髪を編み込むと顔にかかる毛がなくなり、すっきりとします。また、お洒落で洗練された見た目に仕上げることもできるでしょう。シンプルな編み込み方で多様なヘアスタイルを楽しめるようになります。編み込みを美しく見せる様々な方法もあります。まずは基本的な三つ編みを覚え、より複雑な編み込み(フレンチブレイドやフィッシュテールなど)にも挑戦しましょう。

方法 1 の 5:
基本の三つ編みをする

  1. 1
    ブラシや目の粗いくしで髪をとかす 指通りの良い髪のほうが素早く編み込むことができます。髪の付け根から毛先まで、すっとくしが通るよう整えましょう。
    • 毛量が多い人やレイヤーの入った髪の場合は、水や洗い流さないトリートメントを少し髪につけて髪を湿らせましょう。髪が扱いやすくなります。
    • 髪が湿った状態でも乾いた状態でも編み込むことができます。湿った状態で編み込むと滑らかにきつく編み込まれた見た目に仕上がります。乾いた状態で編み込むと、より無造作な印象を与える仕上がりになります。ただし、濡れている髪を編み込むと傷みやすいので、少なくとも20分待ってから取り掛かりましょう。
    • 乾いた髪を編み込むのであれば、髪を洗って2~3日経過した状態が理想的でしょう。洗った直後の髪は滑りやすくなっています。多少脂が出ているほうが編み込みが崩れにくく、とびはねた後れ毛も少なくなるでしょう。
  2. 2
    安定した土台を作る(必要に応じて) ポニーテールやハーフアップにすると、編み込みやすくなり崩れにくくなります。慣れてきたのであれば、結んでいない状態で首筋から下の毛を編んでみましょう。
  3. 3
    髪を三等分する 三つ編みには3つの毛束が必要です。また、この毛束ができる限り均等になるようにしましょう。
    • 右側の毛束を右手で、左側の毛束を左手で持ち、中央の毛束は(今のところは)そのままにしておきましょう。
    • 左右の毛束は、それぞれの手の中指、薬指、小指と手の平を使って掴み、親指と人差し指は自由に動かせるようにしておきます。
  4. 4
    左の毛束を上から中央に交差させる 左からA B Cという毛束があると考えましょう。移動させると B A Cという順序になります。
    • 左手の人差し指と親指を使って中央の毛束を掴みましょう。
    • 右手の人差し指と親指を使って移動させた左の毛束を拾いましょう。
    • 元々左にあった毛束が中央の毛束となりました。
  5. 5
    右の毛束を上から中央に交差させる B A C だった毛束がB C Aになります。
    • 左手の人差し指と親指で掴んでいた毛束を手の平の中で動かし、その他の指と手の平を使って毛束を押さえましょう。
    • 左手の人差し指と親指で、右手の手の平を使って押さえている毛束(親指と人差し指で押さえているほうの毛束ではありません)を掴みましょう。
    • これで元々右にあった毛束が中央に移動しました。
    • このように交互に交差させる方法は「シークエンス」あるいは「スティッチ」とも呼ばれています。
  6. 6
    同じ方法で編み続ける 空いている人差し指と親指で、反対の手の中指、薬指、小指で押さえている毛束を掴みます。
    • 緩んでしまわないよう、きつくしっかりと編んでいきましょう。編みながら優しく下に引っ張ると良いでしょう。毛束を持つ手を変える時は編み目を締め上げるような要領で、髪をぐっと引きましょう。
    • これ以上編む毛がなくなるまで続けます。毛先から2.5~7.5センチ程の位置で止めましょう。
  7. 7
    編み込みを結ぶ 編み込んだ髪の毛先をヘアゴムで結びましょう。何周か通さなければならないかもしれません。
    • 輪ゴムは使わないようにしましょう。髪が傷むだけでなく、取り外しにくいという欠点もあります。
    • 髪と同じ色のヘアゴムがあると良いでしょう。色が同じであれば目立たないので、全体の見た目がより自然になり、ヘアゴムでなく編み込んだ髪に人の視線を誘導することができます。
  8. 8
    ヘアスプレーで整える(必要に応じて) ヘアスプレーがあると、崩れや後れ毛のとびはねなどを抑えることができます。頭から30センチほど離した位置でスプレーを持ち、三つ編み全体に軽くふきかけましょう。
    • 髪に飾りをつける前にスプレーを使いましょう。
    • ヘアシャインセラムを用いると、髪に輝きがまします。手に少量のせて、三つ編みに馴染ませましょう。
  9. 9
    飾りをつける(お好みで) リボンを結ぶと三つ編みが華やぎます。
    • チュール、グログラン、リックラックといった素材に挑戦してみましょう。布地の専門店で様々な色合いのものが取り扱われています。
    • 可愛らしいヘアピンや髪留めで三つ編みの開始部分を飾ったり、前髪をまとめてみましょう。
  10. 10
    基本の三つ編みでいろいろな髪型に挑戦する 基本の三つ編みを使って様々な髪型を作ることができます。細い三つ編みを作って垂らしたり、その三つ編みをピンで留めてヘアバンドの様に見せても良いでしょう。シンプルなポニーテールも三つ編みにすることでお洒落さが増します。
    • 髪全体を三つ編みにすることも、部分的に三つ編みにすることもできます。色々な方法を試してお気に入りを見つけましょう。
    広告

