髪の成長を促す方法

髪が伸びるのが遅いようですか?色々と扱いすぎて、髪を傷めてしまいましたか?熱に晒したことで髪が乾燥してしまったのでしょうか?それとも、逆毛を立てすぎて、切れ毛が多くなってしまったのでしょうか?髪を早く伸ばすためには、水分量をもとの状態の戻し、栄養を補充し、痛みを修復しなければなりません。髪の成長を促進する奇跡のような方法はありません。しかし、髪は体が健康であれば成長するものです。バランスのとれた生活習慣を実践し、髪と頭皮をいたわれば、当然ながら髪の成長を促すことができます。

パート 1 の 4:
健康的でバランスのとれた生活を送りましょう

  1. 1
    体の水分量を十分保持しましょう。水分量が足りないと、細胞の成長と再生が妨げられてしまいます。髪は決して水なしには成長しません!十分な量の水分を摂ることは髪の成長に必要なだけでなく、体を適切に機能させる役割もあります。一日でコップ6杯から8杯の水を飲むようにしましょう。
    • 毎日飲む物のうち、カフェインを含んだものの1、2杯を水に変えましょう。
    • 水を飲む時間を忘れないように、アラームをセットすると良いでしょう。
  2. 2
    髪の成長と頭皮の健康を促進する食べ物を取りましょう。髪の成長を促進するには、ナッツ、レンズ豆、赤身の肉を多く取りましょう。頭皮の健康を改善するためには、ビタミンAが豊富な食品(濃い色の葉物野菜、サツマイモ)、ビタミンCが豊富な食品(柑橘類)、鉄分が豊富な食品(赤身の肉)、オメガ3脂肪酸が豊富な食品(アボカド)を取りましょう。[1]
    • 気まぐれにダイエットをしてはいけません。体が危機的状況にあると髪が察知した場合、髪は成長しません。この場合、豊かな髪を作るのに必要な栄養分やビタミンが毛包から奪われ、体の基礎的な機能を保持するのに流用されてしまうのです。極端な場合、髪が抜けることもあります。
    • 卵、バナナ、レーズン、ココナッツ、オリーブオイルも、強い髪を作り、頭皮の健康を維持するのに必要な栄養やビタミンを多く含んでいます。
    • 塩分、炭酸飲料、砂糖、アルコール、精白小麦粉を摂取しすぎると、髪の成長が妨げられます。
  3. 3
    毎晩8時間以上眠るようにしましょう。十分な睡眠時間を取ることは、健康的でバランスがとれた生活をする上では欠かせません。不安やストレスは胃酸を減らし、消化機能を弱めることで、タンパク質、ビタミン、その他の髪の成長を促す栄養分の吸収を妨げます。時には、過度のストレスがホルモンバランスを変えてしまい、髪の成長周期を乱し、極端な場合、脱毛を招くこともあります。睡眠はストレスを減らし、細胞の成長と修復を促します。[2]
    • 寝る時間になったら、ベッドの脇のテーブルに携帯電話、タブレット、PCを置き、触れないようにしましょう。
    広告

パート 2 の 4:
髪を洗い、状態を整え、スタイリングし、切り整える

  1. 1
    自分の髪質に合ったシャンプーとコンディショナーを使用します。髪に使用するすべての製品の成分表を細かく確認し、自分の髪のタイプ専用で、ビタミンA、B、C、Eを含むシャンプーとコンディショナーを探します。これらのビタミンは、髪に栄養を与え、髪を潤します。また、ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸アンモニウムを含む製品は避けましょう。こうした製品は髪の自然な脂を奪い、髪を傷めます。[3]
    • ドライヘアの人は、モイスチャーシャンプーを使いましょう。オイリーヘアの人は洗浄効果の強いものを選びます。
    • 髪を洗いすぎてはいけません。シャンプーをする日と、コンディショナーをする日を交互にして、洗髪の頻度を調整すると良いでしょう。[4]
    • シャンプーをするときは、頭皮に直接シャンプーをつけましょう。シャンプーを頭皮で泡立ててから、髪に流れ落ちていくようにしまします。
    • 頭皮が脂っぽい場合は、毛先にだけコンディショナーを付けるようにしましょう。[5]
    専門家情報
    Courtney Foster
    Courtney Foster
    認定美容師

