鬱陶しい兄弟を止める方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 14 出典

この記事には:兄弟との緊張関係を緩和する嫉妬を扱う親に関与してもらう自分と兄弟との間に境界線を引く

兄弟は素晴らしい一生涯の親友になりますが、お互いに確執が生じることもあります。兄弟との問題は、落ち着いた理性のある方法で対処しましょう。相手の程度に合わせると、火に油を注ぐだけです。兄弟が自分を困らせるのを止める方法を学べば、二人の仲は良くなり、より強い関係を築けます。

パート 1
兄弟との緊張関係を緩和する

  1. 1
    相手にするより、むしろ兄弟を無視しましょう。兄弟の扱いが難しい場合、一時的に無視する必要があるかもしれません。これは長期的な兄弟関係のためには効果的な戦略ではありませんが、怒って暴言を吐くのを避けたければ、最も良い対応は単純に相手を無視することです。[1]
    • 返答しないことは弱さを表すものではありません。むしろ、兄弟に向かって怒りをぶつけたり相手のおふざけに乗るのを我慢する方が強さと自制心を必要とします。
    • 喧嘩は選んでしましょう。兄弟がちょっかいを出してくるたびに応戦してはいけません。相手のコミュニケーション能力が低い場合は特にそうです。
    • 兄弟は、欲しい反応(怒ったりイライラしたり)が得られないと、やがて飽きて諦めます。
  2. 2
    応対する場合は落ち着いた態度を保ちます。兄弟が自分を困らせ続ける場合、怒って怒鳴りつけたり、同様に嫌な態度で返したくなるでしょう。しかし、そのような反応は状況を悪くするだけです。きつい言葉や嫌な態度で返したくなったときは、怒るよりも落ち着きや冷静さを保つ方が、兄弟の嫌な態度を止められることを思いだしましょう。[2]
    • 深呼吸します。呼吸に集中するとすぐに落ち着きます。[3]
    • 反応する前に10秒数えます。10秒数えながら深呼吸し、どうやったら落ち着いて理性的に自分の気持ちを伝えられるか考えましょう。
    • 気を静めるのに10秒以上必要な場合は、軽く散歩するか数分間部屋を離れましょう。兄弟にすぐ戻ることを伝え、何を言いたいか、どう言うべきかを考えます。
  3. 3
    兄弟と仲直りします。平和的な解決法を交渉できる場合は、それを試しましょう。ある程度妥協したり、一時的に兄弟の要望を優先させなければいけないかもしれません。しかし、結果的に状況の悪化を防いだり、その後の喧嘩を防いだりできます。[4]
    • 兄弟に、言いたいことは何なのか直接聞きましょう。
    • 耳を傾けてもらっていることや尊重されていることを兄弟に実感させ、相手が言うことを繰り返しましょう。「言いたいことは分かる気がするよ。僕が〇〇すると〇〇だと感じて、それが問題になっている、ということだよね」などと応じます。
    • お互いに利益のある解決策を模索しましょう。兄弟の意見を聞き、自分の意見を伝え、妥協点を探ります。
    • 誰も常に自分の言い分を通せるわけではありません。例え望んだ結果ではなくても、自分と兄弟の両方がある程度満足のいく解決策を目指しましょう。
  4. 4
    兄弟に前向きな関心を示します。兄弟がちょっかいを出してくる主な理由は、退屈していることです。恐らくあなたの兄弟は退屈しているか、十分な関心を得られていないと感じているのでしょう。仕返ししたり、自分も嫌な態度を取ったりして負の関心を向ける代わりに、楽しくて生産的なことを一緒にしてみましょう。
    • 何か楽しいことを一緒にすれば、兄弟は嫌な態度を取ることをすぐに忘れます。また、同じ体験をすることで二人の間に絆が生まれます。
    • 一緒に散歩やサイクリングに出かけましょう(まだ年齢が小さい場合、まず親の許可をもらいましょう)。あるいは室内で一緒に映画を観たり、パズルをしたり、テレビゲームをしましょう(これにより更に喧嘩が発生する可能性もありますが)。
  5. 5
    悪口や嫌がらせを自分への当てつけだと思わないようにしましょう。悪口や嫌がらせに腹を立てたりイラついたりしないのは難しいことです。しかし、結局のところ兄弟であることには変わりなく、実際にはあなたのことを気にかけてくれています。自分が怒っていることを本人に伝え、解決策を探しましょう。自分への当てつけだと思ってはいけません。[5]
    • 恐らく兄弟は本気で自分を傷つけようとしているわけではないことを理解しましょう。(特に若い世代には)考えが足りない人もいるのです。
    • あなたを傷つけた言葉や行動も、恐らく兄弟本人は一時間後には忘れてしまいます。そのため、相手を恨んで時間を無駄にしないようにしましょう。
    • 兄弟の言動に腹を立てると、相手の行為を助長させてしまいます。兄弟はあなたが怒っているのを見ると、より一層嫌がらせや傷つける行為を続けるのです。

