私達の髪はもともと、頭皮が髪と頭皮を健康に保つために生成する皮脂でコーティングされています。しかし、洗髪直後に髪がべたついたり、べたついて見える場合は、髪の皮脂が過剰になっている可能性があります。[1] 脂ぎった髪は、遺伝的体質、ホルモン、病気、避妊薬等の薬の服用によって引き起こされている場合があります。[2] これから紹介する簡単な方法に従えば、髪のべたつきを抑えることができ、その効果は2、3週間から1か月以内に実感できるはずです。[3] 家庭療法を行う場合は、自分に合うものが見つかるまで、一度にひとつの方法ずつ試しましょう。

方法 1 の 2:
洗髪習慣を変える

  1. 1
    きちんと洗髪する 10円玉程の少量のシャンプーを手のひらに取り泡立てます。頭皮に付けて指先でしっかりとマッサージしたら、次に、泡を髪全体に行き渡らせてから洗い流します。髪にシャンプーが残らないように丁寧に洗い流しましょう。5分ほどかけて洗髪すると良いでしょう。
  2. 2
    髪は2、3日ごとに洗う べたつく髪は、見た目も手触りも清潔感に欠けるかもしれませんが、髪を毎日洗うのは良くありません。シャンプーによって髪から栄養分や天然の油分が剥がれ落ちてしまうため、頭皮はより多くの皮脂を作り出そうとして、髪のべたつきが酷くなってしまうからです。[4] したがって、洗髪は多くても2、3日おきに留めるのが賢明です。その間に髪は天然の皮脂を補充することができるので、過度に生成することはありません。
    • 普段毎日髪を洗う人は、洗髪の習慣を変えてから頭皮が皮脂を過剰分泌しなくなるまでに2、3か月かかることもあります。洗髪の間隔をあけながら、洗髪しない日はドライシャンプーを使って、頭皮から余分な皮脂を取り除きましょう。
  3. 3
    低刺激シャンプーに変える 毎日洗髪しない他、高品質で低刺激性のシャンプーを使うことも重要です。刺激性の強いシャンプーを使うと頭皮の毛包が炎症しやすくなり、その結果、更に多くの皮脂が作られます。
    • シャンプーに一般的に使用されている刺激物には、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム等の硫酸塩、ジメチコンやシクロメチコン等のシリコンがあります。ノンシリコンやサルフェートフリーのヘアケア商品は、薬局、美容院、美容用品を取り扱う店で購入できます。
    • サリチル酸、硫化セレン、ケトコナゾール配合のシャンプーは髪のべたつきに良い効果があります。
    • サリチル酸は、頭皮の皮脂を抑える効果があります。
  4. 4
    コンディショナーの使用回数を減らす べたつく髪にはコンディショナーを頻繁に使用する必要はなく、洗髪2回につき1回か、週1回のペースで使用します。皮脂が集まりやすい毛根ではなく、毛先のみに付けるようにしましょう。コンディショナーを手のひらに取り毛先にすり込みます。[5]
  5. 5
    洗髪しない日はドライシャンプーを使う べたつく髪に最も適したドライシャンプーはパウダータイプのものです。リキッドタイプのドライシャンプーは使わないようにしましょう。洗髪しない日は、パウダータイプのドライシャンプーで髪と頭皮をマッサージすれば、皮脂が除去されフレッシュな香りを保てます。ただし、1日2回以上の使用は避けます。
  6. 6
    運動後の洗髪は避ける 運動した後は髪を洗いたくなるでしょうが、髪が汗で濡れている時はさっぱりしたくてもシャンプーする必要はありません。シャワーで汗に含まれる塩分を洗い流し、必要であれば、少量のコンディショナーを使って毛先の絡みをとりましょう。
    • シャワーに行けない場合は、髪を洗う代わりに、水をスプレーボトルで髪に吹きかけてヘアドライヤーで乾かすこともできます。
  7. 7
    シリコンやオイル未配合のヘアスタイリング剤で髪を整える ヘアスタイリング剤の多くにはシリコンが含まれており、それによって髪は重たく脂っぽくなってしまいます。[6] 使用するヘアスタイリング剤を減らし、どうしても必要な場合はシリコンを含まないものにしましょう。
  8. 8
    変化が見られない場合は皮膚科を受診する 上記のような洗髪習慣に変えれば髪のべたつきは1か月で改善されるはずです。洗髪習慣を変えても効果が全く見られない場合は、皮膚科を受診しましょう。皮脂を抑えるシャンプーや薬が処方されるかもしれません。
    広告

