髪の毛をブリーチすることで、派手で目立つ髪色に仕上がりますが、ブリーチはダメージの原因にもなります。ブリーチ前の髪が金髪でも黒髪でも、髪を守り、修復することで、ダメージを最小限に抑えることができるでしょう。ブリーチの手順はそれほど難しいものではありませんが、失敗するリスクを減らすために、慎重に進める必要があります。まずブリーチの前に、コンディショニングトリートメントで髪の状態を整えておきましょう。また、ブリーチ後には、髪のうるおいを回復させるためのケアも必要です。

方法 1 の 5:
髪の状態を整える

  1. 1
    ブリーチ前の1週間は毎日ディープコンディショニングマスクをつける ブリーチをすると髪の水分が減ってしまうので、ブリーチの前の数日に髪の水分を補っておきましょう。ディープコンディショニングマスクを購入し、説明書の指示に従って髪に塗布します。髪全体に塗布したら、説明書に書かれている時間を参考に一定時間待ちましょう。その後冷たい水で洗い流します。[1]
    • 髪の毛をブリーチする前の1週間、このトリートメントを毎日繰り返しましょう。
    • 冷たい水で毛幹(髪の毛の皮膚から上の部分)が引き締まり、ツヤツヤになります。
    • トリートメントをつけたら、30分ほど待たなくてはいけない場合もあるでしょう。
  2. 2
    48時間前にブリーチ剤のテストをして反応を確認する ブリーチする予定の約48時間前に少量のブリーチ剤を作ります。ブリーチパウダー(1剤)とディベロッパーまたは過酸化水素(2剤)を混ぜ合わせましょう。出来上がったブリーチ剤を、肌と髪の一部に塗ります。30分ほど放置してから洗い流して、結果を確認しましょう。[2]
    • 髪の色合いが希望通りか確認しましょう。テストすることで、ブリーチ後にどのような髪色になるかがわかります。もっと明るくしたい、または暗くしたいという場合は、放置する時間を調整しましょう。
    • ブリーチ剤による肌の炎症がないかチェックします。炎症を起こしていたら、そのブリーチ剤が肌に合わないか、放置する時間が長すぎたのかもしれません。

    注意事項:肌にかゆみやヒリヒリ感が出てきたら、すぐにブリーチ剤を洗い流しましょう。症状が続く場合は、医師の診察を受ける必要があります。

  3. 3
    皮脂の膜ができるようブリーチの24時間前に髪を洗う 皮脂の膜は、ブリーチによる頭皮へのダメージを防ぐ役割を果たします。ブリーチをする24時間前にシャンプーをし、コンディショナーで髪に潤いを与えましょう。[3]
    • 洗髪をするのは、ブリーチをする48時間前でも構いません。
    広告

