PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

元々乾燥しやすい髪質であったり、シャンプーのしすぎで髪に適度な皮脂が行き渡らなくなってしまったら、髪にオイルを塗ってみるとよい場合があります。髪や頭皮の健康を維持するには、オイルを塗って保湿することが鍵となるかもしれません。[1] また、オイルを塗ることで、髪を強く、柔らかく、艶やかにすることができます。ただし、頭皮の活動が活発すぎて、過剰に頭皮が分泌されている場合は、オイルを塗らないようにしましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
使用するオイルを選ぶ

  1. 1
    何種類のオイルを使用するか決める オイルを1種類だけを使用しても、2、3種類使用しても構いません。何種類のオイルを使うかは、ヘアトリートメントにどれだけの予算と労力をかけるのかによります。
    • 髪に塗るオイルには、大きく分けてキャリアオイルとエッセンシャルオイルの2種類があります。
    • キャリアオイルは、濃縮されたエッセンシャルオイルを希釈するためのベースオイルとしても利用されます。
    • 多くの人が、キャリアオイルのみを髪に塗っています。使いたくなければ、必ずしもエッセンシャルオイルを使用する必要はありません。
    • エッセンシャルオイルは、成分が非常に濃縮されたオイルです。キャリアオイルで希釈してから、頭皮と毛根にのみ塗布しましょう。
  2. 2
    キャリアオイル(ベースオイル)を選ぶ エッセンシャルオイルをキャリアオイルで希釈してもしなくても、キャリアオイルは必要です。キャリアオイルの種類はたくさんあり、それぞれ異なる長所と短所があります。
    • アーモンドオイル[2] :アーモンドオイルは、ビタミンEと体によい脂肪を含んでおり、髪にすばらしい効果をもたらします。
    • アルガンオイル [3] : アルガンオイルは、モロッコ原産のオイルであり、抗酸化物質を豊富に含みます。利用者の声によると、アルガンオイルは、髪にも肌にも劇的な改善効果をもたらすと言われていますが、値段が高価です。お店やネットショップなどで見かける安いアルガンオイルは、純粋なものではない可能性があり、購入する価値がないかもしれません。
    • アボガドオイル[4] : アボガドヘアパック(引用元4を参照 ※英文)は、特にアフリカ系アメリカ人の間で、地毛の手入れに愛用されています。アボガドには優れた保湿力があり、値段も高くないため人気があります。
    • キャスターオイル(ひまし油)[5] : キャスターオイルには、髪の成長を促進する、抜け毛を減らす、頭皮の乾燥を改善する、枝毛を予防する、髪を艶やかにするなどの効果があると考えられています。しかし、ドロリとしていて、粘着質であるため、そのまま使用することはあまり好まれません。使用する場合は、グレープシードオイルなどのさらりとしたオイルで薄めて使うようにしましょう。
    • ココナッツオイル[6] :ココナッツオイルには、髪や頭皮を保湿する効果だけではなく、タンパク質を豊富に含むという特徴があります。髪の主成分はタンパク質であるため、ココナッツオイルは傷んだ髪の補修にも役立ちます。一方、ココナッツオイルの欠点は、温度を上げなければ固体のままであるということです。そのため、髪に塗る前にわざわざ温めなければならない手間を嫌う人もいます。
    • エクストラバージンオリーブオイル[7] :エクストラバージンオリーブオイルには、抜け毛を予防する、頭皮の乾燥を改善する、髪の保湿力や艶を高めるなどの効果があると考えられています。また、抗菌作用や抗カビ作用もあるため、フケ症などの頭皮の問題を予防します。
    • グレープシードオイル [8] :グレープシードオイルは軽いオイルです。そのため、髪の乾燥やパサつきがそれほどひどくない人には、最も使いやすいオイルかもしれません。おおむね健康な髪の人は、頭皮や髪の状態を整える保湿剤として、このオイルを利用しましょう。
  3. 3
    エッセンシャルオイルを選ぶ
    • ローズマリーオイル[9] :ローズマリーオイルには様々な用途がありますが、血流を改善することで知られています。ローズマリーオイルを頭皮に塗ることで、毛包や毛根の状態を改善します。また、ローズマリーは、抜け毛の予防と治療に効果的である可能性があり、育毛剤の原料として頻繁に利用されることで知られています。ローズマリーオイルを頭皮に塗布すると、ヒリヒリすることがありますが、問題はありません。ローズマリーオイルは、実際に髪への保湿効果が認められている数種類の天然オイルのうちのひとつです。
    • グレープフルーツエッセンシャルオイル [10] :香り豊かなエッセンシャルオイルで、発毛促進と髪のべたつきの抑制に効果があります。
    • ローズエッセンシャルオイル[11] :ローズエッセンシャルオイルには、毛根を強くし、抜け毛を予防する効果があります。それに加えて、とてもよい香りがします。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
キャリアオイルを1種類のみ使う