方法 2 の 2:
家庭療法を試す

  1. 1
    リンゴ酢を髪につけてゆすぐ リンゴ酢は頭皮のpHバランスを整える効果があります。この方法では、大さじ2杯のリンゴ酢をカップ1杯の水に混ぜて使います。洗髪後にリンゴ酢と水を混ぜたものを髪にかけ、3~5分待ってから洗い流しましょう。
    • 洗い流す際は水を使います。
    • この方法は週に3回まで行うことができます。
  2. 2
    レモン果汁を髪にすり込む レモン2個分の果汁を絞り、カップ2杯の水と混ぜます。それを3~5分間かけて髪にすり込んだらお湯で洗い流します。週に3回繰り返して行いましょう。
    • これにより髪の色が明るくなる可能性があります。
  3. 3
    自家製のアロエシャンプーで髪を洗う アロエベラジェル小さじ1杯、レモン果汁大さじ1杯、普段使用するシャンプー1カップを混ぜ合わせて自家製シャンプーを作ります。これを3分間髪になじませながら洗髪した後、お湯で洗い流しましょう。
    • この方法は、週2、3回まで行うことができます。
    • 残りの自家製シャンプーは、冷蔵庫で1週間まで保管することができます。
  4. 4
    重曹と水でヘアマスクを作る 重曹と水を1:3の割合で混ぜ合わせてペースト状にします。髪が長い場合は分量を多めにします。濡れた髪にペーストを塗り込んだら、5分間待ってからお湯で洗い流しましょう。これを週に2回繰り返し行います。
    広告

専門家からのアドバイス

べたつく髪に対処するには以下のポイントを抑えましょう。

  • クレンジングシャンプーを使って皮脂や汚れを落とす クレンジングシャンプーは一般的なシャンプーと似ていますが、皮脂や汚れを落とす洗浄力が高めです。刺激が強いので、使用するのは月に1、2回に留めましょう。
  • ヘアスタイリング剤の過度の使用を避ける 髪が重くならない製品を少量だけ使いましょう。髪が重くなる製品を使ったり、付ける量が多すぎると、髪はそうしたスタイリング剤を最大限吸収しようとし、必要な養分を取り入れることができなくなってしまいます。
  • 髪が異常にべたつく場合は皮膚科の受診を検討する 内科や皮膚科を受診して、何らかの病気が頭皮の異常の原因となっていないか診断してもらいましょう。べたつく髪は、頭皮の皮脂腺が皮脂を過剰生産することが原因で引き起こされている場合があります。

ポイント

  • 熱を使って髪をスタイリングするのは避けましょう。熱をあてすぎると髪が乾燥して油分が剥がれ、それを補うためにより多くの皮脂が生成されてしまいます。
  • 毎日洗髪している人は、週3回だけ洗うことから始めてみましょう。

広告

必要なもの

  • 低刺激シャンプー
  • ドライシャンプー
  • レモン
  • アロエベラ
  • 重曹
  • リンゴ酢

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

髪を一週間で伸ばす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

Courtney Foster
共著者 :
Courtney Foster
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 Courtney Foster. コートニー・フォスターはニューヨーク市を拠点に認定美容師、抜け毛・薄毛治療専門医、そして美容講師として活躍しています。「Courtney Foster Beauty, LLC」を運営しており、その業績はThe Wendy Williams Show、Good Morning America、The Today Show、The Late Show with David Letterman、そして East/West Magazineで取り上げられました。マンハッタンにあるエンパイア美容学校にて美容術を学んだ後、ニューヨーク州認定美容師の資格を取得しました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 131 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告