髪のメンテナンス方法

この記事には:正しい洗髪方法髪を乾かすブラッシングスタイリングとカラーリング健康状態を保つ出典

正しいステップを踏めば、髪のメンテナンスは以外と簡単です。髪はたんぱく質から作られていますので、正しい食生活と清潔を保つことは、そそられるような美しい髪をメンテするための必須事項です。ヘアケアのヒント、自宅でできる信じられないくらい美しい髪になる方法などを教えましょう。

パート 1
正しい洗髪方法

  1. 1
    髪をやさしく洗い、クオリティの高いシャンプーを使いましょう。髪の洗いすぎは髪をドライにし、自然の油をにじみださせるので、髪のダメージにつながります。2日に1回、もしくは1週間に1回程度シャンプーをするようにしましょう。
  2. 2
    硫酸やパラベンの入っていないシャンプーを選びましょう。硫酸はシャンプーを泡立てる薬品です。パラベンは長期間使い続けると炎症や、目に問題が起きる防腐剤です。どちらの薬品もあなた、そして環境への健康によくないので、自然のクレンザーの入ったシャンプーを使いましょう。
    • 自分の髪質にあったシャンプーを選びましょう。定番のシャンプーを使うのではなく、自分の髪質にあったシャンプーにしましょう。よくあるタイプは下記です。
      • カーリーもしくは硬いヘアには縮れ防止でソフトになるシャンプー。
      • ストレートもしくはオイリーヘアには、毎日洗髪できるようにやさしいシャンプー。
      • カラー、パーマなどが入ったヘアには、ダメージを負っているので強化されてハーブのエキス、もしくはアミノ酸の入ったものがいいでしょう。
      • ドライヘアにはモイスチャーを保持するために、グリセリンとコラーゲンの入ったシャンプーを使いましょう。
  3. 3
    髪質、長さ、ダメージにあったコンディショナーを使いましょう。よく言われるのが、髪を洗うとき毎回コンディショナーを使うということですが、ダメージを受けた髪なのでしたら、通常の髪よりもう少しケアが必要となります。
    • ディープコンディショニングを毎回行ないましょう。店頭の商品、もしくはホームメイドのものを試してみましょう。、ディープコンディショニングは髪に非常にいいことです。髪をソフトに健康的にしっとりさせてくれます。
  4. 4
    髪のタイプによってコンディショナーを使い分けましょう。
    • 細い髪:もし非常に弱々しい髪を持つのでしたら、シャンプーをする前に植物オイルのトリートメントをしましょう。ラベンダーかティーツリーオイルなど。キューティクルの内部から浸透しますので、シャンプーの前に使いましょう。シャンプーを洗い流して髪の真ん中から毛先にむけてコンディショナーをつけます。洗い流すまで1分待ちます。
    • ミディアムからハードな髪:水分補給ができるモイスチャライザーを使いましょう。コンディショナーは薄めにつけます。コンディショナーを頭全体につけ、2、3分待って洗い流します。
  5. 5
    たんぱく質のたくさん入ったヘアプロダクトを使いすぎないように。髪へのたんぱく質のとりすぎは、髪を乾燥させもろくしてしまいます。たんぱく質はヘルシーな髪に必要なものですが、バランスの取れた含有量のコンディショナーを使うようにしましょう。
    • 縮れ防止のセラムは縮れを抑えるために小さい容量で使います。これらを使いすぎず、毎週ディープクレンジング効果のあるシャンプーで流しましょう。そうしないと髪がくすんでパサパサになってしまいます。
  6. 6
    シャンプーの前に酢で髪を洗い流す。これをすると、髪がキラキラでもっと綺麗になり、ふけ予防にも効果があります。1の割合の酢(オーガニックのりんご酢が理想です)に対して、3のお湯を使い髪を通常のように洗い流します。
  7. 7
    髪をモイスチャライズしましょう。5つのオイルを使いましょう。アーモンド、ひまし、オリーブ、ココナッツ、そしてラベンダー。これらを同じ量ミックスします。髪につけ、4時間たった後洗い流します。

