馬を調教する方法

この記事には:始めに面繋を装着する調馬索による調教鞍を乗せて調教する乗馬のための訓練

馬の従順さは、総じてその馬が受けた訓練や調教の仕方によって決まります。恐怖によって命令に従う馬よりも、信頼によって自発的に命令に従う馬の方が、乗り手との間に幸せな関係を築くことができます。以下の方法に従って根気よく馬を調教し、馬とみなさんの間に強い絆を結びましょう。

パート 1
始めに

  1. 1
    馬の信頼を得ましょう。本格的な訓練をする前に、まずは個人的な関係を密にして馬の信頼を得ることが何よりも大切です。最初は毎日傍にいて、グルーミング(毛づくろい)をするだけで十分でしょう。毛並みを整える作業は、馬との距離を縮め、絆を深めるのに最適な方法です。馬の信頼を得るにはある程度の時間が必要です。みなさんの存在に慣れさせるために、頻繁に馬場で作業をしましょう。馬が何かに怯えている時は、頻繁に話しかけて安心させましょう。
    • 草食動物である馬は、周りの些細な変化にも敏感に反応します。人間に慣れていない馬であれば、最初のうちはみなさんが近付くだけで怯えてしまうでしょう。[1]
    • 子馬、または訓練を受けるにはまだ幼い馬の場合は、警戒心を解くために、まずは人に慣れさせましょう。[2]
    • 訓練に入る前に、じっくり時間をかけて馬と信頼関係を築きましょう。
  2. 2
    安全に気を付けましょう。馬は力の強い動物で、時として深刻な被害をもたらすことがあります。訓練の最中は注意を怠らないようにしましょう。そして、必ず馬の視界に入る場所に立ちましょう。馬から見えない位置に移動する際は、手で馬の胴体を撫で、どこへ移動するか知らせるようにしましょう。
    • 馬の左側に立ち、みなさんの頭の位置を馬の耳の横から頭部に向かって傾けましょう。そこが馬から最も見やすい位置になります。
    • 馬の視界から消える時は、必ず話しかけましょう。馬はその鋭い聴覚によってみなさんの位置を正確に把握することができます。
    • 馬の真後ろを歩いてはいけません。また、馬から見えにくい真正面に立つのも禁物です。
    • 馬の周りで跪いたり、座り込んではいけません。蹄の手入れをする時は、しゃがみ込まずに、上体を曲げて作業をしましょう。[3]
  3. 3
    調教は一つずつ着実に行いましょう。馬の調教には時間がかかります。馬が一つの動作を完璧に身に着けたのを確認して次の過程に進みましょう。馬の調教は、以前に習慣付けた動作を基にして、そこに新たな動作を教え込むという過程を繰り返す作業です。一つ一つの動作習慣を完璧に身に着けない限り、その馬は十分な訓練を受けたとはいえません。[4]
    • 決してあきらめてはいけません。いくつかの過程はより長い時間がかかるはずです。馬の調教には相当な根気が必要になります。
    • 各レッスンは成功裡に終わりましょう。例えば、ようやく面繋(おもがい)を顔に近づけることができた、というような些細なことでも構いません。[5]
  4. 4
    馬に対して腹を立ててはいけません。決して怒鳴りつけたり、叩いたり、物を投げつけるといった攻撃的な態度を取ってはいけません。馬を怖がらせてしまうと、それまでの信頼関係が全て崩れてしまいます。常に落ち着いて、低い声音で話しかけましょう。[6]
    • 馬が指示に従わない場合は、イライラせず、冷静に間違いを正しましょう。[7] 口から「シー」という音を出し、間違った行動を取っていることを馬に伝えましょう。[8]
  5. 5
    訓練が上手くいった時はご褒美を与えましょう。みなさんの期待通りに馬をしつけるためには、餌や愛撫といったご褒美が欠かせません。その一方で、時には罰を与えることも必要でしょう。馬が怯えない限り、指で押さえつける、あるいは鞭で軽く叩くといったしつけが効果的です。また後の段階では、引きひも(リード)や手綱を軽く引っ張ったり、馬上から脚で圧力をかけるといったしつけの方法を学ぶことになります。
    • 罰は決して馬に恐怖や苦痛を与えるための手段ではありません。罰は首尾一貫して規則正しく行い、唐突に行わないように注意しましょう。罰を与える際は、馬が間違いを正すまで続ける必要があります。馬が正しい行動を取り始めたら、直ちに止めましょう。[9]

