赤い髪は目を引きますが、髪の色を変えたいこともあるでしょう。赤く染めた髪や生まれつき赤い髪の赤みを打ち消したり、金髪や茶髪をきれいに見せるために赤みを抑えたりすることができます。ここでは、髪の赤みを打ち消す方法と、赤みのトーンや髪の色によって緑、紫、青のカラーシャンプーを使い分ける方法を紹介します。

Question 2
Question 2 の 9:
髪の赤いアンダートーンを取り除くには?

  1. 1
    寒色のカラーシャンプーを使いましょう。緑、青緑、紫は、暖色を抑える色ですが、髪の色に応じて適したカラーシャンプーを選びましょう。ミディアムブラウン~ダークブラウンの髪の赤みを取り除く場合は、緑のカラーシャンプーが適しています。[3] 生まれつき赤い髪や栗色の髪の赤みがかったオレンジを抑えるには、青緑のカラーシャンプー(アッシュシャンプー)が適しています。金髪の赤みがかったオレンジを抑えるには、紫シャンプーを使いましょう。[4]
    • 栗色に染めた髪や生まれつき栗色の髪は少しずつ赤みを帯び、最終的には赤みが多くなります。緑のカラーシャンプーやコンディショナーで赤みを抑えましょう。
    • 金髪を熱にさらしすぎたり暖色の色素を加えすぎたりすると、赤みがかったオレンジになることもあります。その場合は、紫シャンプーで赤みがかったオレンジを抑えましょう。
    • 生まれつき赤い髪は、通常、赤とオレンジが混ざっています。アッシュシャンプーは、赤とオレンジの両方を抑える効果がある青緑を含むため、生まれつき赤い髪の暖色を抑えるのに効果的です。

Question 3
Question 3 の 9:
髪のオレンジがかった赤みを抑えるには?

  1. 1
    紫シャンプーを使用して、できるだけ熱を避けましょう。オレンジがかった赤みを抑えるには、寒色の紫が最適です。髪にオレンジがかった赤みが生じる原因は、日光の浴びすぎやドライヤーの使用、ヘアカラーに含まれる暖色などです。髪を加熱しないように注意して紫シャンプーを使うと、オレンジがかった赤みを抑えられるでしょう。髪をブリーチした場合、カラーシャンプーを使うのは2週間経ってからにしましょう。[5]
    • ブリーチした髪は傷つきやすいので、熱は十分注意しましょう。通常、カラーシャンプーはアンモニアを含むため、ブリーチしたばかりの髪にダメージを与える可能性があります。
    広告

Question 4
Question 4 の 9:
生まれつき赤い髪の赤みを抑えることは可能?

  1. 1
    青緑のカラーシャンプーで赤みがかったオレンジを抑えることができます。また、アッシュシャンプーを使うと、髪に含まれる別の暖色を抑えられるでしょう。[6]
    • 青緑は、広範囲の赤い色素を抑えるのに効果的な色なので、落ち着かせる色と呼ばれることもあります。

Question 5
Question 5 の 9:
カラーシャンプーの使用頻度は?

  1. 1
    週に1、2回使いましょう。適切なカラーシャンプーを定期的に使って、髪の赤みやオレンジを抑えます。カラーシャンプーを髪に塗った後、2、3分おいてからすすぎましょう。シャンプー後は、同じ色のカラーコンディショナーで髪を保湿します。[7]
    • 緑のヘアマスクを使っても良いでしょう。赤みを打ち消す効果があるヘアマスクを髪に塗り、長時間おいて中和作用を高めます。
    • 定期的に髪の色を調整すると、ヘアサロンに行く回数を減らせるでしょう。
    広告

Question 6
Question 6 の 9:
カラーシャンプーを手作りできる?

  1. 1
    食用色素を使って手作りできます。お金を節約したい場合や、好きなシャンプーとコンディショナーを使いたい場合は、食用色素2滴をコンディショナーに加えましょう。黒髪の赤みやオレンジを抑えるには、緑の食用色素が適しています。金髪の赤みがかったオレンジを抑えるには、紫の食用色素を使いましょう。赤褐色や茶色の髪の赤みがかったオレンジを抑えるには、青緑の食用色素が適しています。[8]
    • 食用色素で手が染まらないように、手袋を着用しましょう。
    • シャンプーに緑の食用色素を加える必要はありません。普段通りにシャンプーを使いましょう。食用色素を加えたコンディショナーを髪に塗り、10~12分おいてから水ですすぎます。
    • 生まれつき赤い髪に青緑の食用色素を使っても赤みを十分に抑えることができない場合は、酢と粉砕したビタミンCを混ぜて使いましょう。髪に塗り、シャワーキャップをかぶって10分おきます。天然の酸の効果で、赤みがかがったオレンジが軽減するでしょう。[9]

Question 7
Question 7 の 9:
髪から赤い染料を取り除くには?

  1. 1
    最適な方法は、反対の色に染めることです。赤の染料は赤みよりも強いので、赤の染料を相殺できるくらい強力な別の色の染料が必要です。赤く染めた髪には、緑やクールアッシュなどのヘアカラーを使いましょう。オレンジがかった赤に染めた場合は、青のヘアカラーが適しています。[10]
    • 真っ赤なヘアカラーで染めた場合は、緑のヘアカラーが最も効果的です。
    • オレンジがかった赤に染めた場合は、栗色のヘアカラーで髪の色を濃くしたり、金色のヘアカラーで髪の色を薄くしたりすることができます。
    • アッシュのヘアカラーで染めると、あらゆる種類の暖色を打ち消すことができます。赤のヘアカラーに黄やオレンジが多く含まれている場合は、アッシュのヘアカラーを使うと良いでしょう。
    広告

Question 8
Question 8 の 9:
髪の赤みを抑えるには、ブリーチする必要がある?

  1. 1
    髪が傷まないように、まずはカラーシャンプーを使ってみましょう。ブリーチすれば色素は抜けますが、髪がひどく傷んでしまいます。通常、カラーシャンプーを髪に塗って30分ほどおくと、赤い色素を修正することができます。赤い色素を打ち消す色が髪に浸透するため、かなり違いを感じるでしょう。[11]

Question 9
Question 9 の 9:
髪の赤みの原因は?

  1. 1
    一般的に、髪が熱を多く吸収したことが原因です。スタイリングで髪を加熱したり炎天下で長時間歩いたりすると、赤いアンダートーンの原因となるでしょう。また、髪のアンダートーンが元々赤く、季節によって目立ったり目立たなかったりする場合もあります。[12]
    • 硬水も髪の赤みの原因となる可能性があります。心配なら、ホワイトビネガーにシャワーヘッドを浸して1晩おきましょう。その後、こすり洗いしてすすぎ、元に戻します。
    広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
爪が割れたときの対処
自分でロングヘアを切る
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
ネイルグルーを落とす
ツインのお団子ヘアを作る
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
自分で枝毛を取り除く
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
お団子ヘアを楽しむ(男性)
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

Kelsey Morey
共著者 ::
ヘア・メイクアップアーティスト
この記事の共著者 : Kelsey Morey. ヘア・メイクアップアーティストのケルシー・モーリーは、モデルでもあり、コネチカット州ウエストポートにある「Haus of Pretty」のオーナー兼創業者です。バレイヤージュ、ヘアケア、カラーケア、写真撮影用スタイリングを専門とし、経験は10年以上。ブリオ・アカデミー・オブ・コスメトロジーとジョン・カサブランカ・モデリング&キャリアセンターでトレーニングを修了。また、ウォーレン・トリコミの高級サロンでの見習い修行も修了。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 215 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告