髪をブリーチ(脱色)に備える方法

共同執筆者 Arthur Sebastian

この記事には:髪のダメージを最小限にする自然のオイルで髪に栄養を与える7 出典

髪のブリーチ(脱色)を行うと、薬品によって髪の色素が減少することで色が抜け金色に近づきます。ただ、髪への負担も大きいので適切なお手入れが欠かせません。薬品や熱の使用をできる限り控え、保湿効果を高めたんぱく質を補いましょう。特にブリーチを行う直前は、しっかりとケアを行い準備しましょう。

パート 1
髪のダメージを最小限にする

  1. 1
    ヘアサロンで相談する 美容師に髪の手入れの方法について相談してみましょう。頭皮や髪の状態はひとりひとり異なります。ヘアサロンでブリーチを行うのであれば、担当となる美容師に事前に無料で相談をすることができないか聞いてみましょう。
    • 求めていた色合いになるまで複数回ブリーチを行う必要があるかもしれません。事前に美容師に相談できると、こうした場合にも判断をしやすくなります。
    • 例えば、ブリーチをすると自分の髪は激しく傷んでしまうのか、ブリーチ前とブリーチ後はどのような製品を使うべきか、複数回ブリーチをするために来店する必要がありそうか、といった点を確認してみましょう。
    • 髪の一部でブリーチのテストを行ってもらいましょう。家で自分でブリーチを行う人は、2~3日前にテストを行いましょう。色の仕上がりや質感が満足のいくものではなかった場合はプロの美容師に相談しましょう。
    専門家情報
    Arthur Sebastian

    Arthur Sebastian

    Arthur Sebastian Hair Salon経営者
    アーサー・セバスチャンはサンフランシスコにてヘアサロン、「Arthur Sebastian Hair Salon」を経営しています。セバスチャンはヘアスタイリストとして20年以上働いており、ヘアスタイリストの「真の仕事」はへアスタイリングへの愛と情熱から生まれるものであると信じています。アーサーは1998年に認定美容師の資格を取得しています。
    Arthur Sebastian
    Arthur Sebastian
    Arthur Sebastian Hair Salon経営者

    髪を保護するためのケア方法について美容師に相談しましょう。 髪をブリーチする場合、まずオラプレックスで髪を処理してもらいましょう。ブリーチから髪の状態を守る働きをします。

  2. 2
    髪が修復されるまで待つ 髪に薬品を用いたばかりの人は少し時間を空けてブリーチを行いましょう。髪染め、ハイライト、パーマ、縮毛矯正などを行って日が浅い場合は、最低でも2週間は空けるようにしましょう。髪の健康の為にも、1か月空けることができると尚よいでしょう。[1]髪染めなどに髪が強く反応した場合は、さらに長く休ませましょう。
    • すでに髪が傷んでいる(切れやすい、乾燥している、枝毛になっている)人は、ブリーチは控えましょう。
    • 地毛の色が暗い程、ブリーチによるダメージも大きくなります。また、地毛の色が暗いと、ブリーチ前とブリーチ後の色に大きな差があるため、なかなか求めていた色合いに仕上がらないこともあるでしょう。長期にわたってブリーチを続けると、頭髪が薄くなり修復不可能なダメージを負ってしまうこともあります。髪色が明るくなっていくと使用するブリーチの量も頻度も減っていくので、このようなダメージも生じにくくはなりますが可能性がゼロになるわけではありません。
  3. 3
    ブリーチの前は熱を用いない ヘアアイロン、ホットカーラー、ヘアドライヤーといった熱を用いた道具を使わないようにしましょう。熱によって髪が傷み、さらにブリーチの負担がかかってしまいます。
    • 何も手を加えていない自然な状態の髪の方が健康で、ブリーチによる傷みも少なくなります。
  4. 4
    髪を洗わない ブリーチを行う前日は髪を洗わないようにしましょう。ブリーチをする際は、少し髪がベタついているくらいの方が適しています。ブリーチを行う2日以上前からシャンプーを控えても良いかもしれません。
    • 染毛と異なり、ブリーチを行う際は事前に髪の汚れを落とす必要はありません。汚れている髪にブリーチ剤を用いても清潔な髪と同じように全体に行き渡ります。[2]
  5. 5
    予算を確保して良質な製品を購入する 脱色して金色になった髪色を守り長持ちさせるための製品も多数販売されているので、適したケアを行えるよう必要な予算を確保しておきましょう。リタッチに再来店した際にこうした製品を販売しているヘアサロンもありますが、スーパーなどで自分で購入したほうがはるかに価格を抑えることができるでしょう。また、適切なケアを行っているとしてもブリーチによってキューティクルが剥がれ弱くなるので、スタイリングにも普段以上の注意を払うことが求められます。例えば、日常的にヘアアイロンを使っていた人は、熱から髪を守る製品を付け加えたり、熱を用いないスタイリング方法を取り入れることを検討しましょう。