    ご存知でしたか?合成香料や、硫酸塩やイソプロピルアルコールなどの原材料は髪の乾燥やダメージの原因となります。シャンプーやコンディショナーにこういった原材料が含まれている場合は、ココナツオイルやアルガンオイルなどの天然成分配合のものに変えるか、週に一度ディープコンディショニングを行いましょう。

  2. 2
    髪の深部までケアするコンディショナーを使用しましょう。週に1回、髪の深部までケアするコンディショナーを使用すれば、傷んだ髪の根元から毛先まで全体を修復し、栄養を補給し、潤いを与えることができます。こうしたコンディショナーは、自分が気に入っている美容用品店で購入することもできますが、天然の材料を用いて自宅で自作することもできます。[6]
  3. 3
    猪毛のブラシを使いましょう。猪毛のブラシを使用すると、健康で輝いたフサフサの髪を手に入れることができます。このブラシは頭皮を刺激し、縮毛を減らし、髪の質感を改善しながら、自然に髪の状態を整えます。猪毛のブラシを使用した後は、少ないスタイリング剤で髪が整うようになり、洗髪の頻度も減るでしょう。[7]
    • 髪をブラッシングするときは、髪の自然な脂分を髪に拡散させるようにします。猪毛のブラシを使用すると非常にうまくできます。
    • 金属製やプラスチック製毛のブラシの使用は避けましょう。
    • 濡れた髪のもつれを解くときは、目の大きな櫛でからまりを梳かすようにしましょう。まずは毛先から始めてだんだん上から梳かしていくことで髪の切れを防ぎます。[8]
  4. 4
    定期的に髪を切り整えましょう。約6週間から8週間ごとに、定期的に髪を切り整えるようにすると、髪の見た目も質感も健やかに保てます。定期的に髪を切り整えることで髪の成長が阻害されることはありません。髪の成長は根元で起こり、毛先が伸びるわけではないからです。[9]
    • 定期的に切り揃えると、枝毛が上の方まで裂けていって切れてしまうことがありません。
  5. 5
    きつく縛るような髪型をしたり逆毛を立てたりしてはいけません。髪型の中には根元を引っ張り、かえって髪の成長を妨げるものもあります。コーンロウや編み込み、高い位置でのポニーテイルのような髪型は、頭皮を引っ張り、切れ毛を招きます。また、逆毛を立てると髪の根元が引っ張られ、毛先が非常に傷みます。
  6. 6
    髪を下ろすか、ゆるくアップしましょう。髪の根元を傷めてしまう、高い位置でのアップスタイルをする代わりに、自然に髪を下ろしてみましょう。髪を後ろにまとめたいときは、ゆるく三つ編みにしましょう。遊びに行くときには、低い位置でゆるいポニーテイルをすると良いでしょう。
    • 髪の毛が目に入らないようにしたいならば、可愛いヘアバンドやバンダナを使用して髪を上げてみましょう。
    広告

