何年も髪を黒く染めている場合でも1度だけ試してみた場合でも、髪の色を変えたくなる時がくるかもしれません。黒いヘアカラーは最も落ちにくい色の1つですが、心配はいりません。焦らずに時間をかければ、髪に大きなダメージを与えずに少しずつ色を落とすことができるでしょう。ここでは、髪の乾燥とダメージを抑えるために髪の補修とトリートメントを行いながら、自宅で黒いヘアカラーを落とす方法を紹介します。

1
クラリファイングシャンプーで髪を洗う

  1. クラリファイングシャンプーでヘアカラーを少し落としましょう。ボトルに「クラリファイング」と書いてあるシャンプーをドラッグストアやネットショップなどで購入します。シャンプーを髪につけてこすり、普段通りに洗って温水ですすぎましょう。クラリファイングシャンプーでヘアカラーが完全に落ちるわけではありませんが、色が少し薄くなるでしょう。
    • 熱めのお湯を使うと毛包が開き、ヘアカラーが落ちやすくなります。
    • 別の方法でヘアカラーを落とす場合でも、初めにクラリファイングシャンプーで髪を洗うと良いでしょう。クラリファイングシャンプーは髪にとてもやさしく、表面のヘアカラーを落とすことができます。
    • 好きな頻度でクラリファイングシャンプーを使うことができますが、髪が乾燥しやすいので洗髪の間隔を空けましょう。
    広告

2
黒いヘアカラーで染めた直後は食器用洗剤を使う

  1. 油落としに効果的な食器用洗剤は、ヘアカラーを落とすためにも使えます。この方法は染めたばかりの髪に効果的なので、黒く染めた直後に試しましょう。シャワーで髪を濡らして、髪全体に食器用洗剤をこすりつけます。温水ですすぎ、余分なヘアカラーを落としましょう。[1]
    • これは、まだ髪に浸透していないヘアカラーを落とす方法なので、1度しか効果がありません。
    • 食器用洗剤で洗うと髪がある程度乾燥するので、洗った後はコンディショナーを使いましょう。

3
カラーリムーバーを使う

  1. カラーリムーバーはキューティクルを開き、ヘアカラーの分子を分解します。ネットショップなどでカラーリムーバーを購入し、使用方法に従って使いましょう。 自宅で行うその他の方法と同様に、カラーリームーバーで黒いヘアカラーを完全に取り除くことはできませんが、髪を傷めずに大部分のヘアカラーを落とせるでしょう。カラーリムーバーを使うと髪が少し乾燥する可能性があるので、ダメージを避けるために使うのは1度きりにしましょう。
    • カラーリムーバーはヘアカラーの分子にだけ作用するので、髪が傷んだり髪の自然な色が抜けたりすることはありません。
    • 一般的に、カラーリムーバーは、染めてからあまり時間が経っていないほうが効果的に作用します。
    広告

4
重曹ペーストを使う

  1. 重曹には研磨作用があるので、ヘアカラーの分子をこすり落とすのに役立ちます。この方法は、セミパーマネントヘアカラーやデミパーマネントヘアカラーに適しており、染めてからあまり時間が経っていない場合に最も効果的です。フケ対策シャンプーやクラリファイングシャンプーと重曹を1対1の割合で混ぜましょう。これを乾いた髪に塗り、20分おいてからすすぎます。[2]
    • フケ対策シャンプーがなければ、食器用洗剤を使ってもかまいません。
    • 黒いヘアカラーを早く落とすために、この方法を1日1回ずつ3日続けて行いましょう。
    • 髪が少し乾燥する可能性があるので、すすいだ後はディープコンディショナーを使いましょう。

5
シャンプーにビタミンCの粉末を混ぜる

  1. 酸性化合物のビタミンCでヘアカラーの分子を溶かす方法です。薬局などでビタミンCの錠剤を購入し、5~10粒を粉砕しましょう。小さいボウルにクラリファイングシャンプーと粉砕したビタミンCを入れて混ぜ、湿らせた髪の根元から毛先に塗ります。30~60分おいてからすすぎましょう。[3]
    • 髪をすすいでもビタミンCペーストが残ってしまう場合は、普通のシャンプーで洗髪しましょう。
    • この方法も数回繰り返さないと、髪の色に劇的な変化は見られないかもしれません。
    広告

