長くて魅力的なを育てるためには、髪の毛の乾燥と傷みを防いで健康的にうるおった状態を保たなくてはなりません。シャンプーは週に2、3回、そしてコンディショナーは毎日するのが理想的です。また、週に1回ディープコンディショニングトリートメントをして頭皮をマッサージすることで髪の毛の健康が促進されます。より良い効果をもたらすためには、健康的な食事を取ること、シルクかサテン製の枕カバーを使うこと、熱を与えるヘア用品の使用を避けること、染めたり脱色したりしないことも大切です。根気よく継続して太くて美しい髪を育てましょう。

方法 1 の 3:
髪を洗う

  1. 1
    硫酸系化合物を含まないシャンプーで週に2、3回髪を洗う 毎日ではなく、1日か2日間隔をあけて洗いましょう。 そうすることで体から自然に出る油分が髪を保湿して修復します。シャンプーをすることでそういった油分が落ちてしまいます。500円玉程の量を手に取り両手で泡立て、頭皮と髪の毛に揉みこみましょう。[1]
    • 頭皮がかゆくなったり、脂っぽくなったりしたら洗いましょう。
    • ビタミンEやB5、鉄、銅、亜鉛を原材料に含むシャンプーを探しましょう。これらの成分はケラチンの生成を促進します。ケラチンとは髪のタンパク質を構築している成分であり、髪に栄養を与えることで長く、太く、健康的な髪の育成を保証することができます。
  2. 2
    シャンプーするしないに関係なく毎日コンディショナーをする 髪を濡らし、適当な量のコンディショナーを塗布しましょう。根元から毛先まで付け、頭皮をマッサージして1分から3分置きましょう。髪をしっかり保湿して健康を保つことで、乾燥を防ぎ枝毛ができにくくなります。[2]
    • ココナッツオイルやアルガンオイル、シアバターやパンテノール(ビタミンB5)などが入ったコンディショナーを探しましょう。
    • 毎日シャンプーをする必要はありませんが、コンディショナーは毎日することで髪のうるおいと健康を保ち髪の生成を促進します。
    • コンディショナーは、毛幹の脂質とタンパク質を取り換えて髪を健康にする作用があります。髪は健康であるほど早く育ちます。
  3. 3
    冷たい水で洗い流す 温かいお湯は肌と髪にあまりよくありません。髪を洗い終わったら温度を下げましょう。冷たい水でしっかりと洗い流すことでキューティクルが閉じ込められ、髪をセットする前に毛包が強化されます。[3]
    • シャンプーとコンディショナーはしっかり洗い流し落とし切りましょう。
  4. 4
    週に1回は髪を深部までケア する 髪を洗った後、適当な量のコンディショナーを手に取り塗布します。毛先が一番乾燥していて傷みやすいので、毛先に集中的に塗布しましょう。15分から45分ほど置いたら完全に洗い流します。時間を置いている間は、シャワーキャップを被ると効果が高まります。[4]
    • より良い効果が得るには、シャワーキャップを付けたままヘアドライヤーを当てましょう。髪の奥までしっかりコンディショナーが浸透します。
    • 髪を深部までケアすることで髪を保湿し、健康的な髪の育成を促進して枝毛を防げます。
  5. 5
    週に1、2回精油で頭皮マッサージ をする 1円玉ほどの大きさのオイルを指に出し、両手になじませます。手をL字型にするようにして生え際から頭皮に揉みこんでいきます。そのまま5分から10分ほどかけて小さく円を描くように頭皮全体をマッサージしましょう。頭皮の血行を良くして髪の育成が促されます。[5]
    • さらに、精油はストレスを軽減します。ストレスを管理することで髪が薄くなるのを防止できます。
    • ユーカリ、ローズマリー、ペパーミント、ティーツリーが効果的です。
    • 首とこめかみには力を入れすぎないように気を付けましょう。
    広告

