人をイライラさせてしまうことがあると悩み、その解決策を模索しているとしたら、すでに半分は解決できたも同然です。要は、自分で無意識にしている迷惑行為に気づき、人に対する振る舞いを正せば良いだけです。人と直接話す時や、携帯メールやインターネット上でコミュニケーションをとる時の自分の話し方に注意を払い、問題だなと思う振る舞いを改善しましょう。また、人のパーソナルスペースを尊重することも大事です。人には近付き過ぎず適度な距離をおきましょう。

方法 1 の 4:
対面する時は明るい態度で話す

  1. 1
    人の話をよく聴き自分の話は控える 会話で全てを自分の話題にしてしまうと鬱陶しい人だという印象を与えます。誰もがワクワクするニュースや素晴らしい出来事は会話が盛り上がるので、積極的に人に伝えても嫌がる人はあまりいないでしょう。しかし、聴いている仲間も話題を提供し会話をリードできるように配慮しましょう。[1]
    • 会話が白けムードになるたびに自分の話を持ち出すのを控えましょう。他の人に質問を投げかけて彼らの話を聞くようにしましょう。
    • 「Kポップが好きだって言っていたけれど、好きなアーティストはいるの?」などと尋ねてみましょう。
    • 「週末はどうだった?タカシとのデートがどんな感じだったか聴きたいな!」などと友達に発言の機会を与えましょう。
  2. 2
    人の話を遮らない 人の話に途中で割り込めば、相手はすぐにイライラするでしょう。人の話に割り込むという行為は、その人の話には興味がない、または自分の話の方が重要だと伝えることになります。人の話は途中で遮ることなく最後まで聴きましょう。
    • 自分の考えを伝える前に2〜3秒待って、相手の話が終わったかどうかを確かめると良いでしょう。
    • 途中で話を遮られたら誰も快く思いません。学校の先生や上司、それ以外の権威ある人の話を遮ってばかりいると後でトラブルになるでしょう。
  3. 3
    ネガティブな話は極力避ける 友達には時々不満や怒りを爆発させたり、嫌な出来事についてこぼしたくなるかもしれません。しかし、毎回不平不満ばかり言っていれば、友達はあなたを避けるようになるでしょう。職場や公の場所で悲観的なコメントを発すれば、雰囲気が悪くなります。物事の良い面を見るようにして、悲観的なコメントではなく前向きで明るい話題を提供できるように心がけましょう。[2]
    • 「今日もまた、あのまずいミートローフだよ」ではなく、「朗報!今日はカフェテリアのメニューにパンプキンパイがあるよ。美味しいパイで、あのミートローフのことなど忘れちゃおう!」などと言ってみましょう。
  4. 4
    プライベートな話は極力控えて人の気分を害さない プライベートなことを事細かに話すと、聴く方はあまり心地よく感じません。特に職場の同僚や知人に話すのは控えた方が良いでしょう。また、話す内容によっては相手をイライラさせます。特に自分の恋愛話や健康問題については、よく知る友達は別として、人に具体的に話すのは避けましょう。[3]
    • 同僚に「週末はどうだった?」と尋ねられたら「痔が悪化して最悪だったよ」などと答えるのは避けましょう。「この週末はあまり気分が優れなかったんだ」と言うだけで十分です。
    • 親友がランチを食べようとしている時には、昨晩見たホラー映画のむごたらしい場面を詳細に話すのはやめましょう。
  5. 5
    はっきりと普通の音量で的を得て話す 時には大きな声を出したり静かな部屋でひそひそと話したりすると、雰囲気が盛り上がることがあります。しかし、いつも大声を張り上げて話す、あるいはモゴモゴ話してばかりいては、相手がイライラしてしまいます。環境に合わせて声のボリュームを調節しながら話すようにしましょう。声が小さすぎたりモゴモゴと話す癖がある場合には、大きな声ではっきり発音する練習をしましょう。
  6. 6
    言葉やアクションを何度も繰り返さない 不適切な言葉や奇妙な音、また同じアクションを繰り返すと、最初はかわいいと思われたり面白い印象を与えたりするかもしれませんが、不必要に何度も続けると人の神経に障る可能性があります。人から「それはやめて」と言われたら、言う通りにしましょう。忠告を無視して繰り返し続けると、友達を失うでしょう。[4]
    • 人の真似をする、あるいは意味もないのに人の言葉を何度もオウム返ししてはいけません。
    • 聞き返されない限り、発言は一度だけにしましょう。
  7. 7
    声のトーンが与える印象を考える 思慮深く重要な言葉を発していても、声のトーンによっては不満や不機嫌さを露呈したり、人を見下すような態度だと思われたりする場合があります。自分の不機嫌さに気づかなくても、疲れていたりストレスを抱えていたりすると、声のトーンにそれが表れることがあります。
    • 周りの人の反応を察知して自分の声のトーンを変えるようにしましょう。敬意を表すトーンで、明るく快活に話しましょう。
    広告