パート 3 の 4:
髪を熱から守る

  1. 1
    ヒートプロテクト剤を使用しましょう。髪をドライヤーで乾かすとき、ストレートアイロンやコテを使用するときは、髪を熱から守るヒートプロテクト剤でダメージを予防しましょう。ヒートプロテクト剤はどこのドラッグストアでも購入することができます。スタイリングする前に髪に付けましょう。
  2. 2
    ドライヤーで髪を乾かすのをやめましょう。すでに傷んだ髪に不必要に熱を与えると、一層髪が脆くなるだけです。ドライヤーで髪を乾燥させるのではなく、空気乾燥しましょう。
    • 髪にドライヤーを使用するときは常に、ヒートプロテクト剤を使用しましょう。[10]
    • ディフューザー(温風拡散器)を持っているなら、使用しましょう。ディフューザーは、ドライヤーの先端に付けて使用する道具で、熱を髪全体に均等に拡散するのに役立ちます。
  3. 3
    コテやストレートアイロンの使用を制限しましょう。ドライヤーが髪を乾燥させるのと同じく、すでに傷んでいる髪にコテやストレートアイロンを使用すると、髪をさらに傷めるだけです。コテやアイロンを使用する場合は、その前にドライヤーで髪を乾燥させてはいけません。代わりに空気乾燥させましょう。
    • 髪にコテやストレートアイロンを使用するときは、常にヒートプロテクト剤を使用しましょう!
    • 円筒部分や金属板の温度が分かるコテやストレートアイロンを最低温度に設定して使用しましょう。
    広告

パート 4 の 4:
一週間ごとに頭皮をマッサージしましょう

  1. 1
    使用するオイルを選びます。頭皮マッサージには、様々なオイルを使用することができます。ホホバオイル、ココナッツオイル、オリーブオイル、ヒマシ油、エッグオイルから選びましょう。また、アーモンド、ラベンダー、シダーウッドなどのエッセンシャルオイルを使用することもできます。
  2. 2
    指先に数滴のオイルを付けます。小さな皿に好みのオイルを大さじ1杯ほど注ぎ入れ、そこに指先を浸します。余計なオイルを皿の上で振り落としましょう。
    • ノズル付きのボトルであれば、頭皮に直接垂らすことができます。
  3. 3
    頭皮をマッサージします。指先を使い、髪の根元を刺激するように頭皮をマッサージします。10分ほど頭皮を擦ります。必要ならば指先をオイルが入った皿に浸し、オイルを追加しましょう。
    • 頭皮が脂ぎっている場合は、オイルを使いすぎてはいけません。控えめに使用しましょう。
  4. 4
    猪毛のブラシで髪を梳かします。猪毛のブラシで根元から毛先まで髪を梳かします。こうすることで、髪全体にオイルと髪の自然な脂分を拡散できます。金属製やブラスチック製毛のブラシを使用してはいけません。
  5. 5
    オイルを髪に浸透させます。脂分が多い髪か普通の髪なら、2、3時間置いてオイルを髪に浸透させましょう。乾燥した髪なら、一晩中オイルを付けたまま浸透させるようにします。柔らかいタオルで包むかシャワーキャップを頭に被って、髪が縮れるのを防ぎましょう。(また、そのまま寝る場合は枕カバーが汚れるのも防止します。)
  6. 6
    髪をよく洗います。ヘアトリートメントが終わった後は、シャンプーと水で髪を洗います。オイルを取り去るために、2度髪を洗う必要があるかもしれません。
    • このトリートメントの後は、コンディショナーを使用してはいけません。
    • 元々オイルヘアでなければ、シャンプーを省略してオイルをそのまましみ込ませてもよいでしょう。
  7. 7
    髪を乾かし、スタイリングしましょう。タオルで髪を拭き、猪毛のブラシで髪のもつれを解きます。髪は空気乾燥させましょう。ドライヤーで乾燥させる場合は、ヒートプロテクト剤を使用します。髪は下ろすかゆるい三つ編みにする、あるいは後ろでゆるいポニーテイルにするなどしましょう。[11]
    広告

ポイント

  • 髪は一年で約15cm、気温が高ければさらに長く伸びます。
  • 髪をブラッシングしすぎてはいけません。髪の根元が弱くなり、髪が抜けてしまいます。
  • 染髪、パーマ及び化学薬品で髪をストレートにすると毛幹が傷みます。そうした処置をやめて、毛根の回復と髪の再成長を促進しましょう。[12]

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む24人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 1,818 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告