思った以上に髪を短くしすぎてしまった時には、今すぐにでも髪を伸ばしたいと思うことでしょう。残念ながら髪を速く伸ばすためのシャンプーはこの世に存在しませんが、髪を伸ばすための悩みを解消する方法ならいくつかあります。

パート 1 の 3:
髪を伸ばしながら形よくヘアスタイルを整える

  1. 1
    望みのスタイルを決める 髪を伸ばしている最中に望みのヘアスタイルを決めておきましょう。[1] そうすれば、美容院で毛先をそろえてもらう時にも、目標のヘアスタイルに近づくようにカットしてもらうことができます
    • ロングレイヤーにしたければ、まだ髪が短いうちに美容師さんに段をつけてもらうこともできます。
    • 望みのヘアスタイルの写真を美容院に持っていきましょう。そうすれば、美容師さんにもどんな髪型にしたいのかがよく解かります。
  2. 2
    まだ髪が短いうちに毛先をそろえる 髪の長さが肩より短くても、1ヶ月に1回程度は毛先をそろえてもらいましょう。ショートヘアは長い髪よりも頻繁にお手入れをする必要があります。
    • 美容師さんには現在髪を伸ばしていることをきちんと伝えましょう。伝えておかないと、髪を必要以上に短く切られて、伸ばす時間が余計にかかってしまうかもしれません。
    • 肩より長く髪が伸びたら、これまでほど頻繁に毛先をそろえる必要はありません。このくらいまで髪が伸びたら、形を整えなくても、髪の自然な重さで髪がまとまるようになります。3-4ヶ月ごとに毛先をそろえるだけで、枝毛のない健康的な髪を保つことができます。それ以外は、ただ髪が伸びるのを待つだけです。
  3. 3
    今の髪型を最大限に楽しむ まだまだベリーショートなピクシーカットのままでも、あと数センチで目標の長さになりそうな時でも、髪が伸びるのを待っている間にその時の髪型を十分に楽しみましょう。
    • いろいろと試してみましょう。伸ばしている途中の上手くまとまらない髪型になっていますか?そんな時は、ずっとこの髪型にしたかったのだと自分に言い聞かせましょう。ブローやカールで髪型を変えたり、そのままの髪型を楽しむのもよいでしょう。どんな髪型にするにしても、自分らしい髪型にします。どんな髪型でも自信を持って行動すれば、あえてそのスタイルにしているのだと思われるでしょう。
    • ヘアーバンド、ピン、ヘアアクセサリーなどで短くはみ出した髪をまとめ、同時にシックな外見を作りましょう。[2]
    • 帽子を活用しましょう。朝起きて、どうしても髪型が気に入らないという日には、可愛い帽子をかぶってみましょう。季節に合わせて、冬には可愛いトボガンハットや夏にはストローハットなど、おしゃれで目立つ帽子をかぶりましょう。
    広告

パート 2 の 3:
速く髪が伸びる習慣

  1. 1
    髪の洗いかたを変える 毎日髪を洗うと、髪本来が持つ髪の健康と強度を保つための油分が失われ、髪を乾燥させます。その油分を洗い流してしまうと、枝毛や切れ毛の原因になります。そうなると、頻繁に毛先をカットする必要が生じて、目標の長さに髪を伸ばすまでに余計な時間がかかることになります。髪を健康的に保つために、次の習慣を始めましょう。
    • 髪を洗うのは一週間に3、4回にする 始めは髪がベタベタするように感じるかもしれませんが、頭皮はすぐに油分の分泌量を調整して、適量しか分泌しなくなります。
    • なるべく冷たい水で洗う 髪を熱いお湯で洗うと枝毛や縮れ毛の原因になります。一方、冷たい水で髪を洗うと、髪の一本一本が元気で滑らかになります。
  2. 2
    慎重に髪を乾かす 乾かし方一つで、髪の伸び方は変わってきます。タオルでゴシゴシと拭いてから絡まった髪をブラシでといて、それからブローする・・・これは切れ毛の最大の原因です。髪を伸ばしている間はそれをやめて、次の方法を行いましょう。
    • シャワーから出たら、髪から余計な水分をやさしく絞り出し、柔らかいタオルでそっとたたくようにして水分を拭き取ります。こすったり揉んだりせずに、やさしくたたくだけです。
    • 目の粗いくしで梳かしましょう。ブラシよりも簡単に梳かすことができます。絡まった髪はやさしくほどきましょう。引っ張って髪を傷つけないように注意してください。
    • なるべく自然乾燥させましょう。これが髪にとって最も良い乾かし方です。
  3. 3
    やさしくスタイリングする 特別なイベントに出かける時や髪をきちんと整えたい時には自然乾燥では無理があるかもしれません。髪を滑らかに仕上げたい時には次の方法を試してみましょう。
    • ドライヤーの冷風で乾かす これだけで髪に与えるダメージがぐんと減ります。その上、自然乾燥よりも滑らかな仕上がりになります。
    • 熱を使わずに髪をカールする ヘアアイロンを使わずにできる、Tシャツ方法、靴下方法などを試してみましょう。
    広告