パート 2
嫉妬を扱う

  1. 1
    嫉妬が嫌がらせの原因かもしれません。兄弟があなたの生活要素の何かに嫉妬している場合、欲求不満を行動で表しているのかもしれません。思い当たる節がある場合、嫉妬があなたを傷つけ、二人の関係を難しくしているということを直接正直に本人に話すようにしましょう。[6]
    • 兄弟が嫌な態度できつく当たってくる状況やタイミングを考えてみましょう。あなたの成績、所有物、生活スタイルなどに嫉妬している可能性はありませんか。
    • 恐らくあなたの兄弟の行動は欲求不満を発散したいという衝動によるものでしょう。
    • あなたが最近取り組んでいることが二人で過ごす時間を無くし、兄弟が嫉妬している場合、相手の感情を落ち着かせる一番の方法は一緒に過ごす時間を増やすことです。ただし制限や限度を設け、兄弟にもそれを尊重するように伝えましょう。
  2. 2
    兄弟を喜ばせる方法を見つけます。兄弟の嫉妬は十分に構ってもらえていないせいかもしれません。兄弟が喜ぶものを見つけられれば、嫉妬から気持ちを解放できるでしょう。[7]
    • 兄弟の嫉妬の対象となっているのと同じものをあげられなくても、本人が喜ぶものを見つけることはできます。そうすれば少なくとも一時的には兄弟の嫌な態度が抑制されるでしょう。
    • 兄弟が得意なことを褒めます。あなたがサッカーチームを作ったことに対して兄弟が嫉妬している場合、彼にも他に得意なことがあることを思い出させたり、彼が充実した学校生活を送っていることなどを話したりしましょう。
  3. 3
    あなたが持っているものを手に入れるよう、兄弟を動機づけます。兄弟の嫌な態度が嫉妬によるものなら、状況を改善する一つの方法は、あなたが持っているもの(またはそれに似たもの)を兄弟も手に入れられるように手助けすることです。これは毎回実行できる方法ではありませんが、状況によっては嫉妬した兄弟を落ち着かせる効果があります。また、あなたが兄弟を助けようとする姿勢を示すことで、あなたに対する怒りを鎮めてくれるかもしれません。[8]
    • 兄弟があなたの良い成績に対して嫉妬している場合、勉強を教えてあげましょう。
    • 兄弟があなたの運動神経に嫉妬している場合、キャッチボールをしたり、上達できるように一緒に練習したりしましょう。
    • あなたにだけ恋人がいることに対して嫉妬している場合、誰かをデートに誘う手助けを申し出ましょう(兄弟がデートできる年齢の場合)。
    • 兄弟の嫉妬の対象が何であっても、大事なのは彼が今持っているものが全てではないことを示すことです。彼が欲しいものを手に入れる手助けをしてあげれば、彼の現況を変えることを受け入れやすくなるでしょう。