方法 2 の 5:
ブリーチによるダメージを最小限にする

  1. 1
    プロにブリーチをしてもらう 美容室では、市販のものよりも上質なブリーチ剤を使用しているため、髪や頭皮へのダメージも少なくて済むでしょう。また、プロのヘアスタイリストは、ダメージを最小限に抑えるためのブリーチ剤の塗り方も知っています。髪にダメージを残したくないなら、美容室に行ってプロにブリーチしてもらいましょう。[4]
    • 1回のブリーチでどのくらい明るい色にできるか、担当のスタイリストに聞いてみましょう。希望通りの仕上がりになるようアドバイスしてくれるはずです。
  2. 2
    栄養成分が配合されているブリーチ剤を選ぶ 自分でブリーチをする場合は、自分の髪に合うブリーチ剤を使いましょう。髪質を改善し、髪の健康を保つ成分の含まれた高品質のブリーチ剤を選びます。ヘアブリーチ剤の表示をよく読んで、ダメージを防ぐ効果があるものを探しましょう。[5]
    • 例えば、Brazilian Bond BuilderやOlaplexのヘアケア剤などをブリーチ剤に混ぜることで、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。
  3. 3
    3%か6%のディベロッパーを使う パーセンテージの低いディベロッパーを使うと、ブリーチ効果が弱まり、髪へのダメージが少なくなります。3%か6%のディベロッパーだと、希望の髪色になるまでに時間がかかりますが、ダメージは最小限に抑えることができるでしょう。パーセンテージの低いディベロッパーがついているブリーチキットを選ぶか、ブリーチパウダーとディベロッパーを別々に購入して、パーセンテージの低いディベロッパーを選びます。
    • 3%や6%のディベロッパーは、美容用品店やインターネットで購入しましょう。
  4. 4
    黒髪から明るい色にする場合は時間をかける 黒髪から色素を抜く際には、かなり時間がかかり、髪へのダメージも大きくなります。この場合は、理想の髪色になるまで何度かに分けてブリーチをすることで、ダメージを最小限に抑えることができるかもしれません。ブリーチとブリーチの間は、最低でも10日間は空けるようにし、髪の状態を整えましょう。毎日ディープコンディショナーを使い、ブリーチによるダメージで傷んだ髪を補修します。[6]
    • 6週間の間に3回ブリーチを行い、ブリーチとブリーチの間の2週間を髪の補修にあててもよいでしょう。
  5. 5
    染めた髪の場合は放置する時間を30分以内に短縮する 染めた髪へのブリーチも可能ですが、髪へのダメージが大きくなります。また、元々の髪色から色を抜く場合ほどには、明るい色にならないでしょう。染めた髪をブリーチする場合には、ブリーチ剤を塗って放置する時間を30分以内にします。[7]
    • 染めた髪をブリーチする際は、プロのスタイリストに相談しましょう。
    • 染めた髪をブリーチすると、髪の色がまだらになってしまうことがあります。その場合は、スタイリストに相談して、これ以上髪を傷めずに見た目を整える方法をアドバイスしてもらいましょう。

    注意事項:髪の毛をかなり暗い色に染めてしまった場合、ブリーチはプロのスタイリストに頼みましょう。自分でブリーチすると、修復できないほどのダメージが残るかもしれません。[8]

    広告

方法 3 の 5:
自宅でブリーチ剤を調合する

  1. 1
    ブリーチ剤がつかないよう、古いタオルで肩を覆う 髪の毛に塗っている時に、ブリーチ剤が垂れてきてしまうかもしれません。肌や衣類を守るためにも、ブリーチの前に古いタオルを肩にかけておきましょう。[9]
    • 汚れてもよいタオルを使いましょう。ブリーチ剤がつくとタオルが変色してしまいます。
    • 美容室で使われるようなケープを持っている場合は、ケープで体を覆って肌や衣服にブリーチ剤がつかないようにしましょう。安価なケープなら、美容用品店やインターネットなどで購入できます。
  2. 2
    手を保護するために手袋をする ブリーチ剤は肌への刺激が強く、化学熱傷(化学薬品による火傷)の原因になることがあるので、手袋をして手を保護します。ブリーチ後に捨てられるビニール手袋を使うとよいでしょう。[10]
    • 手袋を装着してから、薬剤を扱うようにしましょう。
  3. 3
    プラスチック製のボウルに青または紫のブリーチパウダー(1剤)を入れる ブリーチパウダーまたはブリーチキットに記載されている指示に従って量を測り、プラスチック製のボウルにブリーチパウダーを入れます。[11]
    • 青や紫のパウダーを使うと、ブリーチ後に真鍮のような色になるリスクを軽減できるでしょう。
    • ブリーチパウダーとプラスチック製のミキシングボウルは、地元の美容用品店やインターネットなどで購入できます。
    • ブリーチ剤は金属と化学反応を起こす可能性があるので、ブリーチ剤の配合の際は必ずプラスチック製のボウルを使用しましょう。

    ポイント:ブリーチパウダーとディベロッパー、または過酸化水素がセットになったブリーチキットを使ってもよいでしょう。ほとんどの美容用品店やインターネットで購入できます。