方法 2 の 5:
フレンチブレイドに挑戦する

  1. 1
    髪をとかす 髪が絡まっていると難しいので、ブラシや目の粗いくしで髪をとかし、指通りを良くしましょう。
  2. 2
    髪を部分的に分ける フレンチブレイドは前の部分、つまり額やこめかみに近い部分から毛を取って編み始めます。
    • 必ずしもこのように編み始めなければいけないというわけではありません。これが最もコツを掴みやすい方法ではありますが、どの位置からでも編み始めることはできます。ただし、耳より上の位置から毛をとるようにしましょう。
    • 複数に髪を分けて複数のフレンチブレイドを編むことも可能です。髪が短い人は、1つでなく2つ編むほうが簡単かもしれません。
  3. 3
    手に取った髪を三分割する この3つの毛束がフレンチブレイドの1段目となります。
    • 編み込みながら毛束の太さを均一に保つことがポイントです。まずは均等に分けた状態から編み込みを始められるようにしましょう。
    • 毛束は横の並びも揃うようにしましょう。また、3つの毛束があまり離れすぎないようにすることも大切です。
  4. 4
    毛束を手に取る 正しく毛束を掴むことが上手に編む込むうえで重要なポイントとなります。もちろん、慣れるにつれて自分なりの方法が見つかるかもしれませんが、まずは次の基本を参考にしましょう。
    • 左手で左の毛束を掴みます。
    • 中央の毛束は右手の親指と人差し指を使って掴みましょう。
    • 右の毛束は、右手の手の平と残った3本の指を使って掴みましょう。
  5. 5
    右の毛束を中央に移動させる 下記を参考に、毛束を崩すことなく移動させましょう。
    • 左手の空いている3本の指と手の平を使って左の毛束を掴みます。これで左手の親指と人差し指が自由になります。
    • 左手の親指と人差し指を使って、上から右の毛束を掴み交差させます。つまり、左手に2つの毛束が、右手に1つの毛束がある状態になるでしょう。
  6. 6
    左の毛束を中央に移動させる 1つ前の手順と基本は同じで、左右が逆になります。
    • 右手の空いている3本の指で右の毛束を掴みます。これで右手の親指と人差し指が自由になります。
    • 右手の親指と人差し指で、左の毛束を上から掴み交差させます。これで右手で2つの毛束を、左手で1つの毛束を掴んでいる状態になるでしょう。
  7. 7
    右の毛束に毛を足す ここまでは三つ編みと基本は同じ手順でした。ここからがフレンチブレイド特有の編み方となります。何度か練習を繰り返す必要があるかもしれませんが、コツを掴めば簡単に編めるようになるでしょう。
    • 中央の毛束を手から離し、左右の毛束の間に垂らします。残りの髪とも見分けがつくでしょう。中央の毛束は編み込まれていない毛と比べると少し浮き上がっているように見えるはずです。