方法 2 の 4:
携帯メールで人をイライラさせない

  1. 1
    返信がないからと何度も携帯メールを送らない 最初のメッセージに返信がないからと、立て続けに何度も携帯メールを送ると相手はすぐにイライラするでしょう。相手に返信する余裕を与えましょう。友達の携帯に何度も連絡を入れるのを悪いことだは思えないかもしれませんが、後で相手が返信出来なかったのは葬儀に出席していたためだと知ったら、どんな気持ちになりますか。
    • 一目惚れの相手に何度も携帯メールを送れば、ロマンスが始まる前に終わってしまうでしょう。メールを2度送っても返信がなければ、あなたには興味がないと伝えたいのかもしれません。
  2. 2
    理由がないならグループチャットを控える 友達や家族をグループチャットに追加して重要でもない情報をシェアするのは避けましょう。彼らにとってはとても迷惑なことです。他のメンバーもチャットに加わり、グループの全員が意味もない通知を受け取ることになります。
    • 情報を簡潔にまとめて返信不要で送ることは、頻繁でなければ大目に見てもらえるでしょう。そうでなければ、グループチャットは避けましょう。
  3. 3
    携帯メールは簡潔にする 長いメッセージや事細かな内容のメッセージは相手を苛立たせ、あなたからのメッセージを無視するようになるかもしれません。重要な話がある場合には、電話をかけるか、直接会って伝えましょう。メッセージは短く、思いやりを込めて、分かりやすい内容にしましょう。[5]
    • 「小説のように長い」メッセージは、一目惚れの相手やデートに行きたいと思っている相手には特に嫌がられるでしょう。
  4. 4
    アイディアを聞き出したり予定を尋ねるために、複数の人に同時に送るグループメッセージを避ける 金曜日の夜に「週末の予定は?」または「今夜何してる?」というメッセージを送られても誰も読む気がしません。「今夜はどんな映画を見たら良いかな」などと尋ねられるとイライラします。グループメッセージであることは一目瞭然で、受け取った人は不特定多数を相手にしていると判断し重要性を感じません。[6]
    • グループメッセージを送っても、時間が経つにつれて返信は少なくなります。
  5. 5
    「留守電を入れたよ」という内容のメッセージは送らない 友達に電話をかけて留守電に繋がったらメッセージを残しましょう。その後で「留守電チェックして!」または「連絡取りたいんだけれどどこにいる?」などとメッセージを送ってはいけません。電話に出ないということは、おそらく携帯メールへの返信もしないでしょう。返信が来るまで待ちましょう。[7]
    • 誰かと話したいという気持ちになること自体は決して悪いことではありませんが、しつこく迫るのは避けましょう。
    広告