パート 3 の 3:
健康的な髪を作る生活習慣

  1. 1
    髪に化学物質を使わない 使用しているヘアケア製品の原材料をチェックしてみましょう。市販のシャンプーやコンディショナー、ヘアスタイリング剤は、短期間に髪を美しく見せるための化学薬品をたくさん含んでいますが、長期的に見ると、髪を乾燥させてダメージを与えます。髪にもっとよい製品を選べば、髪を伸ばしている間に髪が艶を失ったり乾燥することを防げます。
    • 硫酸塩が入っていないシャンプーを選びましょう。硫酸塩は食器洗い用洗剤などに使われており、髪に深刻なダメージを与えます。「硝酸塩を含まない」と書かれたシャンプーを買うか 、自家製シャンプーを使いましょう。
    • シリコン入りコンディショナーやスタイリング剤の使用は避けましょう。シリコンは髪に浸透して艶を出しますが、長く使用していると髪から艶を奪うようになります。シリコンは硫酸塩入りのシャンプーを使わないと落ちないため、使用は避けるべきです。
    • ブラジリアンケラチントリートメントや薬品を使ったパーマなどは避けましょう。
    • 髪を伸ばしている間は、カラーリングやブリーチをしないようにしましょう。
  2. 2
    正しい食生活と十分な水分補給 バランスのよい食事と十分な水分補給は艶のある強い髪を作るために非常に大切です。艶のある強い髪は、髪を伸ばすためのプラス要素でもあります。
    • 一日にグラス8杯の水を飲みましょう。脱水作用のある飲み物は避けましょう。
    • ビタミンB類を十分に摂取しましょう。果物や野菜、ナッツ類などに含まれるこのビタミンは、太くて強い髪を保ちます。
    • タンパク質を十分に摂りましょう。タンパク質は髪を作る物質です。そのため健康な髪にタンパク質は不可欠です。肉や魚、豆類、葉物野菜をたくさん食べましょう。
    • オメガ3脂肪酸を摂取しましょう。こうした体に良い脂肪は髪の艶を保ちます。鮭やオリーブオイル、ナッツ類、アボカドなどに多く含まれています。
    広告

ポイント

  • ホットオイルトリートメントがパーマの代わりになります。 油分が頭皮と髪を潤します。
  • コテやヘアアイロンは髪が伸びるまで仕舞っておきましょう。
  • 天然のバージンココナッツオイルを試してみましょう。この天然成分には頭皮の状態を整える効果があります。大さじ3杯のココナッツオイルを溶かして、髪につけるだけです。必要に応じて1時間から一晩そのままオイルをつけたままにして、最後に洗い流します。髪にオイルが残らないようにしっかりと洗いましょう。これで、シルクのような滑らかな髪が手に入ります。
  • 髪が伸びるまでには時間がかかります。辛抱強く気長に待ちましょう。

広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

ネイルグルーを落とす

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

シェラックネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む41人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,251回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 2,251 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告