騒がしい隣人には、時折イライラさせられ、睡眠や日常業務が妨げられることがありますが、隣人本人は、自らの行為が周囲に迷惑をかけていることに気づいていない場合があります。このような問題には、通常、相手に敬意を払い、礼儀にかなった話し合いで解決を図るのが理想ですが、状況が改善されない場合は、強固な手段に出る必要があるかもしれません。問題解決に向けて毅然と立ち向かうあなたに、同様に悩む周囲の人たちは、感謝の意を表するでしょう。

方法 1 の 3:
直接の話し合いで解決を図る

  1. 1
    騒音で迷惑していることを隣人に直接伝える 隣人に問題を伝える際は冷静な態度を維持しましょう。静かな口調で話し、互いが納得できるような解決策を一緒に考えましょう。[1]
    • 冷静な態度で抱えている問題を伝えましょう。面識がない場合はまず、自己紹介をしましょう。「こんにちは、隣に住んでいる松本といいます。よろしくお願いします」などと名乗りましょう。
    • 相手を責めないように、敬意を示しながら騒音で悩んでいることを伝えましょう。「お気づきかどうか分かりませんが、この壁が非常に薄いからでしょうか、音が漏れてしまうようです。そのせいで、夜なかなか寝付けないことが多くて……」などと切り出しましょう。
  2. 2
    騒音によってどんな影響を受けているかを隣人に知らせる 勉強しなければならない、騒音が苦手な幼い子供や年配の親戚がいるなど、隣人に家庭の事情を説明しましょう。[2]
    • 大学生であれば、夜遅くまで勉強する必要があり、平穏で静かな環境が必要だと説明できるでしょう。「あなたの楽しい時間を台無しにするつもりはありません。ただ、夜の10時から明け方3時の間は、辺りが静かだと、私の勉強が物凄く捗るんです。その間だけでも音量を下げてもらえると非常に助かります」などと正直に説明しましょう。
    • 家族の誰かが困っていると説明する方法もあります。例えば「家には赤ちゃんがいるんです。もちろん思い切り遊ぶのは大好きなんですが、騒音のせいで、赤ちゃんを眠らせるのがとても難しい時があるんです。少しだけ音量を下げていただけると助かります。そうすれば、私も正気が保ててホッとできます」などと率直に、誠実に説明しましょう。
  3. 3
    闘争姿勢で問題を切り出さない 隣人を責めたり非難したりしてはいけません。もちろん脅迫するなどは、問題外です。闘争的な態度を示せば、相手も同じように敵対心を露わにするでしょう。目的は問題解決です。睨み合いの膠着状態は最も避けるべきです。
    • 「あなたは……」や「あなたが……する必要がある」などと、相手を攻め入るような言葉は使わずに、自分の気持ちに焦点を合わせて説明しましょう。[3] 話しに行くのは、騒がしいパーティーの最中は避け、その後が良いでしょう。問題解決を目的とした冷静な話し合いは、相手がボリュームを最大限に上げて楽しんでいるパーティーの最中に行うべきではありません。
    • 怒りや不満を持ったまま隣人に話しかけてはいけません。イライラし過ぎて、責任ある大人として理にかなった態度が取れず、生産的な話し合いができない場合は、まずは気持ちを落ち着け、冷静になってから話し合いに行きましょう。
  4. 4
    話し合いでは、互いが妥協案を考えることを提案する 例えば「特定の時間帯だけは静かにする」「ヘッドフォンを使う」などの妥協案が考えられるかもしれません。住んでいるマンションなどで騒音に関わる苦情の申し立て方法が定められている場合は、その規則に則って行いましょう。
    • 住んでいる集合住宅や住宅地で定められている規則を調べましょう。隣人に、周囲に配慮を持つべき時間帯があることに言及し、ルールを守ってもらうように頼みましょう。[4]
    • 双方の合意が得られそうにないと不安な場合は、問題解決の指針として地域が定める騒音規制法を参照しましょう。[5]
  5. 5
    手紙を書く 問題が解決しない場合は、隣人に手紙を書いてみましょう。型式ばった手段に思えるかもしれませんが、対立を避ける上で、明確で効率の良い方法かもしれません。
    • 時間をかけて手紙を書きましょう。口頭で直接相手に問題を切り出す時と同様に、丁寧で、事実だけに焦点を当てた文面を作成しましょう。困っている状況と、自分が求める解決策を綴りましょう。
    • 手紙のコピーを取り、問題解決のために自ら行動に出たという証拠を残しましょう。
  6. 6
    隣人とのやり取りを全て書き留める 話し合いの度に、その内容をすぐに書き留めましょう。思い出せる限りの事実と詳細を記しましょう。問題解決のために、自ら積極的に行動に出たことを示せます。
    • 改善が見られない場合や、正式な苦情申し立てを起こす必要があると判断した時に、事実、詳細を書き留めたメモは大いに役に立ちます。日付けや時刻も書き留め、話し合いの手段に使ったもの、例えば、テキストメッセージ、電子メール、手紙などのコピーも取っておくと非常に便利です。
    広告

