PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ヘアケア用品の成分や硬水に含まれるミネラルが髪に蓄積すると、乾燥し、もろくなるだけでなく、くすんだような見た目に変化します。2つの材料だけで作る自然由来のリンス液で髪を洗い流しましょう。このリンス液を通常のシャンプーとコンディショナーと併せて用いることで、ビルドアップを取り除き、柔らかく輝くような髪を手に入れることができます。この記事で紹介するレシピを参考に、キッチンに常備されている材料で手軽に作ってみましょう。

方法 1
方法 1 の 4:
酢を用いる

  1. 1
    材料を用意する 酢を髪につけるという発想は奇抜に思えるかもしれませんが、実際、酢はかなり効果的にビルドアップを取り除くことができる成分です。また、髪のph値を調整し、キューティクルを整え、柔らかく滑らかな仕上がりになります。ただし、この方法はカラーリングをしている髪には向きません。色が落ちてしまう恐れがあるためです。下記の材料を用意してリンス液を作りましょう。[1]
    • 酢大さじ1~2
    • 冷水240ミリリットル
    • 液を入れておく容器(コップ、マグカップ、ボトルなど)
  2. 2
    ビネガーのリンス液を作る 水と酢を容器に注ぎましょう。ホワイトビネガーやアップルサイダービネガーが適しています。スプーンを使って酢と水を混ぜ合わせます。ボトルであれば、フタをしてよく振ると良いでしょう。
    • 髪の量が多い人、あるいは髪が長い人は分量を倍にしましょう(酢大さじ2~4、水450ミリリットル)。
  3. 3
    お好みでエッセンシャルオイルを加える 酢225ミリリットルにつきお好みのエッセンシャルを5~10滴加えてみてもよいでしょう。[2] よく振ってオイルをなじませ、通常の酢のかわりに材料として用いましょう。水225ミリリットルあたり香りつきの酢大さじ1~2を目安に混ぜ合わせましょう。酢は必ず水で薄めて髪に用いましょう。エッセンシャルオイルが加わることで酢の臭いが和らぐだけでなく、髪にも良いので是非試してみましょう。髪質に合わせて、下記のようなエッセンシャルオイルを用意してみましょう。[3] [4]
    • 乾燥した髪には、ラベンダー、ミルラ、ペパーミントが合います。
    • 普通の髪には、カモミール、クラリセージ、ラベンダーを試しましょう。
    • ベタつきやすい髪には、バジル、ラベンダー、レモングラス、レモン、パチョリ、ローズマリー、ティートゥリー、イランイランが適しています。
  4. 4
    シャンプーで髪を洗う お気に入りのシャンプーで普段通りに髪を洗いましょう。汚れと皮脂をできる限り落とすことが目的です。シャンプーの後にコンディショナーを使っても良いでしょう。ただし、酢のリンス液だけでも髪は十分柔らかく、つややかになります。
  5. 5
    リンス液を髪にかける 頭を後ろに傾け目をきつく閉じましょう。酢のリンス液を額の生え際から毛先に向かって注ぎましょう。リンス液が目に入ると、かなりしみて痛いので気をつけましょう。
  6. 6
    頭皮をマッサージする 指で優しく髪と頭皮に触れましょう。ところどころ泡立っていることに気がつくかもしれませんが、問題ありません。酢が効いているということを意味しています。つまり、髪に蓄積していたビルドアップが取り除かれているということです。
  7. 7
    冷水で洗い流す 冷水を用いるとキューティクルが閉じやすくなります。また、必ず洗い流さなければならないわけでもありません。一旦髪が乾くと強い臭いは消えるので心配する必要はありません。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
重曹を用いる

  1. 1
    材料を用意する 重曹を用いたリンス液で髪のビルドアップを取り除きます。下記の材料を用意しましょう。[5]
    • 重曹大さじ2
    • 水675ミリリットル
    • リンス液を入れる容器(ボトルやピッチャーなど)
  2. 2
    重曹と水を混ぜ合わせる 水を大き目のボトルあるいはピッチャーに注ぎましょう。そこに重曹を加えスプーンで良くかき混ぜ、重曹を溶かします。
  3. 3
    シャンプーで洗髪する 水で髪を塗らし、お気に入りのシャンプーで優しくマッサージしましょう。水で洗い流します。これで一層目の汚れや皮脂が落ちます。
    専門家情報

    「重曹と水のリンス液は、シャンプーの前に用いても良いでしょう」

    Laura Martin

    Laura Martin

    認定美容師
    ローラ・マーティンはジョージア州に住む認定美容師です。2007年よりヘアスタイリストとして働いています。2013年からは美容術の講師も務めています。
    Laura Martin
    Laura Martin
    認定美容師
  4. 4
    リンス液を髪につける 頭を後ろに傾け、目を閉じ、リンス液を髪にかけましょう。生え際から毛先までまんべんなく行き届くようにしましょう。
  5. 5
    水ですすぐ 重曹を髪に残さないようにするためです。
  6. 6
    コンディショナーをつける 重曹のリンス液は、効果的にビルドアップを取り除くことができる一方で、髪を乾燥させてしまう側面もあります。そこで、水で洗い流した後はコンディショナーをつけましょう。洗い流さないトリートメントである場合を除き、最後に再度しっかりと洗い流しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
重曹でペーストを作る

