ヘアカラーは、普段の雰囲気をガラッと変え個性を表現する素敵な方法です。グラデーションカラーは普通のヘアカラーとは異なり、根元の髪色を変えずに新しいヘアカラーを楽しむことができます。上手に染めるときれいなグラデーションがつき、地毛とカラーした色の違いが引き立ちます。

パート 1 の 3:
ヘアカラーを選ぶ

  1. 1
    自分に合う色を選びます。カラーリングを実際に始める前に、自分が目指すスタイルを見つけ出す時間を取りましょう。インターネットで好みの色を見つけたり、市販のカラー剤のレビューを読んだりしてイメージを固めます。カラーリング方法によっては、色が元に戻らないことがあるので注意深く計画することが大切です。
    • 目の色と同じ色、または肌を際立たせる他の色を選ぶことができます。
    • もしくは、ずっと好きだったけれど顔が引き立たないと諦めていた色がある場合は、顔周りの髪色を変えないグラデーションカラーが最適です。その場合は、あまり上方まで染めず毛先だけにカラーリングしましょう。
  2. 2
    ブリーチ剤を用意します。黒髪の毛先を明るく染めるにはブリーチが必要です。はじめに髪から濃い色を抜いておくと、後の手順でカラー剤がきれいに発色します。すでに髪色が明るいまたは地色の上から色を重ねても構わなければ、この手順は省略します。[1]
    • ヘアカラー剤は地の髪色の上につきます。たとえば、明るいブロンドヘアをパステルピンクのカラー剤で染めるときれいなパステルピンクになりますが、黒髪の上に重ねた場合はわずかに色がつく程度で、暗く仕上がります。[2]
  3. 3
    ヘアカラー剤を選びます。オンラインショップで様々な派手色のカラー剤を見つけることができる他、ほとんどの「普通」色のカラー剤は地元のドラッグストアでも扱っています。[3] インターネットのレビューでカラー剤に対する感想を確認したり、様々な髪質・髪色にそのカラー剤を使った結果を見ることができます。
    • 必要だと思う量より多めにカラー剤を用意します。セルフカラーの途中にカラー剤が足りなくなると大変です。
    • 手袋を用意します。カラー剤は手も染めてしまうので、手袋をつけてカラーリングしましょう。
    広告

パート 2 の 3:
作業する場所と髪の準備をする

  1. 1
    古いTシャツを身に着けます。染める部分を正確に見るためには、髪を下ろしたまま毛先を染めるほうが簡単です。必然的に、着ている服にカラー剤が付着するので汚れても構わない古いシャツを着てカラーリングしましょう。毛染め用ケープや散髪マントなどがあればそれを使うことができます。できるだけ首が汚れないように古いタオルを巻いておきます。
  2. 2
    浴室や洗面所にカラーリングに必要なものを広げます。洗面台、水、鏡といったカラーリングに必要なものがすべて揃っている洗面所や浴室で作業するのが最も簡単です。特に洗面台の色が薄い場合は、カラー剤で汚れないように覆っておきましょう。
  3. 3
    染める部分を決めます。毛先を少しだけ染めるまたは、髪全体の長さの¾まで染めることもできます。どれだけ染めるかは完全に好みによりますが、必要な量のカラー剤を用意しておきましょう。楽に作業するために、染めない部分があれば結んでよけておきます。
    • カラーリングを始める前にしっかり髪を梳かしておきましょう。
    • 普段通りの分け目で髪を分けておきます。乾いた髪を普段通りの典型的な髪型にスタイリングしたうえでカラーリングするのが一番間違いのない方法です。
    • 実際にどれくらいの長さを染められるかは髪の長さによります。ロングヘアは長めに染めることもできますが、ボブより短い髪にグラデーションカラーを施すのは難しいかもしれません。
  4. 4
    髪を染める箇所にブリーチを施します。地毛の色より最終的に明るく仕上げるには、はじめにブリーチする必要があります。ブリーチで自然の色素を取り除くとカラー剤が鮮やかにしっかり発色します。購入した商品の使用法に従ってブリーチします。染める部分だけにブリーチを施しましょう。
    • ブリーチする詳しい手順をインターネットで検索することもできます。
    • ブリーチした髪は乾燥します。ブリーチが終わったらディープコンディショナーで失った潤いを補いましょう。[4]
    広告

