PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

健康的な髪は柔らかく、手触りはまるで絹のように滑らかです。髪がパサついてもろくなってしまうのは、髪を保湿する天然の油分が失われる事が原因です。毛髪はこのような状態になってしまいがちですが、お手入れで簡単に改善する事ができます。ここでご紹介するヘアケアを試してみませんか。ご自分の髪質に合ったお手入れが見つかるでしょう。

方法 1
方法 1 の 8:
ヘアマスクでお手入れ

  1. 1
    マヨネーズのヘアマスクを試してみませんか。卵アレルギーの方はマヨネーズのお手入れはしないで下さい。マヨネーズの成分は乳化した卵黄と食用油ですので、髪を艶々ふんわりさせるのに必要な油分を補う効果があります。髪をマヨネーズで完全にコーティングし、30分そのままにします。お手入れは脂肪分無調整の普通のマヨネーズを使うと効果が出ます。マヨネーズを揉みこんだ後は、お湯で洗い流してからシャンプーし、コンディショナーで整えましょう。
  2. 2
    週に2回は地肌を卵油でマッサージしてから一晩置きます。卵油には次のような成分が含有されています。
    • 毛包幹細胞を活性化させるドコサヘキサエン酸(DHA)などの長鎖n-3多価不飽和脂肪酸
    • 老化を防止するルテインやゼアキサンチンなどの抗酸化キサントフィル
    • 炎症を抑える免疫グロブリン
    • 髪に光沢と艶を与え、フケも抑えるコレステロール
  3. 3
    ゼラチンマスクをしてみましょう。髪のタンパク質の補修には、ゼラチン大さじ1杯とお湯大さじ1杯を混ぜたものを髪にコーティングします。塗ってから10分待ってから洗い流します。その後はいつものシャンプーとコンディショナーをします。シャンプーとコンディショナーは天然ハーブを含有しているものを使いましょう。
  4. 4
    ハイビスカスマスクをしましょう。ハイビスカスの葉をフードプロセッサーに入れてペーストにします。ペーストは地肌と根元に重点的に塗ります。30分そのままにしてからお湯で洗い流し、シャンプーします。ハイビスカスのお手入れは若白髪の予防に効果があります。
    広告

方法 2
方法 2 の 8:
アロエベラでお手入れ

  1. 1
    アロエベラでお手入れしてみましょう。アロエベラの葉を直接使う、もしくはアロエベラを100%含有している製品を使います。髪にアロエベラのジェルを塗って根元から毛先に向かってマッサージします。ジェルを塗った状態で2時間程待ってから洗い流します。その後は通常のシャンプーとコンディショナーをします。

方法 3
方法 3 の 8:
フルーツでお手入れ

  1. 1
    アボカドとバナナを使います。アボカド1個とバナナ1本を一緒に潰してペーストにします。ペーストを髪に塗って隅々まで行き渡らせます。1時間待ってから洗い流します。アボカドとバナナの組み合わせは枝毛を柔らかくし、髪に弾力を与えます。
  2. 2
    アボカドと卵黄でお手入れします。アボカドと卵黄を一緒に混ぜ合わせます。しっかりと混ざり合ったペーストになっている事を確かめましょう。髪に塗って30分から45分そのままにします。その後は髪を冷水で洗い流します。このお手入れで健康的で活き活きとした髪を保つことができます。
  3. 3
    ゆでリンゴでお手入れしてみましょう。髪の長さに応じてリンゴを1、2個、柔らかくなるまで茹でます。お湯から出して、ブレンダーで撹拌します。ペーストは少し冷ましますが、温かい内に髪に塗ってください。30分そのままにしてからシャンプーし、コンディショナーで整えましょう。[1]
    広告

方法 4
方法 4 の 8:
卵でお手入れ

  1. 1
    卵で髪を柔らかくしましょう。卵3個分の卵黄、オリーブオイル大さじ1杯、はちみつ大さじ1杯を混ぜます。しっかりと混ぜてから髪全体につけます。シャワーキャップを被り30分経ったら洗い流します。シャンプーとコンディショナーを使い、卵をきれいに洗い流しましょう。洗う際は、卵黄がお湯で固まって洗い流すのが面倒にならないよう、お湯を熱くし過ぎないようにします。生卵の匂いや固まりが苦手な方は卵油を買ってお手入れしましょう。卵油でお手入れすれば、サルモネラ感染の恐れや生卵アレルギーを心配する必要がなくなります。[2]

方法 5
方法 5 の 8:
ビールでお手入れ

  1. 1
    ビールを使います。ビールでお手入れとは少し驚かれると思いますが、ビールにはビタミンB群、リン脂質、各種ミネラルが豊富に含まれており、髪に輝きとコシを与える素晴らしい効果があります。どんなビールでも構いませんが、スプレーボトルにビールを入れてシャワーの後に髪にスプレーします。ドライヤーを使うとビールの匂いは熱で消えてしまいます。
    広告

