染料や化学薬品の使用で髪がくすんだり、ボロボロになったり、傷んでいるなら、今すぐ髪を健康にするために行動を起こしましょう。健康的な洗髪とスタイリングの習慣を実践し、刺激の強い処置を避け、栄養のある食事を取れば、髪はすぐに健康を取り戻します。

パート 1 の 3:
健康的な洗髪とスタイリングの習慣を実践する

  1. 1
    洗髪習慣を変えましょう。毎日髪を洗っていませんか?これでは、髪の輝きと健康を保つために頭皮が分泌する脂を洗い流してしまうので、髪が非常に乾燥します。また、髪を毎日洗い、この脂を取り去ることで皮脂腺の活動が過剰になり、髪が脂性になってしまいます。代わりに以下の習慣を実践しましょう。
    • 一週間に3、4回だけ髪を洗うようにしましょう。洗わない期間を設けることで、髪がバランスを取り戻します。最初の一週間くらいは少し脂ぎった感じになりますが、すぐに髪が健康になり、かつてないほど生き生きとしてきます。
    • コンディショナーは冷水で流しましょう。お湯は髪には刺激が強いので、枝毛や縮れの原因になります。冷水でコンディショナーを洗い流すことでキューティクルが引き締まり、輝いた弾むような髪になります。
  2. 2
    髪を優しく扱いましょう。髪を最高級の絹のドレスだと考えてみましょう。このドレスを手洗いした後、丸めたり、絞ったりしますか?形や繊維を壊したくないのであれば、そうはしないはずです。髪も同じように繊細であり、健康を保つためには注意して扱う必要があります。
    • 髪を洗った後は、絞る代わりにタオルで優しく叩いて乾かしましょう。それから空気乾燥させて仕上げます。
    • ブラシの代わりに櫛を使いましょう。髪がもつれているところに無理やりブラシを通すと髪が裂けたり切れたりします。目の大きな櫛で毛先から根元の順に優しくもつれを解いていき、切れ毛になるのを防ぎましょう。
  3. 3
    スタイリング道具は控えめに使用しましょう。ドライヤー、ストレートアイロン、コテ、ホットカーラーは特別な時にだけ使用します。熱を与えることで髪は傷むため、代わりに空気乾燥させるのが髪の健康には最も理想的です。
    • たまにドライヤーを使用したいときは、冷風に設定して使用しましょう。
    • 熱を使うスタイリング道具を使用するときは、事前に髪を熱から守る製品を付けましょう。
  4. 4
    自宅で作れるトリートメントを使用しましょう。卵の黄身とオリーブオイルのヘアマスクや酢のリンスを使用したり、プレーンヨーグルトやサワークリームを髪に付けましょう。使用方法はインターネットで検索できます。
  5. 5
    エッグオイルを使用しましょう。エッグオイルはオメガ3脂肪酸、抗酸化物質、コレステロールを含み、抜け毛、白髪、縮毛といった髪の問題をまとめて解決できます。
    広告

パート 2 の 3:
髪を健康にする製品を使用し、髪を傷める処置を避ける

  1. 1
    天然成分のヘアケア製品を使用しましょう。市販のヘアケア商品を使えば素晴らしい効果を得ることができますが、大抵の商品は髪から水分や弾力性、艶を奪う成分を含んでいます。髪に栄養を与えるハーブ、オイル、クリームでできた製品に変えれば、すぐに違いを実感できるでしょう。
    • 大抵のシャンプーは硫酸という強い洗浄成分を含んでおり、これは髪の自然な脂を取り去り、髪を縮れさせたりボロボロにします。代わりに、洗浄作用のあるハーブやオイルで作られた、硫酸を含まない天然成分のシャンプーを選びましょう。自然食品の店をのぞいて探してみるのも手です。化学薬品を少しでも含むシャンプーは使用を控えましょう。
    • アロエ、ココナッツオイル、シアバターなどの天然の成分でできたコンディショナーは髪に潤いを与え、健康で若々しく保ちます。
    • 名前を読むのが難しい化学薬品を大量に含むスタイリング剤は使用を避けましょう。ヘアジェルやスプレーは店で買わずとも、自作することもできます。
  2. 2
    洗髪やパーマの間隔を開けましょう。染料やブリーチ、ブラジリアン・ブローアウト、ストレートパーマや縮毛矯正、パーマに含まれている化学薬品は、頻繁に使用すれば髪を非常に傷めます。
  3. 3
    オイルトリートメントをしましょう。髪の柔らかさと輝きを取り戻したいなら、根元と毛幹、そして特に毛先に週に2回オイルを付けましょう。オイルはコンディショナーの代わりに使うか、髪を乾かしてから付けましょう。数週間に一度、以下のトリートメントで髪を深部からケアしましょう。
    • オリーブオイルかアーモンドオイルを髪に付け、マッサージしましょう。
    • シャワーキャップかビニールのラップで髪を覆います。
    • 2時間あるいは一晩、髪にオイルを浸透させます。
    • 濯いだ水が綺麗になるまで、冷水で髪を濯ぎます。それから通常通りシャンプーとコンディショナーをします。
  4. 4
    アロエのヘアマスクを作りましょう。このマスクは髪を輝かせ、また髪を健康にする効果もあります。一週間に2回使用しましょう。
    • アロエの葉を掴んで外皮を剥き、透明のジェルを出します。
    • アロエのジェルを髪全体に塗ります。
    • 10〜15分置きます。
    • アロエジェルを水で流します。
    広告