パート 2
髪を乾かす

  1. 1
    自然乾燥。シャワーの後、コットンのTシャツで髪を巻きます。タオルはラフな生地をつかっているので髪のダメージになり、縮れ毛や枝毛の原因になります。濡れているときにブラッシングをするのもダメで、髪をもろく弱くしてしまいます。髪が濡れている間にブラシをしないといけないのなら、歯の大きなクシでもつれを解く程度にしましょう。
    • ドライヤーはできるだけ使わないようにしましょう。ヘルシーな髪は、熱に弱いです。髪は熱のダメージを受けやすいですし、特にドライヤーはダメージの原因となります。もしドライヤーを使わなければいけないのでしたら、一番弱い温度に設定、一週間に一度程度の使用にしておきましょう。
    • 夜寝る前にシャワーをする派でしたら、髪をおだんごにしてオーバーナイトで乾かすようにしましょう。朝にはかわいているはずです。

パート 3
ブラッシング

  1. 1
    ブラッシングをしすぎない。髪にブラシをかけることで、成長を進める毛包を刺激し、ブラシをかけすぎるとダメージを起こし、縮れや枝毛の原因となります。[1]
  2. 2
    シャワーの後は、大きな歯のクシを使いましょう。もしくはブラシの代わりに指を使いましょう。

パート 4
スタイリングとカラーリング

  1. 1
    毛先を定期的にそろえましょう。枝毛を防ぐベストな方法は、自分での定期的なトリムです。髪きりバサミを使い枝毛の4分の1インチ上を切ります。綺麗な髪の女性は毛先をととのえることにプライオリティ置き、毎6~8週間ごとに自分で切ったりして枝毛を防いでいます。
  2. 2
    自然に髪をスタイリングしてダメージを最小限に。スタイリング自体は髪にダメージを与えませんが、一週間に何回もスタイリングをくりかえすと、髪にシリアスな負担をあたえてしまいます。
    • パーマ、クリンプ、ストレート、カール、ブリーチや何度にもわたるカラーリングは、できるかぎり避けましょう。もし土曜の夜に遊びに行くために髪をストレートにしたいのでしたら、それはそれでOKです。それは週一回のご褒美にして、毎日するということは避けましょう。
    • ゴムを使って髪を上げる、スタイリングするのを避けましょう。ゴムは髪の根元をゆるくし、毛包からむしりとってしまいます。
    • ピンなどをつかって髪を後ろにやるヘアスタイルを試してみましょう。コーンロウやタイトなポニーテールは根元にダメージをあたえ、毛包にストレスとなります。
    • その代わり、アップドゥーを実験をしてみましょう。シンプルなポニーテールやシニオンはヘアプロダクトをあまり使わずにできます。もしくは髪をおろしてヘアバンドをつけてみるなど。
  3. 3
    髪のカラーリングはできる限り控える、もしくはまったくなしにしておきましょう。カラーリングをすると髪にダメージがかかります。ナチュラルな髪の人はドライ、ダメージ、オーバープロセスな髪の人が経験するようなダメージを受けません。
    • もしカラーリングをするのなら、時々行なう程度にしておきましょう。少し間をおいて、髪に呼吸をさせてあげましょう。そうすると髪も綺麗になってくれます。

