髪をケアする方法を覚えると、きれいな髪を維持することは意外に簡単です。髪はたんぱく質からできているので、髪を魅力的に保つためには、健康的な食生活と清潔を維持することが不可欠です。美しい髪のために、まず髪を適切に洗ってコンディショナーで整えましょう。次に、健康的に髪を乾かしスタイリングする方法を覚えます。最後に、健康な生活習慣を心がけ、髪の健康を維持しましょう。

パート 1 の 5:
髪を洗う

  1. 1
    高品質のシャンプーを使って控えめに髪を洗います。あまり頻繁に髪を洗いすぎると自然な皮脂が流されてしまうので、髪が乾燥して傷みます。髪を洗うのは、多くて1日おき、できれば週に2回にとどめましょう。
  2. 2
    サルフェート(硫酸塩)やパラベンを含まないシャンプーを使います。サルフェートはシャンプーを泡立たせる化学物質です。[1] パラベンは防腐剤で、長期間使うとヒリヒリした痛みや目の疾患につながる恐れがあります。[2] これらの化学物質は健康だけでなく環境にも害になるので、天然の洗浄成分で作られたシャンプーを使いましょう。
    • 自分の髪質に適したシャンプーを選びます。定番のシャンプーではなく、自分の髪質に適したシャンプーを使います。一般的な髪質のタイプは、(これに限定されるものではありませんが)次のとおりです。
      • くせ毛アフロヘアーには、縮れを抑えるシャンプーやクリーミーで自然な脂分を含む髪を柔らかくするシャンプー 。
      • ストレートオイリーヘアには、 毎日の洗髪に適した低刺激のシャンプー。
      • カラーリングした髪パーマをかけた髪 には、エキスやアミノ酸配合で髪の栄養分を強化したシャンプー。化学処理された髪は傷んでいます。
      • ドライ ヘアには、髪の水分を補うグリセリンやコラーゲン配合のシャンプー。
  3. 3
    たんぱく質を過剰に含むヘアケア製品に注意しましょう。たんぱく質が過剰だと、髪がもろくなり、乾燥してしまいます。たんぱく質は健康な髪に欠かせない成分ですが、成分バランスの取れたコンディショナーを使いましょう。
  4. 4
    月に1度、リンゴ酢で髪を洗いましょう。髪がきれいになり輝きが増し、フケ予防にも効果があります。リンゴ酢と温水を1:3の割合で混ぜて髪に使います。洗い流してから、普段通りに髪を洗いましょう。
    • 酢には強いにおいがありますが、シャンプーするとにおいは消えます。
    広告

パート 2 の 5:
コンディショナーを使う

  1. 1
    髪質、長さ、ダメージに適したコンディショナーを使います。大まかな目安として、シャンプーするたびにコンディショナーを使いましょう。ただし、パーマやカラーリングを施した髪、ドライヘアーは、自然な髪より多めにコンディショナーが必要かもしれません。
    • 週に1度ディープコンディショナーを使います。アフロヘアは、髪を洗うたびにディープコンディショナーを使いましょう。市販のディープコンディショナーを使うか、手作りすることもできます。ディープコンディショナーは髪に非常に効果的で、髪を保湿し柔らかく健康に保ちます。ディープコンディショナーを髪に塗り、15~30分間そのままおいてから洗い流しましょう。
  2. 2
    髪質にあったコンディショナーを使います。
    • 細い髪でペタっとする場合は、シャンプーする前にボタニカルヘアオイルを使いましょう。シャンプーの前にラベンダーオイルやティーツリーオイルをキューティクル内部に浸み込ませます。シャンプーを洗い流したら、コンディショナーを髪の中ほどから毛先の部分に塗りましょう。そのまま1分間おいて、洗い流します。
    • 普通から多めの髪には、天然の保湿成分を含むコンディショナーが適しています。コンディショナーは少なめに使いましょう。髪全体にコンディショナーを塗って、2~3分間そのままおきます。アフロヘアーは、20~15分間おくか、洗い流さずそのままにします。
  3. 3
    髪を保湿します。アーモンド、カスター、オリーブ、ココナッツ、ラベンダー5種類のオイルを使います。5種類のオイルを同量ずつ混ぜます。代わりに卵油を使うこともできます。入浴前に髪に塗り、4時間そのままおきます。1週間に2回行いましょう。
    広告