パート 3 の 3:
グラデーションカラーを施す

  1. 1
    商品の使用方法に従ってカラーリング剤を混ぜます。マニック・パニックなど1部のヘアカラー剤はパッケージから出してすぐ髪に塗ることができます。[5] その他のカラー剤は、混ぜる工程が必要になることがあります。派手色を薄めるにはコンディショナーを加えましょう。[6] 好きな色のヘアカラー剤が見つからない場合は、2色のカラー剤を混ぜて好みの色を作ることができます。
  2. 2
    髪にカラー剤を塗ります。パーツに分けた毛束にブラシでカラー剤を塗るか、カラー剤を入れたボウルに毛先を「浸して」から、手袋をつけた手で毛束に沿って塗り広げます。カラー剤の大部分が毛先に集中するように毛先にたっぷり塗りましょう。髪の上方に向かって使用するカラー剤の量を減らしていくと、髪の地色に続くグラデーションをつけることができます。染める毛先が同じ長さになるように注意しながら、毛先全部にカラー剤を塗りましょう。全体的にムラを作らないように染めていきます。
  3. 3
    カラー剤をなじませます。自然の髪色にヘアカラー剤をなじませるのは大切です。毛先にたっぷりカラー剤を塗って鮮やかにしっかりと色をつけます。カラーした髪と地毛の境目はつけすぎないように気を付けながら、指先でカラー剤の1部を地毛へそっと広げます。こうするとヘアカラーが少しずつ薄くなり、カラーした部分と地毛の間にはっきり線ができません。
  4. 4
    パーツ分けした毛束をアルミホイルで包みます。髪が温まるので染色が早く進みます。さらに、カラー剤がついた髪で周りを汚すのを防ぐこともできますが、この手順は完全に任意です。[7]
  5. 5
    製品の使用方法に従って髪をそのままおきます。色がついているか時々確認しましょう。ほとんどのカラー剤は長くおくほどよりしっかり着色します。製品の使用方法をパッケージで確認しておきましょう。洗うたびに色が落ちるカラー剤もあるので、長時間おかないと早く色落ちする程度しか着色しないことがあります。[8]
  6. 6
    すすいでカラー剤を洗い流します。必要な時間おいてからカラー剤を洗い流しましょう。カラー剤をすべて冷水で洗い流してから、コンディショナーで髪に潤いと輝きを与えます。部分的に色落ちし色が薄くなることもあるので、シャンプーは使わないようにしましょう。髪を洗う回数が少ないほうがヘアカラーが長持ちします。[9]
  7. 7
    普段通り髪をスタイリングします。シャンプーと同様に、熱を加えるスタイリング器具を使うと早く色落ちします。ドライヤー、ヘアアイロン、ヘアカーラーなどの使用をできるだけ控えましょう。使う場合は、必ず髪を熱から守るスタイリング剤で髪を保護します。新しいヘアスタイルを試すなど、新しくカラーした髪のスタイリングを楽しみましょう。
    広告

ポイント

  • マニック・パニックやその他植物系カラー剤を使う場合は、髪を傷めることなく好きなだけおくことができます。通常、カラー剤を塗ったまま長くおけばおくほど発色が良くより長持ちします。
  • 髪の気孔率に応じて他より長持ちするカラー剤の種類やブランドがあります。ヘアカラーが早く色落ちしても落ち込む必要はありません。別の種類やブランドのカラー剤をいろいろと試してみると、最終的に自分の髪に一番長持ちするカラー剤を見つけることができるでしょう。
  • カラーヘア用のディープコンディショナーとシャンプーを使います。ヘアカラーの前にブリーチ処理した場合はその過程で毛先が傷んでいます。定期的にディープコンディショナーを使って枝毛を防ぎましょう。

広告

注意事項

  • シャワーで洗髪する際は注意します。カラー剤でシャワーカーテンや浴室の壁が染まることがあります。
広告

必要なもの

  • 古いTシャツ
  • 古いタオル
  • ヘアブラシまたは櫛
  • ヘアクリップまたはヘアゴム
  • カラー剤用のボウル
  • ブリーチ剤(任意)
  • アルミホイル(任意)
  • ヘアカラー剤
  • ヘアカラー用ブラシ
  • ビニール手袋
  • コンディショナー

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

アロエベラを髪の毛に使う

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

自分で枝毛を取り除く

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
広告

このwikiHow記事について

Ashley Adams
共著者 ::
認定美容師
この記事の共著者 : Ashley Adams. アシュリー・アダムスは、イリノイ州の認定美容師で、ヘアスタイリストです。2016年にジョン・アミーコ美容専門学校にて認定資格を取得。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 239 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告