方法 6
方法 6 の 8:
髪のお手入れ

  1. 1
    髪を毎日洗わないようにしましょう。毛包は、髪に艶を与えてしなやかにする天然の皮脂(脂質)を分泌しますが、きつい化学薬品を含むシャンプー(多くの場合に含有)で髪を頻繁に洗うと、皮脂が失われてしまいます。とはいえ時間の経過と共に皮脂が分泌されるので、べたつく髪を洗わなければなりません。髪を毎日洗うと大切な油分まで洗い流してしまいますから、シャンプーは少なくとも週に1度に抑え、正常な皮脂バランスを保つために週に2度以上洗わないようにします。
  2. 2
    ヘアカラーを避けましょう。前処理剤(多くの場合アンモニア含有)は髪1本1本を弱くし、毛包にダメージを与えます。ヘアカラーを頻繁にすると、髪が乾燥して艶を失った活気のない髪になってしまいます。
  3. 3
    熱器具を避けましょう。ドライヤー、ストレートアイロン、コテなどを使用すると髪が焼けてしまい枝毛の原因になります。乾燥してもろい傷んだ髪を滑らかにするのは難しいので、髪はボロボロのダメージヘアに見えてしまいます。熱器具は極力使わないようするか、使用を避けましょう。髪を洗った後は必ず自然乾燥させます。ドライヤーを使わなければならない場合は、冷風で乾かしましょう。
  4. 4
    ビタミン剤・サプリメントを摂取しましょう。オメガ3脂肪酸、魚卵油やビタミンEなどのサプリメントには髪の輝きと成長を促す効果があります。ジェルカプセルタイプのサプリメントをドラッグストアで購入し、日常的に摂取しましょう。
  5. 5
    枝毛を切り揃えましょう。枝毛を切らずに放置したままでは髪はパサパサのダメージヘアに見えてしまいます。3、4ヶ月おきに毛先を切り揃えれば、髪は輝きの違いが目に見える程、改善される事がわかるでしょう。[3]
    広告

方法 7
方法 7 の 8:
オイルトリートメントでお手入れ

  1. 1
    夜寝る前に髪をオイルに浸けましょう。就寝する前にオリーブオイル、[[1]] または卵油で髪をコーティングし、[[2]] シャワーキャップとバンダナで髪を覆います。オイルは髪の根元につけ毛先までマッサージします。オリーブオイルや卵油は塗って覆った状態のままで寝た後、翌朝シャンプーで洗い流します。[4]
  2. 2
    ホットオイルトリートメントをしましょう。ココナッツオイル、オリーブオイル、アーモンドオイル、キャスターオイルなどのオイルを大さじ4杯鍋に入れ、触って温かく感じる程度に温めます(熱くしない事)。温めたオイルを髪に注ぎ、指先で髪の根元や地肌をマッサージします。髪一本一本が温めたオイルでコーティングされたらシャワーキャップを被り、シャワーキャップの外側を蒸しタオルで包みます。オイルとタオルの熱で毛穴が開き、オイルが浸透して髪に効果をもたらします。熱いオイルを使うと若白髪になるおそれがあるので気を付けましょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 8:
酢でお手入れ

  1. 1
    リンゴ酢でコンディショニングしましょう。リンゴ酢を半カップとお湯1カップを混ぜ合わせたら、洗った髪にかけて10分そのままにします。その後はシャンプー剤を使わないで髪をゆすぎます。このお手入れは、髪に光沢を与えたり、フケを防いだりと良い事づくめです。また一方で酢の酢酸成分が毛髪を弱くしてしまうので、酢を使ったお手入れは年に2度以上しないようにしましょう。

ポイント

  • 水をたくさん飲みましょう。
  • シャンプー後は必ずコンディショナーで整え、髪の柔軟性を高めましょう。
  • 髪は毛先から頭頂部に向かってとかしましょう。ブラッシングは日に一度で充分です。過度にしないようにしましょう。
  • ご自分に合ったシャンプーとコンディショナーを選びましょう。髪質は人それぞれ違うので、どのヘアケア製品が自分の髪質に合っているかお分かりでしょう。
  • 定期的にシャワーに入りましょう。シャワーで髪をとかし、シャンプー後はコンディショナーをつけて5分待ってから洗い流します。髪には出来るだけ熱をあてないようにしましょう。ヒートプロテクターを使ってみましょう。髪に熱を与えないようにするのは難しい事ですが、そうする事で髪に差が出ます。
  • 柔らかく艶とコシのある髪を目指して週に2回はディープコンディショナー、またはトリートメントをしましょう。
  • 髪質は人それぞれ違うので、より個人的な髪のお悩みは、ご自分のヘアスタイリストに相談されるのが良いでしょう。
  • 髪をきつめの三つ編みにして1日そのままにします。髪をふんわりさせたい時には三つ編みを解きます。
  • 寝る前に髪を編んで寝れば、髪のほつれを防ぎスムーズに保たれます。
  • ソープナッツやリタ(ムクロジ)を使って髪を洗ってみましょう。
  • ココナッツオイルを使ってみましょう。
  • ブラッシングは定期的にし、髪は寝る前に結びましょう。
  • 髪を熱湯で洗わないようにしましょう。
  • 髪は毎日洗わないようにしましょう。
  • 濡れた髪はブラシでとかさないようにしましょう。髪の柔軟性を高め、抜け毛を防ぐために目の細かいクシや小ぶりのクシで髪をとかしましょう。
広告

関連記事

靴の音鳴りを止める靴の音鳴りを止める
生理を早める生理を早める
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
軽石を活用する軽石を活用する
ワンピースのウエストを詰める
防犯タグを外す防犯タグを外す
縮んだ服を伸ばす
タトゥーシールをはがす
革に付いた油染みを落とす
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
ジーンズについた血液のシミを落とす
速くヒゲを生やす速くヒゲを生やす
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす
広告

このwikiHow記事について

Courtney Foster
共著者 ::
認定美容師
この記事の共著者 : Courtney Foster. コートニー・フォスターはニューヨーク市を拠点に認定美容師、抜け毛・薄毛治療専門医、そして美容講師として活躍しています。「Courtney Foster Beauty, LLC」の経営者で、その業績はThe Wendy Williams Show、Good Morning America、The Today Show、The Late Show with David Letterman、そして East/West Magazineで取り上げられました。マンハッタンにあるエンパイア美容学校にて美容術を学んだ後、ニューヨーク州認定美容師の資格を取得しました。 この記事は12,642回アクセスされました。
このページは 12,642 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告