  1. 1
    髪を整える 髪にオイルを塗る際の唯一の決まり事は、絡まった髪のせいで塗りムラにならないようにするために、髪をとかしてから塗ることです。オイルを塗布する前に髪を洗うべきか、べたついた状態の髪に塗るべきかについては、議論が分かれています。髪が少し汚れていてべたついている状態(最後にシャンプーをしてから2~3日後)の方がオイルがよく馴染むという人もいれば、シャンプーした後の皮脂が落ちてきれいな状態の髪に塗るのが最も効果的だと主張する人もいます。両方の方法を試してみて、自分に合う方を選びましょう。
  2. 2
    飛散したオイルで周辺が汚れるのを防ぐ 特に、初めて髪にオイルを塗る場合は、オイルを撒き散らして、周りを汚してしまう可能性があります。
    • 使い古したタオルやペーパータオルで、オイルの塗布を行う場所の周辺を覆います。テーブルの上や床も忘れずに覆いましょう。
    • 滴り落ちるオイルを拭き取るために、雑巾を準備しておきましょう。
    • 髪にオイルを塗った後にそのまま就寝する場合は、枕をビニールなどで覆ってオイルが染みるのを防ぎましょう。
  3. 3
    毛根と頭皮にオイルを塗る 手のひらに小さじ1杯のオイルを取ります。両手を擦り合わせてオイルを伸ばします。オイルは主に指先を使って塗るため、指先に付くように伸ばしましょう。
    • 指先を使って、オイルを頭皮に擦り込みます。
    • 頭皮をマッサージして、オイルの浸透と頭皮の血行を促進します。また、頭皮をマッサージすると気持ちがよくなります。
    • 後頭部、うなじ、耳の後ろも含めて、頭皮全体にオイルが行き渡るように塗りましょう。
  4. 4
    髪を半分に分ける 髪を頭の中心で半分に分けて、一方の髪を左の肩越し、もう一方を右の肩越しに前に垂らします。こうすることで、髪にキャリアオイルを塗布しやすくなります。
    • 一方の髪にオイルを塗っている際に、邪魔にならないように反対側の髪を縛っておくとよいかもしれません。
  5. 5
    髪全体にオイルを行き渡らせる 髪が長い場合は、手に大量のオイルを取りたくなるかもしれませんが、そうしてしまうと、結局オイルが髪から滴り落ちて周辺を汚してしまいます。髪の量や長さにかかわらず、手のひらに取るオイルの量は1度につき小さじ1杯にして、必要であればまた同じ量だけ取るようにしましょう。
    • 両手を使って、オイルを髪全体に馴染ませます。
    • 後頭部の髪にもオイルを塗ることを忘れないようにしましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
エッセンシャルオイルをキャリアオイルと混ぜて使う

  1. 1
    髪と周囲を整える キャリアオイルのみを塗布するのと同様に、乾いた髪をとかして絡まりを取ります。髪の状態は、洗い立てでも、シャンプーをしてから2、3日経っていても、どちらでもよいでしょう。使い古したタオルやペーパータオルを周囲に敷いて、飛散したオイルで汚れるのを防ぎましょう。
  2. 2
    キャリアオイルとエッセンシャルオイルを混ぜる エッセンシャルオイルは、頭皮全体に行き渡るだけの量を直接塗るには、強すぎます。キャリアオイルで希釈したものであっても、頭皮にチクチク感やヒリヒリ感などの違和感が生じるかもしれません。しかし、これはエッセンシャルオイルがしっかりと効いている証拠であるため、心配する必要はありません。
    • 任意のキャリアオイル小さじ1杯を手のひらに取ります。
    • 手のひらにとったキャリアオイルに、好みのエッセンシャルオイルを2、3滴垂らします。
    • 両手を擦り合わせてオイルを混ぜ、手のひらと指先に伸ばします。
  3. 3
    混ぜたオイルを毛根と頭皮に擦り込む エッセンシャルオイルは、髪や毛先に塗っても効果がありません。頭皮、毛根、毛包に塗らなければなりません。
    • 指先を使って、頭皮をマッサージをしながらエッセンシャルオイルを浸透させましょう。
    • 頭のてっぺんに塗るだけでなく、頭皮全体にオイルが行き渡るようにしましょう。
  4. 4
    再度髪をとかして半分に分ける クシと髪が絡まないように、目の粗いクシを使って髪をとかします。こうすることで、指先だけではオイルが届かなかった部分にも、髪を伝ってオイルが行き渡ります。手で髪を頭の中心で分けましょう。髪を分けることで、一気にまとめて塗るよりもオイルが塗りやすくなります。
  5. 5
    キャリアオイルを髪全体に塗る 手のひらに小さじ1杯のキャリアオイルを取ります。両手を擦り合わせてオイルを手のひらと指先へと伸ばします。
    • キャスターオイルを使う場合は、キャスターオイル小さじ1/2杯に、それよりも薄くて軽いオイル(グレープシードオイルなど)1/2杯を混ぜて使いましょう。キャスターオイルだけでは濃いため、髪がべとついてしまいます。
    • 指先と手のひらを使って、オイルを髪全体に馴染ませます。
    • 混合オイル(エッセンシャルオイル+キャリアオイル)を塗り終えた頭皮に近い部分から塗り始めましょう。
    • 両手を使って、毛先までオイルを行き渡らせましょう。
    • まずは、分けた一方の髪全体にオイルを塗ります。後頭部の髪にも忘れずにオイルを塗りましょう。
    • 一方が終了したら、もう一方の髪にも同様に塗りましょう。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
目的に応じて髪にオイルを塗る