    • 左手の中指、薬指、小指で左の毛束を掴み、左手の親指と人差し指で右の毛束を掴みましょう。これで右手が自由になります。
    • 自由になった右手を使って毛を右の側頭部から取ります。頭皮に沿って親指を滑らせ、小さな毛束を作ります。この毛束を左手の親指と人差し指で掴んでいる右の毛束に付け加えましょう。
    • 流しておいた中央の毛束を右手で掴み、右側に移動させます。これが次の右の毛束となります。右の側頭部から髪を加えた毛束(左手の親指と人差し指で押さえている毛束)が今度は中央の毛束となります。
  8. 8
    手順を反対側でも繰り返す 前の手順と同じ方法で左側も編みましょう。
    • 中央の毛束を離します。左右の毛束の間に垂れている状態になります。
    • 右の毛束を右手の中指、薬指、小指と手の平を使って掴みます。
    • 左の毛束を右手の親指と人差し指で掴みます。これで左手が自由になります。
    • 空いた左手で左側側頭部から少し毛をとります。下から親指を滑らせて、右側の時と同じように小さな毛束を作り、これを右手で押さえている左の毛束に加えましょう。
    • 中央の毛束を掴みます。空いている左手で掴み左側に移動させます。これで左の毛束となりました。側頭部の毛を加えて押さえていた毛束を左右の毛束の間に垂らしましょう。これが新たな中央の毛束です。
  9. 9
    手順を繰り返す 首筋まで編み込み続けると足す毛がなくなります。ここからは通常の三つ編みに切り替えましょう。編み込んだ毛を美しくみせるためにも、毛束ができるかぎり横一列に揃うよう毛を取るようにしましょう。毛束の量のバラつきも抑えられます。
  10. 10
    通常の三つ編みをする 残っている毛で三つ編みをしましょう。
  11. 11
    編み込んだ毛を結ぶ 髪と同じ色のヘアゴム、あるいは透明のヘアゴムなどを使って結ぶと目立ちません。輪ゴムを使うと髪が傷むだけでなく、取り外しにくいので注意しましょう。
  12. 12
    ヘアスプレーで整える(必要に応じて) ヘアスプレーを用いるととびはねた後れ毛などを抑えることができます。頭から30センチほど離れた位置でスプレーを持ち、編み込んだ毛全体に軽くふきかけましょう。
    • スプレーをふきかけてから髪飾りをつけましょう。こうすることで、バレッタやリボンにスプレーが付着してしまうことを防ぎます。
    • 編み込んだ毛は時間が経つにつれて崩れて乾いたような見た目になっていきます。ヘアシャインセラムをつけることで、滑らかさや柔らかさを維持することができます。
  13. 13
    髪飾りをつける(お好みで) カラフルなリボンを毛先に結ぶと華やぎます。
    • チュール、グログラン、リックラックといった素材を試してみましょう。布地の専門店で様々な色合いのものが取り扱われています。
    • 髪留めやヘアピンをつけると華やかな印象になります。
    広告

