PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰しも、美容室に髪を切りに行った帰り道に、かつて綺麗だった髪がどうしてこうなったのかと思い悩んだ経験がきっとあるはずです。髪を短く切り過ぎた現実と向き合うのは楽しいものではありませんが、正しい考え方を身につけることで、状況をプラスに捉え、ショートヘアを楽しむことができるようになります。また、できるだけ早く髪が伸びるように良質なヘアケア習慣も身につけましょう。

パート 1
パート 1 の 3:
新しい髪型に慣れる

  1. 1
    パニックを起こさないようにする ロングヘアに慣れている人がショートヘアの自分を見るとショックかもしれません。美容室で何か手違いがあったにせよ、自分でお願いしたヘアスタイルが気に入らなかっただけにせよ、前のロングヘアにはもう戻れないという現実を直視するのはつらいものです。そこで、今の新しいヘアスタイルの良さに気付いて、好きになるためにできることを紹介します。[1]
    • 時間はかかりますが、髪は確実に伸びてくるということを忘れないようにします。新しいヘアスタイルが本当に嫌いなのであれば、あくまで一時的な問題だと覚えておきましょう。
    • 新しい髪型のヘアケアを楽しみましょう。ショートヘアでは、お手入れに以前ほど時間をかける必要がなくなります。
  2. 2
    ヘアカットの手直しが必要か考える 担当した美容師が原因でヘアが台無しになってしまったのであれば、少しでもおしゃれに見えるように別の美容師にカットを依頼した方がいいかもしれません。ショートヘアは驚くほど上品なスタイルにもなるので、自分の髪が最悪だと嘆く必要はありません。
    • 見栄えをよくするために髪をもう少し短く切る必要が出てくるかもしれないので、心の準備をしておきましょう。2人目の美容師には、「もっと綺麗に見える髪型にはしたいけれど、長さはできるだけ変えたくない」と伝えます。
  3. 3
    ショートヘアの美しさに気付く ロングヘアも綺麗ですが、ショートヘアも同様に綺麗なのです。自分のスタイルの多様性を知るいい機会だと捉えましょう。ショートヘアにすると、瞳が大きく見え、人々が振り返るくらい美しく顔が引き立てられます。もしかしたら、あなたも前のロングヘアより気に入るかもしれませんよ。
  4. 4
    帽子やスカーフで隠さない 自分がショートヘアであることに慣れるまで、初めの数日は隠しても構いません。しかし、あなたが今まで帽子を頻繁にかぶるタイプではなかったのにいきなり帽子ばかりかぶるようになると、何か隠しているのではと周りの人に怪しまれてしまいます。思い切ってヘアスタイルに慣れる努力をし、隠さない方が得策です。気分も良くなり、自信がついて見えます。
  5. 5
    自分に似合う髪型だと信じる 新しい髪型に慣れたら、自分のスタイルに生かしましょう。恥ずかしがるのではなく、誇りを持って自分のスタイルの一部にします。ずっとやりたかった髪型だというフリをしましょう。
    • 誰かに新しい髪型を褒められたら、「えー、短すぎて嫌なの」と言うのではなく、「ありがとう!今までと違うスタイルに変えてみたかったの」と伝えましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
ショートヘアを素敵にアレンジする

  1. 1
    自分と同じ髪の長さの芸能人からアイディアを得る ショートヘアはトレンドで、多くのおしゃれな芸能人がショートヘアを堂々と披露しています。ネットでショートヘアの芸能人の写真を探し、スタイリングの参考にしましょう。ショートヘアは、オールバックや無造作スタイル、毛先を立てるスタイルなど様々な髪型で華やかに見えることが分かるはずです。ショートヘアで素敵に輝く海外セレブを以下に紹介します。[2]
    • ジェニファー・ローレンス
    • リアーナ
    • ビヨンセ
    • エマ・ワトソン
    • ジェニファー・ハドソン
    • デミ・ロヴァート
  2. 2
    ジェルなどのスタイリング剤を使ってアレンジする ショートヘアではスタイリング剤が活きてきます。ジェルやムース、ポマードなどのスタイリング剤を使えば、ロングヘアの時にはできなかったようなスタイルを作り上げることができます。これらのスタイリング剤はロングヘアで使用すると重くなってしまいますが、ショートヘアは重さがないので、毛先を立てたり、無造作感を出したりすることができます。
    • 滑らかなオールバックにしたい場合は、シャワー後に髪がまだ濡れている状態でジェルをつけましょう。
    • 無造作スタイルにしたい場合は、ポマードを手のひらに伸ばし逆毛を立てるように揉みこみましょう。
  3. 3
    ショートのお団子ヘアを作る ポニーテールにするくらいの長さがあれば、お団子ヘアにすることで、髪がそこまで短くない印象を与えることができます。まず、頭のてっぺんに髪をまとめ、髪ゴムできつくとめます。その後以下のステップに従いましょう。
    • ポニーテールを2つに分けます。
    • 片方を下へねじって、毛先を髪ゴムの横にヘアピンでとめます。
    • もう片方を上へねじって、毛先を髪ゴムの横にヘアピンでとめます。
    • ヘアスプレーを使って固定します。
  4. 4
    ウィッグをかぶる 早くロングヘアに戻りたいと思っているなら、ウィッグが一番です。好みの長さのウィッグを選んで、地毛が伸びるまで使用しましょう。ショートヘアだとウィッグをかぶりやすいので、今の状況を逆手にとって今しかできない体験を楽しみましょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
髪が早く伸びるようケアをする

