骨なし皮なし鶏肉をオーブンで焼く方法

3 方法:基本の鶏胸、腿のオーブン焼き鶏胸、腿のパリパリ焼き鶏胸、腿の漬け込み焼き

骨なし皮なしの鶏肉は、普段の食事に使いやすい素材です。鶏肉は味付けの幅も広く、皮なしの鶏肉は脂肪もほとんどありません。ホワイトミートと言われる胸肉、ダークミートと言われる腿肉、どちらもオーブンで焼くと素晴らしい味わいがあります。こちらの記事で、骨なし皮なし鶏肉の3つの調理方法:基本のオーブン焼き、パリパリ焼き、漬け込み焼き、を紹介します。

材料

基本の鶏胸、腿のオーブン焼き

  • 骨なし皮なしの鶏胸肉、または腿肉
  • バーベキューソース
  • オリーブオイル
  • 塩、胡椒

鶏胸、腿のパリパリ焼き

  • 骨なし皮なしの鶏胸肉、または腿肉
  • パン粉
  • おろしたパルメザンチーズ(100%パルメザンの粉チーズ)
  • マヨネーズ
  • 牛乳
  • 塩、胡椒

鶏胸、腿の漬け込み焼き

  • 骨なし皮なしの鶏胸肉、または腿肉
  • 赤ワインビネガー、またはバルサミコ酢
  • タイム、オレガノ、ローズマリーなどの乾燥ハーブ
  • ディジョンマスタード
  • エシャロット、または玉ネギ(みじん切り)
  • 塩、胡椒
  • オリーブオイル

1
基本の鶏胸、腿のオーブン焼き

  1. 1
    オーブンを170度に予熱する 
  2. 2
    鶏肉を冷蔵庫から出す 購入して冷蔵庫に入れてから2日以内の新鮮な肉を使います。
    • 冷凍肉を使用する際は、電子レンジで、または冷水をはった容器に入れて解凍します。
  3. 3
    冷水で肉を洗う 洗うとパックの内部で繁殖した菌や臭みを取り除けます。
  4. 4
    鶏肉の水気を拭き取る 水気が残っているとオーブン焼きではなく、蒸し料理になってしまいます。
    • 水気を拭いたペーパータオルはすぐに捨てて、次の手順に進む前に石鹸とぬるま湯で手を洗います。生の鶏肉が触れたところは、下ごしらえが済んだら全て除菌する必要があります。
  5. 5
    鶏肉の表面に小さじ2杯のオリーブオイルをすり込む 皮のない鶏肉は脂肪が少なく、オーブンで焼くとパサパサになりやすいのでオイルをすり込みます。
    • オリーブオイルの代わりに、キャノーラ油、グレープシードオイル、または他の調理油を使用できます。
  6. 6
    鶏肉に塩、胡椒を振る 肉を裏返し、反対の面にも塩胡椒をします。軽く塩胡椒をするだけで、旨みがしっかりと加わります。
    • スパイスを効かせるには、クミン、チリパウダー、カイエンペッパー、またはこれら3つを混ぜ合わせて加えます。
    • 他の調味料をお好みで試してみてもいいでしょう。
  7. 7
    金属、またはガラスのオーブン用天板に油を塗る 鶏肉がこびり付かないように、天板の表面にオリーブオイル少量を塗ります。焼き網の付いたロースティングパンを使用して、鶏肉を網の上で焼くと、脂や肉汁を下に落としながら焼けます。
  8. 8
    肉をオーブンで焼く 鶏肉を天板に並べます。余熱が完了したオーブンの中段に入れます。
  9. 9
    タイマーを20~40分にセットする 鶏の胸、または腿を1,2枚だけ調理する場合は短時間ですみます。6枚以上になると時間がかかります。
  10. 10
    焼け具合を見る 肉用温度計を最も厚みのある部分に刺して温度を測るのが一番確実です。内部が70度になっていれば鶏肉の調理は完了です。
    • 肉用温度計がなければ、肉を少し持ち上げ、肉汁の赤味が消えて透明になったかどうか確認しましょう。
    • さらに確実なのは、一番厚い部分にナイフを入れ、肉が透明感のない白になっているか見る方法です。まだピンクがかっているようであれば、さらに火を通す必要があります。
  11. 11
    オーブンから天板を取り出す 鶏胸肉、または腿肉を皿に乗せます。5分ほどそのままにして水分を閉じ込めます。
    • 焼きあがってすぐに肉を切ると、ジューシーな味わいを保つ肉汁が皿に流れ出てしまいます。