方法 3 の 5:
フィッシュテールに挑戦する

  1. 1
    髪全体を二等分する フィッシュテールは複数の小さな毛束が編み込まれているような見た目ですが、実際は2つの毛束を軸にして編み込まれています。
    • 滑らかにきっちりと編まれた見た目にしたい場合は、目の細かいくしを使い、頭部の中央の位置で額から首筋にかけて髪を分けましょう。
    • ハンガーゲームの主人公のような、より無造作な見た目に仕上げたいのであれば、手を使ってざっくりと分けましょう。
    • 髪が湿った状態でも、乾いた状態でも編み込むことができます。
  2. 2
    左側から少量の毛を取り右側に移す コツを掴めば髪全体で同じ手順が繰り返せるようになるでしょう。
    • 右手で右の髪を掴みましょう。
    • 左の髪を垂らします。毛束は2つしかないので、片方を垂らしても混ざってしまう心配はありません。
    • 左手を使って最も左側の位置から少量の毛を取ります。つまり、左耳に最も近い位置ということになります。
    • この少量の毛を右手で取り、右の毛束に取り込みます。
    • 左手で再び左の毛束を手に取ります。この時、指を髪に通して絡まっている箇所などをほぐし、編み込みをきつくしておきましょう。
  3. 3
    右の毛束から少量の毛を取り左に移す 前の手順と同じです。今度は右側で行います。
    • 細かく編み込みたいのであればつまむ毛の量を少なくし、より手早く大きく編み込みたいのであれば、つまむ毛の量も増やしましょう。
    • 左の毛束を左手で掴んでいましょう。
    • 右の毛束を垂らします。繰り返しになりますが、毛束は2つだけなので、片方を離しても混ざる心配はありません。
    • 右手を使い、右の毛束の最も右側(右耳に最も近い位置)から少量の毛を取りましょう。
    • この毛を左手で拾い、左の毛束に取り込みます。
    • 右手で再び右の毛束を掴みましょう。この時、指を通して絡まっている箇所があればほぎし、編み込みをきつく締めましょう。
  4. 4
    髪がなくなるまで手順を繰り返す 左右交互に毛を加えながら編み続けましょう。毛を取る際は、できる限り同じ量を取るようにして左右のバランスを維持しましょう。
  5. 5
    ヘアゴムで結ぶ ヘアゴムに髪が絡まないよう注意しましょう。表面が布素材で覆われているヘアゴムであれば、髪も傷みにくいでしょう。
    広告

方法 4 の 5:
5本の毛束を用いた籠編みに挑戦する

  1. 1
    髪を五等分する 5本の毛束を編み込むと、3本の毛束を用いた基本の編み込みよりも繊細で洗練された見た目に仕上がります。一度コツを掴むことができれば、比較的簡単に行えるでしょう。
    • 初めて挑戦する際は、まずポニーテールに髪をまとめて、安定した土台を作ると良いでしょう。
    • 髪は湿っているか、洗髪してから2~3日が経過して少し脂が出ている状態が最も適しています。毛束がまとまりやすくなるほか、短い後れ毛がとびはねて他の毛束に絡まり混ざってしまうことも防ぎます。
  2. 2
    両手で毛束を掴む 左側の2つを左手で、右側の2つを右手で持ち、中央の毛束はそのまま垂らしておきましょう。
    • 毛束のそれぞれに番号を割り当てると分かりやすいかもしれません。左側から 1 2 3 4 5と考えてみましょう。
  3. 3
    最も左側にある毛束を中央に移す 毛束1を毛束2の上、さらに毛束3の下を通し、中央に移動させましょう。
    • つまり 2 3 1 4 5という順番になります。
    • 毛束を右から左へ、そして左から右へ編んでいくという仕組みです。
  4. 4
    最も右側にある毛束を中央に移す 毛束5を毛束4の上、さらに毛束1の下を通して中央に移動させます。
    • つまり 2 3 5 1 4という並びになります。
  5. 5
    編み込む髪がなくなるまで手順を繰り返す 左右交互に同じ方法で編み込みましょう。
  6. 6
    毛先を結ぶ リボンやヘアゴムで毛先を結びましょう。結ぶ際に髪が絡まないよう注意しましょう。また、表面が布地などで覆われているヘアゴムを使用しましょう。
    広告