  4. 4
    ボウルにディベロッパーまたは過酸化水素(2剤)を加える パッケージに記載されている指示に従って量を測り、ブリーチパウダーの入ったボウルに注ぎ入れましょう。1剤と2剤が混ざり合うと少しだけ泡が発生します。[12]
    • 金髪をブリーチする際は、3%のディベロッパーを使いましょう。
    • ライトブラウンの髪には、6%のディベロッパーを使います。
    • ダークブラウンの髪や黒髪の場合は、9~12%のディベロッパーを使った方がよいかもしれません。ただ、日本では6%のものまでしか販売されていませんし、髪へのダメージを最小限に抑えたいのであれば、6%のディベロッパーを使いましょう。
  5. 5
    プラスチック製のアプリケーターブラシでかき混ぜる ブリーチパウダーとディベロッパーまたは過酸化水素を入れたボウルに、ブラシの先端を挿し入れてかき混ぜましょう。ブリーチ剤が均等に混ざり、ダマがなくなるまでかき混ぜ続けます。[13]
    • プラスチック製のアプリケーターブラシは、地元の美容用品店やインターネットで購入できます。ブリーチ剤と化学反応を起こす可能性があるので、金属製のものは使わないようにしましょう。
    広告

方法 4 の 5:
自分で髪をブリーチする

  1. 1
    髪を一色に統一したい場合は、髪全体をブリーチする 髪を縦半分に分けたら、次に横半分に分けて4つのセクションを作ります。上半分をそれぞれプラスチックのクリップでとめましょう。下半分の片方にブリーチ剤を塗ります。毛先から根元に向かって塗っていきましょう。下半分のもう一方と上半分にも同じように塗っていきます。根元から毛先まで、ブリーチ剤を均一に塗布しましょう。[14]
    • 髪の毛が太い場合は、6分割にしたほうが、ブリーチ剤を均等に塗りやすいかもしれません。
    • 1つのセクションが広すぎると感じる場合は、ブリーチを均等に塗りやすいように小分けにしてもよいでしょう。ただし塗り残しのないよう注意が必要です。
    • ブリーチ剤が頭皮につかないようにしましょう。頭皮につくと火傷を負ったり、ヒリヒリしたりすることがあります。

    注意事項:髪をブリーチする際には、必ずプラスチック製のクリップを使用しましょう。金属製のクリップの場合、ブリーチ剤と化学反応を起こし、髪を傷めることがあります。

  2. 2
    ハイライトキャップを使ってハイライトを入れる ハイライトキャップを頭にかぶり、開いている穴から髪を引っ張り出します。ハイライトを入れる箇所の数に応じて、すべての穴を使うか、一部の穴だけを使うかを判断しましょう。アプリケーターブラシで穴から出ている髪の毛全体にブリーチ剤を塗ります。キャップ本体にはブリーチ剤がつかないよう、髪束だけに塗るようにしましょう。[15]
    • キャップにブリーチ剤がつくと穴から髪の毛に染み込み、髪の毛に斑点のような模様ができてしまうことがあります。

    その他の方法:髪全体にハイライトを入れたい場合はクリップで4分割に、トップのみにハイライトを入れたい場合は2分割にしましょう。最初にハイライトを入れる部分の髪をおろして、櫛の先で少しずつ分けてハイライトを入れていきます。ブリーチする部分の下にホイルをあて、ブリーチ剤を髪の毛に塗ったら、ホイルを折り返して髪の毛の他の部分にブリーチ剤が付かないようにしましょう。頭全体で同じ作業を繰り返し、理想のスタイルになるまでハイライトを入れていきます。