方法 2 の 3:
健康的な髪を維持する

  1. 1
    ビタミンA、C、D、亜鉛、タンパク質に富んだ健康的な食事をする 髪の健康は健康的な食事からです!髪の育成を促進するビタミンを多く含む食事をできるだけ取りましょう。例えば、ほうれん草やブロッコリーのような濃い緑色の葉野菜を食べることでビタミンAやCを摂取できます。その他、サーモン、卵、アボカド、ヒマワリの種、アーモンド、黄色パプリカ、サツマイモなどもビタミン摂取に適した食べ物です。[6]
    • サツマイモはビタミンAを保持するのに役立ち、ヒマワリの種はビタミンEを豊富に含んでいます。また、黄色パプリカにはビタミンCが多く含まれ、アーモンドはビオチンとタンパク質の含有量が高くなっています。
    • サーモンはビタミンDとタンパク質が豊富で、卵はビオチンとオメガ3を含んでいます。そしてアボカドは必須脂肪酸を多く含んでいます。
  2. 2
    ビオチン、ビタミンB 、ビタミンCを摂取する これらのビタミンは髪の生成と毛包の成長を促進します。3種全てが入ったマルチビタミン剤で、「髪、肌、爪」への効果を謳ったものを購入してもよいですし、それぞれ個別に購入しても構いません。用法に従って朝に摂取するとより良い効果が期待できます。[7]
    • 効果が見てわかるまでに数か月かかるかもしれませんが、継続してこういったビタミンを摂取し続けることで長く、太く、健康的な髪が育ちます。そして肌の調子も上がります!
  3. 3
    4週間から6週間ごとに毛先を切る 自分でも簡単に毛先を切ることができますし、美容院で切ってもらっても構いません。定期的に毛先を揃えると、髪を健康に保ち、枝毛を無くして毛包を活性化することができます。[8]
    • 枝毛がないと長く太い髪に見せることができます。毛先を切らないと枝毛の裂け目が上へと伸び、毛1本すべてが傷んでしまうかもしれません。
  4. 4
    8週間ごとにケラチントリートメント で髪を保湿する 1ヶ月から3ヶ月ごとにケラチントリートメントを施すことで髪の成長に役立ちます。ケラチンとは、髪の主成分であるタンパク質であり、ケラチントリートメントでは髪をタンパク質で覆って保護することができます。この施術により髪の傷みを防いで髪質がなめらかになるため、スタイリング剤を使う頻度も少なくなります。自宅でできるケラチントリートメントの購入もできますし、美容院で施術してもらうことも可能です。ケラチントリートメントは数か月おきに行いましょう。[9]
    • 縮毛矯正のかかった髪や染めた髪にとても効果的です。カールのまとまりをよくするため、カールの強い癖毛にも適しています。
    • ホルムアルデヒド含むケラチントリートメントもあるため、事前に自分に合った施術を美容師さんに相談しましょう。
  5. 5
    髪に優しいシルク製やサテン製の枕カバーを使用する 綿性の枕カバーは髪へのあたりが強く、髪のうるおいを奪ってしまいます。シルク製かサテン製のものを使用して摩擦を防いでうるおいを守ることで、髪の傷み防止になります。[10]
    • シルクやサテン製の枕カバーは、ホームセンターやオンラインで購入できます。
    • 切れ毛や絡まりの防止にもなります。切れ毛がないほど髪はしっかりと長く伸びます。
    • シルク製が最も効果的ですが、サテン製の方が手頃に購入できます。
  6. 6
    染毛剤や縮毛矯正剤の使用を避けて髪の傷みを防ぐ 染毛剤やブリーチ剤、縮毛矯正剤などに含まれる化学薬品に髪が晒されることで、髪は乾燥し傷みます。そして乾燥した髪は切れ毛や枝毛ができやすくなります。できる限り長く太い髪を育てるには、化学的な施術は避けましょう。[11]
  7. 7
    薄毛には育毛ケアを試す 長く太い髪が欲しいが髪が薄い、細い人には育毛ケアが効果的です。ドラックストアなどで製品を購入して自分で行うこともできますし、美容院などにて施してもらうこともできます。育毛ケアでは、生えている髪を保護するとともに新しい髪の発毛促進をします。[12]
    • 化学薬品が含まれていることが多いため、育毛ケアを行う際は事前に調べることが大切です。日本で唯一発毛成分として認可されているのはミノキシジルという成分です。
    広告