パート 3 の 3:
健康的な生活習慣を実践する

  1. 1
    髪の健康に良い栄養を取りましょう。タンパク質、ビタミンB、鉄分、オメガ3脂肪酸を豊富に含んだバランスの取れた食事を摂ることで、髪を最大限豊かで健康に保つことができます。
    • ビタミンBは豊かで強い髪を維持するのに役立ちます。果物、野菜、ナッツをたくさん食べ、十分なビタミンBを摂取しましょう。
    • 牛肉、鶏肉、豚肉、魚、ケールやほうれん草のような葉物野菜を食べると、鉄分とタンパク質を摂取できます。
    • 鮭、くるみ、アボカドはオメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり、輝く健康な髪を維持するのに役立ちます。
    • 髪の強化を目的としたビタミン剤を摂取するのもよいでしょう。妊婦用ビタミンの中には髪、爪、肌を健康にする様々な成分が含まれているため、摂取してみましょう。
  2. 2
    様々な要因から髪を保護しましょう。日光、風、冷気から肌を保護するのとちょうど同じように、髪も保護する必要があります。さもなければ、次第に髪が乾燥し、脆くなってしまいます。
    • 日差しが強いときは帽子やスカーフで髪を覆い、乾燥を防ぎましょう。
    • 冬に濡れた髪で外出してはいけません。髪は凍ると脆くなり、縮毛の原因にもなります。
    • 化学物質からも髪を保護しましょう。髪をあまり頻繁に塩素に晒してはいけません。泳ぐときは水泳帽をかぶりましょう。
  3. 3
    髪を頻繁に切り整えましょう。これは髪を健康に保つために重要なステップです。6ヶ月ごと、あるいは枝毛が出始めたらすぐに髪を切り整えるようにします。こうすると、枝毛から進行して髪が上の方まで裂けてしまうのを防げます。また髪が切れにくくなり、健康で生き生きとした見た目になります。
    広告

ポイント

  • 蜂蜜とコンディショナーを混ぜて、髪に付けます。それから髪をビニール製のキャップやタオルなどで覆い、30〜50分置いて流します。
  • 一週間に一度、ヘアマスクを使いましょう。髪を濡らし、ヘアマスクを付け、最低でも5〜10分間置き、冷水で流します。ヘアマスクを使用すると髪を大変健康に保つことができます。
  • 美容室で髪をケアしてもらいましょう。美容室で特別なトリートメントをしてもらえば、より大きな効果を得られるはずです!

広告

注意事項

  • 髪の成長を促すとか、髪を健康にすると謳っている飲み薬には注意しましょう。全てが悪いというわけではありませんが、中には偽物や有害なものもあります。
  • 枝毛を修繕するシャンプーなど存在しません。修繕する唯一の方法は、髪を切り整えることです。
広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

お酒の臭いを消す

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

えくぼを自然に作る

How to

衣類のカビ臭さをなくす

How to

爪を噛むのをやめる
広告

このwikiHow記事について

Christine George
共著者 :
Christine George
チーフヘアスタイリスト、ヘアカラーリスト
この記事の共著者 Christine George. クリスティン・ジョージはカリフォルニア州ロサンゼルスにて高級ブティックサロン「Luxe Parlour」を経営しているチーフヘアスタイリスト兼ヘアカラーリストです。ヘアスタイリストとヘアカラーリストとして23年以上の経験があり、通常のサロンサービスの他にもオーダーメイドカット、プレミアムカラーリング、バレイヤージュ、クラシックハイライト、カラー矯正などの施術を行っています。ニューベリー美容学校にて美容術の学位を取得しました。
このページは 888 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告