方法 2 の 3:
行政機関を通じて騒音解決を図る

  1. 1
    調停人を立てる 隣人との間で騒音問題が解決できない場合は、第三者の助けを求めましょう。マンションの管理会社、地元自治体のメンバーなどに、話し合いに加わってもらうことで、当事者間の対立を防ぐことができます。[6]
    • 住んでいるマンションに、騒音に関する苦情申し立ての規則がない場合は、地主、大家さん、またはマンション管理会社に相談しましょう。
    • 管理会社や大家さんは、仲介人として、苦情申立人の名前を伏せて隣人に話をしてくれるはずです。改善が図られない場合に下される正式な処分も合わせて、伝えてくれるでしょう。[7]
  2. 2
    様々な対策を講じても解決できない場合は、地元行政機関に連絡する 警察に通報することもできます。その場合は、警察相談専用電話「9110番」に連絡しましょう。インターネットで、地元の警察署の総合相談窓口を調べても良いでしょう。[8]
    • 警察相談専用電話「9110番」を利用する際は、住んでいる正確な場所を伝えましょう。集合住宅の場合は、住所に加え、アパートまたはマンション名と部屋番号も伝えましょう。集合住宅の玄関がロックされている場合は、エントリーコードに関する情報を提供する必要があるかもしれません。[9]
    • 騒音トラブルを簡単に説明しましょう。何が起こっているのかを伝えましょう。「隣人が、地域の騒音規則に従わずに、騒々しくパーティーを開いていて迷惑を被っています。騒音苦情を申し立てようと思っています」などと説明しましょう。
    • 報復される危険を案じる場合は、身の安全を守るために匿名状態を要求することもできます。現場に派遣された警官から連絡を受けたくない旨を電話受け付け(オペレーター)に伝えましょう。警官は、あなたの名前を伏せたまま、騒音苦情について隣人に話をしてくれるため、あなたの身元が明かされることはありません。[10]
  3. 3
    騒々しい隣人とのトラブルに警察を巻き込む あなたと隣人、そして地主(大家さんまたは管理会社)の間でトラブルが解決できそうな場合、または、解決途中にある場合は、警察への連絡は控えましょう。自分たちだけで解決されない場合にのみ、警官に通報しましょう。[11]
    • 「110番」は緊急時のみに使われる通報番号です。非常事態以外に通報すべき番号ではありません。ただし、「今すぐ騒音を注意して欲しい!」といった場合、例えば、騒がしいパーティーが延々続いている、深夜ずっとバンドが演奏しているなどの場合は、「110番」に通報しましょう。[12]
    • 警官が到着しても尚、騒音が続いているだろうと確信が持てる場合にのみ、通報を検討しましょう。そうでない場合は「9110番」に通報するか、最寄りの交番などに連絡しましょう。[13]
  4. 4
    法的措置を取る 法的措置は最終手段です。様々な対策を講じても尚、解決の目処が立たない場合にのみ、法的措置を取りましょう。隣人のこれまでの問題行動を書き記したメモを関係書類として用意し、簡易裁判所に少額訴訟(民事訴訟における60万円以下の金銭の支払い請求を目的とする手続き)を起こしましょう。[14]
    • 金銭的損害賠償、または騒音を止めさせるための裁判所の命令(法律用語で言うところの「不法妨害の排除」)を求めて、法廷で隣人を訴えましょう。[15]
    • 騒音被害は、被害の程度が主観に関わるため訴えを起こすのが難しい場合があります。それでも簡易裁判所に訴えを起こす決意をしたなら、これまで書き留めたメモを利用しましょう。過度に耳障りな騒音によって、どれくらい頻繁に迷惑を被っているかを示しましょう。
    • 隣人には「何度か静かにして欲しい」と頼んだけれども、改善されなかったことを示しましょう。隣人との話し合いだけでは解決できず、警察を呼んだことも証拠として提示しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
騒がしい隣人を避ける