方法 3 の 3:
髪をセットする

  1. 1
    猪毛パドルブラシかプラスチック製コームを使用して切れ毛を防ぐ 髪と頭皮に優しい商品を使用しましょう。パドルブラシは髪を伸ばして長く見せ、ロールブラシではボリュームを出して短く見せることができます。特に猪毛ブラシは、髪に自然な油分を与えて髪の健康を促します。[13]
    • また、金属部品のついていないヘアゴムを使用しましょう。金属部分が毛先に引っかかり髪を傷つけてしまうかもしれません。
    • 金属製コームは毛先の傷みの原因になることが多いので、プラスチック製コームを使用しましょう。
  2. 2
    自然由来の成分を多く含むヘア製品を使用する 洗い流さないトリートメントやヘアムース、ヘアジェル、ヘア美容液、ヘアスプレーなどを使用する際は、化学的または人工的な成分を多く含むものより、自然由来の成分でできたものを選びましょう。自然由来の製品は髪に活力とうるおいを与えますが、化学由来の製品は髪の油分を落としてしまい、極度の乾燥を引き起こしてしまいます。
    • ココナッツオイルやホホバオイル、ヒマシ油、アーモンドオイルを使用した製品を探しましょう。また、ペパーミント、ティーツリー、ユーカリなどの精油を含むヘア製品は太い髪の育成に効果があります。
  3. 3
    髪を増量するシャンプー、コンディショナー、ヘアケア製品を使う 自然由来のものに加え、「ボリュームを出す」「毛量を増やす」「髪を伸ばす」と謳っているシャンプーやコンディショナー、ヘア製品を購入しましょう。これらの製品には、キューティクルを開く成分が含まれています。また、育毛に特化した製品を使用するのも効果的です。[14]
    • 最大限に効果を出すためには、500円玉程の量を使用して洗ったりスタイリングしたりしましょう。
  4. 4
    ドライシャンプーでボリュームを出す 髪を多く見せるには、まず500円玉程の大きさにドライシャンプーを出して両手になじませます。そして髪の根元に指を通して髪につけましょう。これで一時的に毛束の幅を広くすることができます。[15]
    • また、ドライシャンプーは髪の根元を立たせるため髪を多く見せる効果があります。
  5. 5
    熱を与えるヘア用品の使用を避ける 髪を高熱に当てることは傷み、乾燥、枝毛の原因になります。髪をできるだけ健康に保つためには、あまりストレートアイロンやカールアイロンを使用しないことが大切です。なるべく自然なスタイリングにするか、髪をまとめるようにしましょう 。[16]
    • ヘアアイロンを使う際は、髪を熱から守るヘアアイロン用のスタイリング剤を使用しましょう。
    • イオンドライヤーやセラミック製ヘアアイロンを使用すると髪の傷みを軽減できます。
    • また、高熱を利用しないスタイリング方法もあります。例えばホットローラーを使用すれば、カールアイロンよりも低い熱でスタイリングができます。
    広告

ポイント

  • ストレス軽減も健康的な髪を育てるためには効果的です。
  • 髪が伸びるのを待つのに疲れた人は、ヘアエクステンションで長さとボリュームを足すこともできます。

広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

アロエベラを髪の毛に使う

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

自分で枝毛を取り除く

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
広告

このwikiHow記事について

Jenny Tran
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Jenny Tran. ジェニー・トランはテキサス州ダラスの首都圏にあるサロン「JT Hair Lab by Jenny Tran」の経営者です。 ヘアスタイリストとして7年以上の経験をもち、カラーリング、カット、そしてヘアエクステンションを専門としています。同サロンはプレミアムヘアプロダクトR+CoとMilbonの正規特約店でもあり、高品質なヘアケア製品を使用しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 157 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告