パート 2
面繋を装着する

  1. 1
    馬をみなさんの手に慣れさせましょう。面繋(おもがい)を装着する前に、まずは馬の頭、耳、首に触れ、みなさんの手に慣れさせましょう。焦らず時間をかけて行いましょう。必ず馬の視界に入る場所に留まり、馬を驚かせないようにしましょう。急に近づくと馬は警戒するため、少しずつ距離を詰めていくことが大切です。馬に触れるようになるまで、繰り返し続けましょう。
    • 馬との距離が近づくたびに、声に出して褒めましょう。手を少しでも顔に近づけることができたり、あるいはたとえ数秒間でも顔に触れることができれば、それは大きな進歩といえます。
    • どんなに小さな成功であっても、その都度ご褒美の餌を与えましょう。[10]
  2. 2
    馬を面繋に慣れさせましょう。まずは、みなさんが手に持っている面繋の形状や匂いを馬に覚えさせることが大切です。最初の2、3日は面繋を馬の視界に入る場所に置いて匂いを嗅がせ、それが危険なものではないことを教えましょう。その後、慎重に面繋を馬の鼻から頭にかけて乗せます。バックルは締めずにしばらくそのままにしておきましょう。馬が慣れたのを確認して、耳の後ろにあるバックルを締めます。
    • 通常は何度も繰り返し試みる必要があります。焦らず落ち着いて、毎日少しずつ慣れさせていきましょう。
    • 首尾よく面繋を取り付けることができたら、その後数日間は装着したままにしておきましょう。[11]
  3. 3
    馬勒を取り付けましょう。馬を操縦するには、面繋とともに馬勒(ばろく)が必要です。優しく馬勒を顔に被せましょう。また、口を開けて銜(はみ)を噛ませる必要もあります。慎重に行いましょう。
  4. 4
    銜を装着しましょう。馬には、面繋の装着とともに、銜を噛ませる習慣を身に付けさせる必要があります。慎重に馬の口に銜を入れましょう。最初は数分間噛ませるだけで十分です。少しずつ慣れさせて、噛む時間を伸ばしていきましょう。[12]
    • 銜にシロップ(糖蜜など)を塗っておくと、きっと馬も喜んで口に入れるようになり、さらに調教が楽しくなるでしょう。[13]
  5. 5
    最後に耳あてを装着します。嫌がらずに銜を噛めるようになれば、耳あてを装着することができます。ただし、まだストラップを締め付けてはいけません。
    • ストラップは時間をかけて徐々に締め付けていきましょう。馬はまだ顔や耳に馬勒を装着した状態に慣れたわけではありません。

パート 3
調馬索による調教

  1. 1
    調馬索の使い方を覚えましょう。調馬索(ちょうばさく)とは馬の面繋に取り付ける調教用の長いロープのことで、それを引っ張りながら所定の範囲で馬を歩かせます。調馬索を引く際は、できるだけ大きな円を描くように歩かせましょう。円の範囲が小さいと、馬の脚や靭帯や腱を痛めることになります。最低でも直径2mの円を描きましょう。
    • 調馬索を使った調教を始めてしばらくの間は、一定の方向に10分以上歩かせてはいけません。調馬索による長時間の歩行訓練は馬の体に大きな負担をかけます。少しずつ慣れさせながら、訓練時間を伸ばしていきましょう。
  2. 2
    馬と同じ目線で訓練をしましょう。馬の背に乗る前に、まずは共に馬場を歩いて馬の信頼を得ることが大切です。しばらくは調馬索を面繋に付けて歩かせましょう。
  3. 3
    馬の口に負担をかけてはいけません。調馬索のロープを急に引っ張ると、馬に不快感を与えることになります。ひとたび口に不快感や痛みを覚えると、馬は調馬索を怖がるようになってしまいます。
    • 馬の動きに合わせて移動しながら、調馬索と馬の口のコンタクトを安定させましょう。やがて馬は調馬索を振りほどくことをあきらめ、コンタクトを維持するようになります。[14]
  4. 4
    調馬索を引きましょう。調馬索を使って馬場での本格的な調教を始めます。一日に最低一度は調馬索を引きましょう。身振りで進行方向を指示するとともに、少しずつスピードを上げていきます。スピードを上げながら、調馬索を徐々に強く引っ張りましょう。やがて馬は、口頭の指示に合わせて、常歩(なみあし)から駆歩(かけあし)までできるようになるでしょう。
    • 調馬索を引いている最中は、直接馬の体に触れないように注意しましょう。全ての指示は、ロープを握る手の力の入れ具合、または体の動きで伝えましょう。
    • 調馬索による訓練は、馬との信頼関係を確固たるものにする作業です。馬がみなさんの指示通りに動いた時は、直ちに馬から目線をはずしてロープを緩めましょう。
  5. 5
    馬がきちんと指示に従うように訓練しましょう。引きひもを引きながら歩く際に、馬がみなさんの動きに合わせて歩くようにしつけましょう。馬をサークル状に歩かせながら、口頭指示を覚えさせましょう。基本的な口頭指示には次のようなものがあります:「止まれ」、「待て」、「進め」、「下がれ」、など。まずは「止まれ」と「進め」が理解できないと話になりません。その後、「はやあし」など、速度を上げる指示を教えていきましょう。
    • よく使われる口頭指示の中には発音が似通ったものがいくつかあります。馬を混乱させないように気を付けましょう。[15]
  6. 6
    人間のスペースを尊重することを教えましょう。馬を引く際、最初のうちは、馬はみなさんを試そうとするでしょう。肩をぶつけてみなさんを押しのけ、主導権を握ろうとするはずです。まずは馬にどちらがリーダーなのかを教えましょう。馬がみなさんに近付き過ぎた時は、群れの中でリーダー格の馬が他の馬にするように、馬の肩から30cmほど後ろの肋骨部分を押さえつけましょう。そうすることで、最終的に馬は横に退いて、みなさんにスペースを与えるようになります。[16]
  7. 7
    馬を面繋の動きに従わせましょう。騎手は面繋への圧力によって馬を操縦することになります。まずは、面繋に引きひもを取り付け、馬の右側に立ちます。そして、馬の右側へ引きひもを引っ張って圧力をかけましょう。命令通りに頭を右側へ向けるように訓練していきます。上手くいくたびにご褒美を与えましょう。
    • 左側でも同じ訓練をします。さらに前側や後ろ側に向けて圧力を加え、面繋の動きに合わせて馬が正しく動けるように調教していきましょう。
    • やがて馬は、面繋が引っ張られる方向へ逆らわずに動けば圧力から解放されることを理解します。[17]