パート 3 の 5:
髪を乾かす

  1. 1
    髪を乾かす前に、目の粗いくしで絡んだ髪をほぐします。濡れた髪はもろく切れやすいので、ブラシを使うのはやめましょう。流さないタイプのコンディショナーをつけて、目の粗いくしで絡んだ髪をほぐします。髪にダメージを与える心配なく、髪を滑らかに整えることができます。
    • くしのかわりに手ぐしで整えることもできます。
    • まず毛先をくしで漉いて、徐々に上の方を漉いていきます。毛先の絡んだ髪をほぐす前に、根元から毛先まで一気に漉くのはやめましょう。
    • アフロヘアーは、髪を湿らせコンディショナーで滑りやすい状態に整えてから、絡んだ髪をほぐしましょう。髪をパーツにわけて、1度に少しずつほぐしていきます。
  2. 2
    普通のタオルではなく、Tシャツやマイクロファイバー製のタオルで髪を乾かします。入浴後、コットンのTシャツで髪を覆いましょう。タオルは繊維の目が粗いので、髪にダメージを与え縮れや枝毛の原因になります。Tシャツよりタオルの方が使いやすければ、髪にやさしいマイクロファイバー製のタオルを使いましょう。
    • マイクロファイバー製のヘアターバンを使う方法もあります。ヘアターバンは、髪を乾かすと同時に髪を覆うことができるので、乾くまで髪が邪魔になりません。
  3. 3
    できれば髪を自然乾燥します。自然乾燥は髪にとって最も健康的な方法です。完全に乾くまで少し時間がかかるかもしれませんが、長い目で見ると髪がより健康になります。
    • スタイリングに必要なければ、ヘアドライヤーで乾かすのはやめましょう。ドライヤーの熱で髪が傷みます。
    • 就寝前に髪を洗う場合は、髪を頭の上でお団子に結い、寝ている間に自然乾燥します。朝起きたら髪が乾いているでしょう。ただし、非常に多い髪や長い髪には適さない方法です。
  4. 4
    ヘアドライヤーを温風設定で使うと、早く滑らかに髪を乾かせます。髪をまっすぐに整えたり、急いで髪を乾かしたりする場合は、ヘアドライヤーを使いましょう。熱で髪を整える必要があれば、ドライヤーを熱風ではなく温風に設定します。乾かすのに少し時間がかかるかもしれませんが、髪へのダメージを抑えることができます。
    • ヘアドライヤーで髪を乾かす前に必ずヒートガード(髪を熱から守るスタイリング剤)を使って髪のダメージを予防します。
    広告

パート 4 の 5:
髪をスタイリングする

  1. 1
    髪を過剰にブラッシングするのは避けましょう。ブラッシングは毛包を刺激し髪の成長を促しますが、あまり頻繁にブラッシングしすぎると髪を傷めて縮れや枝毛につながります。[3]
  2. 2
    必要に応じてくせ毛を抑えるスタイリング剤で髪を滑らかに整えます。くせ毛を抑えるヘアセラムを少量使うと効果があります。少量でもよく伸びるので、まずは豆粒大の量を使いましょう。必要に応じて量を足しますが、多くても直径17㎜くらいの量に抑えましょう。
    • 髪がベタっとしてしまうので、ヘアセラムの使いすぎに注意しましょう。
    • 週に1度、サルファーフリーのクラリファイングシャンプー(ディープクレンジングシャンプー)を使って、フケやベタつきの元になる角質や汚れを洗い流しましょう。
  3. 3
    自然にスタイリングして、髪のダメージを最小限に抑えます。スタイリング自体が髪に大きなダメージを与えるわけではありませんが、1週間に何度もスタイリングを繰り返すと、髪にストレスを与えます。
    • 可能な限り、パーマ、カーラー、ストレートアイロン、ブリーチ、カラーリングの繰り返しなどを避けましょう。土曜の夜に遊びに行くので髪をまっすぐ伸ばしたい、というのは構いません。特別な日だけのスタイリングで、永続するものではないからです。
    • 輪ゴムで髪を結んだり、スタイリングに輪ゴムを使ったりするのはやめましょう。輪ゴムは髪に引っ掛かりやすく、髪が根元から抜けてしまいます。
    • 髪をきつく結んだり、ピンできつくとめたりする髪型を避けましょう。コーンロウ(細くきつく編み込んだヘアスタイル)やきつくまとめたポニーテールは、髪の根元を傷め毛包にストレスを与えます。
    • 代わりにまとめ髪を工夫してみましょう。シンプルなポニーテールやシニヨンは、ヘアケア製品をあまり必要としないすっきりした髪型です。また、髪をおろしてヘアバンドでとめる方法もあります。
  4. 4
    髪の化学処理や毛染めは控えめにします。毛染めや化学処理で髪が疲弊します。自然派のヘアケア方法を選ぶと、大抵の場合乾燥やダメージ、過剰処理によるダメージを経験することがありません。
    • 髪を染める場合は、たまにという程度にします。時々毛染めをやめて髪を休ませると、髪もきれいになるでしょう。
  5. 5
    定期的に毛先を切って整えます。枝毛を除去する最良の方法は、自分で毛先を切ることです。髪用ハサミを使って、枝毛の0.5cm上を切りましょう。完璧な髪を持つ女性の多くは毛先を切ることを最優先にして、6~8週間に1度自分で切ったり美容室で切ってもらったりしているので枝毛がありません。
    広告

