PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ココナッツオイルを髪につけると、髪の付け根が強くなり、フケが改善され、髪につやが出る等、優れた天然のヘアトリートメントになります。ただし、かなり油っぽくベタベタしているので、水とシャンプーだけでは落としにくいことがあります。髪から余分なココナッツオイルを落とすには、ドライシャンプー、コーンスターチ、ベビーパウダー等、パウダー状のものを頭につける方法を試してみましょう。また、卵液、レモン果汁、重曹を使って、洗い流さないトリートメントを作ることもできます。こうしたものを髪につけてから洗い流せば、ココナッツオイルも一緒に除去でき、髪を美しく瑞々しくすることができます。

方法 1 の 2:
天然素材の溶液を使って洗い落とす

  1. 1
    レモン果汁に含まれるクエン酸でオイルを除去する 生のレモンを2個用意し、ボウルに果汁を絞り出したら240mlの水を加えます。この混合液を頭皮と髪にかけ、2、3分待ってからお湯で洗い流します。これで、余分なココナッツオイルも一緒に落とせるはずです。[1]
    • この混合液にはちみつを大さじ2、3杯加えると、髪をしなやかにすることができます。[2]
  2. 2
    普段使用するシャンプーにアロエベラのジェルを小さじ1杯加える それを髪、頭皮に行き渡らせながら泡立て、10~15分放置してから洗い流しましょう。シャンプーとアロエの混合液がココナッツオイルを髪から洗い落としてくれるはずです。[3]
  3. 3
    卵液を使ってオイルを除去し、髪に良質なたんぱく質を与える 卵を2、3個ボウルに割り入れて溶きます。そこへ約1リットルの水を加えてかき混ぜ、卵液を作りましょう。この卵液を乾いた髪にかけて擦り込んだら、そのまま5~10分放置した後、水で洗い流しましょう。そうすれば、ココナッツオイルも同時に落とすことができるでしょう。[4]
    • 卵液はお湯やぬるま湯で洗い流さないようにします。髪についた卵が熱で凝固してしまいます。そうならないように、必ず冷たい水を使うようにしましょう。[5]
  4. 4
    重曹ペーストを作って頭皮に塗る 大さじ1~2杯の重曹を適量の水と混ぜて、硬めのペーストを作ります。髪が乾いている時に、このペーストを髪の根本と頭皮に塗りましょう。頭頂部のように最もベタついている部分に集中的につけます。ベタつく部分をペーストで覆ったら、お湯で洗い流します。重曹ペーストによって、ココナッツオイルを簡単に髪から落とすことができるでしょう。[6]
    • 重曹ペーストは頭皮だけに集中して塗るようにし、髪には塗らないようにします。
    • 重曹はココナッツオイルと結合しますが、髪の毛に固着することはありません。
    広告

方法 2 の 2:
洗い流さないパウダーを使う

  1. 1
    ドライシャンプーや、その他の粉でココナッツオイルを吸収する スプレータイプでもパウダータイプでも、ドライシャンプーは髪をリフレッシュするだけでなく、余分なココナッツオイルを除去するにも最適です。
    • 天然素材を好むなら、コーンスターチ、重曹、葛粉、ベビーパウダー等も使用できます。[7]
    • タルクを含む製品の使用は避けましょう。深刻な健康問題につながる恐れがあります。[8]
  2. 2
    パウダータイプのドライシャンプーを髪の根本につける 髪が完全に乾いている時に、頭頂部付近にパウダーを振りかけます。少量から初めて、必要に応じて、最大小さじ1杯まで量を増やすことができます。ココナッツオイルは髪の根本に多く残留しているはずなので、そこに集中的にパウダーをつけるようにします。
    • ドライシャンプーはつけすぎると頭皮を乾燥させるので、小さじ1杯以内の量に留めましょう。
  3. 3
    パウダーがココナッツオイルを吸収するまで髪をクシでとく パウダーが髪に溶け込んで、望み通りの艶が出てくるまで髪をクシでとき続けましょう。髪色が濃い人は、パウダーによって髪に白いものが残ったり白っぽく見えたりするかもしれません。
    • 髪から白い残留物を取り除くには、液体シャンプーで髪を泡立てて洗った後、洗い流すと良いでしょう。
    広告

ポイント

  • 髪からオイルを除去する成分の配合されたクレンジングシャンプーを使うのも良いでしょう。
  • 髪をゆすぐときは、ぬるま湯かそれよりも熱いお湯を使うようにします(卵液を使用する場合を除く)。冷たい水を使うと、ココナッツオイルが硬化して髪に固着してしまうので、除去するのが更に難しくなってしまいます。[9]
  • ココナッツオイルは少量でも効果があります。髪につける際は、少量から初めて、必要に応じて量を増やすようにすれば、洗い落とすのも楽になります。
広告

必要なもの

  • レモン2個
  • 卵2、3個
  • 重曹
  • ドライシャンプー
  • コーンスターチ、ベビーパウダー、重曹、葛粉

関連記事

爪が割れたときの対処
手についたヘアカラーを落とす
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
髪に付いたガムを取る
自分で枝毛を取り除く
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ネイルグルーを落とす
肌に付着したヘアカラー剤を落とす
(男性向け)自分で髪を切る(男性向け)自分で髪を切る
ブリーチなしで髪を明るくするブリーチなしで髪を明るくする
広告

このwikiHow記事について

Martin Nepton
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Martin Nepton. マーティン・ネプトンはカリフォルニア州ロサンゼルスにあるサロン「Bang Bang LA」に勤務するヘアスタイリスト及びカラリストです。ヘアスタイルを通してクライアントがクィア(性的マイノリティ)のアイデンティティを表現する手助けを専門としており、経験は11年以上。性別ではなく髪の長さを基準とした施術料金でヘアカット、カラーリング、スタイリングサービスを提供。ケベック大学モントリオール校にて学士号を取得。カリフォルニア州交付のヘアスタイリスト資格を保有。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 684 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告