魅力的な人になる方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

魅力的な人とは、他の人とは一味違う人という意味です。つまり、魅力的な人になる方法は1つに決まっていません。しかし、誰もが今の自分よりも更に魅力的になれる方法があります。それは自信を持つことです。自信あるように見せるには、自信溢れる人だという印象を与えるボディーランゲージを使い、自分のスタイルを作り個性を引き立たせることが重要です。勇気を持って快適ゾーンを抜け出して新しい物事に挑戦し、自分の気持ちに正直に行動すれば、誰でも可能な限り魅力的になれるでしょう。

方法 1 の 3:
ボディーランゲージを有効に使う

  1. 1
    アイコンタクトを保ち自信ある人に見せる 堂々とアイコンタクを取る人は、実際自信がなくても、自信があるという印象を与えます。人に会ったらきちんと相手の目を見て、存在を認識していることを示しましょう。同様に、人に話しかける時にも相手の目を見ましょう。[1]
    • アイコンタクトは短めにとりましょう。人と目が合ったらすぐに外しましょう。必要以上に長く相手を見つめれば「睨み」になってしまいます。
    • アイコンタクトが苦手でも、練習すれば簡単に実践できるようになります。まず、鏡の中の自分とアイコンタクトを取る練習をし、慣れてきたら身近な人を相手に練習しましょう。時間と共に徐々に上手になります。
  2. 2
    ゆっくりとした所作で動きを強調する ゆっくり動くと人の注意が向き、更に魅力的に見えます。堂々とゆっくり歩く、大きくゆっくりと腕を動かす、ゆったりとした身振り手振りをするなど、余裕を感じさせる行動をとりましょう。時間はたっぷりあり、自分であることを楽しんでいるかのように振舞いましょう。[2]
    • ゆっくり歩くと一歩一歩に優雅な揺れが加わり、自信に満ちた歩き方になります。
    • 時には急がなければならない場合があっても構いません。常に人をうっとりとさせる振る舞いをする必要はありません。
  3. 3
    軽いボディタッチで人との繋がりを作る 会話をする時には相手の腕や肩に軽く触れて集中している態度を示しましょう。または、軽く相手の体をかすめてみましょう。相手はきっと「自分に興味があるのだ」と感じるはずです。そうなれば更に魅力度が増します。[3]
    • 相手が不快感を持たないことを確信できる場合にのみ、触れましょう。友人やデートの相手に軽く触れるのは問題ないでしょうが、職場の同僚に触れるのはあまり薦められません。
  4. 4
    手首を出してフェロモンを放出する 手首を通っている分泌腺からフェロモンが放出されます。フェロモンは体が作る化学物質で、他人を惹きつける働きがあります。手首を露出すれば多くの人があなたに興味を持つでしょう。魅力的に見せたいならアクセサリーや服の袖で手首を覆ってはいけません。[4]
    • ジャケットやカーディガンは七分袖を選び、手首を見せませしょう。
    • 手首には脈打つ部分があるため、手首に香水をつけると香りを効果的に漂わせることができます。ただし、自然に放出されるフェロモンの効果が失われる可能性もあります。
  5. 5
    笑顔で人を引き寄せる 笑顔は顔の表情を明るくし、親しみやすく且つ近づきやすい印象を与えます。また、色々な笑顔が作れるとより魅力的な印象になります。例えば、唇の一端を僅かに上げて作る小悪魔的な笑顔は神秘的な印象になり、片側をキュッと高く上げると誘惑サインになります。また、大きく口を開けて笑えば喜びや満足感を表現でき、唇を噛めば思わせぶりな笑顔になります。[5]
    • 鏡の前で笑顔の練習を重ねれば徐々に上手になるでしょう。十分に練習を重ねたら街に繰り出し、出会う人に笑顔を向けましょう。
  6. 6
    思わせぶりな態度でウィンクする 素早いウィンクは人を惹きつけ、同時に大胆で自信に満ちた人だという印象も与えます。ウィンクは話しかけずに相手の気を引く簡単な方法でしょう。時々ウィンクをして「魅力的で興味をそそられる人」を演じましょう。[6]
    • 片思いの相手とすれ違う際にウィンクを送ってみましょう。