6
ヘアサロンで黒いヘアカラーを落としてもらう

  1. 髪のダメージを避けるために、専門家に任せましょう。黒いヘアカラーは非常に落ちにくいので、完全に落とすためには髪に負担をかけない方法で脱染とブリーチを繰り返す必要があるかもしれません。 ヘアサロンの予約を取り、スタイリストが必要な手順を決められるように髪の状態を伝えましょう。
    • 髪を黒く染めていた期間によっては、ヘアカラーを完全に落として髪の色を明るくするまでに最長で1年かかるかもしれません。[4]

7
ヘアーカラーを少しずつ落とす

  1. 1晩でヘアカラーが落ちるとは考えずに、ゆっくり落としていきましょう。ヘアカラーを落とす方法を試したりヘアサロンでヘアカラーを落としてもらう際は、少しずつ色を落とすほうが髪に負担がかからないということを考慮しましょう。時間が経てば黒いヘアカラーが少しずつ落ちて、髪が自然な色(明るくしたければさらに明るい色)に戻ります。[5]
    広告

8
シャンプーを使う回数を減らす

  1. シャンプーで髪を洗うと天然の脂分が剥がれてしまいます。黒いヘアカラーを落とそうとしている間は、シャンプーを使う回数をできるだけ減らしましょう。根元の皮脂を落とすためにドライシャンプーを使ったり、帽子やバンダナで髪を覆ったりすることができます。シャンプーで髪を洗う回数が少ないほど、髪の潤いが増すでしょう。[6]
    • 髪を洗う際は、必ず保湿作用があるシャンプーを使いましょう。アロエベラ、ココナッツオイル、蜂蜜などの成分を含むシャンプーが適しています。
    • 髪が乾燥する可能性があるので、アルコール、シリコーン、サルフェート(硫酸塩)などの成分を含むシャンプーを使うのはやめましょう。

9
ヘアマスクで髪の潤いを取り戻す

  1. 髪を洗うたびに、ヘアマスクやディープコンディショナーを使いましょう。ヘアカラーを落としたり髪を色落ちさせたりすると、髪が乾燥して切れる可能性があります。髪の乾燥を防ぐために、ディープコンディショナーやヘアマスクを髪に塗り、5~10分おいてからすすぎましょう。こうすると、髪のつやと滑らかさが増します。[7]
    広告

10
ボンドビルディングトリートメントで髪を強化する

  1. ボンドビルディングトリートメントは、毛幹の内側からダメージを補修します。ヘアサロンで黒いヘアカラーを落としてもらうときに、ボンドビルディングトリートメントをお願いしましょう。もしくは、ネットショップなどで購入することもできます。黒いヘアカラーを落とそうとしている間は、週に1回ボンドビルディングトリートメントを使い、髪を補修して元に戻しましょう。[8]
    • ボンドビルディングトリートメントは、3,500円ほどで販売されています。

11
熱を使うスタイリングを避ける

  1. ドライヤー、ストレートアイロン、カールアイロンなどを使うと、髪がさらに乾燥します。できるだけ髪を自然乾燥させて、三つ編みなどの熱を使わない方法で髪に自然なウェーブやカールをつけましょう。[9] 熱を使ってスタイリングする場合は、初めに髪を熱から守るスタイリング剤をスプレーしておきましょう。
    広告

ポイント

  • 特に黒いヘアカラーで髪を何度も染めている場合は、色が落ちるまでに時間がかかります。髪のダメージを防ぐために、焦らずゆっくりと落としていきましょう。
広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
お団子ヘアを楽しむ(男性)
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

Angela Justice
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Angela Justice. ヘアスタイリストのアンジェラ・ジャスティスは、アーカンソー州ノースリトルロックにある「Payton Place Salon」のオーナーです。スタイリング、カット、カラーリング、ダメージケア、強化ケア、シールエクステの取り付けを専門とし、経験は33年以上。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 398 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告