  1. 1
    アパートやマンションの最上階に住む 高額になりますが、騒がしい隣人を避けるには、最上階に住むのが最も効果的です。最上階は1階とは異なり、騒音の影響を受けません。アパートやマンションを探す時には、最上階を検討しましょう。[16]
  2. 2
    新しく住む場所の近所を調査する 騒音レベルを確かめるには、家やマンションを購入する前にその近所を調査するのが一番です。周囲に注意を払いましょう。
    • 近所にキャッチボールやボール蹴りができる場所や、スケートボードで遊べるスロープなど、子供たちが集まって大声を出す原因となるものがないかを確かめましょう。[17]
    • バス停、一時停止の標識のある交差点、ナイトクラブ、空き地、ホテル、社会復帰訓練所などがある通りは避けましょう。つまり、往来の激しい混雑した場所は避けるのが得策です。
  3. 3
    管理人に静かな住宅環境が自分に取って重要だと伝える アパートやマンションを探す場合は、静かな佇まいを重要視していることを、管理人に事前に伝えましょう。[18]
    • 個人的希望がどれくらい叶えられるかを考えましょう。管理人や大家さんが、自分の希望に叶う部屋を探してくれるかが重要です。その姿勢が見受けられれば、あなたが快適に住めることを最優先にしてくれるだろうと、予測がつきます。
    • 「これは、築年数が新しい物件です」などと専門的な言い回しで説明を受けたら、大学生が頻繁にパーティーを開く可能性があると覚悟しましょう。それがあなたにとって大きな問題であり、騒音レベルに関する限り妥協の範囲を超えていると考えるなら、住む場所を変えた方が賢明でしょう。
  4. 4
    騒音レベルを下げるための他の方法を考える 大きな音や騒々しい隣人を避けようと努力しても、騒音に悩まされる可能性はあります。工事や建設が行われたり、毎週土曜日の朝9時に芝刈りしなければならない、と隣人が主張する場合があります。[19]
    • いつ起こるか分からない騒音には、消音ヘッドホンやホワイトノイズ発生装置を入手して対処する方法もあります。
    • 騒音を吸収したり、騒音の影響を軽減するには、吸音版(低域音を吸収するのに特化した吸音材)や遮音材などを壁に取り付ける方法もあります。
    広告

ポイント

  • 夜10時を過ぎての騒音の場合は、法的措置を検討しましょう。
  • あなたと隣人の両者とも賃貸住宅に住んでいる場合は、家主または管理会社に両者の話し合いや苦情のコピーを取って送りましょう。特に営業時間外の騒音は、市が定める条例だけでなく、賃貸条件や集合住宅の規則、地元条例などに反する可能性があり、関心を引いてもらえる可能性が高まるでしょう。
  • 冷静、かつ、理に叶った行動を取りましょう。状況改善や対立回避に役立ちます。
  • 騒がしい人かどうかに関わらず、問題が起こる前に、まずは隣人と知り合いになりましょう。問題が起こった時、話し合いがスムーズに行くかもしれません。
  • 自分の判断で対策を講じましょう。隣人に丁寧に事情を説明することで上手く収まりそうなら、時折、隣人に騒音に気づかせるだけで十分かもしれません。しかし、脅迫されたり好戦的な態度を取られたら、然るべき機関に連絡した方が良いでしょう。
  • 周囲の人を味方につけましょう。おそらく、騒音に悩まされているのはあなただけではないはずです。正式な苦情を申し立てる段階に達したなら、他の関係者の支援を求めましょう。訴訟の際に有利になるでしょう。
  • 正義感を全面に出してはいけません。隣人が酒に酔った勢いで迷惑行為に及んでも、夜中の3時に話し合いに行くのは最善策とは言えません。問題解決どころか、悪化させる可能性があります。

広告

注意事項

  • 正式に苦情申し立てをする時は匿名状態を要求しましょう。理性的な人でも、行政機関などに尋問を受けた後で、報復を考える場合があります。
  • 報復したい行動に駆られる場合があるかもしれませんが、長期的に見ればあまり効果的ではありません。聞いている音楽の音量を上げたり、他人の財産を傷つけたりすれば、あなたも迷惑行為の当事者になります。
  • 騒音が家庭内暴力の影響によるものだと思われる場合、または誰かがトラブルに巻き込まれていると考えられる場合は、すぐに警察に連絡し、懸念事項を明確に説明しましょう。知らない振りをすることが、礼儀正しではありません。
広告

関連記事

How to

タバコを吸う

How to

生理を早める

How to

双子が生まれる確率を高くする

How to

家庭での陣痛促進

How to

子供にゲームをやめさせる

How to

好きになった人が既婚者かどうかを確かめる

How to

母乳を自然に止める

How to

彼氏がいることを両親に打ち明ける

How to

男の子を産む

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

居候している友人や親せきに出て行ってもらう

How to

母乳の分泌量を増やす

How to

お尻を叩いて叱る

How to

自閉症の子供を落ち着かせる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 家族
このページは 61 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告