方法 5 の 5:
その他の編み方に挑戦する

  1. 1
    ダッチブレイドに挑戦する これはいわゆる「裏編み込み」でフレンチブレイドと逆に編み込んでいくというものです。フレンチブレイドとは異なり、編み込み部分が立体的に浮き上がった様に見える仕上がりになります。.
  2. 2
    ウォーターフォールに挑戦する フレンチブレイドの応用編で、毛束をそのまま流し、滝(ウォーターフォール)のように見せるという編み方です。フレンチブレイドに慣れてきたようであれば、ぜひ挑戦してみましょう。
  3. 3
    フレンチブレイドをヘッドバンド風にする これは、小さく細いフレンチブレイドで片側の耳から額の上を通りもう片方の耳まで囲うような編み方です。フレンチブレイドでもダッチブレイドでも良いでしょう。前髪がお洒落に大変身します。.
  4. 4
    編み込んだ毛をさらに編み込む これは基本は3つの毛束を用いた編み込みですが、その毛束の1つ1つも個別に編み込まれているという複雑な髪型です。ボヘミアン風のヘッドバンドやヘアピンにとても良く合います。入り組んでいて難しそうな髪型が簡単に作れます。
  5. 5
    ロープ風に編み込む ロープのようなねじった見た目に仕上がる編み方です。コツを掴むまで練習が必要かもしれませんが、出来上がると、そのままでも十分お洒落ですが、さらにお団子にまとめて楽しむこともできます。
    広告

ポイント

  • 編み込んだ毛を結ぶ際は、毛先部分の毛の量も考慮しましょう。かなり細くなっているのであれば太いヘアゴムは必要ありません。
  • 無造作なスタイルに仕上げたいのであれば、あまりきつく編みすぎないようにしましょう。
  • フレンチブレイドに苦労しているという人は、まず髪をハーフアップにしてヘアゴムで固定しましょう。こうすると、中央の毛束が安定します。また、編み込んでいくうちにヘアゴムは隠れて見えなくなります。
  • まずは自分の髪ではなく、友達や人形の髪で練習してみましょう。
  • きつく編みすぎないよう注意しましょう。
  • 毛束を下に引っ張りながら、優しく力を加えると、きっちりと編み込めるでしょう。
  • 毛束が混ざってしまって苦労している人は、細いヘアゴムで毛先近くで毛束を結び、毛先近くまで編み込むことができたら、ヘアゴムを取り外しましょう。
  • 自分の髪が上手に編み込めず苦労しているのであれば、友達の髪で練習してみましょう。
  • 毛量を増やしたいという時は、ブラシやくしを使って逆毛を立ててみましょう。
  • 5本の毛束で籠編みをする際は、あまり番号にこだわらずに、左右交互に最も外側の毛束を上下にくぐらせながら中央に移動させる、と考えてみましょう。

広告

必要なもの

  • ブラシやくし
  • ヘアゴム
  • ヘアスプレーあるいはジェル
  • リボン、バレッタなどの髪飾り(お好みで)

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

手についたヘアカラーを落とす

How to

割れた足の爪を処置する

How to

髪に付いたガムを取る

How to

自分でロングヘアを切る

How to

酷く絡まった髪の毛をほどく

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

ネイルグルーを落とす

How to

肌に付着したヘアカラー剤を落とす

How to

ブリーチなしで髪を明るくする

How to

髪を自然な方法でストレートにする

How to

ブリーチシャンプーをする

How to

除光液を使わずにネイルを落とす

How to

シェラックネイルを落とす
広告

このwikiHow記事について

Ashleigh Grounds
共著者
メイクアップアーティスト&ヘアスタイリスト
この記事の共著者 Ashleigh Grounds. 美容師として11年以上の経験を持つアシュリー・グラウンズは、テキサス州オースティン市に住むメイクアップアーティスト、ヘアスタイリストです。テキサス州ダラス市にて美容術を学んだのち、マレーシアのクアラルンプールにあるサロン「Toni & Guy Hair Salon」にて2年間の実習訓練を修了しました。国際コスメトロジー協会の認定美容師、Babe Hair認定ヘアエクステンション専門家、そして認定ブラジリアンブローアウト専門家として活躍。その業績はTalentmagazines、BlogTalkRadio、KXAN、そしてStudio 512に取り上げられました。2012年にはRAW Artistsよりオースティン市における最優秀ヘアスタイリストに、また、現在勤務しているビュティ―サロンは2020年Expertiseより同市におけるトップ20サロンに選ばれました。
カテゴリ: 髪とネイル
このページは 308 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告