広がってしまう髪型は一般的には避けられがちですが、あなたが髪にもう少しボリュームを与えたいと思っているのであれば、高い道具やケア用品などを使わなくてもボリュームアップを叶えられる方法があります。ボリュームを出すためのヘアケア法と、髪を最大限にふんわりさせるためのスタイリング法を学びましょう。

パート 1 の 2:
ボリュームを意識して髪を洗う

  1. 1
    自分の髪質に合ったケアを行う 自分の髪の油分や巻き具合など、様々な要素を考慮して、基本のボリュームアップ法を自分に合うように微調整する必要があります。どんな髪質でも必須のステップは同じですが、自分の髪質に注目して必要があれば方法を調整しましょう。
    • 髪が非常に薄い場合は、髪を立ち上げるためにヘアスプレーなどの製品をかなりの量使う必要があります。髪の量がとても多い場合は、スタイリング剤はあまり使わず、逆毛を多めに立てます。
    • オイリーヘアの人がボリュームを出すためには、髪を洗う頻度を増やす必要があります。週4~5回は髪を洗いましょう。一方で、髪を洗う頻度を減らすことでボリュームが出る人もいます。
  2. 2
    シャンプーを使って髪を洗う 髪をふんわりさせたいのであれば、髪を清潔で綺麗な状態にしておく必要があります。豆粒大のシャンプーを頭皮や毛穴に揉みこむようにマッサージしたら、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。
    • 自分の髪のボリュームを理解して必要なだけ髪を洗いましょう。一般的には髪を洗う回数は少ないと思うくらいが最適です。たいていの人は週に3~4回で十分でしょう。[1]
    • 髪が乾燥してクシャクシャになってしまうため、熱湯では洗わないようにしましょう。[2]
  3. 3
    コンディショナーをつける ヘアコンディショナーを使うと、髪の滑りが良くなり、髪が絡まり合うことなくボリュームを出すことができます。自分の髪に元々ある自然なボリュームを強調したい場合は、髪を洗うたびにコンディショナーを使用しましょう。
    • コンディショナーをすすぐ時は、何度も全体に水をかけて余すことなくしっかりと落としましょう。髪にコンディショナーが残っていると、洗髪後にベタついてボリュームがなくなってしまいます。
  4. 4
    髪を優しくとかす 髪に絡まりがあると、少し広がっては見えますが綺麗なボリュームには見えません。髪がまだ濡れているうちに、クシで何度かとかしましょう。ボリュームを出すスタイリングをする前に、髪にできた小さな結び目、絡まり、もつれを慎重にとかしておきます。
  5. 5
    ドライヤーを使って髪を半乾きの状態にする その後にお団子にすることもできます。髪をお団子の状態で自然乾燥させる方法は、自然なボリュームを出したい場合に最適な方法です。ドライヤーを使って、扱いやすい程度まで髪を乾かしたら、頭の上できつめのお団子にします。髪が乾いたら外しましょう。髪にゆるい巻きやボリュームが出ます。
    広告

パート 2 の 2:
逆毛を立ててスタイリングする

  1. 1
    頭の中心にある髪に逆毛を立てる 最も確実にボリュームやふんわり感を出す方法は、逆毛を立てることです。まず、頭頂部の中心から髪を一束手に取り、上にまっすぐ持ち上げます。クシを持って、いつも毛先が下に向かっている時とは逆の、頭皮に向かって髪をとかします。[3]
    • 髪の長さが短くても、逆毛を立てることは可能です。クシやブラシを使い、細かく何度も髪を逆方向へとかすことで、逆毛を立てることができます。
    • ふんわりさせたい部分だけに逆毛を立て、髪全体には行わないようにしましょう。サイドにボリュームが欲しい場合は、頭のサイドの髪に逆毛を立てます。トップにボリュームが欲しい場合は、頭頂部の髪に逆毛を立てて、前髪やサイドの髪はそのままにしておきましょう。[4]
  2. 2
    ボリュームが出るまで逆毛を立て続ける ボリュームが出るまでにかかる時間は、髪型や髪質によって変わります。ボリュームが出て少し縮れて見えるようになるまで逆毛を立てます。最初は縮れた髪が綺麗には見えないかもしれませんが、そのボリュームを維持したまま、雑に見えないように綺麗にスタイリングができる方法を学んでいきましょう。
  3. 3
    手で髪を持ち上げてヘアスプレーをかける 今は少しふんわりしている状態なので、キープ力の高いヘアスプレーを使ってそのボリュームを維持しましょう。クシを使って髪を上にあげて、手で持ちます。できるだけ高いところで持ち、スプレーをかけましょう。[5]
    • 繰り返しになりますが、特に髪の量が多い人はスプレーを使う量を少なめにしましょう。たくさんの量をかける必要はなく、逆に重さが出てボリュームダウンしてしまう可能性があります。
  4. 4
    お好みで他の髪をボリュームがある部分にかぶせる ふんわりとした髪型にしたい場合は、前髪やサイドの髪など、逆毛を立てなかった部分の髪を、ボリュームのある部分に乗せるようにとかしてから、いつも通りスタイリングをしましょう。中心部にボリュームがある場合は、前髪を頭頂部に向かってとかして逆毛を立てた髪の上にかぶせます。そうすると、逆毛を出した部分との境界があいまいになり、ふんわりとした形を強調することができます。ボリュームのある髪型はこのようにして作ることができます。
    広告

ポイント

  • ヘアスプレーを使うと髪がベタつくため、2日以上あけずにシャワーを浴びましょう。
  • 必要であればヘアスプレーを多めに使いましょう。
  • 友達に手伝ってもらうと格段にやりやすくなります。

広告

注意事項

  • ヘアスプレーを使う時は、目や口に向けないように気を付けましょう!
  • 縮れ毛の場合は慎重に行います。シャワーでコンディショナーをつけた時にも髪をとかしましょう。
広告

必要なもの

  • ヘアスプレー
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 目の粗いクシ

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

アロエベラを髪の毛に使う

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

自分で枝毛を取り除く

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む27人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 255 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告