  1. 1
    材料を用意する 重曹でペーストを作り、頭皮からビルドアップを取り除きます。下記の材料を用意しましょう。[6]
    • 重曹大さじ2
    • ぬるま湯115ミリリットル
    • ペーストを入れるための小さな容器(ボウルやコップなど)
  2. 2
    ペーストを作る ぬるま湯を小さめの容器に注ぎ、重曹を加えます。優しくかき混ぜて濃厚な質感のペーストを作りましょう。
  3. 3
    髪を濡らし、頭皮にペーストを塗る 優しくマッサージをしながら指先でペーストを頭皮にすりこんでいきます。髪に直接塗ることはありません。
  4. 4
    ペーストをつけた状態で数分置く 入浴中であれば、この間に体を洗ってしまいましょう。
  5. 5
    ペーストを洗い流す 頭を後ろに傾け、ペーストを洗い流しましょう。指先を使って頭皮をマッサージしながら、ペーストをしっかりと取り除きます。髪をつたって流れていくので、その際に髪に付着していたビルドアップもある程度取り除かれるでしょう。
  6. 6
    シャンプーで洗髪し、コンディショナーをつける ペーストを全て取り除くことができたようであれば、普段通りにシャンプーで髪を洗い、コンディショナーをつけましょう。最後にしっかりと洗い流します。
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
レモン(あるいはライム)果汁を用いる

  1. 1
    材料を用意する レモンやライムの酸が髪のビルドアップを分解する働きをします。ただし、レモンやライムの果汁を用いると、(屋外で過ごすことが多い人は特に)髪の色が明るくなることもあるという点に留意しましょう。[7] 下記の材料を用意しましょう。[8]
    • レモン(あるいはライム)果汁大さじ1
    • 水675ミリリットル
    • リンス液を入れるための大き目のボトルあるいはピッチャーなど
  2. 2
    リンス液を作る ボトルあるいはピッチャーに675ミリリットルの水を注ぎましょう。その中に大さじ1のレモン(ライム)果汁を加えます。スポーンを使ってよくかき混ぜましょう。
  3. 3
    洗髪する お気に入りのシャンプーで髪を洗い、すすぎましょう。
  4. 4
    リンス液を髪にかける 頭を後ろに傾け、きつく目を閉じ、リンス液を髪にかけます。額の生え際から毛先に向かって後ろに流れていくよう工夫しましょう。リンス液がついた状態で数分置きます。リンス液が目に入ると痛いので注意しましょう。
  5. 5
    水で髪をすすぐ 数分が経過したところで、頭を後ろに傾け、水でリンス液を洗い流しましょう。
  6. 6
    コンディショナーをつける レモン(ライム)のリンス液を洗い流すことができたら、コンディショナーを髪につけましょう。レモン(ライム)を用いると髪が乾燥することがあります。コンディショナーを使って乾燥を防ぎましょう。洗い流さないタイプのトリートメントである場合を除き、最後にコンディショナーもしっかりと洗い流しましょう。
    広告

ポイント

  • リンス液を用いると髪が乾燥することもありますが、何度か繰り返し用いることで、髪が柔らかく感じられるようになるでしょう。
  • 髪につけたリンス液が泡立っていることに気がつくかもしれません。これは、リンスが効いているという証拠です。取り除かれた汚れが泡となっています。
  • この記事で紹介した分量は目安です。髪質によっては増やす必要があるかもしれません。ベタつきやすい髪の場合は、酢、重曹、あるいはレモン果汁の分量を増やした方が良いでしょう。その一方で、髪が乾燥している人は減らしましょう。いずれにしても、酢、重曹、レモン果汁は必ず水で薄めて用いましょう。
広告

注意事項

  • リンス液はあまり頻繁に用いないようにしましょう。髪がもろくなり、乾燥する原因となります。月に1、2回を目安としましょう。
  • レモン果汁を用いると、屋外で過ごすことが多い人は特に、髪色が明るくなることがあります。
  • リンス液が目に入らないよう注意しましょう。特に酢とレモン果汁は目に入ると痛みを伴います。入ってしまった時は冷水で洗いましょう。
  • 酢によってカラーリングの色が落ちたり、変わることがあります。[9]
広告

関連記事

ネイルグルーを落とす
手についたヘアカラーを落とす
自分でロングヘアを切る
お団子ヘアを楽しむ(男性)
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
爪が割れたときの対処
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
自分で枝毛を取り除く
ツインのお団子ヘアを作る
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
広告

このwikiHow記事について

Ndeye Anta Niang
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Ndeye Anta Niang. ヘアスタイリスト、そして熟練ブレイダー(三つ編みを専門に施す技術職)のデイ・アンタ・二アングは、ニューヨーク市を中心に出張ブレイディングサービスを提供しているヘアサロン「AntaBraids」の設立者です。 Box braidsをはじめ、Senegalese twists、Crochet braids、Faux dread locs、Goddess locs、Kinky twist、そしてLakhass braids等の編み方を専門としており、20年以上にわたりアフリカンヘアのスタイリストとして活躍してきました。部族初の女性渡米者でもあり、現在は代々続く故郷アフリカのブレイディング技術の継承につとめています。 この記事は14,246回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 14,246 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告