2
鶏胸、腿のパリパリ焼き

  1. 1
    オーブンを200度に予熱する 天板にアルミニウムを敷いてオリーブオイルを塗ります。
  2. 2
    冷蔵庫から鶏肉を出す 冷凍肉を使用する際は、電子レンジで、または冷水をはった容器に入れて解凍します。
  3. 3
    鶏肉を洗い、水気を拭き取る 
  4. 4
    鶏肉を観音開きする 観音開きの要領で包丁を入れて、二枚の薄い平らな肉片にします。
    • 肉の厚みがまだ1.5センチ以上ある場合は、サランラップに挟み、肉たたき、または丈夫なマグカップの底などで叩いて薄く平らに伸ばします。
  5. 5
    ボウルにスプーン数杯のマヨネーズと牛乳を入れて混ぜる マヨネーズがヨーグルト程度の固さになるように牛乳を加えます。塩と胡椒を少々加えて混ぜます。
  6. 6
    別のボウルでパン粉とパルメザンチーズを混ぜる 
  7. 7
    鶏肉を一枚ずつマヨネーズと牛乳の混合液に浸し、粉チーズを混ぜたパン粉をまぶす 肉にパン粉の衣がまんべんなく付くようにします。天板に肉を並べます。
    • 肉同士が重なり合わないように注意しましょう。肉が重なり合うとパリパリに仕上がりません。
  8. 8
    35分焼く 肉に火が通り、衣が黄金色になれば完成です。

3
鶏胸、腿の漬け込み焼き

  1. 1
    調理前日に漬け汁を用意する 漬け込んでから焼くと風味豊かに、かつジューシーに仕上がります。
    • ジップロックに大さじ2杯のバルサミコ酢、または赤ワインビネガーを入れます。
    • 乾燥ハーブを小さじ2~3杯分加えます。ローズマリー、オレガノ、タイム、または乾燥ハーブミックスが使用できます。
    • ディジョンマスタードを大さじ2杯加えます。
    • 刻んだ玉ねぎ、またはエシャロットを1/4カップ加えます。玉ねぎがない場合は、オニオンパウダーやガーリックパウダー小さじ1杯でも代用できます。
    • オリーブオイル1/4カップを加えます。塩と胡椒を少々加えます。
  2. 2
    ジップロックの口を閉じてよく振る
  3. 3
    鶏胸、または腿4切れを洗い、水気を拭く ジップロックに用意した漬け汁に入れます。
  4. 4
    口を閉じる 一晩、または24時間冷蔵庫で寝かせます。
  5. 5
    調理の準備が整ったらオーブンを175度に予熱する   
  6. 6
    オイルをひいた(またはアルミホイルを敷いた)天板、もしくはオーブン皿をシンクの側におく 漬け込んだ肉をシンクの上で袋から出せば、垂れた汁で台所を汚さずにすみます。
    • 肉を袋から取り出す際には、数秒、漬け汁をしたたらせてから出します。玉ねぎのような大きな切れ端を取り除きます。
  7. 7
    肉と肉の間を空けて天板に並べ、約30分焼く オーブンの余熱が完了したら天板を入れます。

注意事項

  • 鶏肉を木製のまな板に置くことは避けましょう。鶏肉などの肉類は、専用のプラスティック製のまな板を使いましょう。野菜や果物用のまな板と分けることで二次感染を防ぎます。

必要なもの

  • 上に挙げた材料
  • 天板、またはロースティングパン
  • 肉用温度計
  • ジップロック
  • アルミホイル
  • サランラップ
  • 肉たたき
  • 台所除菌剤
  • オーブンミット

記事の情報

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Bake Boneless Skinless Chicken, Español: hornear pollo sin huesos ni piel, Português: Assar Frango sem Pele e Osso, Français: préparer des filets de poulet au four, Русский: запечь куриное филе, 中文: 烤无骨无皮鸡肉, Italiano: Cucinare al Forno il Pollo Disossato e senza Pelle, Deutsch: Hähnchen ohne Haut und Knochen backen, Bahasa Indonesia: Memanggang Ayam Tanpa Tulang Tanpa Kulit, Nederlands: Kipfilet bakken in de oven, Čeština: Jak upéct vykostěné kuře bez kůže, العربية: طهي الدجاج المخلي من العظم والجلد في الفرن, Tiếng Việt: Nướng thịt gà không da, không xương, ไทย: อบเนื้อไก่ไร้กระดูกและหนัง, 한국어: 뼈와 껍질을 제거한 닭요리 하는 법

このページは 92 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?