パート 3
親に関与してもらう

  1. 1
    親の関与が必要な状況を判断します。兄弟と一緒に育てば、喧嘩するのは普通です。しかし、口論が行き過ぎて敵意のある行為やいじめのような態度に発展することもあります。そのような場合、一番良いのは親に頼んで仲裁してもらったり必要な対応を取ってもらうことです。[9]
    • 兄弟をからかうのは普通です。しかし、兄弟が同じ話題で何日も何週間もあなたを苦しめるなら、それはいじめに値するかもしれません。
    • 兄弟が喧嘩が終わっても謝らなかったり仲直りしようとしない場合、または常にあなたへの敵意を見せ続ける場合、それはいじめの兆候です。
    • 身体が大きい、年上、より人気者といった強みがあると、単なる兄弟間の対抗心が簡単にいじめに発展してしまいます。
    • 兄弟が本格的に自分をいじめていると感じたら、すぐに親に相談しましょう。
  2. 2
    親に会話を仲裁してもらいます。状況が手に負えないと判断し、自分では合意に至れない場合、親に会話を収めてもらうとうまくいくかもしれません。そうすれば、自分も兄弟も問題に対する考えや気持ちを安全且つ支えのある環境で伝えられます。親は反対意見が出ても秩序を保ち、最終的にどうすべきか指示を出すことができます。[10]
    • まず親とそれぞれが一人ずつ話した後、一緒に家族会議をします。
    • 親には全員が納得できる解決方法を探してもらいましょう。両者にとって有利な状況にたどり着けるのが理想です。
    • 自分一人では兄弟との折衷案に行きつかなかった場合、親の最終決定で喧嘩を終わらせましょう。
  3. 3
    ルールの順守を親に訴えましょう。兄弟の攻撃的な態度、迷惑行為、その他の問題行動を親が放置する場合、問題を親に気づかせる必要があるかもしれません。親に平等な対応と、自分と兄弟に同じルールを適用し、秩序を守るためにルールの順守をお願いしましょう。[11]
    • 両親は状況やその程度に気づいていないかもしれません。
    • 親は仕事と家庭の狭間で追い込まれがちです。自分一人で問題を解決できない場合、強く主張して親に問題提起しましょう。
  4. 4
    家族が一つになれるような企画を練ります。これは兄弟の嫌がらせを一時的に止めさせるだけでなく、より強い兄弟関係を築くきっかけになります。また、家庭内であなたとの間に築かれた緊張状態を緩める、重要な機会にもなります。[12]
    • たまに家の外に出て楽しい時間を共有すると、兄弟間の絆が深まります。
    • せめてグループで出かければ、問題行動から兄弟の気をそらすことができます。
    • 家族との時間をみんなが楽しめる時間にし、その要素を日々の生活の中にも組み入れるようにしましょう。

パート 4
自分と兄弟との間に境界線を引く

  1. 1
    別々の時間を増やします。あなたが年上だろうと年下だろうと、嫌な態度を取る兄弟とずっと一緒にいたらストレスを感じるでしょう。もし親が長時間兄弟の面倒を見たり、出かけるときは兄弟も連れて行くように言ってきたら、一人の時間や兄弟無しで友達と遊ぶ時間がもっと欲しいことを伝えましょう。[13]
    • 自立心や個性の自覚は、兄弟が一緒にいても喧嘩をしなくなる大きな理由の一つです。
    • 家族との時間を大切に思っていることを親に伝えつつ、一人の時間や友達との時間がもっと必要だと主張しましょう。
    • 自分と兄弟は、別々の時間が増えても仲良くできることを親に伝えます。むしろ、一緒に過ごす時間の質が高まります。
  2. 2
    兄弟の子守が必要な状況を避けます。あなたの年齢と家族の生活状況によっては、しょっちゅう親から兄弟の子守をお願いされる場合もあるかもしれません。その場合、一人きりになれる場所や時間を確保するのは難しいでしょう。親に代替案や折衷案を探すよう、相談しましょう。
    • ベビーシッターを雇うように提案しましょう。親がその考えに反対する場合、少なくとも兄弟の面倒を見る分のお小遣いの増額や埋め合わせを要求しましょう。
    • 毎週一、二回は兄弟の面倒を継続して見る代わりに、週末は兄弟無しで過ごしたい、といった提案をしてみましょう。
    • この会話は兄弟がいないときにしましょう。傷ついたり異議を唱えてくるかもしれないからです。年上の子にはより責任と自由があることを、年下の子はなかなか理解できません。
  3. 3
    誰かが遊びに来たらプライバシーを要求しましょう。友達や恋人が遊びに来たら、兄弟との間に境界線を引くことが大事です。お客さんに兄弟の嫌な態度を受けさせるわけにはいきません。その態度があなたの友達に直接向けられる場合はなおさらです。
    • 兄弟に止めるように言います。言うことを聞かない場合は親に仲裁してもらいましょう。
    • 兄弟が家にいないときや、兄弟も友達と一緒にいて忙しいときを見計らって、人を家に呼ぶようにします。
    • 兄弟が止めず、親も仲介してくれない場合、ドアに鍵をかけるのが友達が遊びに来たときにプライバシーを守る唯一の手段となるかもしれません。
    • 鍵をかける前に親に相談しましょう。そうしないと、怒られたり怪しまれたりするかもしれません。
  4. 4
    親に一人部屋を要求しましょう。兄弟仲がまあまあ良い場合、部屋を共有することは絆を深める経験となります。仲が良くない場合や自分だけの場所が欲しい場合、願いをかなえるため、家の模様替えを親に相談しましょう。例えば、作業部屋や仕事部屋として使われている部屋や客室といった予備の部屋があるかもしれません。遊び部屋になっている可能性もあります。[14]
    • 生活環境によっては一人部屋を持つという選択肢が無い場合もあるでしょう。場所が足りなくて、あなたと兄弟それぞれに一人部屋を作るのが不可能な場合です。
    • 場所に限りがある場合、部屋を模様替えして個人の空間を作ることもできます。仕事部屋、地下室や屋根裏部屋の一部を寝室に変えるよう、親に相談してみましょう。
    • 親と話して自分の要求を伝える際は、プライバシーの問題を要求の軸にしましょう。単なる一時的な喧嘩の解決のためではなく、プライバシーの確保のためとなれば、親も考えやすくなります。
    • 「お母さん、お父さん、場所がいっぱい余っているわけではないのは分かってるよ。だけど私も大きくなったし、もっとプライバシーを確保できるように自分の部屋を持てる方法を考えられたらすごく嬉しいんだけど」などと相談してみましょう。
    • 両親が引っ越しを考えている場合、部屋を別々にすることを、新しい家選びの条件にしてほしいという気持ちを伝えましょう。