  1. 1
    毎日の髪の手入れとして、軽くオイルを塗る 髪の乾燥がひどい場合は、毎日オイルを塗る必要があるかもしれません。例えば、多くのアフリカ系アメリカ人は、地毛の手入れには、毎日オイルを塗布することが効果的であると考えています。オイルは髪の保湿力と艶を高めます。
    • 頭皮には、毎日オイルを塗らないようにしましょう。頭皮自体が皮脂を分泌するため、通常、頭皮付近髪はとても健康な状態です。頭皮に毎日オイルを塗ると、油分が過剰になり、髪の根本がベタつくようになってしまい、効果よりも悪影響が出るかもしれません。
    • 毛先にもオイルが行き渡るように注意しながら、髪全体にオイルを薄く伸ばします。頭皮から分泌される皮脂も毛穴から毛先へと行き渡ります。しかし、髪が長い場合は、皮脂が毛先に行き渡るまでの距離が長いため、毛先は乾燥して傷みやすくなってしまうことがよくあります。縮毛の場合も、縮毛によってオイルが毛先まで行き渡りづらくなるため、毛先が乾燥しやすくなります。
    • ギトギトでぺたんこの髪で出かける羽目にならないように、毎日オイルを塗る場合は、塗りすぎに注意しましょう。髪全体がべたべたになるほどのオイルは必要はありません。
  2. 2
    流さないトリートメントとしてオイルを髪にスプレーする 髪の広い範囲にオイルを散布できる小さなスプレーボトルを購入しましょう。スプレーボトルを利用すれば、指先で分厚く塗ってしまう代わりに、細かい霧状にして吹きつけることができます。スプレーのノズルが詰まらないように、水でオイルを薄めましょう。
    • 毎日シャワーを浴びた直後に、髪がまだ湿っている状態で、オイルと水の混合液をさっと髪にスプレーしましょう。
    • 髪をとかして絡まりを取り、オイルが毛先まで行き渡るようにします。
    • 髪を乾かして、1日を始めましょう。
  3. 3
    流さないコンディショナーとして髪にオイルを塗る[12]  1週間か2週間に1度は、オイルを使って、以下のように、ディープコンディショニング・マスクトリートメントをする必要があります。
    • 髪にオイルをたっぷりと塗ります。毎日の髪の手入れでは、オイルを軽く塗るだけですが、洗い流さないコンディショナーとして使用する場合は、たっぷりと塗らなければなりません。
    • 髪を団子状にまとめて、オイルが服の肩口や背部に付着することを防ぎます。
    • 必要に応じて、シャワーキャップで髪を覆ってもよいでしょう。シャワーキャップは、特に、枕を覆うビニールのカバーがない場合に役立ちます。
    • シャワーキャップをかぶらない場合は、ビニールや2重にした古いタオルで枕を覆って、オイルが染み込まないようにしましょう。
    • 塗ったオイルは、最低8時間もしくは翌日シャワーを浴びるまで、放置します。
  4. 4
    パサつきがひどい髪には、濡れている状態でオイルを塗る 乾燥して傷みやすくなっている髪には、濡れた状態でオイルを塗るのが最も効果的だと言われています。2週間に1度、普段使っているコンディショナーの代わりに、シャンプーを洗い流した直後の髪にキャリアオイルを塗ります。シャンプーは、頭皮から分泌される皮脂を髪から取り去り、髪を乾燥させてしまいます。そのため、シャンプー直後は、保湿力を高めるにはよいタイミングです。
    • シャワーを浴び始めたらすぐにシャンプーをして、オイルを塗りましょう。それから体を洗うなど、通常通りにシャワーを浴びます。そうしている間に、オイルを髪に浸透させます。
    • オイルを塗ったら、5~10分間放置しましょう。
    • シャワーキャップをかぶると、放置すべき時間が経過する前に、髪が濡れてオイルが流れ落ちてしまうことを防げます。
    • オイルを髪から洗い流す際は、浴室の床が滑りやすくなるかもしれません。シャワー中にオイルを塗布するときは、足元に注意しましょう。
    広告

ポイント

  • オイルで頭皮をマッサージすると、発毛を促進できます。
  • オイルが顔につくと吹き出物の原因となるかもしれません。オイルが顔につかないように注意しましょう。
広告

関連記事

タトゥーシールをはがす
靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
ワンピースのウエストを詰める
眼鏡のレンズについた傷を消す
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
革に付いた油染みを落とす
自家製シュガーワックスを作る
声を変える声を変える
皮膚に付いた食品着色料を落とす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
縮んだ服を伸ばす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
おへそのお手入れおへそのお手入れ
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は4,938回アクセスされました。
このページは 4,938 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告