髪に付いたスライムを除去する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

スライムは遊び道具としては楽しいものですが、片付けが厄介になることもあります。自分や他人の髪の毛に付着してしまった場合、取れないように思えて少し不安になるかもしれません。しかし、心配は無用です。ヘアコンディショナー、オイルが主成分の製品、酢などを使えば、スライムを除去することができ、あなたの髪はまた元通りになります。

方法 1 の 3:
ヘアコンディショナーを使う

  1. 1
    温かいシャワーで髪を濡らしてからヘアコンディショナーをつける スライムが髪の先端付近に付着しているのであれば、その部分をお湯に浸すのも良いでしょう。髪の生える向きに沿って指でマッサージしながら、ヘアコンディショナーを髪に浸透させましょう。髪に付着したスライムを、できる限り指でほぐします。[1]

    油分を付けることでスライムが分解されやすくなります。一般的なヘアコンディショナーの主成分は油分です。まずはヘアコンディショナーを髪につけることでスライムが分解し始め、髪から取れやすくなります

  2. 2
    クシを使ってスライムを取る スライムの付着した部分にお湯をかけ、取れやすくなるように指でほぐしながら除去します。次に、髪を根元から抜いてしまわないように、やさしくクシを通しましょう。[2]
  3. 3
    ヘアコンディショナーを洗い流す スライムの大半が除去できたら、更にお湯を髪にかけましょう。指を使って髪からヘアコンディショナーを洗い流します。[3]
  4. 4
    シャンプーを髪になじませる スライムがまだ残っている部分に、髪の生える向きに沿って指でシャンプーを付けます。シャンプーを使うことで、最後に残ったスライムを除去することができます。[4]
    広告

方法 2 の 3:
油が主成分の製品を使用する

  1. 1
    少量の油を髪に塗り込む シャンプーと同じように、油をスライムの付着した部分の髪に塗り込みましょう。髪の生える方向と同じ向きに、指で油を十分になじませます。[5]
    • マヨネーズ、ピーナツバター、オリーブオイル、植物油、ココナッツオイル等、油が主成分の製品なら何でも使用することが可能です。ベビーオイルを使うこともできます。[6]
  2. 2
    目の細かいクシで髪をとく クシやヘアブラシで髪をときながら、スライムを除去しましょう。髪の毛を引っ張って抜いてしまわないように優しくとかします。[7]
  3. 3
    髪をシャンプーとヘアコンディショナーで洗う スライムの大半が除去できたら、シャワーでスライムを落とし切りましょう。お湯、シャンプー、そしてヘアコンディショナーで最後に残ったスライムを除去できるはずです。[8]
    • 油が主成分の製品を使うと匂いが残る場合もあるので、それも同時にシャワーで洗い流しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
薄めた酢をつける

  1. 1
    スライムをできる限り取り除く スライムの大きな塊がある場合は、まずそれをできる限り優しく取り除きましょう。簡単に取れない時は、次のステップに移ります。[9]
  2. 2
    目を保護するためにゴーグルをつける 酢は目にかなりしみることがあるので、ゴーグルを付けると良いでしょう。スライムが付着した部分にゴーグルのバンドをはめないようにしましょう。バンドをせずに、顔の上でゴーグルを支えたほうが良い場合もあります。[10]
    • 酢をかける時は下に滴るので、浴槽やシャワーブースに立ってから行いましょう。
  3. 3
    酢とお湯を2:1の割合で混ぜて髪にしみ込ませる 毛先に近い部分にスライムが付着している場合は、その部分を酢とお湯を混ぜたものに浸すこともできます。そうでない場合は、酢とお湯を混ぜたものを髪にかけてから、スライムが取れやすくなるように指でほぐしましょう。[11]
    • 必要に応じて、スライムの付着した部分を酢に浸し続けるか、あるいは髪に何度もかけましょう。
    • ホワイトビネガーやリンゴ酢などを使うこともできます。
  4. 4
    ヘアコンディショナーを使って残りのスライムを洗い落とす シャワーブースに立ち、スライムの付着した部分にヘアコンディショナーをつけましょう。クシを使って、髪に残っているスライムをやさしく取り除いたら、後は普段通りに髪を洗います。[12]
    広告

必要なもの

  • ヘアコンディショナー
  • シャンプー
  • 油が主成分の製品(任意)
  • ホワイトビネガーまたはリンゴ酢
  • クシまたはヘアブラシ

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 108 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告