ポイント

  • 兄弟に、自分を悩ます代わりに何かやることを与えましょう。
  • 口論しないようにします。兄弟はただあなたを怒らせたいだけなので、相手にしないようにしましょう。感情を抑制するのが難しい場合、数回深呼吸してから、しばらく一人になりたいと感じ良く伝えましょう。
  • 兄弟が好きなことをして、終わったら一人の時間が欲しいと伝えましょう。きっとしばらく一人にしてくれるでしょう。
  • 兄弟に良く接しましょう。いつの日か彼にとってあなたが唯一の家族になるかもしれません。
  • 自分にしているのと同じことを誰かにされたら、兄弟自身も嫌なはずだ、ということを優しく話してみましょう。自分の行動がどのくらい悪いことか気づいていない可能性があります。
  • より成熟した人となり、正しい行動を兄弟に示します。実際に教えるのではなく、きちんとした行動で良い手本となりましょう。
  • どの手段もうまくいかない場合、兄弟を無視します。退屈してあなたを困らせるのを止めるでしょう。
  • 自分が興味のあることを兄弟にも紹介しましょう。二人の絆が深まります。
  • 兄弟を支える気持ちを見せましょう。彼に大きなイベントがある場合、出かけて応援しましょう。
  • あなたを困らせるのは、恐らく何かに嫉妬しているからでしょう。
  • 相手の程度に身を落とさないようにし、必要な場合は信頼できる大人に相談しましょう。あなたを傷つけていることを兄弟が否定する場合、彼の不品行を写真に収め、あなたが言っていることを周りに信じてもらいましょう。
  • 楽しませることで相手を止めましょう。楽しいことの方に興味を持ってくれるかもしれません。

注意事項

  • 悪い言葉は使わないようにしましょう。親に怒られてしまいます。
  • 兄弟が暴力を振るい始めたら、止めるように言って親に話しましょう。やり返しても恨みと怒りを増長させるだけです。
  • 兄弟が暴力を振るい始めたら、やり返すさずに親に話しましょう。やり返してしまうと、兄弟から親に話が伝わり、自分も怒られてしまいます。
  • 悪い態度をふるわないようにしましょう。兄弟が自分を侮辱する場合は、大人に話すかその場を去りましょう。
  • 兄弟の悪口を言ったり叩いたりしてはいけません。
  • 誰も兄弟の拷問から助けてくれない場合、子供SOS相談窓口や警察に、電話したりソーシャルメディアのページから連絡しましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 家族

他言語版:

English: Stop Your Brother from Annoying You, Español: hacer que tu hermano deje de molestarte, Italiano: Impedire a tuo Fratello di Darti Fastidio, Português: Fazer com que Seu Irmão Pare de Aborrecer, Русский: сделать так, чтобы твой брат перестал тебя злить, Deutsch: Deinen Bruder davon abhalten dich zu nerven, Français: empêcher mon frère de m'énerver, Bahasa Indonesia: Menghentikan Perilaku Adik yang Menjengkelkan, العربية: منع أخيك من إزعاجك, Nederlands: Ervoor zorgen dat je broer ophoudt met je lastig te vallen, 中文: 让你的兄弟不再烦你, Tiếng Việt: Làm cho anh em trai ngừng chọc tức bạn

このページは 413 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?