7]
    • こうすることで、プラスチックの旅行用ボトルに香水を直接スプレーすることができます。
  3. 3
    スプレーキャップを何度も押して旅行用ボトルを満タンにする 旅行用ボトルが満タンになるまで、元の香水ボトルのスプレーキャップを何度も押して詰め替えます。上に1cm弱スペースをあけておくとスプレーキャップが取り付けやすくなります。[8]
  4. 4
    スプレーキャップを元に戻す 旅行用ボトルに香水を詰め終わったら、スプレーキャップを元の位置に戻しましょう。スプレーキャップを時計回りに回してきつく閉めます。その後、旅行用ボトルにキャップをします。[9]
    • 元の香水ボトルにもキャップをしましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
フラコンボトルからガラス製またはプラスチック製の旅行用ボトルに詰め替える

  1. 1
    元のボトルからキャップを、旅行用ボトルからスプレーキャップを取り外す 元の香水ボトル、旅行用ボトル共にフタがされています。双方からゆっくりとキャップを取り外します。その後、ガラス製もしくはプラスチック製の旅行用ボトルのスプレーキャップを回して取り外します。こうすることで、フラコンボトルからの詰め替えがしやすくなります。[10]
    • フラコンボトルでは、香水やコロンを空気中にスプレーをするのではなく、首や手首に少量垂らしてつけます。
    • 旅行用ボトルにおしゃれな金属のケースが付属で付いている場合、ボトル内にどのくらいの量があるか見えるようにケースを取り外しましょう。
    • この方法は金属製の香水アトマイザーには使えません。
  2. 2
    小さな漏斗を旅行用ボトルの上に置く 小さく作られた漏斗を使うことで香水を注ぎやすくなります。漏斗はガラス製もしくはプラスチック製の旅行用香水ボトルの上部に簡単に設置することができます。[11]
    • 漏斗を使うと香水をこぼすことがないため、詰め替えの際に1滴たりとも無駄になりません。
  3. 3
    元のボトルから漏斗に香水を注ぐ フラコンボトルから詰め替えを行う場合は、注意をしながら香水を漏斗に注ぎましょう。漏斗からあふれないように始めはゆっくりと注ぎます。また、ボトルの口にのっている漏斗の部分を手で支えて、ぐらつかないようにしましょう。ボトルが4分の3ほどになったら、香水を注ぐのを止めます。[12]
    • 元の香水ボトルがスプレー式の場合は、漏斗の上にスプレー部分を固定し、旅行用ボトルが満たされるまで何回もスプレーをします。
  4. 4
    旅行用ボトルにスプレーキャップ、ケース、キャップを取り付ける 旅行用ボトルへの詰め替えが終わったら、スプレーキャップを回して取り付け、上からキャップを取り付けます。その後、付属のケースがあれば、ケースに戻し入れます。
    • フラコンボトルにもキャップをつけ直しましょう。
    広告

必要なもの

金属製の旅行用ボトルへの詰め替え

  • 金属製の旅行用ボトル
  • 元の香水

プラスチック製の旅行用ボトルへの詰め替え

  • プラスチック製の旅行用ボトル
  • 元の香水

フラコンボトルからの詰め替え

  • ガラス製もしくはプラスチック製の旅行用ボトル
  • フラコンボトル
  • 漏斗

ポイント

  • 旅行用の香水ボトルを使う場合、香水が出るまで1~5回ほどノズルを押しましょう。旅行用ボトルを初めて使用する場合、香水が出てくる前に容器の中の余分な空気を取り除く必要があります。
  • 香水をつける際は、体から10~15cmほど離して、首などの周りに吹きかけます。手首などの脈が感じられる部分に直接つけてもよいでしょう。
広告

注意事項

  • 香水は付け過ぎないようにしましょう。自分にとっても周りにとっても香りが強すぎることがあります。代わりに軽く吹きかけて、ほんのりと楽しめる程度の香りにとどめましょう。
  • 旅行用ボトルを飛行機に乗っている間に使用しないようにしましょう。使うと大変なことになります。スプレーキャップを押すと、気圧の変化によって香水が容器から漏れてしまう可能性があるのです。[13]
広告

関連記事

ブラジャーを外す
BABY G(ベビージー)腕時計の時刻合わせをするBABY G(ベビージー)腕時計の時刻合わせをする
革についたしわを取る革についたしわを取る
布がほつれないようにする布がほつれないようにする
バンダナを巻く
Tバックショーツを履くTバックショーツを履く
翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける翡翠(ヒスイ)が本物かを見分ける
サングラスのレンズの傷を取り除くサングラスのレンズの傷を取り除く
Ray Banの偽物を見分けるRay Banの偽物を見分ける
ドゥーラグを巻くドゥーラグを巻く
絡まったネックレスをほどく絡まったネックレスをほどく
Gucciのベルトの偽物を見極めるGucciのベルトの偽物を見極める最高の方法
ネックレスのサイズを測るネックレスのサイズを測る
テープを使って胸を大きく見せるテープを使って胸を大きく見せる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は51,555回アクセスされました。
カテゴリ: ファッション
このページは 51,555 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告