方法 3 の 4:
ソーシャルメディアでの鬱陶しい態度は避ける

  1. 1
    ソーシャルメディアへの投稿で意味もなく、また許可もなく友達にタグをつけない 投稿内容に関係のない人にタグをつけるのは迷惑行為です。投稿したい写真に友達が写っている場合には、携帯メールでタグをつけても良いかどうか尋ねましょう。まだ友達ではない人に対しては特に、事前に許可を取ることが大切です。[8]
    • フェイスブックに小学校3年生の時の写真を投稿しよう思い、写真に写っている人全てを探り当ててタグをつけるのは避けましょう。その人たちと連絡を取り合っているとしても、あまり喜ばれる行為ではありません。
    • 取るに足らないおもしろネタの投稿で友達全員にタグをつけるのは、迷惑行為でしょう。
  2. 2
    人の投稿に意味もないコメント、くだらないコメントを残すのを避ける 絵文字をふんだんに使ったコメント、意味のない感想、不可解な言葉を人の投稿に残せば、投稿した本人はイライラするでしょう。「投稿」ボタンを押す前に自分のコメントをもう一度読んで、コメントする必要があるかどうかを確かめましょう。[9]
    • 友達の投稿全てに数えきれない数のハートの絵文字を送るのは避けましょう。最初は可愛い印象を与えるかもしれませんが、おそらくすぐに飽きられるでしょう。
  3. 3
    ハッシュタグの乱用を避け適切に付ける 実際の投稿に関係のないハッシュタグを使うのは避けましょう。SNSではハッシュタグの上限数が定められていますが、毎回上限ギリギリまでタグを付ける必要はありません。自分自身または自分のブランドが検索されやすいようにキーワードやハッシュタグを使いましょう。効果的なキーワードにのみハッシュタグを使うようにしましょう。[10]
    • インスタグラムではハッシュタグの上限数が1回の投稿につき40個と定められています。しかし、実際に40個ものハッシュタグを付ければフォロワーに鬱陶しく思われ、ハッシュタグに関連のある人たちでさえもイライラするでしょう。
  4. 4
    他人の投稿について議論を始めない 自分にとってあまり好ましくない投稿やコメントがあったとしても、投稿者に自分の気持ちを伝える必要はありません。特にコメントが直接自分に関係なければ、仮に同意できないとしても投稿者に自分の考えを伝えるのは避けましょう。コメントは自分の個性を反映するものであると同時に、不特定多数の人に読まれるということを覚えておきましょう。ツイッターやフェイスブック上での論争は全員がイライラします。[11]
    • 友達がフェイスブックに投稿した音楽のビデオに対して「これは酷い歌だ」などとコメントを残す必要などありません。また、誰かが非常識なコメントをしたとしても、それに対して更にコメントしたり関わったりしてはいけません。
    • SNSの投稿に文法の間違いや誤字脱字を見つけても、指摘してはいけません。
  5. 5
    ソーシャルメディアで自分の暮らしを自慢してはいけない ワクワクすることがあった時には、一度くらいはその経験を人と共有しても支障はないでしょう。ただし、毎回自分の暮らしがいかに素晴らしいかを延々と語れば、友達やフォロワーをイラつかせることになるでしょう。世間の人があくせく働いている時に、人が羨むようなバケーションに出かけ、そこで撮った夢のような写真を頻繁にインスタグラムに載せても、誰も見たいとは思いません。[12]
    広告