  3. 3
    ブリーチする毛束の量をバラバラにし、バレイヤージュ効果を出す トップの髪の毛をクリップでとめ、下の部分の髪の毛からブリーチしていきます。少量の髪を束にし、肩越しに前に持ってきて、指かアプリケーターブラシでブリーチ剤を塗りましょう。反対側からも少量の髪の束を前に持ってきて、ブリーチ剤を塗ります。同じ要領で髪のあちこちにハイライトを入れていきましょう。[16]
    • ブリーチ剤が他の髪に付かないよう、ブリーチした髪をホイルで覆ってから、トップの部分をおろします。トップ部分でも毛束を作ってブリーチ剤をつければ、ハイライトを入れる作業は完了です。ブリーチした髪はホイルで覆いましょう。
    • バレイヤージュなら、ハイライトキャップやホイルを使った方法よりも、自然なハイライトを入れることができます。ブリーチする毛束の量がバラバラでも問題はありません。
  4. 4
    髪の毛をラップやシャワーキャップで覆う 頭を覆って熱を閉じ込めましょう。ブリーチがより早く進みます。台所にあるラップかシャワーキャップで頭全体を覆い、頭から発する自然な熱を閉じ込めましょう。[17]
    • 髪の毛を覆わなくてもブリーチは進みますが、髪を覆った方が早く色が抜けます。
  5. 5
    理想の髪色になっているか5~10分ごとにチェックする ブリーチ剤を塗って5~10分放置した後、ブリーチ剤を少し拭き取って色を確認します。理想の髪色になっていない場合は、さらに5〜10分間おきましょう。理想の髪色になるか、40分経つまで、髪色のチェックを続けます。[18]
    • ブリーチ剤を髪につけておく時間が短いほど、髪へのダメージも少なくて済みます。
  6. 6
    最長40分までブリーチ剤をつけておく ブリーチ剤をつけるとすぐに色が抜け始めますが、理想の髪色になるまでには時間がかかる場合があります。ただし、ブリーチ剤を塗ってから40分経ったら洗い流すようにしましょう。[19]
    • 理想の髪色になっていなくても、ブリーチ剤を塗ってから40分以上放置しないようにしましょう。髪が傷んで切れてしまいます。
    • 髪の色に満足できない場合は、10日ほど経ってから再度ブリーチします。あるいはスタイリストに相談して、プロにブリーチしてもらってもよいでしょう。
  7. 7
    シャンプーで髪を洗ってブリーチ剤を落とす 冷たい水でブリーチ剤を洗い流しましょう。普段の1/4程度の量のシャンプーを指にとり、髪につけます。髪と頭皮をマッサージするようにシャンプーをなじませてブリーチ剤を落としていき、最後にぬるま湯で髪をすすぎましょう。[20]
    • 髪の毛についたブリーチ剤はすべて落としましょう。必要なら、もう一度シャンプーをして、ブリーチ剤を完全に洗い流します。
  8. 8
    ディープコンディショナーをつけて水分を補う シャンプーの後、ディープコンディショナーを髪につけます。そのまま3分以上待って髪に浸透させたら、冷たい水で洗い流しましょう。[21]
    • 冷たい水で毛幹が引き締まり、髪がツヤツヤになります。
  9. 9
    さらにダメージを与えないよう自然乾燥させる ブリーチ剤は化学薬品なので、髪にダメージが残ります。ブリーチ後は、それ以上髪を傷めないよう、ドライヤーで乾かすのはやめておきましょう。髪へのダメージを軽減できるかもしれません。ブリーチを洗い流したら、髪は自然乾燥させます。[22]
    • なるべく髪が縮れないよう、髪の毛にスムージングクリームをなじませてもよいでしょう。

    その他の方法:ドライヤーで乾かさなければならない場合は、髪へのダメージを最小限にするために、ヒートプロテクトを髪につけましょう。ヒートプロテクトをつけたら、低~中(low~medium)の温度でブローしながら乾かしていきます。

