定期的にシャンプーをすると、髪に付いたほこりや汚れだけでなく、髪に潤いを与える天然の油分まで取り除いてしまいます。その上、ドライヤーやスタイリング剤の使用は髪の乾燥、縮れ、ダメージの原因になります。しかし、この問題はコンディショナーを使えば簡単に解決できます。一般的に、コンディショナーは3つの種類に分かれます。通常のコンディショナー、洗い流さないコンディショナー、そして補修効果の高いコンディショナー(トリートメント)の3種類です。いずれのコンディショナーも、髪を柔らかく整えるという点では同様です。

方法 1 の 3:
通常のコンディショナーを使う

  1. 1
    自分の髪質に適したコンディショナーを使いましょう。昔からあるタイプのコンディショナーは、シャワーでシャンプーを洗い流した後に必ず使います。この種類のコンディショナーは、ドライヤーやスタイリング剤による髪の損傷や、日常的に生じる髪の損傷を補修します。商品説明を読み、自分の髪の悩みに適したコンディショナーを選びましょう。カールした縮れ髪、パサついて傷んだ髪、ハリがない細い髪など、悩み別に専用のコンディショナーがあります。
  2. 2
    髪を洗いましょう。浴室で普段通りに髪を洗います。後でコンディショナーを付けるので、お気に入りのシャンプーを使って頭皮と髪をしっかりと洗っておきましょう。シャンプーの際は、頭皮を中心に洗います。濡れた髪を引っ張ると、毛先が傷み、切れ毛が増えるので気をつけましょう。
  3. 3
    シャンプーを洗い流しましょう。冷たく感じるかもしれませんが、シャンプーを洗い流す時には水温をできるだけ下げましょう。冷水は温水より髪への悪影響が少なく、毛幹を引き締めて切れ毛を防ぎやすくします。冷たい水でシャンプーを完全に洗い流しましょう。指で梳かす場合は、髪を引っ張らないように注意します。髪がきしむような感じがしたら、シャンプーを完全に洗い流し終わったと判断して良いでしょう。
  4. 4
    髪を絞りましょう。髪がびしょ濡れの状態では、どんなコンディショナーを付けても、効果を発揮する前に流れ落ちてしまいます。髪が短ければすぐに水気を取れるでしょうが、髪が長い場合は少し時間をかけてできる限り水気を取りましょう。
  5. 5
    コンディショナーを付けましょう。少量のコンディショナーを手のひらに取ります。必要な量は髪の長さによって異なりますが、ミディアムヘアかショートヘアであれば、1円玉より少し小さいくらいの量を取ります。ロングヘアの場合は、手のひら全体に広がるくらいの量が必要かもしれません。手のひらに取ったコンディショナーを毛先に付けましょう。毛先全体に行き渡るように気をつけます。コンディショナーを付けるのは毛先だけで十分です。毛先は特に傷んでいる(生えてから最も時間が経っている)部分だからです。頭皮や髪の根元の付近にコンディショナーをつけると、毛穴が詰まり、髪の成長が遅れたり皮脂の分泌量が増えたりします。
  6. 6
    コンディショナーがなじむまで待ちましょう。このステップは必要に応じて省略可能です。長く待てば待つほどコンディショナーがなじみ、髪の健康状態が良くなります。急いでいる時には、コンディショナーを付けた後にほとんど待たないで洗い流すこともできます。ただし、その場合は通常ほど柔らかく輝きのある髪にはなりません。コンディショナーを付けたら、なじませる間に身体や顔を洗いましょう。なじんでから(通常は1〜2分後)コンディショナーを洗い流せば、最大限の効果が得られます。
  7. 7
    コンディショナーを洗い流しましょう。シャンプーの時の水温が冷たすぎて、その後温度を上げた場合は、再びできるだけ冷たくしましょう。先ほど述べた通り、水は冷たい方が髪の健康に良いのです。数分間かけてコンディショナーを洗い流しましょう。まだ髪にぬめりを感じるならば、完全に洗い流せていない証拠です。髪が滑らかになり、極端につるつるしていなければ、完全に洗い流せています。髪の水気を絞り取ったら終了です。
    広告