方法 4 の 4:
人に敬意を払う

  1. 1
    人のプライバシーを尊重する 人にはそれぞれ個人的領域、いわゆるプライバシーがあり、ほとんどの人は、他人に踏み込まれたくないエリアを伝えてくれます。あなたのゴールは各人の個人的領域にズケズケと入り込まないようにすることです。個人的領域は文化により、また人によっても異なるので、それを把握するには時間がかかるかもしれません。自分も含め人が犯した間違いは許すようにしましょう。そして次からはプライバシーを侵害しないように努めましょう。[13]
    • プライバシーを侵す行為には、許可なく人の持ち物を詮索したり借りたりすること、また、招かれていないのに人の家に訪ねて行く行為などが含まれますが、これだけに限りません。
  2. 2
    各人のパーソナルスペースを尊重し、また許可なく人に触れない 他人からのボディタッチを気にしない人がいれば、嫌う人もいます。人にハグをしたり腕を回したくなる時があるでしょうが、行動を起こす前にそれが相手にとって問題ないことかどうかを必ず尋ねましょう。[14]
    • 「別れ際にハグをしても良い?」などと尋ねましょう。「ノー」と返ってきても気にすることはありません。おそらくあなた個人とは全く関係のない理由からハグをされたくないのでしょう。
    • 嫌がっている人を突ついたり腕に触れたりしてはいけません。もちろん、仲の良い友達同士でかまわれても相手が全く気にしないと分かっている場合には、大いに楽しみましょう。ただし、そうでない場合には馴れ馴れしく人に触れるのは避けた方が良いでしょう。
  3. 3
    人が1人になりたい時にはそっとしておく 私たちは時々1人になりたいと思うものです。2〜3日1人になりたいと言われたら、その通りにしてあげましょう。毎日電話をかけたりメールを送ったりしてはいけません。一息つける時間を作ってあげましょう。[15]
    • 覚えておきましょう。ある人が1人になりたいと言って来たとしても、必ずしもあなたが原因でそうしたいのではありません。私たちは大勢の人達から離れて1人で考えたい時があります。
    • 密な関係の友達やパートナーがいる場合には、「ちょっと小休止してもいいかな」または「1日頭を休めたいな」などと1人になりたいことを伝えるフレーズを決めておくと良いでしょう。
  4. 4
    常に努力して人に親切に振る舞い衛生管理を心がける 親切な態度をとっていれば、人をイラつかせることはほとんどありません。親切な行為とは定義に従えば、失礼な振る舞いをしないということです。人には必ず「お願いします」や「ありがとうございます」と言うように心がけ、良いマナーを常に意識しましょう。周りの人には出来るだけ親切に、そして優しく接しましょう。人からどのように扱われたいかを考えて、その通りに人に接しましょう。[16]
    • 親切な行為とは、社会人としてのエチケットを守るということも意味します。例えば、公の場所ではオナラをしない、身体機能についての話をしない、また、くしゃみや咳をする時には肘や手で鼻や口を抑えるなど、マナーを守りましょう。
    • 衛生管理に気をつけるということは、人に敬意を表する1つの方法です。何日も歯を磨かず、シャワーも浴びず、だらしない服装で人前に出るということは、自分の身なりを全く気にしない態度だと見られ、同時に相手にとって大変失礼です。[17]
  5. 5
    周りを意識する 周りを意識するということは、例えば、歩道で会話をしている時に通行人の邪魔になっていないかなど、自分の振る舞いが人の迷惑になっていないかを気にすることです。周囲を気にして人の邪魔になっていると気づいたら、道を譲りましょう。
    • 人が通る場所で立ち止まったり、出入り口で人と会話をしたりしないようにしましょう。子供がいる場合、人に迷惑をかけていないかなど子供の行動に常に気を配りましょう。
  6. 6
    他人の私事に干渉しない 頼まれてもいないのに余計な口出しをすれば、人は迷惑に感じます。干渉とは、自分に関係のない会話を盗み聞きしたり、他人のプライベートな内容が書かれたメモ帳や日記帳などを盗み読みしたりすることです。あなたに知って欲しい情報があれば、人は伝えてくれるでしょう。[18]
    広告

ポイント

  • 自分が人をイライラさせるタイプかどうか分からない場合には、信頼できる友達に正直な意見を聴きましょう。解決策も考えてくれかもしれません。聞き辛いことを覚悟して、素直に快く受け入れましょう。
  • 声のトーンを抑えましょう。大きな声を出したり叫んだりしてはいけません。また友達と話す時にも目一杯大きな声を張り上げてはいけません。
  • 友だちや恋人に自分の間違いを指摘して欲しいと頼みましょう。自分がスペースを独り占めしている時、また興奮し過ぎて声を張り上げている時には、それが迷惑行為であることを知らせてもらえるように周囲の人に頼みましょう。

広告

注意事項

  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)や注意力欠如障害(ADD)を持つ人、また自閉症の人は周りに迷惑をかけることがあるかもしれませんが、それは彼らの脳の特徴であることを理解しましょう。これらの障害を持つ人々は時間をかけて努力することで、基本的社会能力を改善できる場合もありますが、不可能な場合もあります。批判したりからかったりしてはいけません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

復讐する

How to

他者に依存しない

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

男性からの好意に気付く

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

敬意を持って人に接する

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 人間関係
このページは 287 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告