方法 2 の 3:
自分のスタイルを作る

  1. 1
    毎日体を洗い、衛生状態を保つ 清潔で良い香りがする人はより魅力的に見えます。毎日シャワーや風呂で体を洗って清潔感を保ち、身だしなみを整えましょう。石鹸や体臭消臭剤などのパーソナルケア製品を使って良い香りがするよう心がけましょう。[7]
    • 少なくとも週に2〜4回髪を洗い、髪の健康を保ちましょう。酷く汚れている場合には、水がなくても洗える粉末のドライシャンプーを使って、洗髪しない日でも髪を清潔に保ちましょう。
  2. 2
    肌と爪のケアをする 毎日朝と晩に顔に保湿剤を塗って肌に栄養を与え、ボディローションかクリームで体を柔らかく且つみずみずしく保ちましょう。また、手足の爪は毎週または2週間に一度切り、きれいに整えましょう。[8]
    • 顔や体のムダ毛処理はあなた次第です。脚と脇の下を剃る人もいれば処理しない人もいます。顔の産毛も同様です。剃ってきれいに整える、またはそのままにしておくかは自分で決めましょう。自分の気持ちに正直であることが、あなたを最高に魅力的にします!
    • マニキュアも魅力的に見せるのに効果的ですが、必ずしも必要ではありません。塗る、塗らないは好みで判断しましょう。
  3. 3
    長所を引き立たせる 完璧な人はいません。ですから自分の体が完璧だと思えなくても大丈夫です。「完璧ではないから魅力的ではない」ということはありません!魅力を磨くにはチャームポイントを見つけ、その部分を目立たせる服やメイクを選んで最高の自分を強調しましょう。[9]
    • チャームポイントが目と脚だと思うなら、マスカラとアイシャドーで目を強調し、脚をより綺麗に見せる服を選びましょう。
  4. 4
    顔を引き立て自分のスタイルを表現できる髪型を選ぶ 自分の髪型に自信を持つことがヘアスタイル選びよりも重要です。自信が持てる髪型を選ぶようにしましょう。自分の顔を綺麗に見せる髪型でセンスの良さを自慢しましょう。[10]
    • 特定の魅力的な髪形があるわけではなく、どんな髪型でも魅力的に見せることは可能です。例えば、スキンヘッドは、男性でも女性でも自信を持っているととても映えます。
  5. 5
    最高に魅力的だと感じられるように賢くおしゃれをする 驚くほど美しく見せたいからと高価な服を買う必要はありません。クローゼットにある服を全て試し、ときめかないアイテムは処分しましょう。とっておこうと決めた服は全て自信を高めるものでなければなりません。また、新しい服を購入する時は自分が魅力的だと感じられるものだけを選びましょう。[11]
    • 「何が魅力的なのか」と考え込む必要はありません。どのくらい自分に自信があるかが鍵です。自分が最高に素晴らしい人間だと感じられる服を選べば気分が上がり、あなたから出る自信は周囲に伝わります。

    ヒント: メガネをかけている場合は、手持ちの服全てに合い、且つ顔の形を引き立てるフレームを選びましょう。大胆なデザインを選びましょう。自信に満ち溢れた人という印象になります。

  6. 6
    香水は自分を特徴づける香りを選ぶ 香水は魅力的に見せるための必須アイテムではありませんが、好みの香りをさっと自分にふりかけると人の記憶に残ります。魅力的な人だという印象を与えるのに効果的でしょう。自分の個性に合い且つ良い香りだと思えるものを選んで、毎日つけるようにしましょう。人はその香りをあなたの香りだと思うようになります。[12]
    • 首や手首などの脈打つ場所につけましょう。
    • 1〜2回ふりかける程度にしましょう。つけ過ぎは人に不快感を与えます。
  7. 7
    赤を身につけて人目を引く 赤は着る人の意図に関係なく人を魅力的に見せるため、赤を身につければ簡単に魅力的な自分を演出できます。赤いワンピース、シャツ、スカートまたは赤のパンツを履いて周囲の人を惹きつけましょう。あるいは、赤いスカーフやマフラー、ネクタイをアクセントとして添えてみましょう。[13]
    • 人を印象づけたい時には赤を使いましょう。高校の同窓会に赤のワンピースやブレザーを着て参加するのも一案です。