パート 4
鞍を乗せて調教する

  1. 1
    鞍に慣れさせましょう。まずは馬を鞍の重量や鞍が動く音に慣れさせる必要があります。面繋や銜と同様に、鞍の音、匂い、形状に馬が慣れるまで数日はかかるでしょう。
    • 馬が鞍を見るのに慣れれば、ひとまず、鞍を馬の背の上に持っていきましょう。ただし、まだ乗せてはいけません。[18]
  2. 2
    ブランケットを乗せましょう。馬が鞍を警戒しなくなれば、まずは馬の背にブランケットを乗せましょう。数分間乗せたままにします。その後、取り外します。その過程を何度か繰り返します。馬の両側で行い、ブランケットを乗せた状態に慣れさせましょう。
  3. 3
    鞍を乗せましょう。ゆっくり鞍を乗せます。話しかけたり撫でたりしながら馬を安心させましょう。[19] 数分間鞍を乗せたままにした後、取り外します。両側に立って行いましょう。
    • 馬を鞍に慣れさせる間は、鐙(あぶみ)やレザーパッドは取り外しておきましょう。
  4. 4
    鞍帯を取り付けます。ゆっくり慎重に行いましょう。特に警戒心の強い馬の場合、鞍帯は毎日少しずつ締めつけていきましょう。極度に警戒する場合は、一旦取り外し、鞍帯の留金に慣れさせるところから始めましょう。
    • 鞍帯を締め付ける際は、軽く馬の背に寄りかかるようにしましょう。
  5. 5
    鐙(あぶみ)に慣れさせましょう。今後は、鞍や鐙を装着した状態で、調馬索による調教をすることになります。横側に装着した馬具に慣れれば、馬はやがて騎手の脚も受け入れるようになります。[20] また、この段階で、鞍の上にレザーパッドを敷きましょう。
    • 時間をかけて行いましょう。新しい馬具を取り付ける際は、一度に一つずつ慣れさせていきましょう。新しい馬具に対する警戒心をその都度取り除くことが大切です。[21]
  6. 6
    鞍を付けた状態で曳き回します。長時間にわたって鞍を装着することができるようになったら、鞍を乗せたまま、改めて調馬索を使って訓練をしましょう。