パート 2
自然のオイルで髪に栄養を与える

  1. 1
    髪にオイルをつける ココナッツオイルは髪のたんぱく質を強化する効果があります。アボカドオイルやアルガンオイルもまた傷んだり薬品で処理された髪に適しています。ブリーチを行う前にオイルを使う始めることで、髪が強くなり、ブリーチ剤もよく浸透します。特にブリーチを行う前夜は、120ミリリットルほどのココナッツオイルをフライパンや電子レンジで熱して溶かしましょう。オイルが冷めたら髪にすりこみましょう。シャワーキャップを着用するか、枕を古いタオルで覆った状態で就寝しましょう。
    • 髪が油でベタつきますが、ココナッツオイルは肌にも良いので心配する必要はありません。
    • 自宅でブリーチを行う場合は、ブリーチを始める直前にも再度ココナッツオイルを塗りましょう。洗い流す必要はありません。[3]
    • ブリーチ後も、毎日あるいは1日おきにオイルを髪につけましょう。毛先から根元に向かってオイルをすりこみます。
  2. 2
    ヘアマスクを使用する 1週間に1~2回はヘアマスクを使用しましょう。ココナッツオイル、オリーブオイル、ヨーグルト、ハチミツ、バナナ、アボカド、そして卵で手作りすることができます。これらの材料を混ぜ合わせ、乾いた清潔な髪につけて30分待機しましょう。[4] ブリーチをする予定ができた時点でヘアマスクを使い始め、ブリーチ後も継続して用いると、より効果が高まるでしょう。
    • ヘアマスクの方が保湿と傷んだ髪を修復する効果が高いことから、美容師などの多くの専門家も、コンディショナーでなくヘアマスクの使用を推奨しています。[5]
    • ヘアサロンで使用されているヘアマスクやコンディショナーを購入することも可能です。[6]
  3. 3
    毎日オイルを用いる ココナッツオイル、アボカドオイル、アルガンオイル等は、カラーリングやブリーチを行った髪、毛先が激しく傷んだ髪に適しています。[7]ヘアマスクを使用する時間がない場合はこうしたオイルを適量髪につけ、毛先から根元に向かってすりこみましょう。ブリーチをする予定が分かった時点でオイルを使い始め、ブリーチ後も継続的に使用しましょう。
  4. 4
    完了 

ポイント

  • 必要な予算を確保して、プロにブリーチを依頼しましょう。経験豊富な人が行った方がきれいに仕上がる一方で、こうしたサービスは高い出費になることもあります。
  • ブリーチをした後に、さらに他の色に染める予定の人は、コンディショナーの含まれた染毛剤を使用しましょう。
  • オイルやヘアマスクは、ブリーチ前、ブリーチ後、そしてブリーチを行ったことのない髪にも効能があります。
  • ココナッツオイルには髪をまとめる働きをするたんぱく質が含まれています。他のオイルにもこのたんぱく質は含まれていますが、ココナッツオイルほどの効果はありません。

記事の情報

この記事はArthur Sebastianが共著しています。 アーサー・セバスチャンはサンフランシスコにてヘアサロン、「Arthur Sebastian Hair Salon」を経営しています。セバスチャンはヘアスタイリストとして20年以上働いており、ヘアスタイリストの「真の仕事」はへアスタイリングへの愛と情熱から生まれるものであると信じています。アーサーは1998年に認定美容師の資格を取得しています。

カテゴリ: 髪とネイル

他言語版:

English: Prepare Your Hair for Bleaching, Español: preparar tu cabello para decolorarlo, Italiano: Preparare i Capelli prima di Schiarirli, Русский: подготовить волосы перед осветлением, Português: Preparar seu Cabelo para Descolorir, Deutsch: Haar auf eine Blondierung vorbereiten, Bahasa Indonesia: Menyiapkan Rambut untuk Pemutihan, Français: préparer ses cheveux pour les décolorer, العربية: تحضير شعرك لعملية التشقير, Nederlands: Je haar voorbereiden om te blonderen, ไทย: เตรียมผมสำหรับการกัดสี, Tiếng Việt: Chuẩn bị trước khi tẩy tóc

このページは 110 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?