  1. 1
    熱のダメージを与える道具を毎日使わない ドライヤーやストレートヘアアイロン、カールヘアアイロンを毎日使うと髪が傷み、もろくなって切れやすくなります。一度そうなると、髪が伸びるのに途方もなく時間がかかります。特別な日にスタイリングをしたい場合を除いて、熱を加える道具は使わないようにし、髪を健やかに保ちましょう。[3]
  2. 2
    髪が引っ張られるためヘアエクステンションなどのスタイルは避ける エクステンションを付けたいと思っている場合は注意して選びましょう。エクステンションは髪への負担が大きく、装着方法を誤ると髪のダメージや抜け毛の原因となります。髪に良いエクステンションはないと言う人もいますが、絶対に付けてみたいと思っているのであればプロに頼んで付けてもらいましょう。
    • シールエクステンションは地毛に接着するため、髪を傷めてしまうと言われています。
    • 編み込みエクステは髪へのダメージは少ないかもしれませんが、重みで髪が抜けてしまうと大変です。
  3. 3
    健やかな髪を保つヘアケアを習慣づける 髪を伸ばしたいのであれば、毎日どのようにケアをするかで大きな違いが出ます。長く丈夫な髪を伸ばすために、可能な限り今の髪を健やかな状態に保ちましょう。そのためにできることを以下に紹介します。
    • 髪が乾燥するため、毎日洗わないようにしましょう。シャンプーの使用は週に2~3回にとどめます。
    • 髪はドライヤーで乾かさず、やさしく水気をとって乾かしましょう。
    • ブラシではなく、目の粗いクシで髪をとかしましょう。
    • ダメージの原因となるので、髪染めやブリーチをしないようにしましょう。
  4. 4
    髪の成長を促す健康的な食生活をおくる タンパク質やオメガ3脂肪酸が多く含まれる食品は髪に栄養を与えます。健康的な食生活は髪を早く伸ばすことに必ずしも直結しないかもしれませんが、丈夫で健やかな髪を保つことができます。以下に食品の例をあげます。
    • サーモン、マグロなどオメガ3脂肪酸を多く含む魚
    • アボカド、ナッツ類、オリーブオイルなど良質な脂肪を含む食品
    • 鶏肉、牛肉、豚肉などのタンパク質
    • 髪や肌を健やかに保つために必要な栄養素を含む、新鮮な葉物野菜や他の野菜類 
    広告

ポイント

  • 常に笑顔でいましょう。一生このままの髪型でいなくてはいけない訳ではありません。自分自身への取り組み方で大きな違いが生まれます!
  • 心配はいりません。髪はまた伸びてきますよ!
  • 美容師を訪ね(もちろん今回髪を短くカットし過ぎた人とは別の人を訪ねましょう)、髪が伸びるまでどうしたらいいかを訊いてみましょう。より素敵に見えるようにカットしたり、バランスを整えてくれたりするかもしれません。
  • 友達や家族に新しい髪型をどう思うか訊いてみましょう。「もっと良くするためにはどうしたらいいと思う?」と質問をします。
  • 髪の成長を速めましょう。1日に2~3回、2~5分間の頭皮マッサージをすれば、血流が良くなり髪の成長を促すことができます。地肌からの油分もあるため、頭皮が油でべたつかないよう気を付けましょう。
  • あなたの髪は、他の誰のものでもありません。他人の意見を気にしないようにしましょう。
広告

関連記事

手についたヘアカラーを落とす
割れた足の爪を処置する割れた足の爪を処置する
自分でロングヘアを切る
爪が割れたときの対処
ツインのお団子ヘアを作る
ネイルグルーを落とす
短い髪を編み込む(男性向け)短い髪を編み込む(男性向け)
お団子ヘアを楽しむ(男性)
UVライトなしでジェルネイルを硬化させるUVライトなしでジェルネイルを硬化させる
酷く絡まった髪の毛をほどく酷く絡まった髪の毛をほどく
ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かすドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす最高の方法
ネイルグルーを使わずにネイルチップを付ける
髪を切るかどうか判断する髪を切るかどうか判断する
ドレッドヘアを洗うドレッドヘアを洗う
広告

このwikiHow記事について

Bianca Cox
共著者 ::
ヘアスタイリスト
この記事の共著者 : Bianca Cox. ビアンカ・コックスはヘアスタイリスト、および認定美容師です。ヘアサロン「The Hair Throne」の経営者で、ヘアサロン「Bianchi Salon」の共同経営者でもあります。いずれも現代的、個性的、そして芸術的なスタイリングと一流のサービスを誇るサロンです。The Hair ThroneのInstagramアカウント@hairthrone、ビアンカ・コックスの個人アカウント@biancajcoxにスタイリング作品を投稿しています。 この記事は12,832回アクセスされました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 12,832 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告