パート 5
乗馬のための訓練

  1. 1
    人を乗せる準備をしましょう。この時点ではまだ、馬はみなさんを目線の高さ、あるいはそれ以下の高さでしか見たことがないはずです。まずは馬場の柵板の傍まで馬を連れて行きます。柵に足をかけ、馬の頭よりも高い位置に目線がくるまで登りましょう。
  2. 2
    馬の背中に体重を乗せます。初めて馬に人を乗せる時は、経験のある騎手に乗ってもらいましょう。騎手の脚を支えながら、鞍の上に座らせます。慎重に鞍に腰を下ろし、馬を怖がらせないように注意しましょう。[22]
    • 馬が乗り手を受け入れた時は、体を撫でてご褒美を与えましょう。
  3. 3
    馬の背に乗ります。騎手にはゆっくり慎重に左側の鐙に左足を入れてもらいましょう。左足を支点にして馬の背に体重をかけ、臀部を蹴らないように注意しながら、右脚を反対側へ回します。最後に右足を右側の鐙に入れます。[23]
    • 馬上の騎手には体勢を低くしてもらいましょう。最初のうちは、馬は騎手の姿に怯えてしまいます。鞍をしっかりと掴んで、決して手綱を強く引かないように注意しましょう。騎手を振り落すようなことになれば、馬は今後さらに人を乗せることに怯えてしまいます。
  4. 4
    ゆっくり馬を歩かせます。騎手を乗せたまま、ゆっくり馬を引きましょう。馬が騎手に慣れるに従って、徐々にみなさんは馬から距離を取りましょう。
    • 騎手には手綱を使って少しずつ馬の口とコンタクトを取ってもらいましょう。馬を怖がらせないように注意しましょう。口頭による指示と軽い手綱さばきを使いながら、馬をゆっくり歩かせます。[24]
  5. 5
    いよいよ馬に乗ります。騎手に乗ってもらった後は、いよいよみなさんが馬に乗る番です。初めて訓練馬に乗る際には危険が伴うため、必ず他の騎手や調教師に付き添ってもらいましょう。慎重に馬の背に乗り、臀部を蹴ったり留金で馬の体を挟んだりしないように注意しましょう。最初は数歩歩いて止まり、馬から降りましょう。
    • 数週間、あるいは数か月かけて少しずつ乗馬時間を伸ばしていきましょう。馬がみなさんを乗せて歩くことに抵抗がなくなるまでは、決してスピードを上げてはいけません。
    • 速歩(はやあし)や駆歩(かけあし)ができるようになるまで、おそらく1年以上はかかるでしょう。焦ってはいけません。調教を急いでしまうと、馬は恐怖心を覚え、後々悪い癖を身に着けることになります。

ポイント

  • それぞれの口頭指示は一語にして、馬を混乱させないように、常に同じ言葉を使いましょう。
  • 馬の耳が後ろに下がっている時や、恐怖心のサインが出ている時は、常に声をかけて安心させましょう。
  • 馬にはそれぞれ個体差があり、一度に調教できる時間は異なります。馬が疲れている時は、そのサインを見落とさないように注意しましょう。
  • 必ず訓練の前後にウォームアップとクールダウンの時間を設けましょう。
  • 馬に新たな動作を教える時は、一つ前に学習した動作を確認し、それに関連した動作を教えましょう。
  • 新たな動作を学習している最中に馬が怖がる場合は、その動作を後回しにして、先に他の楽な動作を教えましょう。
  • 馬に乗る前には、馬の横で飛び跳ねてみて、これから背に乗っても大丈夫かどうかを確かめましょう。大丈夫なようであれば、鞍を軽く2、3度叩いて、これから背に乗ることを伝えましょう。
  • 初めて馬の調教をする場合、みなさん自身の力で調教することはほぼ不可能でしょう。振り落とされたり突き飛ばされたりする危険を避けるためにも、必ず調教師の助けを借りましょう。

注意事項

  • 馬は人間の感情や身振りに敏感な動物です。みなさんに緊張や不安があれば、それは馬にも伝わります。
  • 背伸びをして馬のしぐさをよく観察しましょう。耳を前に折り曲げたり、上体をそのままにして前脚を突き出している時は、馬を落ち着かせましょう。場合によっては、休息を与えたほうが良いでしょう。そのような馬のしぐさは、疲れてイライラしたり、パニックを起こしたり、混乱している証拠です。馬の調教には長い時間が必要です。無理強いは禁物です。
  • 馬は、生後2年間は本格的に調教することができません。幼いうちから調教を始めると、脊椎を傷める危険があります。

出典

  1. http://www.how-to-train-a-horse.org/
  2. http://animals.pawnation.com/right-way-halter-break-horse-2158.html
  3. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/horse-behavior/training-your-horse
  4. http://www.how-to-train-a-horse.org/
  5. http://animals.pawnation.com/right-way-halter-break-horse-2158.html
  6. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/horse-behavior/training-your-horse
  7. http://animals.pawnation.com/right-way-halter-break-horse-2158.html
  8. http://www.horsewhisperer.com/tips.htm
  9. https://www.aspca.org/pet-care/virtual-pet-behaviorist/horse-behavior/training-your-horse

続きを 表示する… (15)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む48人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ:

他言語版:

English: Break a Horse, Português: Domar um Cavalo, Italiano: Domare un Cavallo, Русский: объездить лошадь, Français: débourrer un jeune cheval, Deutsch: Ein Pferd zureiten, 中文: 驯服一匹马, Español: domar un caballo, Bahasa Indonesia: Menjinakkan Kuda, Nederlands: Een paard beleren, Čeština: Jak obsedat koně

このページは 5,750 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?