    広告

方法 5 の 5:
ブリーチした髪のケアをする

  1. 1
    ブリーチ後は1週間毎日ディープコンディショニングマスクをつける ブリーチをすると髪の水分が奪われるため、ディープコンディショナーで補う必要があります。ブリーチ後の1週間は毎日、ディープコンディショニングマスクで髪をケアしましょう。髪の毛全体につけて、製品に記載されている時間が経ったら、冷たい水で洗い流します。[23]
    • コンディショナーは必ず冷たい水で洗い流すようにしましょう。毛幹が引き締まり、髪がツヤツヤになります。
    • ディープコンディショニングマスクをつけて30分放置し、じっくり浸透させるのもよいでしょう。

    ポイント:毎日シャンプーをする必要はありません。シャンプーはせず、ディープコンディショニングマスクをつけるだけでもよいでしょう。

  2. 2
    週に一度ボンドリペアトリートメントで髪を修復する ボンドリペアトリートメントには、髪の毛を修復してツヤを出す効果があります。パッケージに「ボンドリペア(bond-repairing)」の表示のある製品を探しましょう。トリートメントをたっぷりと髪につけて、髪の毛を梳かします。最低30分は放置しましょう。最後にシャンプーをしてトリートメントを落とせば、柔らかく艶のある髪に戻っているはずです。[24]
    • できれば数時間はトリートメントをつけたままにしておき、より長い時間をかけて浸透させましょう。ナイトキャップなどで髪を覆って、一晩中つけたままにしておいてもよいでしょう。
    • 市販のボンドリペアトリートメントを使えば、自宅でトリートメントをすることができます。あるいは美容室で、ボンドリペアトリートメントを使った施術を受けてもよいでしょう。美容室でトリートメントをしてもらった方が仕上がりはよくなりますが、日ごろから自宅で行うことで、より健康的な髪を手に入れることができるでしょう。
  3. 3
    週に一度、紫シャンプーで髪を洗って真鍮色を抜く 金髪にした髪の毛が真鍮色やオレンジ色になるのはよくあることですが、紫シャンプーを使えば変色した髪を元に戻すことができます。自分の金髪の色合いに合わせて紫シャンプーを選びましょう。週に一度は、普段使っているシャンプーの代わりに紫シャンプーで髪を洗うようにします。[25]
    • スタイリストに、どの紫シャンプーを使えばよいか聞いてみましょう。
    • 紫シャンプーは美容室やインターネットで購入できます。
  4. 4
    4~6週間ごとに根元をブリーチして色を一定に保つ 髪の毛が伸びてきて色合いの差が目立つようになる前に、髪の根元のブリーチをしましょう。間を空けすぎると、均一な色合いの金髪に戻すために、髪全体をブリーチしなくてはいけなくなるかもしれません。髪が伸びるのが早い場合は4週間ごとに、遅い場合は6週間ごとに、根元部分のブリーチを行うようにしましょう。[26]
    • 色合いの違う根元部分が、2cm以上の長さにならないようにしましょう。
    広告

ポイント

  • 髪の毛を傷めずにブリーチする方法はありませんが、ダメージを軽減することはできるかもしれません。[27]

広告

注意事項

  • ブリーチ剤は肌への刺激が強い薬剤です。頭皮がかゆくなったり、焼けるように熱くなったりした場合は、すぐにブリーチ剤を洗い流してダメージを最小限にしましょう。[28]
広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

自分でロングヘアを切る

How to

アロエベラを髪の毛に使う

How to

髪を切るかどうか判断する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ネイルグルーを落とす

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

自分で枝毛を取り除く

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
広告

このwikiHow記事について

Arthur Sebastian
共著者 ::
Arthur Sebastian Hair Salon経営者
この記事の共著者 : Arthur Sebastian. アーサー・セバスチャンはサンフランシスコにてヘアサロン、「Arthur Sebastian Hair Salon」を経営しています。セバスチャンはヘアスタイリストとして20年以上働いており、ヘアスタイリストの「真の仕事」はへアスタイリングへの愛と情熱から生まれるものであると信じています。アーサーは1998年に認定美容師の資格を取得しています。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 137 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告