毎日プールで泳いでいると、塩素で髪色が退色することがあります。塩素は髪を乾燥させる原因になり、決してにおいも良くはありません。しかし簡単でからだに優しく、しかも家庭で出来る数多くの対処法があります。この記事では塩素の落し方をご紹介します。

方法 1 の 6:
水とシャンプー

  1. 1
    プールから出たらすぐにシャワーを浴びてシャンプーで髪を洗う 塩素の蓄積を防ぐ効果的な方法です。
    • より高い効果を得たい場合は、塩素除去用のシャンプーを使いましょう。インターネットなどで購入できます。
    • シャンプーの後にコンディショナーを使うと、髪が柔らかく艶やかになります。特に巻き髪の人は、コンディショナーを使うことがとても重要です。
    広告

方法 2 の 6:
ビタミンC

  1. 1
    ビタミンC溶液を塗る 塩素は髪や皮膚に化学反応する酸化剤です。一般的な頭の洗い方では落し切るのが難しいでしょう。
    • ビタミンC粉末(サプリメント売り場などで購入できます)は非常に安価で、髪や皮膚のお手入れ以外にも利用できます。
    • ビタミンC粉末を小さじ1(5g)と水500mlをスプレーボトルに入れて混ぜます。
    • ビタミンC粉末をシャンプーやボディーソープの容器に入れて混ぜても良いですが、完全に溶けたか分からないのが難点です。
    • 髪と体全体に吹き付けて手でこすった後、洗い流すかいつも通りにシャワーを浴びます。
    • ビタミンC溶液がかかっていないところには効果が無いので、髪と体全体に吹き付けましょう。
    • 髪や体から塩素の匂いがしなくなるので、すぐに効果を実感できます。匂いが残っている場合は、このステップを繰り返しましょう。
    広告

方法 3 の 6:
重曹

  1. 1
    重曹水を作る 重曹は髪に付いた塩素やその他の化学物質を効率良く除去します。
    • 重曹水は、重曹大さじ1(15g)と水1と1/4カップ(250ml)を混ぜたものです。また、重曹大さじ1(15g)をペースト状にするのに十分な量の水を足しても良いでしょう。
    • 重曹水で髪を洗いましょう。少しべたつくことがありますが、効いている証拠です。
    • よく洗い流し、いつも通りのお手入れをしましょう。
    広告

方法 4 の 6:
トマトペースト

  1. 1
    トマトペーストを使う いつも通りに髪を洗ってから、トマトペーストを多めに取って髪に塗りましょう。髪の長さや量に合わせて、トマトペーストの量を調節しましょう。
    • 手ぐしで髪になじませ、30分置きます。
    • よく洗い流し、いつも通りに髪を洗って整えましょう。
    広告

方法 5 の 6:
洗浄力の高いシャンプーと粉末レモネード

  1. 1
    洗浄力の高いシャンプーと粉末レモネードを混ぜる 小さなボウルに洗浄力の高いシャンプーを60 ml入れましょう。
    • 粉末レモネードを70g加えます。
    • 粉末ライムネードではなく、粉末レモネードを使いましょう。粉末ライムネードを使うと、金髪に染めている人は髪が緑に変色することがあります。粉末レモネードは金髪をより明るく見せます。
    • よく混ぜて髪に塗ります。
    • 20~30分置き、よく洗い流しましょう。
    • いつも通りに髪を洗いましょう。
    広告

ポイント

  • プールの水が付いたまま髪が乾かないように、プールから出たらすぐに髪をすすぎましょう。
  • 塩素水が髪に浸透するの防ぐため、プールに入る前に髪をよく濡らしましょう。
  • 重曹で髪の色が退色することがあります。
  • プールに入る前にコンディショナーを髪に塗って、洗い流さずにプールに入りましょう。
  • プールから出たらすぐコンディショナーを髪に塗り3分間置くと、塩素の蓄積を防ぐことができます。すすいでからいつも通りに髪を洗いましょう。
  • シャンプーとコンディショナーは別々に使わずに、1対1で混ぜて使用しても良いでしょう。
  • 重曹とレモンジュースを混ぜてペースト状にし、髪に塗りつけてから洗い流しても良いでしょう。
  • 髪が濡れるのを防ぐため、髪をアップにするか防水キャップなどを被りましょう。

広告

注意事項

  • 塩素が髪に蓄積し続けると、髪の色が退色することがあります。
  • りんご酢の匂いは取れにくいので注意しましょう。
広告

必要なもの

  • お気に入りのシャンプー
  • コンディショナー
  • 粉末ビタミンC
  • 重曹
  • トマトペースト
  • 洗浄力の強いシャンプー
  • 粉末レモネード

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

お酒の臭いを消す

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は2,877回アクセスされました。
このページは 2,877 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告