パート 5
健康状態を保つ

  1. 1
    正しい食生活をおくりましょう。髪に正しい量のビタミンをおくりましょう。髪はたんぱく質でできていますので、たんぱく質、全粒穀物、フルーツや野菜を多くとったバランスのとれた食事をしましょう。ヘルシーな食生活は、髪が綺麗で気持ちいいことであるために必要です。
    • しっかりと十分なビタミンCをとるようにしましょう。ビタミンCは髪を強くします。そのほか、鉄分は酸素を血中に送り、亜鉛は組織を育たせ回復、オメガ3脂肪酸はヘルシーな髪を作ります。
    • 新しく綺麗な髪になるまで少し時間を置きましょう。今すぐ何かを食べたからといって、すぐに今の髪に影響が出るわけではありまえん。しかし今からはえてくる髪の成長には影響があります。
  2. 2
    生活からストレスを取り除きましょう。精神、肉体的なストレスは、髪が綺麗になろうとするポテンシャルをダメにしてしまいます。ストレスは抜け毛の原因となりますので、ストレスをためないようにしましょう。これはヘルシーなストレス解消法をみつけるということです。ヨガ、サイクリング、瞑想などがいいでしょう。

ポイント

  • ドライヤーをかけすぎない。ドライヤー、もしくは熱の使いすぎはヘアにストレスを与えます。
  • 髪が今までになく輝くように、シャンプーとコンディショナーをつけたあとは、冷たい水で洗い流すようにしましょう。
  • タオルで髪を乾かすとき、髪をこすらないようにしましょう。これは枝毛の原因となります。水滴をのこらず取ってくれるマイクロファイバーのタオルを使いましょう。
  • ストレスの髪への影響は思いのほか大きいです。瞑想は有益ですし、運動もいいです。
  • 髪を輝かせるため、夜シャワーをする前にオイルをつけましょう。
  • もつれた髪をとかすデタングラー・スプレーは髪をクシでとくときに、髪をちぎらずにもつれを取ってくれます。
  • どうしてもドライヤーを使わないといけないのでしたら、保護スプレーをまずつけるようにしましょう。安価で購入できます。
  • 濡れて湿った髪のまま寝ない。これは毛包を弱くし、髪をもろくします。弱い熱でドライヤーをかけてから寝るようにしましょう。
  • ほとんどの人は、シャンプーを使いすぎです。髪の長さにもよりますが、10円玉サイズの量でいいのです。
  • 自然なストレートヘアにするために、にんじんとグラソーのビタミンウォーターをミキサーにかけて、洗う前に髪になでるようにこすりつけます。その後しっかりと洗い流すように。
  • ビオチンのサプリを取ると、髪と爪を強化できます。ジェネリックのブランドでも安価で効きます。
  • スカルプマッサージを定期的にしましょう。これは血行をよくするので、髪の毛がはやく伸びます。
  • 髪を洗うとき、市販のシャンプーではなくりんご酢、マリーゴールド、グーズベリーや緑茶などナチュラルなものを使ってみては。シャンプーを使うときはphバランスのととのったものを使うべきで、phバランスのアンバランスはふけの原因になります。そしてこのふけが抜け毛へとつながります。毎日コンディショナーを使うと白髪の原因になります。髪を洗う前にオイルを使うと髪が脂っぽくなります。枕袋はシルクのものを使うべきで、ビタミンCはたくさんとるべきです。
  • ハイビスカスの葉やアロエなどを使ってホームメードできるハーブシャンプーを使って、毎週2回ほど髪を洗ってみましょう。ミックスを糊状にし、それを髪につけて15分で流します。

注意事項

  • 日光とほこりから髪を守りましょう。
  • カラーやアイロンは、髪を焼くので注意しましょう。使用時には注意を払うように。


記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む109人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ビューティー・ファッション

他言語版:

English: Take Care of Your Hair, Español: cuidar el cabello, Italiano: Prenderti Cura dei Capelli, Português: Cuidar dos Cabelos, Nederlands: Je haar goed verzorgen, Français: prendre soin de vos cheveux, Deutsch: Haare pflegen, Русский: ухаживать за волосами, Čeština: Jak se starat o své vlasy, Bahasa Indonesia: Merawat Rambut, 中文: 护理你的头发, Tiếng Việt: Chăm sóc Mái tóc Khỏe đẹp, हिन्दी: बालों की देखभाल करें, ไทย: ดูแลเส้นผม, العربية: العناية بالشعر, 한국어: 머리카락 관리하는 방법

このページは 7,159 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?