方法 2 の 3:
洗い流さないコンディショナーを使う

  1. 1
    自分の髪質に適した洗い流さないコンディショナーを使いましょう。通常のコンディショナーと同様に、洗い流さないコンディショナーにも悩み別に様々な種類があります。一般的に、洗い流さないコンディショナーにはクリームタイプとスプレータイプの2種類があります。クリームタイプはやや重みがあるので、硬い髪や長い髪、カールした髪に最適です。スプレータイプはクリームよりも軽いので、細い髪や直毛に適しています。
  2. 2
    シャンプーをしてからコンディショナーを付けましょう。通常の方法で髪を洗い、コンディショナーを付けましょう。洗い流さないタイプのコンディショナーは、水で洗い流す必要はありませんが、濡れた髪に付ける必要があります。上記の手順に従って髪を洗い、コンディショナーを付けて洗い流したら、タオルで髪の余分な水気を拭き取ります。
  3. 3
    洗い流さないコンディショナーを手のひらに少量取りましょう。多くの商品説明では、通常の髪の太さでミディアムヘアの場合は豆粒大を使うように勧めていますが、適量は人によって異なります。後から量を増やすのは簡単ですから、最初は少なめに出しましょう。
  4. 4
    コンディショナーを髪になじませます。両手を擦り合わせて手のひらにコンディショナーを少し広げてから、髪の毛先に付けます。通常のコンディショナーと同様に、頭皮や髪の根元を避けて付けましょう。特に傷んでいる(生えてから一番時間が経っている)部分にだけ付ければ十分です。通常は、髪の下半分がその部分に当たります。
  5. 5
    髪を梳かしましょう。洗い流さないコンディショナーを使った後は、目の粗い櫛を使って梳かします。こうすると、コンディショナーが髪全体に行き渡り、たくさん付いた部分だけがべたついて残りの部分が乾燥したままになることはありません。[1]
    広告

方法 3 の 3:
補修効果の高いコンディショナーを使う

  1. 1
    補修効果の高いコンディショナーを選びましょう。補修効果の高いコンディショナーは、いずれも慢性的にパサついた髪や傷んだ髪を補修することが目的です。従って、メーカーが異なるだけで、種類は多くありません。自分の髪質と予算に合ったものを見つけましょう。
  2. 2
    髪を濡らしましょう。温水か冷水(冷水が理想的です)で髪を洗い流しましょう。最初にシャンプーをしても構いませんが、髪全体を濡らすだけで十分です。髪を濡らしたら、絞って余分な水気をできる限り取り除きましょう。
  3. 3
    補修効果の高いコンディショナーを付けましょう。容器に入ったコンディショナーを手のひらに少し取り、髪全体に厚く塗ります。毛先に重点的に付けますが、根元まで付けても構いません。髪をいくつかの束に分けて、髪全体に塗るようにしましょう。
  4. 4
    コンディショナーがなじむまで待ちましょう。髪が洋服や顔にかからないように、シャワーキャップをかぶります。商品説明に従い、コンディショナーが髪を補修する間待ちます。通常は、コンディショナーが効果を発揮するまでに20〜30分ほどかかります。さらに効果を高めたい場合は、コンディショナーをなじませる間に、温風にセットしたドライヤーで髪を温めましょう。
  5. 5
    コンディショナーを洗い流しましょう。シャワーキャップを外し、シャワーの水温をできる限り下げます。3〜5分かけて、コンディショナーが髪に残らないように気をつけながら洗い流します。髪にぬめりを感じなくなったら、コンディショナーを完全に洗い流せたと判断して良いでしょう。コンディショナーを完全に洗い流したら、髪を乾かし、好きなようにスタイリングをしましょう。[2]
    広告

ポイント

  • ドライヤーやスタイリング剤を常用しないようにしましょう。髪が傷み、コンディショナーを使う回数を増やさなければならなくなります。
  • 少なくとも週に1回はコンディショナーを使いましょう。その際、コンディショナーを頭皮に付けすぎないように気を付けましょう。オイリーヘアの場合には特に注意が必要です。
  • 濡れた状態で髪を梳かさないようにしましょう。切れ毛やダメージの原因になります。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

速くヒゲを生やす

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む20人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は6,926回アクセスされました。
このページは 6,926 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告