方法 3 の 3:
個性を引き立たせる

  1. 1
    自分の周りを好きなもので満たして楽しむ 楽しいことや陽気な人に周囲は惹きつけられます。楽しそうにしていれば、より魅力的な人として映るでしょう。陽気な人柄を作るには自分が楽しむことが最も効果的です。生活に楽しめるものを取り入れましょう。1日に少なくとも1回は楽しいことをしましょう。[14]
    • 友達を誘ってボーリングに行ったり、ゲームをして楽しむ夜のパーティーを計画したり、マニキュアをしてもらったり、友達とコーヒーを飲みながらおしゃべりをしたり、アートクラスをとったりしましょう。
    • 友達と楽しむのと同様に1人でも楽しく過ごしましょう。
  2. 2
    新しいことに挑戦して人の興味をそそる 勇気を持って快適ゾーンから抜け出しましょう。とても魅力的に映ります。行ったことのないレストランで食事をする、ロック・クライミングに挑むなど、新しいことに挑戦しましょう。人はそんなあなたを見て自信のある刺激的な人だと思うでしょう。自信と刺激は魅力的な人の資質です。[15]
    • 毎年年初に、新しく挑戦する物事を書き出してリストにしましょう。毎月リストから1つか2つ選んで挑戦し、できたらチェックマークを入れましょう。
    • 誰かが新しいことを提案したら率先して実践しましょう。
  3. 3
    親切に接して人を惹きつける 「人に親切にする」ことは、単純に聞こえますが大いに役立ちます。親切に接すると人に好感を持たれ、結果として魅力的な人として映ります。人には常に優しく親切に接し、素敵だと思ったら素直に褒めましょう。[16]
    • 1日に少なくとも1回は誰かを褒めましょう。「その色あなたに似合っているわ」「プレゼンテーション、素晴らしかったよ」などと声をかけましょう。
  4. 4
    賢さを目立たせる 「魅力的に見せる鍵は外見だ」と思うかもしれませんが、知識や教養も人を魅力的に見せます。常に新しいことを学んで知識を高め、興味ある話題について話したり、磨いたスキルを自慢げに見せたりして知識を誇示しましょう。[17]
    • 知識を高める方法は色々あります。読書をする、ニュースで最新情報を得る、ドキュメンタリー番組を見る、趣味として好きな講習会に参加するなど様々です。
    • 知識が豊富にあれば話せることも増えるため、会話を続けるのに苦労しなくなります。
  5. 5
    ユーモアのセンスを磨く 面白い話を人に伝えたりユーモアが理解できると、とても魅力的です。ユーモアのセンスを磨くには、漫才や落語、コメディーなどを見たり聞いたりして冗談や面白い話の作り方や伝え方を勉強すると良いでしょう。その後で練習を重ね、近しい友人、家族や親戚の人たちの前で披露してみましょう。[18]
    • 人が冗談を放ったら調子を合わせて笑い、ユーモアのセンスがあることを示しましょう。

    ヒント: 喜劇の書き方や即興芝居のクラスに参加してみましょう。更に愉快で楽しい人になれるでしょう。

  6. 6
    明るい雰囲気を放てるようにポジティブになる ポジティブに振る舞うと、更に魅力的な人だという印象を与えられます。ポジティブな人になれるように、日頃感謝していることを日記につけましょう。そうすれば自分の人生で良いことやポジティブな事柄を認識できるようになります。加えて、常に明るい気持ちを維持できるように、「今日は良い日だ」とか「私は素晴らしいことをしているわ」など、物事を肯定的に捉えて表現しましょう。[19]
    • 感謝することを3〜5つ書き出す、「感謝の日記」を今日から始めましょう。「家族との夕食」「私の仕事」「夏の日差し」などと書けるでしょう。その後、毎日3〜5つ感謝することをリストに加えていきましょう。落ち込んだ時には感謝の日記を読み返しましょう。
    • 誰にでも辛い時期があります。いつも明るく幸せでいなければと思う必要はありません。
  7. 7
    より魅力的に見えるように、友達と一緒に行動する いつも仲間と一緒にいると人気者に見え、魅力的な人という印象を与えます。外出する時には友達や家族を誘いましょう。1人で出かけたら、街で知り合いに声をかけたり、グループの近くに寄って仲間の1人であるかのように振る舞いましょう。[20]
    • 人に会ったら軽く声をかけ、他愛ないおしゃべりを楽しみましょう。「ここ初めて?」「このレストランのお勧めは?」「ビリヤードかダーツゲームでもしない?」などと軽く尋ねましょう。
  8. 8
    くだらないと思うソーシャルメディアのアカウントはフォローしない 魅力的な人は自信のある人です。自尊心を脅かす物事は避けるのが一番です。完璧なボディや達成不可能な基準に焦点を当てるSNS、ブログや動画は、人を落ち込ませる可能性があります。嫌な気分になるのを避けるには、自尊心を傷つけるソーシャルメディアをフォローしないことが重要です。フォローしているなら解除しましょう。勇気付けられるもの、気分を上げるアカウントをフォローしましょう。[21]
    • 自分の好きではない所を変えたいと思うことには何の問題もありません。人はそのようにして成長します。しかし変えたいと思う動機はポジティブなものであるべきです。自己疑念に根ざしたものであってはいけません。

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: ファッション
このページは 121 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?