髪が多い人は恵まれていると思われがちですが、髪が多すぎても困るものです。髪の量を減らしたい(またはせめて少なく見せたい)なら、いくつかの方法があります。ヘアケアの方法を変えたり、髪を少なく見せるヘアスタイルに挑戦したり、または美容師に相談すれば、今よりもまとまりのあるヘアスタイルに近づくことができます。経験者以外は、自分で髪を切るのはやめておきましょう。

方法 1 の 3:
ヘアケアの方法を変える

  1. 1
    冷水で髪を洗う 最も簡単に髪を少なく見せる方法は、お湯ではなく冷水で髪を洗うことです。冷たい水によって毛包が閉じて縮れが抑えられ、より滑らかで、少ない髪に見せることができます。[1]
  2. 2
    太い髪用のシャンプーを使用する 細い髪用のシャンプーは髪を太くし、ハリを与える効果があります。同じように、太い髪用のシャンプーは髪を滑らかにし、より扱いやすくする効果があります。髪を少なく見せたい人は、太い髪用のシャンプーを使用しましょう。[2]
  3. 3
    髪をストレートにする ストレートアイロンを使うと、髪が少なく見えるだけでなく、まとまりのある滑らかな髪になります。ストレートアイロンを使う時は、まず髪を洗い、タオルドライをしてから好きなスタイリング剤をつけます。髪をドライヤーで乾かしたら、いくつかにブロッキングしましょう。髪を保護するため、ヒートプロテクト処方のスタイリング剤をつけます。最後に、毛束を約1cmずつとりながら、丁寧に髪にヘアアイロンをあてていきます。
    • ドライヤーの前にストレートヘア用のスタイリング剤をつけておくと、より効果的です。
  4. 4
    髪のボリュームを抑えるスタイリング剤を試してみる クリームやジェル、セラムなど、髪をストレートにしたり、癖毛を抑えるための商品には、さまざまな種類があります。これらの商品には、髪を少なく見せる効果もあります。髪質に合う商品を見つけて、パッケージに記載された使用方法に従って使いましょう。[3]
    • 商品によって、濡れた髪につけた方が良いものもあれば、乾いた髪につけた方が効果的なものもあります。
    • 商品によっては、塗布後に熱を使ったスタイリング(ドライヤー、ストレートアイロンなど)を推奨しているものもあります。
    広告

方法 2 の 3:
新しいヘアスタイルに挑戦する

  1. 1
    髪を2つに分ける ハーフアップをする時のように、髪を上下2つのブロックに分けます。邪魔にならないよう、上のブロックの髪はピンで留めておきます。次に、下のブロックの真ん中あたりから少量の髪を取ります。この時、下の髪は少し残しておきましょう。[4]
  2. 2
    三つ編みを2つ作る 先ほど少量とった髪を左右2つに分けます。一方の毛束を三つ編みにし、小さめのヘアゴムで固定します。次に、もう一方の毛束を三つ編みにします。[5]
  3. 3
    三つ編みを頭に固定する 頭の形に沿って2つの三つ編みを互いにねじります。頭の後ろに三つ編みで平らな円を作るイメージです。円が完成したら、ヘアピンで固定します。[6]
  4. 4
    髪を下ろす 先ほど固定しておいた上のブロックの髪を下ろし、いつも通り髪をスタイリングします。特別なアイテムを使ったり、髪を切ったりしていないにもかかわらず、髪が驚くほど少なく見えるはずです![7]
    広告

方法 3 の 3:
美容師に相談する

  1. 1
    美容師にすきバサミを使用してもらう [8] 美容師なら、カミソリやハサミを使って髪の量を減らすことができます。この方法は、髪を少なくするためのより長期的な方法を探している人に最適です。すきバサミなどを使った方法が髪質に合うかどうかを、美容師に相談してみましょう。[9]
  2. 2
    「アンダーカット」をしてもらう アンダーカットは最近流行しているスタイルです。「アンダーカット」とは、サイドの髪や襟足を剃ったり、短くしたスタイルを指します。この方法なら、流行を取り入れながら、簡単かつ効果的に髪の量を減らすことができます。[10]
    • 髪が長い人は髪を下ろすことができるので、アンダーカットをしても気づかれにくいはずです。お団子やポニーテールにして、アンダーカットを見せるのも良いかもしれません。
  3. 3
    ケラチン配合のトリートメントを試す ケラチンは髪で自然に作られるタンパク質です。美容院でケラチントリートメントを受けると、髪がケラチンでコーティングされるため、なめらかでサラサラな髪が3~6か月持続します。[11] 美容師に相談して、ケラチントリートメントで髪のボリュームを抑えてもらいましょう。[12]
    • ケラチントリートメントによっては、妊婦や授乳中の女性は避けた方が良いとされる化学物質が含まれている場合があります。
  4. 4
    髪質改善トリートメントを受ける 髪質改善トリートメントは髪の縮れなどの質感を改善するトリートメントで、効果は2~4か月持続します。このトリートメントを行っている美容院を探して予約し、髪のボリュームを抑えてもらいましょう。[13]
  5. 5
    長めのレイヤーを入れてもらう 長いレイヤーが入ったヘアスタイルにカットできないか、美容師に相談してみましょう。長いレイヤーは顔の輪郭を縁取るため、ボリュームのある髪でもまとまって見えます。髪が少なく見えるよう、長めのレイヤーが入ったスタイルを試してみましょう。[14]
    広告

関連記事

爪が割れたときの対処
手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
アロエベラを髪の毛に使うアロエベラを髪の毛に使う
自分でロングヘアを切る
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
自分で枝毛を取り除く
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
髪に付いたガムを取る
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
肌に付着したヘアカラー剤を落とす
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
ネイルグルーを落とす
ブリーチなしで髪を明るくするブリーチなしで髪を明るくする
広告

このwikiHow記事について

Jenny Tran
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Jenny Tran. ジェニー・トランはテキサス州ダラスの首都圏にあるサロン「JT Hair Lab by Jenny Tran」の経営者です。 ヘアスタイリストとして7年以上の経験をもち、カラーリング、カット、そしてヘアエクステンションを専門としています。同サロンはプレミアムヘアプロダクトR+CoとMilbonの正規特約店でもあり、高品質なヘアケア製品を使用しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 112 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告