パート 5 の 5:
一般的な健康を保つ

  1. 1
    健康的な食事を心がけます。髪に十分なビタミンを与えましょう。髪はたんぱく質でできているので、脂身の少ないたんぱく質、全粒穀物、フルーツ、野菜などを摂りバランスの取れた食生活を心がけましょう。健康な食生活で美しく元気な髪を維持します。
    • 輝く新しい髪になるまでには少し時間がかかります。食べたものが直ちに今の髪に影響することはありませんが、新しく生えてくる髪に効果的に作用するでしょう。
  2. 2
    水分をたっぷり摂りましょう。少なくとも毎日グラス8杯の水や他の液体を摂って、水分を補給します。さらに、スープ、フルーツ、野菜などを食べると水分補給に役立ちます。水分補給は体と髪の健康に効果があります。
    • 水が最適ですが、お茶、ジュース、他の飲み物で水分補給しても構いません。
    • 活動的な人はより多くの水分を摂りましょう。
  3. 3
    ストレスを解消します身体的・精神的ストレスによって、髪は潜在的能力を発揮できなくなります。ストレスは抜け毛の原因にもなるので、ストレスをためないようにします。つまり、ストレスを解消する健康的な方法を見つけましょう。ヨガ、瞑想、その他運動などもストレス解消に役立ちます。
    広告

ポイント

  • シャンプーとコンディショナーを終えたら、髪を冷水ですすぎましょう。こうすると、髪がつややかになり、以前より魅力的な髪になります。
  • 髪をタオルドライする際は、力強くこすらないように気を付けましょう。切れ毛の原因になります。吸水力の高いマイクロファイバー製のタオルを使いましょう。
  • 熱を加えるスタイリング器具を使う場合は、必ずヒートガードで保護しましょう。
  • 多くの人はシャンプーを必要以上に使いすぎています。髪の長さにもよりますが、通常は500円玉サイズの量で十分です。
  • ビオチンサプリメントを摂取すると髪や爪が強くなります。
  • 熱い湯で髪を洗うと髪が傷みます。
  • 髪をきつく結ぶと抜け毛につながります。
  • オリーブオイルやココナッツオイルで髪を10分間マッサージし、そのまま2時間おきましょう。髪の成長に効果があります。
  • アルガンオイルは毛先に非常に効果があり、髪がつややかになります。
  • 髪が濡れた状態でブラッシングするのはやめましょう。髪が濡れていると非常に傷みやすい状態です。

広告

注意事項

  • 過剰な日光やほこりから髪を保護します。
  • 抜け毛が生じたら医師に相談しましょう。
  • 注意を怠ると、ヘアカーラーやストレートアイロンでやけどする恐れがあります。使用の際は、集中して気を付けましょう。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

全身をマッサージする

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

絆創膏の粘着剤を落とす

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

お酒の臭いを消す

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

革に付いた油染みを落とす
広告

このwikiHow記事について

Jenny Tran
共著者
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 Jenny Tran. ジェニー・トランはテキサス州ダラスの首都圏にあるサロン「JT Hair Lab by Jenny Tran」の経営者です。 ヘアスタイリストとして7年以上の経験をもち、カラーリング、カット、そしてヘアエクステンションを専門としています。同サロンはプレミアムヘアプロダクトR+CoとMilbonの正規特約店でもあり、高品質なヘアケア製品を使用しています。 この記事は8,036回アクセスされました。
このページは 8,036 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告